続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:飲み物

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 さて、本日も早めの更新と言う事で、
どうもここ最近は仕事の疲れが抜けないという感じが・・・
やっぱり身体の老朽化も影響しているんですかねぇ~??

 さて、今年の6月くらいでしょうか、私めの職場の自販機に
目新しいスポーツ飲料らしきものが・・・
モノはキリンの「スポーツサプリ ソニック」という名前の飲料水。


 職場で自販機で購入すると正規の値段で販売されており、
何とも腹立たしいのですが、普通のペットボトルに比べて
容量が55ml多い555mlの新ボトルを採用と言うことでしょうか?(苦笑)


 ところで、このスポーツサプリ ソニック、キリンからの正式発表では

・ 「体力」と「知力」を支えるエネルギー源で、
  単糖類のため分解を必要とせず、
  エネルギー効率が高いと言われているぶどう糖2000mgに加え、
  アミノ酸の一種で、メンタルにも関係するGABA(ギャバ)を
  10mg配合しました。

・ また、体液よりも浸透圧が低いハイポトニック(低浸透圧)設計で
  高速補給を可能にするとともに、
  さわやかなグレープフルーツ味で後味すっきりに仕上げました。

・ ボトルも、スポーツドリンクとして重要視される「水分補給」を考慮し、
  これまでのボトルよりも多い555mlの新ボトルを採用しています。

・ ネーミングは、「音速」を意味する英語「SONIC」と
  「知能指数」を意味する「IQ」を組み合わせた造語「SONIQ」で、
  速攻エネルギー&IQサポートのぶどう糖とGABA(ギャバ)を
  素早く補給できることを表現しています。


 ということで、なんともネーミングからJR九州の特急電車を
想像してしまう私めですが、夏の救急出動から
汗だくで帰署した後に量が多いこれを飲用する事が多かったですね、
やはり、たかが55mlでも量が多いというのは
実に素晴らしいという事で。。。(苦笑)


 ただ、ここ最近になってご近所のジェーソンで恐るべき事実を・・・
555mlペットボトル 150円するはずなのに

2リッターペットボトルで149円 ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ




 なんとも、555mlのペットボトルで
150円もお支払いして呑んでいるのに
2リッターペットボトルが149円とは実に嘆かわしい訳でして。。。


 何やら本来であれば330円のお値段が付いているようですが、
普通のペットボトルが150円で2リッターの方が1円安いという、
何か不に落ちないといえばよいのか、なんとやらでして。。。


 まぁ、安く購入するのであれば近所のディスカウントショップの方が
掘り出しモノの飲料水、あるかもしれませんねぇ~!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 どうも仕事の日はテンションが下がりっぱなしになりますねぇ~、
まして、5日休んだ後の勤務となると尚更でして・・・
そんな昨日なんぞはやたらと走り回る救急出動が多く、
私めも仮眠から起床すると足腰に痛みが。。。
何とも足回りの老朽化が進んでいるんですかねぇ~???


 そんな昨日は色々と一時期はやった内容の出動やら
朝には仕事中は拳銃を持った方々からの要請の

大トラの寝込み il||li ○| ̄|_ il||li

まで、なんともバラエティーに富んだ一日だったような。。。


 それにしても、警察官が先に到着しているのに
何一つ確認をしておらず、大の大人が4人が揃って烏合の衆状態。
ホント、権力を振り回すだけ振り回して、
意識の確認くらいやっておいてほしいもので。
ホント警察って○に立たないのね!
とでも言ってやりたいくらいでして。。。
(※ ○のところにお好きな言葉をお入れください。。。)


 さて先日、近所のジェーソンにて
大量購入していたヴォルビック フルーツキス、
何とも残念ながらジェーソンにての在庫がなくなり

消費者に優しい59円飲料も夢の彼方に・・・

と言うことで、新たに安く入手できる飲料水を物色に。。。


 相変わらず店内には色々な飲料水が格安で売られてはいるものの、
私めの嗜好に合うようなモノがないなぁ~と、ウロチョロしていると
私めが大好きな飲料水が・・・その名も

伊藤園 梅涼み

ご丁寧にお値段のほうも本来150円のものが

1本 69円!!(感謝~)

何ともありがたいモノですねぇ。。。


 ちなみにこのような酸っぱいモノ系が好きなるも同じ梅は梅でも

梅干しだけは苦手

見るだけでも身震いしてくる訳でして。(涙)


 ちなみに梅ですが、色々調べてみると楽しいもので、
バラ科サクラ属の落葉高木、花を観賞し、
果実は梅干しや梅酢や梅酒になり、
クエン酸をはじめとする有機酸などを多く含んでいるそうで、
呑むだけで食べるだけで健康になりそうに勢いですよねぇ~!(苦笑)


 ところで梅の実ですが、青い実の種子には
青酸配糖体が含まれているって知ってましたぁ?


