続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:食べ物

 どうしてこんなフロントマスク
になってしまったのか
不思議
で仕方ない さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、私めのお仕事場から賞味期限が間近になると
各職場に配布される
非 常 食
今年は何故かカレーライ
配布され。
イメージ 3
 メーカーの方は
株式会社 非常食研究所
が発売している
ユニフーズ非常食
ということで、
イメージ 2
メニュー内容のほうも
カレーライス、ハヤシライス、玉子丼、
鶏そぼろ玉子とじ丼、
すきやき丼、豆腐丼、きのこ丼、
豚丼、アレルゲンフリーカレー、
アレルゲンフリーハヤシ
などといった10種類がリリースされているようで。

 ちなみに前年、同メーカー製の
鶏そぼろ玉子とじ丼が配布されましたが
イメージ 4
今年はカレーライスということで、
色々とみていくと、ツッコミどころ満載の逸品。
イメージ 7
 一応、ビーフカレーという事で、
ラッピングを通して商品説明を見ていくと、
イメージ 5
商品名のところになぜか
      ビールカレー
との謎の記載。。。Σ(゚Д゚ノ)ノェェ
イメージ 6
 カレーライスとはいいつつも、
ライスと思われる部分は水分少な目の御粥状態のようで、
一応、説明書きには・・・

①ルーとごはんをよくまぜるとお粥になります。
②お粥をスプーン側面で叩くと刻み食に、
 時間をかけると離乳食・流動食になります。 

などと記載されており、非常食という割り切って考えれば、
食せるものなのかと。

 そもそもが一般健常者・介護や介助が必要な方
・嚥下に
問題のある方すべて対応できる非常食、
お粥・刻み食・流動食にまで加工可能で
水も必要なければ作るまでの待ち時間も短時間なようで。

 先に述べたとおり、昨年は同メーカー製の
鶏そぼろ玉子とじ丼
なるものが配られ、鶏そぼろ自体は宜しゅうものの、
ご飯と称する部分がなんとも。(嘆)

 この時のモノは米自体、ペーストともご飯ともいえず、
誠に微妙な食感で粘りの無い水気のなしのモチを
食べている様、
ライスというには何とも。(嘆)

 そんなご飯と称する部分で痛い目にあった私め、
今回はあえて食べてみたいとも思えなかったのですが、
たまたま職場にて試食会が行われ、
非常食カレーを食して見る事に。。。
イメージ 8
 ちなみにカレーについてお味は良好なるも、
ご飯と混ぜて食べてみると、
ククレカレーをご飯にかけて
      数時間放置したような風味と食感
だったことを申し添えたいと。
イメージ 9
 逆に非常時には常温水でも戻せるアルファ米
この品物のレトルトを掛けて食べた方が
美味しく頂けるのではないのかと
思い始めており。。。(苦笑)
イメージ 10
P.S. この非常食カレー、家族の誰ひとりも
    食べてみたいと言ってくれません。。。m((_ _;))m

 時期的なモノもあるかと思いますが、
すっかりテニスに話題をさらわれ、
カーリングの盛り上がりは遠い彼方
行ってしまった感じがする さくら でございます・・・
モグモグタイムもドコへやら。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、チョコチョコと買い物に訪れる
我らが味方 業務スーパ® 

色々と目を引くものがコッソリと販売されておりますが、
ここ最近、私めがお気に入りになっているものが一品。。。
イメージ 2
 モノの方はご飯にかけたりして頂くものですが、
入院の時はお世話になった
ではなく、
イメージ 3
ほくと食品 超辛牛焼肉そぼろ 
     超辛いハバネロパウダー
という一品・・・
イメージ 4
製造元のほくと食品、北海道のメーカーなのかな?と思い、
商品情報を収集するついでにネット上から調べてみると、
ほくと食品とは業務スーパーを経営する神戸物産の子会社、
宮城県に本拠地を置いているようで。
イメージ 5
 ちなみにそぼろといえば、私めが入院中に食した
少々残念な「そぼろ丼」を思い出しますが、
イメージ 6
中身の方は、牛肉20%以と包装には記載されており、
        畑の肉
と称される大豆ミートがメインのようで・・・
イメージ 7
実際の中身の方、大き目なそぼろ状になったモノが
瓶の中で鎮座しておりますが、
ホンモノの牛肉サンなのか大豆ミートなのか、
茶色みがかった色のおかげで判別しにくいご様子。。。
イメージ 8
 しかしながら、この牛焼肉そぼろ、
まともなおかずが無いときやら、
お弁当のご飯に掛けておいても宜しいようで、
食べた時のピリッとくる辛みが何とも♪
イメージ 9
 先日のハバネロの入った唐辛子味噌に比べ、
熾烈な辛さではなく、同じハバネロが入った食品でも
辛さは雲泥の差の様な・・・。
イメージ 10
 特に本品を温めてご飯の上というよりは
そのままご飯の上に掛けても問題なく、
おかずが無ければ、
このそぼろでご飯を何杯でも食べられてしまうという
スパイラルに陥りかねない状況になる恐れも。(汗)

