続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:診察

 病院に行くため、久々にクルマの運転、
渋滞待ちをしていると対向から
職場のゴト車が私めのクルマの真横に止まり・・・
フツーであれば、私めだとすぐバレるのでしょうが、
グラサンにあごヒゲ、画像と同じTシャツ、
恐らく、人相が悪かったのかは知りませんが、
目線を逸らされた さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、背骨に埋め込まれていたボルト4本の抜釘手術を
6月20日に終えて早22日・・・
本日、退院後初めての診察を受けることに。。。
イメージ 2
 一応、午後からの診察という事で、
診察時間前に病院到着、
診察前にレントゲンの記念撮影♪
イメージ 3
 14時から診察開始となり、
1時間ほど待って私めの番に・・・
私めのレントゲン画像を見る医師、
とりあえず画像で見る限り、
骨に関しては異常なしという事で経過は良好、
お次は術痕の方を。。。

 約15cm程切開した術痕の方も特に異常はなく、
若干、みみず腫れみたいな様相を呈しているも、
こちらは時間経過とともに薄れていくとのこと。
イメージ 8
 また入浴に関しても現在、浴槽に浸からず、
シャワーのみOKといった状況でしたが、
こちらの方も今夜から浴槽に浸かっての入浴可能、
イメージ 4
禁止されていたクルマの運転制限も解除!
イメージ 5
 また、これまで使用していたコルセットに関しては
一応、念のために今月20日まで
装着してほしいとのこと・・・
これで、まもなく腹廻りの暑苦しさから解放される♪
イメージ 6
 そして問題となるのは私めの仕事復帰・・・(滝汗)
この状況であれば、仕事復帰もOKだろうとの判断、
一応、7月14日から
       仕事復帰することに。。。(嘆)

 ひとまず、医師にお願いして
職場復帰に必要となる書類を書いて頂き、
精算時に書類を受け取って帰宅。

 本来であれば、そのまま私めの職場に向かい、
既に作成済みの
   職場復帰願
の書類とともに、お上のチェックを受け、
本店に書類を提出し出来ればベストだったものの、
上司が旅行中のため不在。。。(淋)
イメージ 7
 とりあえずは3週間ちょっとに渡って伸ばした
ヒゲを剃毛、
これから私めの職場と本店に書類を提出し、
改めて職場復帰の目途が立つわけですが
一番復帰を喜んでくれているのは、
毎日顔を合わせていた女房サマではないかと。。。(汗)

 ムイミダス・・・
読売テレビやらUHF局で放映されていましたが、
高校生時代の私めにとって
強烈なインパクト
を受けた番組だった
とつくづく思う さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、早いモノで
あれから1年、
間もなく1年、
もう1年
といった感じですが、
つい先日の受診にて昨年行った
椎間板ヘルニア部分の養生手術、
背骨部分に入ったボルト抜釘手術の日程が決定。。。(汗)
イメージ 2
 深刻な腰椎椎間板ヘルニアという状況ではなく、
左第5腰椎神経根症、椎間孔狭窄による変形性腰椎症
という結果・・・
イメージ 4
ヘルニアよりも上記の結果の方が深刻という事で、
当初は痛み止めの増量か手術を勧めるといった話から
手術をお願いすることに。
イメージ 5
 実際、椎間孔狭窄部分の骨を削った上、
術式終了後には、将来的確実に
悪化していくだろうと思われる 
L5/S1部分の間に骨を詰めて1本化を行い、
骨が固まるまでの間、ボルトで固定して養生を。
イメージ 3
 おかげであれだけ苦しんだ腰痛やら
左下肢のしびれから解放され、
畑仕事で野菜くず用の穴を掘っても
腰痛で休み休み作業を行う事がなくなり・・・
今回ばかりは手術を行って良かったとつくづく。

 そんなL5/S1部分も先日のCT撮影では
詰めた骨が固着して術後も良好、
1年をめどにボルト抜釘を行う予定だったことから、
今回の受診で入院等の日程が正式に決まりまして。。。
イメージ 6
 ということで、6月19日入院
6月20日抜釘手術・・・
時間については1時間程度
その後、約1週間で退院できるものの、
感染症防止のため約3週間は養生してほしいとのこと。
イメージ 7
 抜釘手術も不安がないといえばウソになる・・・
ただ、あれだけ苦しめられてきた腰痛から解放されただけに、
傷の癒える時間は必要ですが、
抜釘手術を終えてからの生活が非常に楽しみな様な。。。

 時には便利は日時配達指定・・・
スマホから注文したら、配達日時を間違えて
  1週間後
にしてしまった さくら でございます・・・
ホント、老眼で見え辛くて。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、昨年は足回りの不調から躯体の工事を終えて、
約6か月が経過・・・
ひとまず病名の方は
    椎間孔狭窄
         と
 腰椎椎間板ヘルニアL5/S1
ということで、
椎間孔に出来てしまった骨の棘の除去と
ヘルニア部分の養生手術を。。。
イメージ 2
イメージ 5
 約2週間ちょっとの入院後、
術後はドクターからクルマの運転は控えてね♪ということで、
イメージ 3
さすがの私めも1か月間、大人しくしておりましたが、
外出はチョッとしたリハビリを兼ねて
早朝から
1人徒歩行進を。。。
イメージ 4
 その後はコルセットも外れて
手術前のような身体の不具合もなく、
状態からすれば非常に良好になった訳ですが、
正直、左臀部から左下肢にかけての不調が嘘のよう。
イメージ 6
 3か月の病休から9月半ばに事務職で仕事復帰し、
10月からは勤務場所を変えて現場に戻り
現在に至る訳ですが、
今のところ重量物を持ち上げる、走るといった行為も
特に支障なく出来る状況に・・・
一応、背骨には4本のボルトが埋め込まれておりますが、
無茶し過ぎないようにはしておりまして。。。
イメージ 7
 また、背開きされた術痕は当時、
ナマナマしく背中に刻まれ、
イメージ 8
なかなかの迫力を呈しており、
半年経過した術痕も下の画像のような状況に。
イメージ 9
 ということで、本日は10月半ば以来の診察
という事で病院に・・・
午後からの受診という事もあり、
診察前にレントゲンとCTの記念撮影。。。(汗)
イメージ 10
 その後は診察と相成りますが、
椎間孔部分の骨の棘部分は切除されて問題ないものの、
今後の予防策を兼ねて行った
椎間板ヘルニアに対する養生処置の方は
しっかり、L5とS1の間はしっかりと癒合しており、
予定通り、夏ごろにはボルトの抜釘手術が出来そうで。
イメージ 11
 現在のところ、手術の方も今年の7月ごろが
有力視されておりますが、
ひとまず術後2週間の入院、
退院後は約2週間の安静という事で、
都合1か月の病休で勤務復帰が可能という事で、
病休に絡む人員確保の都合もあり、
次回、6月の診察で細かい話が決まりそうで。。。(悩)

↑このページのトップヘ