 ネットからの引例になってしまいますが

未熟な種子や腸内細菌の酵素により、シアンを生成する。これが胃酸により有毒性を発揮すると、痙攣や呼吸困難、さらには麻痺状態になって死亡するといわれている。シアンの生成は胃酸や胃の消化酵素によるものではないので、大量の種子をかみ砕いた場合を除いて誤摂取による中毒の危険は限られる。アンズの種子による重症例がある一方、幼児が青梅の果肉を囓った程度では心配ないとされる。また、梅酒の青い実や梅干しの種の中身などは、アルコールや熱により酵素が失活し、毒性は低下している。


 何とも怖い食べモノに感じられますね。。。
 

 ちなみに私めがまだ可愛い小学生高学年だった頃、
小学校の植え込みに植えられていた梅の木、
同級生が落ちていた梅の実を口にしようとすると先生がこう一言、

先:「梅の実は食べちゃダメよ、毒があるからね!」

という一言に対して、くだらない知識だけは豊富だった私めが
得意げに大声でこう一言、

私め:「先生、それって梅毒(ばいどく)って言うんでしょ?」

先:「・・・・・」

先生は無反応、周りの同級生はそれを聞いて一同納得していたようで。。。


 ちなみに正式な知識を得たのは数年後の話、
この時のことを思い出して赤面したのは言うまでもなく・・・il||li ○| ̄|_ il||li
ホント、学がないというのは怖いですねぇ~、
先生が沈黙した理由も納得した訳でして。。。(苦笑)


 さて、話は横道に逸れてしまいましたが梅涼み、
梅の爽やかなおいしさを楽しめる果汁飲料、
280ml、500ml、900mlの3種類ということで、
それぞれ天然有機酸が1000mg~5000mg含有、
爽やかな酸味と香り漂う清涼飲料水というところでしょうか? 


 これだったら焼酎で割って呑んでもいいかもしれませんねぇ、
ということで、これから試し呑みをしようかと。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 なんともまぁ~、朝から雨と言う事で、
本日は朝からおとなしく子供たちと・・・
と言う訳には行かず昼前に郵便局へ・・・
振り込み関係を済ませて歩道を歩いていると、哀しい出来事が。。。


 数台通過する車、そのうちの1台の車が水しぶきを・・・なんとも

水も滴るイイ男 il||li ○| ̄|_ il||li

になってしまった私め、一瞬にして怒髪点へ。。。


 幸か不幸か、先の信号で車が止まったのを確認した私め、
即効ダッシュで水しぶきをかけた車に一直線まっしぐら~!!


 助手席側のドアを開けると若い兄チャンが顔を引きつらせ、私めを見るなり

「どうもすいませんでした~~~!」

怒りの収まらぬ私め、

「フザケロッ、貴様!クリーニング代でも出すか?」

「免許持ってるのか、ゴラァッ!!」

と、文句のフルコース、文句のオンパレード状態。。。


 とりあえず若い兄チャン、私めも気合を入れすぎたのか
半泣き状態で更なる謝罪を・・・
心優しき私め、広き心で許して差し上げましたが、
ハンドルを握るならば歩行者の事も考えて運転して頂ければと、
特に雨の日は。。。


 よくよく考えたら散髪したての5厘の坊主頭に無精ヒゲ、
追い駆けられるのだって嫌だと言うのに、
あそこまで文句を言われたら私めも嫌だろうなぁと、
チョッピリ反省でありまして。。。(苦笑)


 さて、私めが4月に本署に異動した折にキリンの自動販売機に
見慣れぬミネラルウォーターが鎮座、
CMで「水1リットル購入すると10リットルの水がアフリカに生まれる」の
キャッチコピーで放送されていたボルヴィックの
「フルーツ キス レモン」というモノ。


 品物自体は昨年の5月に発売されていたようですが、
そんな事実を知らずでして・・・
ちなみにボルヴィックの普通の水が140円に比べて
フルーツキス レモンは160円、
普通のペットボトル飲料が150円としてもたかが10円高いだけも
おいそれとは飲む事もできず。。。(情)


 本国フランスでは日本で発売されているレモンのほかにオレンジやピーチ、
ストロベリーなど、ナチュラルミネラルウォーターをベースとした
フレーバーウォーターが発売され、逆に日本では目新しいようですが、
海外でも欧州の方では、人気があるそうで、
店には色とりどりのボトルが並んでいるみたいですね。


 実際に、職場なんかで呑んだ感想ですが、
ほのかな甘味とレモンの香りが口の中で漂い、
疲れた時のリフレッシュにもてこいっかな?と、感じた覚えが。


 ただ、ボルヴィック フルーツキス レモン たかが水を購入するのに
160円も取られるのが納得いかず、
本当に呑みたい時だけお買い上げという感じだったのですが、
昨日、近所の某ジェーソンに行ったらこんなモノが・・・

ボルヴィック フルーツキスの大量箱売り

         し・か・も

1本59円ときたものでして。。。(鬱)



 いったい、職場にて160円も出して
購入していた私めってなんだったんですかねぇ~、
しかもこの

101円の差って

かなりガックリ来るような。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 私めも悔しさを乗り越えて1箱購入して参りましたが、
箱買いしてもお値段の方は1,426円、
野口さんのお札を出せば574円の
お釣りがきてしまいますよぉ~!(当たり前)


 何ともキリンに化かされた気分のお買い上げとなりましたが、
賞味期限が本年の9月16日になっており、
そんな関係もあるんですかねぇ~?