 それにしても、Y!の付くショッピングやら、
密林ショッピングでは
この
    超辛牛焼肉そぼろ
1000エン超えのお値段で販売
されており、業務スーパーで200エン以下で
この牛焼肉そぼろ購入できる事実を知ったら
購入者は地団駄を踏むのではないかと。。。

 手術での病気休暇中に約1か月伸ばしたヒゲを剃ったら、
未だ自分の顔が見慣れない
さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて当直の時、私めの職場での夕食のおかず等を
購入しに出向いた近所のスーパーに出陣・・・
色々と購入してきた訳ですが、
そんなおかず群とは別に面白い一品を。。。

 モノは一正蒲鉾から販売されている
うなる美味しさ うな次郎
といったお品物、
魚のすり身で作られたうなぎの蒲焼風のおかず。
イメージ 2
イメージ 3
 確かに材料は魚のすり身がメインで作られているようで、
使用材料に
     木炭
が入っているのが何とも。。。(苦笑)
イメージ 4
 一正蒲鉾からの説明では・・・

・生臭くないから、お魚嫌いな人でも美味しい。
・皮の部分にも焼き目がついて、とっても香ばしい。
・専用タレで照りが長持ち、ジューシーな食感。
・1枚がお茶碗にのせられるジャストサイズ。
・お弁当や、時間のないときのメニューに最適。

ということだそうで。。。
イメージ 5
 タレと山椒を出してから温めて蓋を
フルオープンしてみると
見た目の雰囲気はウナギの蒲焼風に仕上げられており、
皮の部分となる裏側もメーカーからの説明通りに
しっかりと再現、
もしかして、この皮の表現に
木炭が使われているんですかねぇ~?
イメージ 6
 数日前に女房サマの実家から頂いた
ウナギと比べてしまうと、
ホンモノVSニセモノ
イメージ 11
些か、うな次郎、見劣りする感じがしないでもないのですが、
実際に丼に乗せて食べてみると
食感は実際のモノに比べると若干柔らか目、
しかしながら風味のほうは完全にウナギ!
イメージ 7
 また、皮面の部分もどう再現したのかは知りませんが、
焼き具合も食感も身の部分と比べてしまうと、
こちらの方がホンモノを食べている感じ・・・
さらにタレと山椒が相まってなのか、イイ感じでして♪
イメージ 9
イメージ 8
 実際のウナギの蒲焼が値段の高騰で
口に入らなくなってきた昨今、
ウナギの蒲焼風という立場ながら、
しっかりとウナギの蒲焼の雰囲気を再現可能な一品、
ウナギ好きの私めでも、この商品はありなのではないかと♪
ということで、あっという間に平らげてしまい。。。(汗)
イメージ 10

 自宅で作る焼き餃子・・・
1回作ると、だいたい160個の餃子を作り、
2~3日ほど夕食で餃子を楽しみますが、
相変わらず、餃子を焼く作業だけは
絶対に譲れない さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、本日は暴風域真っ只中に出勤する私め、
本日は早めの更新を・・・
3日ほど前の話、我が家の財政が厳しくなるとお世話になる
ディスカウントショップのジェーソン・・・
私めの仕事場で食すために色々とお買い物を。。。
イメージ 2
 そんな店内を徘徊していると、
どう見ても季節限定商品だったと思われる
インスタント商品が棚にチラホラ・・・
ということで、確保してきたのは
大黒 冷したぬきうどん
どうやら、夏季期間販売商品だったようで。。。
イメージ 3
 メーカーからの案内では・・・

あげ玉のコクがつゆと合うさわやかな美味しさ

・めんつゆ…かつおと昆布だしの風味豊かな旨味めんつゆ。
・めん…風味豊かなめんつゆと相性のよい
 なめらか仕上げのめん。
・かやく…コクと風味をアップする
 「揚げ玉、ごま、ねぎ」入り。

と、あっさりしたもので。。。(淋)

 さっそく、昼食時に食す準備・・・
しかしながら、いつお客サマから
ご注文が入るかわからないお仕事、 
熱湯を入れて5分という時間がもどかしい。。。

 案内通りに麺つゆとかやくを出して、
熱湯を入れてしっかりと5分、
うどんが満足するまで容器の中で熱湯に浸かってもらう。
イメージ 4
 一旦、お湯を廃棄した後、
お湯投入口から今度は水を・・・
うどんがしっかりと冷たくなったら、
かやくとめんつゆを入れて冷やしたぬきうどんは完成!
イメージ 5
イメージ 6
 うどんの食感は赤いきつねのうどんに似た感じですが、
インスタントでこういった冷やしたぬきもありなのかと・・・
ひとまず次回、ストックしている冷やし中華に
チャレンジしようかと。。。

 選挙か近づき、ニュースで耳にする
     ふどう票・・・
正式には浮動票だそうですが、
不動票だと思っていた さくら でございます・・・
てっきり、何の意味か分かりませんが、
動かぬ票かと。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、チョイト所用で立寄ったコンビニ・・・
カップ麺のコーナーをのぞいてみると、
黄緑色っぽいラッピングを施された
四角いケースが。。。

 サイズ的にはペヤングのソース焼きそばに似たサイズ、
一方の黄緑色にラッピングされたケースを見てみると、
ピーヤング やきそば 春雨
と、?マークの浮かび上がるネーミング。。。
イメージ 2
 さらにラッピングには、
美味しくお手軽に219kcal 塩コショウ味
春雨にあんかけの様なものが乗っている感じで。
イメージ 3
イメージ 5
 特にそれ以外の説明は無しということで、
ネットから情報を得てみると・・・
ピーヤングの理由も特になく、
9月18日からコンビニで先行販売された模様。
イメージ 4
 さっそく実食と行きたいところですが、
ラッピングを外してケースを開けると、
中には春雨さんが袋に入って鎮座。
イメージ 6
 春雨やら野菜をケース内にINさせた後にお湯を注入!
イメージ 7
若干、湯切りがしつらい感じも致しますが、
なんとかお湯を切ってソースを。

 食べてみると予想以上に春雨の食べ応えが
しっかりしており、
ちょっぴり意外だったような感じ・・・
一方、味はかなりあっさりで淡泊、
恐らく、湯切りが少し甘かったのか、
その影響で薄くなってる可能性も。。。
イメージ 8
 肝心の味の方は塩コショウ味と記載されながらも
しょうゆの味もしており、
中華っぽさが演出されているような雰囲気。
イメージ 9
 私めは味の物足りなさから味の素を
少々振り掛けてしまいましたが、
ご飯と一緒に食べるには丁度良くなったような。

 今回はつい、興味本位で購入してしまいましたが、
カップヌードルの謎肉祭りが再び始まっている事もあり、
今度は謎肉の食感を楽しもうかと。。。
イメージ 10

 ネットをあちらこちら徘徊していた時に
見つけた言葉なのですが・・・

あなたに敬意を払わない人に、
        あなたが敬意を払う必要はない。
あなたのことが嫌いな人を、
        あなたが好きになる必要はない。
あなたを大切にしない人を、
        あなたが大切にする必要はない。
しかし、そういう人たちのことを
        心の片隅にちょっとおいておく。
自分と対する人にも、
        その人の大切な人生があるのだ。 

なかなか素晴らしいお言葉
だと思う さくら でございます・・・
ただ、誰が言っていたのか
        分からんのですが。。。m((?_ _?))m

 さて、女房サマたちが実家に里帰りということで、
自宅の取り残された私め・・・
食に関しては色々と好き放題
させていただいておりますが、
前夜に食した宮城製粉の
ピリピリチキン
スープが残ってしまい、このまま捨てるにも勿体なく。
イメージ 1
イメージ 2
 ひとまず日中、残ったスープの処遇を一考し・・・
どうしてもバジルや粒コショウの存在もあり、
スパゲティーと混ぜて
トマトソースパスタ ピリカラ風にするか、
それとも無難にリゾット風の方が
無難なような気がしないでもなく。。。

 しかも、元々のピリピリチキンはポルトガルの家庭料理、
ポルトガルの家庭料理を
イタリア風にするのも暴挙なんですが。。。

 とりあえず、スープを冷蔵庫から取り出す際、
ここ数日、残ったご飯が冷蔵庫で眠っており、
夕飯はスパではなく、残ったご飯の消費作戦ということで、
リゾット風にすることに。。。(情)
イメージ 3
 にこごり風になったピリピリチキンのスープを
フライパンにあけ、
塩っ辛さを抜くために水を少々・・・
マズイモノでもウマくなる味の素少々を入れて、ご飯投入!
イメージ 4
イメージ 5
 ついでに今年は何故か豊作のミニトマトを投入し、
イメージ 6
しばしフライパンの中で
水分が少なくなるまで煮込み放置・・・
最後に溶けるチーズをかけて完成と相成り。。。
イメージ 7
 ピリピリチキンの変身系ということで、
残ったスープでリゾット風となりましたが、
肝心のお味の方は・・・
スプーンですくって待望の1口め・・・!
見事にチーズが貼りつき
  舌をヤケド。。。il||li ○| ̄|_ il||li

 この数時間後には女房サマたちが我が家にご帰還!
すっかりファブルのを忘れ、自宅内は異臭騒ぎ・・・
何を食べたのかを問い詰められたのは
言うまでもなく。。。(滝汗)

 最近はテレ朝系列で放映されている
じゅん散歩
に はまっている さくら でございます・・・
私め的にあのテキトーさが非常に羨ましく。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、我が家になかなか女房サマたちが実家から
戻ってこないという状況が続いておりますが、
女房いなけりゃ好き勝手出来るということで、
先般の業務スーパー®買い出しツアーにて

レディーボーデンやらリッタープリンを。
イメージ 2
 甘味系だけではなく、しっかりとおかずになるモノも
購入してきた訳ですがリッタープリンと同様、
普段であれば、購入を拒まれるものを・・・
本来であれば、今回購入してきたメーカーの
宮城製粉やわらか煮豚
が欲しかったものの、在庫切れということで、
宮城製粉 ピリピリチキン
というモノ、お値段も懐にやさしい
229円。。。ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪
イメージ 3
イメージ 4
 メーカーからの説明書きには・・・