 なにはともあれ、ボルヴィック フルーツキス レモン、
甘ったるさも残らずある意味、オススメ飲料かもしれません、
是非みなさまもご賞味あれっ!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 さて、本日は全国的な日曜日、日頃の救急出動の疲れを取るべく、
心の休息を・・・というか、雨が降るかと思っていたのに雨も降らず、
これだったら外に出て心のリフレッシュをすればよかったと、
今になって後悔している さくら でございます・・・il||li ○| ̄|_ il||li


 さて何とも私め、どうしても気になっていた飲料水が・・・
そもそも4月後半、かぷりこさんのトコのブログでこの飲み物を初見、
(記事の方はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/mayushu1110425/37265448.html)
気になってはいたものの、なかなか購入する機会に恵まれぬまま早1ヶ月。。。


 その後にはこの飲み物、菜々さんのところでも・・・
(記事はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/ayasuke2330/42582543.html)
という訳で今回、自販機で購入してきたモノが上記の写真でして。。。


 まぁ、ファンタといえば個人的にはグレープが一番好きなのですが、
今回、発売されていたのはオレンジ味。


 ただ、オレンジ味のファンタといっても
容量的には190mlしか入っておらず
些かモノ足りぬ雰囲気を醸し出しておりますが、
今回のファンタはゼリーが入っており、
炭酸飲料にして振っても構わないと言う炭酸飲料の常識を
覆したとでも言えば良いんでしょうかねぇ~(苦笑)


 しかも缶には「10回くらいガンガン振ってね!」というお墨付き、
炭酸飲料で振るといえば昔・・・私めの友人A氏が深夜、
駅まで車で迎えに来てくれた友人B氏へお礼にドクターペッパーを贈呈、
ちなみに友人B氏、ドクターペッパーが大好き。。。

 何気なしにドクターペッパーを開けた友人B氏に悲劇が・・・

車の中でドクターペッパー大噴射!!

どうやら友人A氏、ドクターペッパーを振ってから渡したと言う疑惑が。。。


 そんな確信犯と言える友人A、問い詰めたところ

笑いながら犯行を否定

したそうで、それが未だ語り草になっており。。。(苦笑)


 さてさて、話を戻して、今回のこのファンタ、
ひとまず10回くらい振ってからジョッキに出してみると・・・
振りが甘かったらしく、ボトボトッと
出てきた訳でして。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 もっと力強く振っておけば良かった、と思うものの後の祭り、
何とか全部出たものの、ジョッキに開けたファンタとはこのような状態。


 恐る恐る口にするものの何とも微妙な味わいですよねぇ~、
味はファンタオレンジなるもゼリーが口の中ではじけるとでも言ったら良いのか、
ホント、微妙なものでして。(苦笑)


 まぁ、呑めなくはないですが、
次回はきちんと力強く10回振ってから口にしたいものですよね、
190mlではモノ足りない感じなので
2缶購入した方が良いような気もいたしますが。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

 ここのところなんですかねぇ~、昨日はPCの不調で
色々と手段を尽くすも原因分からず、そろそろデスクトップの買い替えを
考えている さくら でございます。。。


 そもそも我が家のデスクトップPC、2001年に購入、
早6年が経過して7年目に突入!
おまけにその年月の間にHDDを2回交換という素晴らしい戦歴が・・・
ただ、買い換えるにしてもお金の捻出先が
見つからないのが辛いところでして。(涙)


 さて一昨日の勤務、夜中の12時までに救急出動も3件と言うことで、
うちの隊長が

1歳児の自爆テロで被弾!

という何ともご愁傷様といった救急事案もありましたが、
やりたかった事務処理もスムーズに片付き、私めはご機嫌。


 日付が変わってから悪夢の救急出動が・・・
件数的には3件だったものの、救急出動しても一筋縄で行かないものもあり、
帰署して仮眠しても3分もたずして救急出動と言った具合。


 認知症老人を持つ家族の

「邪魔者は追い出せ!」

と言った雰囲気の状況での救急活動はホント辛いもの・・・
本人への説得も時間が掛かる、家族は家族で親を追い出したい雰囲気が漂い、
何とも切ない気分になりますね。


 そんな切ない出動から帰署し、布団に入ったと思ったらすぐに救急要請、
近くにある卸売市場から・・・
人が後退中のフォークリフトにぶつかったと言う内容。


 現場到着してみると、本人はフォークリフト横で倒れて
元気に大騒ぎしており、足首をチョット触っただけでも「痛い!」と大騒ぎ。
ひとまず、足首を固定し、全身観察後に車内収容。


 病院収容後、レントゲン撮影しても骨折もみられず、
とんだいっぱい喰わせモノ患者だったようでして・・・
俗に言う当たり屋みたいな者でしょうか?
おまけに現場検証に来た刑事さんを
市場の関係者と勘違いするわで散々な出動だったような。。。


 さて私めここ最近、リンゴ酢とともにはまっている飲み物が・・・
写真お通り、サントリーから発売されていた「赤玉パンチ」なのですが、
コレも調べてみると色々と歴史があるものでして。。。


 そもそも赤玉パンチの原型、赤玉スイートワインがあるようですが、
明治30年代、スペインから輸入した葡萄酒を販売するも不評のために
日本人の味覚に合う葡萄酒をつくるために幾度となく甘味料の配合を重ねて、
「赤玉ポートワイン」が誕生!