ピリピリチキン
ポルトガルの家庭料理をアレンジし、
手羽元をピリ辛ソースでスパイシーに仕上げました。
肉の中心までやわらかくなるよう、
時間をかけて加圧加熱しておりますので、
骨付の肉もほろりとほぐれるほどのやわらかさです。
ご家庭で簡単にボイルするだけで本格的な
メイン料理が出来上がりますので、
お料理の時間が取れない忙しい日のメニューに最適です。

ということだそうで。。。
イメージ 5
 密封パックの中には骨付きの手羽元が6本入っており、
夕食には充分な量・・・
バジルや粒コショウが入っておりピリリとした辛さ、
私めには辛さもちょうどいいような。。。
イメージ 6
 口に入れると肉も勝手に崩れる食感、軟骨も柔らか・・・
1人暮らし用のおかずにはもってこいといった感じですが、
食べた後に残ってしまったスープ、
コレが捨てるには非常に勿体なく
新たな転用先を本日中に考えたいと。。。
イメージ 7

 唐辛子タップリの辛い料理・・・
昔は大好きだったのですが、最近はどうも辛いモノを食べると、
お尻に不調がでる さくら でございます・・・
激辛料理なんぞ食べた日には、
目ならぬ尻も当てられぬ状態になり。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて一昨日に続いて、インスタントモノの話になってしまいますが、
先日、リニューアルオープンしたコンビニにて、
いま話題になっているような、
45周年記念商品 カップヌードル 謎肉祭
肉盛りペッパーしょうゆ
というモノを入手しまして。。。(汗)
イメージ 2
イメージ 3


 巷では9月12日に発売されたものの、
売れすぎてしまって3日で販売中止になるという
伝説を作ってしまったようですが、
しっかり翌日16日にはまだコンビニにの棚に山ほど。(苦笑)
イメージ 4


 カップヌードルを購入したこの日は私め、お仕事・・・
当日、業務予定が立て込み、職場で昼食は作らないということで、
自宅から持参したおにぎりとカップワンタンスープで
簡単に済まそうと思ったものの、
カップヌードル 謎肉祭を見つけてしまい購入。。。


 謎肉祭を見つけた喜びでワンタンスープは買い忘れるわ、
このカップヌードルとおにぎりではカロリーオーバー確実!
と言うことで、自宅に持ち帰ったもの。(情)
イメージ 5


 そんな謎肉ヌードル、フタを開けてみると、謎肉が一杯・・・ 
「謎肉」と呼ばれる「味付豚ミンチ」が通常の10倍
イメージ 6

入っているそうで、
私め、この量の謎肉だけでご飯1杯は充分にいけそうな予感、
できれば、ブバーランと呼ばれるエビさんもいれば、
祭に華を添えられたような。。。(苦笑)
イメージ 7


 さっそくお湯を入れて3分待ち、再度フタをご開帳♪
確かにお湯の浸みた謎肉を見ると、
ヌードルの上にしっかり乗っており、
コレだけで私め、ご満悦状態。
イメージ 8


 結局は謎肉祭という言葉を忘れて、
普段通りにカップヌードルを食してしまいましたが、
食べ終わった感想・・・
謎肉も時には一杯食べるのも感動モンですが、
普段はいつもの量で充分かな?といった感想で。。。(苦笑)
イメージ 9

 「さくらサンって、あの人に似てますよねぇ~!」

と言われ、誰かと尋ねてみると・・・

アレクサンダー大塚!!

と言われた さくら でございます・・・
特に否定はしませんでしたが。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、とあるスーパーに買い物に行った折、
カップラーメンのコーナーにて面白そうなカップめんを発見!!
モノは
日清 こだわりのメキシカンタコス風ラーメン
なるシナモノ。。。
イメージ 2


 タコライスは大好きな私め、モノは試しにと1つご購入したものの、
暑さのために食べる気にもならず、ココに来てようやく陽の目を見ることに♪
私め、確実に汗だくとなり、ラーメンどころではなくなりそうな予感。。。
イメージ 3


 なにやら、タコス風ラーメンの謳い文句には
ハラペーニョの辛みとトマトの酸味が効いたポークベースのスープ 
と記載されておりますが、さっそく開封!!


 中から乾燥トマトさんの他、唐辛子サンがタップリ!
キャベツと原料不明のお肉が見え隠れしている・・・
とりあえず、鼻を近づけてニオイを嗅いでみると、
唐辛子サンと思しきニオイが。。。
イメージ 4


 さっそくお湯を入れて3分い間のガマン・・・
3分のガマンの末、フタを開けてみると、
何とも微妙な出来具合と来たもので。
イメージ 5


 出来上がったタコスラーメン、
スープが混ざるよう、しっかりとかき混ぜて見ると、
スープは真っ赤♪
カップヌードル チリトマトを見ているようで。。。(苦笑)
イメージ 6


 そんなお味の方ですが、
際立った辛さも抑え目、酸味も抑え目ということで、
強烈な印象なく食べ終えてしまいましたが、機会があれば、
もう一回食べてもいいかな?といった具合だったわけで。。。(苦笑)