 昭和52年に赤玉ポートワインをソーダで割った「赤玉パンチ」が発売され、
赤玉パンチは昭和60年代頃に製造中止に。。。


 赤玉シリーズも平成18年で誕生から100周年を迎えたことで、
サントリーでは大々的なキャンペーンを開催し、「赤玉パンチ Sparkling」などが
復刻生産され発売されたようですね。


 今回購入した赤玉パンチですが、ご近所のジェーソンにて99円で購入~♪
「赤玉&ピーチ果汁&オレンジ果汁」が入った製品のようですが、
他には「赤玉&パインナップル果汁」もあったようで、
こちらも呑んでみたいような気が・・・。


 そもそもビールが苦手な私め、リンゴのスパークリングワインや
ついつい甘系のお酒に手を出しがちなのですが、
今回もやっぱり甘いお酒を。。。


 アルコール度数も4%と言うことで、アルコール臭さもあまり感ぜず、
呑んでもほんのり顔が赤くなる程度で好印象でですねぇ~!


 ピーチ&オレンジ果汁が入っている様ですが、
フルーツのテイストよりもワインのテイストの方が強いような。。。


 結局180ccしか入っていないこともあり、
あっという間になくなってしまうのですが、
また買い溜めして置こうかと感じる今日この頃で。。。


PS:呑みながら書いているので文章構成が変です。m((_ _))m

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 何だか関東地方、明日の天気が怪しいですねぇ~、
気象庁や気象予報士さんも散々、雪が降るといっていながらも
外れまくりだったので、今回ばかりは当たるんですかねぇ~?
まぁ、明日は当直勤務と言うことで、
当たらないことを祈るばかりなのですが。。。


 以前にご紹介した「キリン カラダに果実酢 15ml」に続いて、
酸っぱいもの系ドリンクが大好きな私め、今年からお酢を呑むことに・・・
とはいっても原液のまま呑む筈もなく、しっかりと水で薄めますが。。。


 という訳で、近所のジェーソンにて「ミツカン リンゴ酢」500ccを
お買い上げ~、1本の値段は258円と言うことで、
値段的にも水で薄めて呑む事を考えれば
非常にリーズナブルなお飲み物と言う訳でして。。。


 ちなみに注意書きを読んでみると・・・

そのままお飲みいただくと、胃やのどが荒れることがありますので、水などで必ず5倍以上に薄めてお飲みください。刺激を強く感じる場合は、使用をお控えください。

う~ん、何ともキケンな香りのする飲み物の様で。。。


 ところでリンゴ酢、名前のとおりリンゴから作られたお酢のことで、
アメリカではよく見かけられるそうで、酢酸やクエン酸、リンゴ酸などが豊富、
疲労回復や血圧を下げる効果があるという素晴らしい飲み物のようでして。


 そんなリンゴとはちみつで有名なバーモント州はアメリカでも長寿者の多い州で、
健康維持にりんご酢は効果的のようですが、
注意書き通りそのままでは飲めそうに無いですよねぇ~。(苦笑)


 いちいち水で割って呑むのも面倒と言うことで、
海浜幕張にある「コストコ」にて購入した2.84㍑入りのぶどうジュースの
ペットボトルを使用してリンゴ酢水割り作戦を開始!


その作業を見ていた娘チャンも興味津々のようで、
試しに匂いを嗅がせてみたところ、顔をしかめて二度と近づかなくなり・・・
子供にはお酢の匂い、強烈な様でして。。。(苦笑)


 とりあえず、ぺッドボトルに250ccほどのリンゴ酢を入れ、
ホントはハチミツを入れたいところですが、
値段が高いためにハチミツをあっさりと諦め、お砂糖で代用。


 私めの場合、酢ッぱめが好きと言うことで、
あまりお砂糖を使用しておりませんが、下手なジュースを
飲むよりは健康的かと・・・一人思い込んでおります。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 私め、昨日の2日から仕事始めと言うことで、哀しき当直勤務、
1件目から「病院が休みだから救急車を呼びました!」という、
風邪をひいた若い兄ちゃんを搬送・・・ホント、救急車に

初荷

とでも書いたステッカーでも付けてやりたい気分でして。。。


 その他、どう考えても箱根駅伝が終わってから救急要請しただろ?と
思うような出動やら、東京の八王子を主に徘徊している住所不定者まで、
何だか今年も先が思いやられそうですねぇ~(涙)


 ちなみにそんな我が職場も昨年の救急出動は

27.290件

何とも

-126件の減少

でして・・・職務怠慢と言う訳ではありませんが、
昨年はインフルエンザの患者サマが少なかったからなんですかねぇ~?


 それにしても救急出場の減少と言うのは私めが救急隊員に
なってから初めてのこと、職場的に見ても出動減少は
初めてなのではないかと・・・
ただ、火災の方は184件と13件の増加となりましたが。。。


 さて、本日は実家にてお正月の集まりと言うことで、作業できず・・・
年末に娘チャンと買出しのため、近所のジェーソンに参上~!
色々と飲料水の置いてある所をうろついていると、
私めが見たことがない飲料水が色々と再び置かれており・・・

みぞれ ゆず ・・・19円
みぞれ イチゴ ・・・39円
みぞれコーヒー・・・30円

 ちなみに女房用にコカコーラを1本購入、99円。
う~ん、コーラの値段より安いとは購入した私めもチョッと複雑。。。


 ちなみにメーカーはサンガリア、
昔、「いち、に~、サンガリア♪」な~んて歌っていたCMがあったような。


 そんなこんなで3本を購入し、ネットで調べてみると、
発売は昨年の6月25日、
「夏にぴったりのドリンクシャーベット
【氷晶(ひょうしょう)みぞれ】新登場!」
と言うふれこみで宣伝されており、色々と記載されていたことを見てみると、

~~背景~~
アウトドアやスポーツシーンなどで凍らせた飲料を持ち歩く消費者の根強い需要と、
メーカー保証を求める店舗側の要望にお応えして、
2003年に業界初で冷凍対応ペットボトルを発売し、
それまでの「ペットボトルは冷凍できない」という概念を覆して
大反響を得たという実績があります。
その冷凍対応飲料「氷晶」に、更に新しい付加価値を付けてご提案いたします。


~~商品コンセプト~~
凍らせて、揉んで、振って飲む、新感覚飲料。


~~商品特徴~~
●デザイン
・かき氷のシロップをイメージした濃い透明ピンクの背景や「氷」の
のれんのイラストが夏らしい雰囲気を演出しています。
・商品名ロゴの下にペットボトルから出る『みぞれ』の写真を配置し、
新感覚飲料である『みぞれ』のイメージをわかりやすく伝えています。
・側面には「みぞれの楽しみ方」をかわいい女の子のイラストで紹介しています。


氷晶みぞれいちご


●風味
・かき氷の定番、いちご味です。
・凍らせて、少し溶けてきたときに揉んで振ると、
シャリシャリ感とみずみずしさの両方をお楽しみいただけます。
●栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 60kcal


氷晶みぞれゆず


●風味
・暑い夏にほどよい酸味がおいしいゆず味です。
・凍らせて、少し溶けてきたときに揉んで振ると、
シャリシャリ感とみずみずしさの両方をお楽しみいただけます。
●栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 60kcal


氷晶みぞれブレンドコーヒー


●風味
・コーヒー豆を使用した本格的なコーヒーです。
・凍らせて、少し溶けてきたときに揉んで振ると、
シャリシャリとした食感のコーヒーをお楽しみいただけます。
●栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 56kcal


 という訳で早速、凍らせてみたところ、
確かに少し溶けたところで揉んでみるとシャリシャリと言う
感覚が伝わってくるものの、冬の時期に食べるものではないと
改めて実感。(苦笑)
味そのものには文句は無いものの、
冷たいものを飲んだせいかお腹が下りまして。。。


 これが夏の時期であれば私めもかなり重宝したとは思いますが、
やっぱり一気に2本を試し飲みし、コーヒーが残っており、
この時期の冷たいものは身体に悪かったようでして・・・
正露丸とお友達になったことを申し添えておきます。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 とうとう10月が終わって11月が始まってしまいましたねぇ~、
昨日は月報の締めと言うことで、10月の救急出動も55件で終わり、
随分と減ったなぁ~、と思ったら先月は2回の有休、
1度、熱発で夕方で早退してたんですよね、すっかり忘れておりまして。。。(苦笑)


 そんな昨日の救急出動も朝から転院搬送と言うことで、チト遠い市外病院へ・・・
高速道路を使用し、対向車線を見てみると何だか混雑気味、
やっぱり、月末だからなのか、幕張メッセでモーターショーを開催しているからか
分かりませんが、帰りは高速道路を使用しない方がいいような。


 渋滞の敵討ちとばかりに幕張メッセの前を通過してきましたが、
一般道は至って順調、ただ、メッセの駐車場は観光バスやら一般車両で満車、
本音を語れば私めもモーターショーに行きたいものの、
開催中の幕張メッセの前を通るとは何とも因果なもので。。。(涙)


 そんな遠方搬送後には毎度毎度の常習患者からの要請、
先月だけで他の救急隊とあわせて10回以上出動している輩・・・
病院に搬送されたり、本人の気が変わり、病院には行かない!となったりで、
常習でもブラックリストの殿堂入りと言った感じでして。。。


 そんな今回の出動、私めが親切にもアパートの部屋まで尋ねて、
「病院に行くの?」と尋ねてみると、こういうお答えが・・・

「病院から帰ってくるお金が無いから行かない・・・」

う~ん私めも腹の内、「だったら呼ぶなよぉ~」と怒鳴りたいものの、
「病院に行かない」と言う言葉を聞いて心の中でガッツポーズを。。。

毎度、病院に行かないヤツに時間を掛けるのはムダ!