 お笑い芸人著、あれだけ巷を騒がせ、色々と話題になった
火花・・・
モノは試しで読んでみましたが、
話題の割にはあまり面白くなかった さくら でございます・・・
コレであれば
ムツゴロウさんのドキュメンタリー小説
の方が。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、我が家の食品庫、
色々と食べ物がストックされておりますが、
ここ10日ほど、非常に気になるモノが食品庫の中に。。。


 東洋水産㈱から発売されている
ごつ盛り 塩焼そば
というモノ。。。
イメージ 2


 昨日から女房サマ、子供たちも実家に帰ってしまった
ということで、自宅には私めひとり・・・
出来れば簡単に夕食を済ませたい私め、
たまたま、塩焼きそばも一つしかないということで、
誰も居ないうちに食してしまうことに♪


 そんな塩焼きそば、メーカーからの説明では・・・

麺130g、チキンと玉ねぎの旨みが利いた塩味ソースに
「バジル入り特製スパイス」が付いた大盛塩焼そば。  

ということで。。。
イメージ 3
イメージ 4


 とりあえず、私めの大事な夜ゴハンということで、
さっそくお湯を沸かして調理と行きたいところですが、
パッケージングをあけて何気なく横を見てみると、
この塩焼きそばのカロリーが記載され・・・
734Kcal!!!
とてもステキな数値が。。。il||li _| ̄|○ il||li 
イメージ 5
イメージ 6


 お湯を入れて3分まって麺は出来上がり、
ソースを入れて食させていただきましたが、
イメージ 7

バジルの風味よりも玉ねぎの風味の方が強い印象・・・
私め的には塩焼きそばもイイのですが、
フツーのソース焼きそばの方が。。。(ボソ。。。)

 第2子が誕生した職場の後輩クン、

「下の子が生まれたら、上のお姉チャンの
   先祖返りが酷くなっちゃって・・・(嘆)」

赤ちゃん返りだと思う さくら でございます・・・
もちろん、言葉の訂正はしておらずでして。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて先日、幕張のコストコまで出陣していたのですが、
1階の食品売り場で面白いモノを見つけてしまいまして。。。


 モノは・・・
ユウキ食品 怪味ソース
という一品。。。
イメージ 2
イメージ 3


 試食コーナーが設けられており、
大根サラダにこのソースが掛けられており、
ひと口、食べさせて頂きましたが、
名前とは裏腹になかなか美味しい感じ♪
てなわけで、1本お買い上げした訳ですが、
サラダにはもちろんの事、唐揚げにかけてもヨロシイそうで。。。
イメージ 5


 そんなソースの材料の一部には・・・

・穀物酢
・ねりごま
・オニオンソテー
・トマトペースト
・にんにくペースト
・ピクルス
・ラー油

と、この蒼々たる素材、
不味い訳がない片鱗をまざまざと
見せつけられ。。。
イメージ 4


 てなわけで子供たちが学校、女房サマも外出ということで、
ひとりで昼食の本日・・・
冷凍庫に入っていた竜田揚げにこの怪味ソースを用いてみる事に♪
イメージ 6


 独特なカラーのソースではございますが、
味に変化を加えるには最適の逸品、
不味いモノにもこのソースで美味しくできそうな、
無限の可能性を秘めているのかと。。。(爆)
イメージ 7


 とりあえず、次回はサラダで試してみます・・・m((_ _))m

 連休中、女房サマと子供たちは実家に帰省中、
しかしながら、私めの自由になる日は1日・・・
なんか、不服な感じの さくら でございます。。。m((_ _#))m
 

 さて、自宅に一人の私め、特に困ったことはございませんが、
食事作りが億劫になり、そのまま食べないことも、しばしば。。。
 

 しかしながら、今回留守中の我が家で私め、
どうしても作って食べたい一品が・・・
沖縄で食していた
タコライス♪
 
イメージ 1
イメージ 2

 てなわけで、準備したのは
 
・沖縄ハム Taco Rice(タコライス)
・レタス
・レッドチェダーチーズ
 
イメージ 3
 
 自宅に戻ってから、
トマトを買い忘れたことに気がつく。。。il||li ○| ̄|_ il||li 
 
イメージ 4

 そもそもタコライス、皿に盛ったご飯の上にタコミート
(挽き肉、玉ねぎ、調味料・スパイス等を加えて調理したもの)、
千切りのチーズ、レタス、トマトなどを順に載せ、
トマトベースの赤いサルサをかけて食べるスタイル。
しかし、オリジナルのタコライスはご飯とタコミートのみだそうで、
本日はタコライス発祥の店、パーラー千里風に作ろうと。。。
 
イメージ 5
イメージ 6

 作り方はいたって簡単シンプル、
お皿にご飯を盛って、湯煎で温めたタコミートをのせて、
チーズと千切りレタスのせて作業終了♪
 
イメージ 7
 

 添付のホットソースで辛さの調節ということで、
10分も掛からず私めの晩御飯が完成・・・
ココまで簡単な調理であれば、
私め独身中の定番料理にしようかと。。。
 
イメージ 8

 唯一残念な点といえば、
製作に10分は掛かったものの、
食事は5分程度で終わってしまったことですかねぇ。。。(苦笑)