っちゅうことでさっさと現場引揚、なんだかなぁ~と言った感じでして。(涙)


 そんな今日は、職場の総本山にご用と言うことで、
真夜中の救急出動で睡眠2時間のまま、朝から自転車にて出陣、

元 毒舌上司のアキレスさん

に現地でお会いしましたが、今日も毒舌が冴えておりました・・・(苦笑)
普段、この毒舌で常習患者をやっつけております。。。(苦笑)
まぁ、そんなこんなで用件は済み、
帰りは帰りで雨に祟られるはで散々だったような。


 そんな本日は模型の作業も出来なかったと言うことで、
先日、購入してきた飲料水のお話を・・・。


 いやぁ~、また値段に負けて買ってきてしまいました、

値段も1本30円

と言うことで、1ケース・・・
モノはキリンのトロピカーナ、「カラダに果実酢 15ml + 鉄分4ml」。
正直言って、コンビニなんかで発売されていた記憶がございません。。。


 日中、女房と子供たちと近所の「ジェーソン」へ出陣、
色々と飲料水のコーナーを物色していると、値段も安いが、
大好きなお酢系の飲料水が・・・これは買わねば!と思いながら
女房を横目に見ると、「2本だけね!」と連れない返事、と言うわけで
1ケース720円と言うことで、私めの小遣いから実費購入と相成りました。。。


 娘チャンと飲料水1ケースを両脇に抱え自宅に帰り、さっそく記念撮影、
色々と350mlのペットボトルを見てみると果汁と果実酢と書いてはあるが、
何の果実酢を使用しているのかはさっぱり分からず。。。


 ひとまず、ボトル下部を見てみると

・ オレンジ
・ ブドウ
・ イチゴ
・ モモ
・ リンゴ酢
・ 鉄

と言った親切な説明書きがあり、ここでようやく「リンゴ酢」を使用していた事が判明!
おまけに鉄分も取れてしまうという素晴らしい飲料水でありますな!


 その下にまろやか製法「特許出願中」と書かれ、
「酸味をおさえ、ツンとこないまろやかなおいしさに。」
と記載されておりますが、栄養分表示(100ml当たり)を見てさらにビックリ!!


 色々な成分が含まれているのは分かりますが、エネルギー量がこれまた高い!

100mlで51kcal・・・1本飲めば178.5kcal

も摂取できる訳でして。。。


 まぁ、そんな事を気にしていたら飲む事も出来ないので
さっそく試飲してみましたが、フルティーな味わいの中に
お酢の酸味がしっかりと。。。(苦笑)


 お酢が好きな私めには苦にならない酸味ですが、いったいまろやか製法とは
何だったのか?ツンとこないまろやかなおいしさはどこ行ったのか?と、
聞いてみたいような気分に・・・
まぁ、店頭で大量に箱積みされていたからこの商品の人気度が伺えますが、
変わったものを飲みたいと言う方がおれば、値段共々、
オススメ飲料ではないでしょうか・・・?(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 いやぁ~ここ最近、長男クン、朝と夕方に咳をコンコンとしていたと思ったら
今度は娘チャンが昨夜から急な熱発・・・38度台。。。


 とりあえず、昨夜は市販の飲み薬を飲ませて、朝一番で近くの小児科医へ受診、
診察の結果、娘チャンは「喉からの発熱」っちゅうことで、
座薬とのみ薬を、長男クンは飲み薬を処方してもらい帰宅。


 長男クンの咳は特に酷い様な状況ではありませんが、
熱で若干ボーっとしていた娘チャン、
熱がありながらも食欲だけは旺盛、座薬で熱も下がったせいか、
今のところは小康状態・・・大人であれば下熱剤を使わないで
あえて熱をさげず、汗をかいて寝てるのが一番なのですが、
子供の病気だと、ホント親も心配になりますよねぇ~。。。


 さて先日、近所の「ジェーソン」にて女房、子供たちとお買い物中、
ジュース類の販売コーナーで変なものを発見!モノはITOENの

「ストローで飲むコーヒーゼリー」

う~ん、デザートなのか飲み物なんだろうか・・・?


興味津々の私め、迷うことなく1缶を手に取りカートのカゴの中へ・・・
私めだけの購入ですが、ウチの女房はコーヒー類は嫌いと言うことで、
特に買わなかったことは問題ありませんので、あしからず。。。(苦笑)


 ちなみにお値段のほうは

誰もが驚く1缶 30円也!

何ともリーズナブルなお値段ですね~!
それだけ人気がなかったと言う事だろうか・・・?


 確かに過去にも「ふって飲むゼリー」とか言うものが自販機で販売されていましたが、
今回は特に振ってくれと言うことも書いてはおらず、
そのままストローで飲めばよろしいようですね。


 ちなみに以前、自販機で購入した「ふって飲むゼリー」、
真夏の暑い最中、救急出動連発という状況下で喉がカラカラになり、
仕事中に購入したのですが、早く喉を潤したいと言う一心に
缶を振るという行為に気がつかず、そのままプルトップを引き・・・
結果、缶を口につけても甘い液体な様なものが出てくる始末で、
肝心のゼリーが・・・何ともお粗末なことを。。。(涙) 


 結局、その時は開いた所を手で押さえて缶を振りましたが、
何とも哀しい思い出でしたねぇ~。(苦笑)


 さて、今回のこの缶、キャップの部分には「ビックリドッキリメカ」ではありませんが、
ストローが内蔵されており、非常に飲み手の心をくすぐりますが、
驚くべきことに、仕掛けまだまだ続きます。


 缶の説明を読みながらキャップを取ってストローをはずし、
プルトップを開けたところに先のキャップを取り付けると、
そのキャップにはストロー用の穴が・・・
何とも手の込んだつくりですよねぇ~、これで30円とは。。。


 ちなみに飲んだ感想ですが、森永のウイダーinゼリーの様な感じで、
さして「ゼリーだなぁ~」と、言った食感は特に・・・(苦笑)


 まぁ、30円と言う値段を考えれば特に文句を言うことはありませんが、
これが自販機で普通に売られて購入した日には、なんだか鬱になりそうな・・・(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 昨日は日頃の救急出動で蓄積された精神的な疲れを癒すために
自宅で大人しく読書をしていると、女房あてに一本の電話。
もちろん女房は実家に帰っているので留守ですが、
勧誘の電話みたいで、こちらも不真面目な返答を。。。


相手:「○×健康食品と申しますが、奥様はいらっしゃいますでしょうか?」

私:「女房ですか?女房は別荘の方へ行っておりまして・・・。」

相手:「別荘をお持ちなんですか?羨ましいですねぇ~、ところで別荘はどちらに?」

私:「長野の上高地の方に・・・」

う~ん、悪質な回答だなぁ~。。。

神よ!見栄を張った私をお許し下さい・・・。



 そんな女房が子供を連れて実家に帰ってからというもの、
一家の当直責任者は炊事・洗濯・掃除は一人でこなすハメになっておりますが、
実家に帰省した日から自分の夕食を作るのをやめて、
ある飲み物に生命線を託す事に・・・まぁ~、当直日は夕食をとりますが。。。


 モノは「健康道場の粉末青汁」 、10gの小袋が30袋入っており、
1日1袋を目安と言う事は30日も持つわけで。。。(涙)


 なにやらブロッコリー・ケール・大麦若葉・明日葉・モロヘイヤの
5種類のハーモニー、素材の栄養をギュッと濃縮と言う事で、
何だか飲むのにかなり勇気がいりそうな。。。(苦笑)


 説明書きを見ると「160ml程度の水やお湯、豆乳などで
溶かしてお飲みください」との記載があり、挙句の果てには
「お好みで果汁やお料理に加えても美味しく召し上がれます。」てオイオイッ!


 確かにビタミンKやカリウムが豊富に含まれ、健康にはよさそうですが、
冷凍になっている青汁でさえ、毒々しい色だなぁ~、と感じているのに、
小袋から出すためらいが・・・。


 実際、カップに粉末を入れてみたら、見事な緑濃色、
ホント、飲み手の心くすぐりますよねぇ~。。。(涙) 
これまた水を入れてみるとさらに毒々しく、
写真では明るい色になってしまいましたが、飲むのにさらなる躊躇いが。。。


 意を決して、鼻から息を出さないようにして飲んでみると・・・
苦味は無いものの、口の中に広がる変な風味、飲みなれていないせいか
思わずえずきそうになり。。。(苦笑)


 いやぁ~、悪役商会の八名信夫サンの言葉をもじる訳ではありませんが、

「マズ~イッ!2度と飲みたくないッ!」

と言った感じ。。。(笑)


 まぁだけど、苦味がなかっただけでもヨシと言った感じですが、
身体に良いと考えれば、間違いなく飲み損はないでしょうね、
とりあえず、頑張って飲み続けてみようかと。。。

イメージ 1

イメージ 2

 今日は所用のため早めの更新 & たまには鉄道模型の
話題から外れて飲み物の話でも・・・
深夜、ある救急出動にて病院到着後、
自販機の前を通ったら見慣れぬぺっトボトルが。。。


 モノは利根コカ・コーラボトリングが販売している「MAXコーヒーX」
一瞬、目を疑ってしまった訳で・・・。


 現在、缶の方は「ジョージア・マックスコーヒー」と名前は変わりましたが、
マックスコーヒーといえば250ml缶で黄色に茶色い模様のイメージが強く、
地域モノだったと知ったのはここ10年くらいの話で・・・(苦笑)


 昭和50年当時、茨城県・千葉県・埼玉県で発売され、3年後は栃木県まで勢力拡大。
自分も小さい頃はと~ても甘いコーヒー飲料としてたまに飲んでいた覚えが・・・
とにかく甘いコーヒーと言う事で、乳成分は練乳と言う事で、
甘い理由が分かった様な気が。。。(笑)


 ここ最近は先にあげた県の他に岩手県・秋田県・福島県・群馬県・
新潟県・静岡県等の一部地域で販売されているようですが、
500mlのペットボトルの販売までは私も知らなかった訳で・・・
というか、自分が気がつかなかっただけか?(苦笑)


 何やらネットで調べてみると500mlペットボトルが発売されたのは
今年の5月から千葉県・栃木県・茨城県の自動販売機やコンビニにて
販売され始めたようですが、気がつかなかった私って・・・?