 沖縄旅行から帰宅後、
またジャガイモ地獄
に苦しめられている さくら家 でございます・・・
今回はベーコンと細切りジャガイモで炒めで。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて今回の沖縄の旅、キモとなるのがお食事、
私め、沖縄といえば、ソーキそばが一番の楽しみ♪
あのなんともいえぬ食感が・・・
結局、旅行中には毎日食べておりまして。。。(苦笑)
 
イメージ 2

 結局、初日にソーキ、テビチ(トンソク)、3枚肉の入った沖縄そばを
食したのを皮切りに、最終的には帰宅日にも空港でソーキそば・・・
やはり、ソーキ(軟骨)の食感とそばの食感がなんとも。。。
 
イメージ 3

 案外と食にこだわる息子クン、ソーキそばなどは
あんまり食べないかしら?と、勝手に判断していた私め、
意外や意外でツボにはまったらしく、
親子でズルズルと啜っていた訳でして。(苦笑)
 
イメージ 4

 また、沖縄といえばタコライス・・・
タコスの具である挽肉、チーズ、レタス、トマトを
ご飯の上にのせた沖縄料理ということで、
こちらも2回ほど食すチャンスに恵まれ、
非常に美味しゅう食べ物でございますが、
辛みをつけたサルサがどうも・・・
トイレに行った際に悲惨な状況に。。。(滝汗)
 
イメージ 5
イメージ 6

 そんな中、ソーキそばなどの豚サンのお肉とは一線を画す
アグー豚を使用したハンバーグやら
ソテーなるものも食しましたが、
ソテーに関しては案外と脂が多い割には、
しつこさもなく、美味しく頂けまして♪
 
イメージ 7
イメージ 8

 滞在中はおやつ代わりにサーターアンダギーやら、
ブルーシールのアイスクリームを散々、食しておりましたが、
今回の沖縄旅行、ある意味、食の旅でもあったような。(苦笑)
 
イメージ 9
イメージ 10

 しかしながら、沖縄食の旅、
一番のインパクトは公設市場で飾られていた
     コレ↓だったような。。。(爆)
 
イメージ 11

 やっと納車も決まり、色々とパーツを購入しておりますが、
極力、現金を使わず、ポイントでパーツを揃えているため、
ポイント残高が風前の灯の さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さて、女房サマと先日、スーパーに買物に行った時の話、
色々と食材を買い込み、ドサクサ紛れに職場で食すパンまで
購入してしまおうとパン売り場へ・・・
すると、通路に特売品コーナーに山済みになっている商品が。。。
 

 お値段も70エンということで、品物をよくよく見てみると、
ヤマザキパン
メロンパンの皮

焼いちゃいました。

なる商品。。。
 
 
イメージ 1

 興味本位で見ておりましたが、気がつくとカートに
メロンパンの皮が4つ・・・
しっかり家族分。。。(汗)
 
イメージ 2

 見た目は確かにメロンパンの皮の様な雰囲気を漂わせておりますが、
袋の上から触ってみると、皮自体は堅く、
クッキーのような感じでありまして。
 

 袋を開けてご本尊とご対面タイム♪
興味本位で購入したメロンパンの皮、
口に入る緊張の一瞬・・・
まぁ~なんとも、メロンパンの皮というよりは
メロン風味の湿ったクッキーを食しているようで。。。(苦笑)
 
イメージ 3
イメージ 4
 
 正直、コレでメロンパンの皮を食パンにでも乗せて食べれば
立派なメロンパンにでもなりそうですが、
なんとも不思議は品モノであったことは間違いなく。。。(苦笑)
 
イメージ 5

PS:そんな家族分を購入したメロンパンの皮・・・
   子供たちには大好評の様で。。。m((_ _))m 

 マックシェイクのバニラっておいしいですよねぇ~、
ここ最近、ドライブスルーでシェイクを購入するのが
マイブーム
になっている さくら でございます・・・
ただ、1個だけ購入だと恥ずかしいのでバニラを2個購入、
飲む度に腹を下し
ておりますが。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて、所用を頼まれ1人でお遣いに行った私め、
目的のものを購入する前にワールドカップが行われている
ブラジル関連の食品に目が行ってしまい・・・
そういえば先般、マックでブラジルバーガーを食しましたが、
パンとパティーに挟まれているパプリカがボロボロ
と。。。(情)
 

 マックのブラジルバーガーはさて置き、
ブラジルコーナーで鎮座する、チョット気になった一品が・・・
日清カップヌードル ブラジル風グリルチキン
ってどんな感じなの?ということで、買って食べてみることに♪
 
イメージ 2
イメージ 3

 てなわけで、さっそくお昼にカップヌードルを食べるため、
ふたを開けてみると・・・
干からびたチキンとトウガラシ、キャベツ、タマゴが入っており、
色も赤く、いかにも辛そうな予感。。。(汗)
 
イメージ 4

 しかしながら、お湯を注いでまもなく3分というときに
   悪夢の来訪者・・・
その間にも麺は無情にも伸び、麺の量が増量♪(涙)
 
イメージ 5

 麺をかき混ぜ、残り少ないスープの色を見ると、
スープは赤く、いかにも私は辛いです!
という自己主張
をしているようで。。。
 
イメージ 6

 とりあえず、麺を食してみるも、
想像していたほどの辛味もなく、なかなかのお味♪
スープもすすってみると、スパイシーな味わいはあるも、
刺激的な辛味もなく、コレなら安心して全て飲み干せそうな予感♪
 
イメージ 7

 そんなブラジル風グリルチキンのカップヌードルですが、
マズイという訳ではありませんが、また食べたいか?と問われれば、
1回食べれば満足、フツーのカップヌードルで
充分といった感じで。。。(苦笑)

 マフラーがほしいなぁ~、という私めのつぶやきに
女房サマがすばやく反応・・・
この時期にマフラー?なに考えているの??
と率直なご意見、
マフラーはマフラーでも
シャリーのマフラーがほしい
さくら でございます。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 前にご紹介しました
我が家から近場に生息しているふなっしーご推奨
船橋ソースラーメン
一昨日は意を決しって食してみることに。。。
 
イメージ 5
イメージ 2

 お湯を入れるためにふたを開けてニオイを嗅いでみると、
ほんのりソースのカ・オ・リ♪
具材としてキャベツとニンジン、肉の破片が。。。
 
イメージ 3

 お湯を入れて3分・・・
いよいよソースラーメンと対峙する時が・・・
湯気とともにソースの香りが漂い、かき混ぜて、
記念すべき一口。。。
 
イメージ 4

 食べてみた感想、ハイ、ごくフツーのカップラーメンです、
ただ、麺を口に入れた後、感じた風味は、
サッポロ一番の麺を食べたときと同じ印象、
まぁ、メーカーが同じということもあるかと思うんですが。。。(苦笑)
 
イメージ 6

 食べてみて、決してマズイモノでもなく、
案外と食べられますねぇ~、
しかしながらスープに関しては、
やっぱりソース味
どうも、ぺヤング焼きそばにソースを入れて、
そのままお湯を入れたときのイメージが湧いてしまい、
飲み干すこと出来ず。。。(涙)
 
イメージ 7

 今回はカップラーメンでの未知との遭遇、
実際にはトッピングにハムカツをのせたりして
食すことが多いようですが、
私めも実際のお店でソースラーメンを食べてみたくなり。。。(苦笑)

 昨年の後楽園ホールのプロレス観戦に引き続き、
新宿FACEまでプロレスを観に行っていた さくら でございます・・・
前回は引退を発表したドス・カラス選手の日本ラストファイトでしたが、
今回の目玉は 藤波 辰爾選手ですかねぇ~、
約25年ぶりにナマで動く姿を拝見いたしましたが、
偉大さは消えていない様でして。。。m((_ _))m
 
イメージ 1
イメージ 2

 さてさて本日、近所のスーパーにてカップラーメンを物色、
前々から気になっていたラーメンを・・・
ふなっしーの船橋ソースラーメン
を試しにお買い上げ。。。
イメージ 3
 
 ちなみにソースラーメン、ふなっしーが出演して取材していた
ラーメン屋さん自体はドコのお店か存じてはおりますが、
そんなソースラーメン、世界的民間辞書には
 
ソース味をベースにしたラーメンで、戦後船橋駅近くの「花蝶」という
中華食堂がソース焼きそばをヒントに作ったのが始まりとされる。
 
う~ん。。。
 
イメージ 5

 そんなソースラーメンのカップには
 
「船橋ソースラーメン」は戦後、
船橋に生まれ根付いていたラーメンで、
今再び注目され盛り上がっているB級ご当地グルメなっしー!
ソースの甘みと酸味がきいた独特の旨さにやみつきになる、
ふなっしーの大好物なっしー!
 
イメージ 4
と記載されているも、40年当地に住む私め、
そういったメニューのラーメンがあるとは
私めも存じていなかった訳で。。。(苦笑)
 

 ところで肝心のソースラーメンのお味は・・・
まだ怖くて手を出せません。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 それにしても素晴らしいフォルムのバイクですねぇ~、
エンジン前にプロペラ付ければ、
空にでも飛んでいくのではないかと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて昨日は、女房サマが幼稚園の親睦会ということで、
日中、自宅待機だった私め、
残念なことに、お昼に食す白米の残りも少なく、
何を食べるか悩んでいた訳で。。。
 

 食品庫の中にあるモノがある事を思い出し、
それを昼食にすることに・・・モノは
メーカー不明 グリーンカレーヌードル チキン風味♪
確かディスカウントショップで5個入り198円で買った覚えが。。。
 