 お味の方は正直言って、自分は牛乳で割って甘さを抑えないとチト、キツイですね、
結局、500mlのペットボトルを牛乳1リットルの牛乳で割って飲むハメに。。。
これではコーヒー飲料ではなく、コーヒー風味の牛乳のような。。。


 だけど昔、250ml缶を500mlの牛乳で割って飲んでいたことを考えれば
サイズは変わっても同じとでも言ったら良いんですかねぇ~。(納得!)



 だけど私自身、千葉県で生まれ育ったせいか、
マックスコーヒーって全国販売されている商品だと思っていたので、
真実を知った時は驚きました。


 だけど、よくよく考えて見れば高校生の頃、関西方面に旅行に行った際に
ファンタ・メロンだかファンタ・ストロベリーだかを購入して帰った
覚えがあるのですが、よくよく考えればこれもご当地モノだったのかは知りませんが、
まだまだ色々とご当地モノ飲料水ってどれくらいあるんだろうか・・・?

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


 世間は休みだからですかねぇ~、
運転に不慣れなドライバーが多いせいか、
緊急車両が接近しても避けるどころか真ん中を堂々と・・・
ホントに免許を持っているのかと小一時間。。。

 まぁ、話を変えて、たまには模型や車の話を離れて
飲食関連の話でも。

 ついこの間の勤務中、色々と雑談をしていたときに、
ひょんな話から自宅近くのコンビニの話になり、
そこに「コアップ・ガラナ」という
飲み物が販売されているということで、
購入してきて欲しいと言う話に。。。

 話によると、その人は北海道で
「コアップ・ガラナ」飲んだのだけど、
住まい近くのコンビニや色々と
お店を回って見ても全然売っていないと・・・
う~ん、さすが北海道限定!!

 ちょうど、子供のテニスの試合で
自分の家の近くの運動公園に来た際に
コンビニに立ち寄り「コアップ・ガラナ」を
発見して喜んだと言う。

 まぁ、たまたま自分がそのコンビニの近くに住んでおり
購入を頼まれたので、
そのお店に行って見ると、
う~ん、やっぱり売ってた・・・
早速1ケースの発注とともに自分も
試し飲みでもと2本購入してきた訳で。。。

 ビンには題名の如く「コアップ・ガラナ」と書かれており、
裏面の記載事項には・・・

本品は全国清涼飲料協同組合連合が開発したものです。
昭和30年代に京都の舞妓の立ち姿から
デザインされたびんの復刻版です。
ガラナエキスのピリッとした刺激が心地よい
大人の炭酸飲料で、
日本コアップ株式会社が認定した商品です。  

といった説明書きが。。。

 さて、ネットでも色々と見てみたが
コアップガラナは複数のメーカーが製造、
各社で原材料や味が微妙に違うとか。。。

 北海道の株式会社 小原がシェアの大半を占め、
北海道での販売量が他地域より、圧倒的に多いものの、
東京をはじめ、神奈川や静岡、愛知にも
販売元があるそうで、
その割にはあまり見かけないような・・・。

 商標等の管理は日本コアップ株式会社が行っており、
種類も

・230mlビンで販売者:ホッピービバレッジ株式会社
・500mlペットボトルで販売者:株式会社小原函館工場
・350ml缶で販売者:日本コアップ株式会社


 情報によると今回購入した
ビンのコアップガラナですが、

スクリューキャップ式の茶色のワンウエイビンは、
1999年の夏から
「昭和30年代のコアップガラナ発売当初のビンを復刻」

とのふれ込みで北海道で突然販売され、
北海道のお土産物としての知名度も上がったという。

 北海道では当初販売者:日本コアップ株式会社として
販売されたが
2000年 冬ごろから代わって
販売者:株式会社 小原のビンが出回っているそうで

東京でもホッピービバレッジ製や
日東飲料製の同じ形状のものが販売されている。

 また、王冠式の茶色のリターナブルビン、
透明のリターナブルビンも一部メーカーが製造しており
株式会社 小原には日本地図を浮き彫りにしたビンもある。

 う~ん、コアップガラナも色々と
うんちくがありそうな訳で

そんなことはともかく、早速飲んでみた。

 色はコーラが薄くなった様な色、
味は・・・
ん~、炭酸が効いていますが
薬臭いというか、
何か飲み覚えがあるような・・・。


 近いといえばドクターペッパーが
遠いようで近いような・・・。


 結果的に飲んでみるのが
一番早いかもしれませんね(笑)

まぁ、千葉でコアップ・ガラナが
飲めるというのはチト驚きというか、

うちの近くのコンビニ恐るべし・・・!

↑このページのトップヘ