イメージ 2
イメージ 5

 
 見るからにアヤシイ色の袋に入り、
乾麺のサイズも些か小さいようで、
2袋を調理することに。
 
イメージ 3
イメージ 4

 
 袋を開けてみると、乾麺とスープ、調味油が入っておりますが、
何故か調味油、中で固形化・・・一瞬、入れて大丈夫なのか?と。
 
イメージ 6

 とりあえずこのインスタントヌードル、
鍋で茹でてもヨシ、ドンぶりに入れてお湯を注ぐのもヨシ
という事でしたが、私めは無難に片手ナベで茹でることに。
 

 麺を茹でながら、スープの素、調味油を入れると、
食欲をそそる香りどころか、眉をひそめるニオイ・・・
スープの色も妙に緑がかった微妙な色。。。
 
イメージ 7

 スパイスが効いているのは重々分かりますが、
微妙なニオイに微妙な色合い、
勇気を出して一口、食してみると・・・
スパイスの中にカレーの香りが主張し、
食べ進めていくうちに辛さで汗が。。。
 

 とりあえず私め、頑張って食しましたが、
親睦会が終わって帰宅した女房サマ、
自宅内に漂う不思議なニオイ
怪訝な顔をしてファブリーズ
していたのは言うまでもなく。。。(苦笑)
 
イメージ 8

  例の卒業文集に掲載する文章を書き終えて
やっと一息ついている さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 ホント、真面目に文章を書こうとするもなかなか名文が浮かばず、
産みの苦しみ、文章終盤は深夜、目を真っ赤にしながら文章作り。
ただ私め、今回の文章で書き損じてしまった事が・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
「ハンカチをご用意してお読みください。」
 
イメージ 2

 さて昨日は息子クンが水ぼうそうにより幼稚園を休み
夫婦、時間差で買い出しに・・・
そんな買い物の最中、女房サマから自宅にお電話が。。。
 
妻:「ねぇ~、チョウシタのサンマが売ってる!!」
私め:「そんな訳ないだろ~!イワシの見間違いじゃなくて?」
妻:「いや、サンマ!サンマだよ!!」

私め:「大量購入を命ず!」
 
 今回は詰品2割引きセールということで、
98円のお値段が78円に・・・
てなわけで、チョウシタのサンマのかばやきを10缶、
お次に私めが出向き、16缶をお買い上げ♪
 
イメージ 1
イメージ 3

 
 ちなみにチョウシタのかばやきシリーズ、
イワシの方はよく目にするものの、
サンマの方は、なかなかお店に姿を現す事がなく、

我が家では奇跡の一品・・・
これ1缶あれば、ご飯3杯は可能♪
ところでチョウシタのサンマのかばやき、
お味的にはごくフツーなかば焼きでございます。。。(苦笑)
 
イメージ 4

 ところで、女房サマの実家の母上サマも
食べたいということで8缶程度を発送予定ですが、
残り18缶、非常食になる前に
私めの胃袋に収められそうな予感。。。(苦笑)

 
一口メモ・・・チョウシタの由来
 
 銚子は日本でも海にゆかりの深い土地として有名です。
とれたての魚を缶詰にして販売するには、
これほど適した場所もそうないでしょう。
恵まれた環境を背景に大きく飛躍する為に、
田原缶詰の商標は、銚子を土台に考案されました。
中心になる『タ』は言うまでもなく田原缶詰の頭文字。
『タ』を囲むのは銚子の『銚』を『丁』と言い換えたもので、
この文字を4つ組み合わせ『丁四』=『銚子』と読みます。
それに銚子の黒潮をあしらって、デザイン化しました。。
銚子と共に成長し、躍進する田原缶詰の社員は、
常にこのマークのもとで一体となり、
人々の食生活の向上に尽くす所存です。
         
                                    田原缶詰のホームページより。

 ここまで立派なトサカを作り上げるとは
ボウズ頭の私めには到底無理だと思う
 さくら でございます。。。m((_ _))m
 
イメージ 1
 

 さて本日は私めの女房サマも幼稚園の
ママ友宅に遊びに行くということで、
私め自宅で独りぼっち・・・
「昼食、適当に食べておいて~!」

ということで私め、食品庫をガサガサと。。。
 

 そんなわけで食品庫から発掘されたモノ・・・
キムチの国が誇る!
農心 辛ラーメンのカップ

が顔を出し、さっそく調理を♪
といっても、お湯を注ぐだけですが。。。(苦笑)
 
イメージ 2
 

 そんな辛ラーメン、会社からの情報では
 
コシのある太麺にスープがよく絡み、
韓国独特の家庭の味を再現しています。
 
という事らしいですが、とにかく私めには辛いような。。。(苦笑)
 
イメージ 3
 

 さっそくですが、
ふたを開けるとスープの素が顔を出し、
これが辛さの源、封を開けると私め、必ずむせる訳で。。。(苦笑)
 
イメージ 4
 

 とにかくスープの素のパウダー、
なかなか辛さを主張しているような色ですよねぇ~、
辛みが濃縮されたパウダーを間違って舐めようものなら
昇天、間違いなしかと。。。(爆)
 
イメージ 5
 

 そんな訳でお湯を注いでカップの前で待つこと3分、
ふたを取り箸でかき混ぜ、食しましたが、
相変わらず辛いですねぇ~。
 
イメージ 6

 私め、食べ終わる頃には汗だくになり・・・
これでキムチを入れた日には、
収拾のつかない姿になっていそうな予感。。。(苦笑)

↑このページのトップヘ