続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:落花生

 クルマのトランク内にマイナスドライバーが1本、
職質を受けてそのまま逮捕!
といった事案があったようですが、
我が家のクルマにもマイナスドライバーは
複数本を積載しており、職質で検挙されたら
笑いモノだと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
61jFmJFTpGL._SY355_
 さて、外で乾燥作業を行っていた
落花生のおおまさり・・・
とりあえず、落花生を振ってみると、
殻の中でカラカラいい始めた事もあり、
年末のクソ忙しい時期に家族の冷たい視線をよそに
殻から実を出してピーナッツづくりでも。。。
IMG_4983
 バケツ2杯分になった落花生・・・
とりあえず、1人車庫で作業するのも淋しいという事で、
玄関内で作業を開始!
1個、1個丁寧に殻を割って実を取り出していく。
IMG_4984
IMG_4986
 実入りの方はソコソコ宜しゅうようですが、
モノによっては残念な具合のモノも・・・(淋)
とにかく単調な作業という事もあり、
途中、途中で飽きが生じ、作業時間の大幅ロスを。。。
IMG_4986
IMG_4987
IMG_4988
 作業を開始して約1時間半・・・
やっと実の取り出し作業が終わりが見え始め、
最後の実を殻から取り出して作業が完了する!
IMG_4989
IMG_4990
 ビニール袋の中にソコソコの量がたまり、
さっそくフライパンで実を焙って
ピーナッツを作ってみたいと♪
IMG_4992
IMG_4991
 熱したフライパンで乾煎りという事で、
一気に行うのではなく、
少ない量で充分に乾煎りして行く作業を繰り返す。
IMG_4993
 全部を焙り終えるのに小一時間・・・
ひとまず新聞紙上に広げて充分冷まし、
最後にジプロックの中に♪
IMG_4994
IMG_4996
 初めて作った乾燥ピーナッツ、
なかなか食感もよく、ボチボチの出来具合、
ついつい、私めもチョコチョコつまみ食いしてしまい、
間違いなく体重が増えそうな予感で。。。(汗)
IMG_4997

DSC_0491
 畑に穴を掘ったり、草むしりをしたり・・・
おかげで体重も80kgを切って、
70kg台に突入するも、
最近は停滞気味の さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_4759
 さて、コチラも数日前の話になてしまいますが、
今年はあちらこちらに配布したおかげで、
思ったよりも在庫量が減った落花生 おおまさり
しかしながら、落花生自体に水分が充分に含まれており、
一部にカビが生えているようで。。。il||li _| ̄|○ il||li
IMG_4770
 これでは昨年同様に廃棄処分になりかねないという事で、
発見したのは夕方過ぎでしたが取り急ぎで作業を開始!
今回はゆで落花生を諦めて、実を乾燥させて
焙りピーナッツでも作ろうかと考え。

 一旦、袋から落花生を出してバケツにて水洗い、
ココで不良気味の実を選別しながら身を綺麗にしてゆく・・・
案外と収穫時には気が付いていなかったのですが、
成長が遅かった落花生が多々あるようで。。。(淋)
IMG_4771
IMG_4772
 また、はじかれた落花生の中を拝見してみると、
実自体にカビが生えてしまったモノやら、
未成熟なモノまで・・・
チョッピリ残念な気分になる。
IMG_4773
IMG_4774
 ただ、乾燥落花生対象外になった実の中には
しっかりとしたモノもあり、
コチラに関しては殻から実を出して乾燥させ、
来年のタネに用いろうと。
IMG_4775
IMG_4776
IMG_4777
 一方、洗い終わった落花生ですが、
作業台を2台並べて新聞紙を敷き、
その上に落花生をバラ撒いて乾燥を。
IMG_4778
IMG_4780
 正直、私めも今回の乾燥落花生作りは初めてという事で、
色々と試行錯誤の連続になろうかと思いますが、
もし、出来るのであれば、体重増加覚悟で
バターピーナッツ
を作ってみたいような。。。(汗)
IMG_4887
 

 東京!東京!と意気込んでいた割には
会場もアチラコチラに分散し、
    東京オリンピック自体が
    日本オリンピック化
してきた気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
tokyo_160408175055
 さて数日前の話ですが、
今年はソコソコの量を収穫する事が出来た
   落花生 おおまさり
既にタネ用落花生の方は確保済、
軽トラックの荷台上にてタネ落花生の乾燥作業を実施。
IMG_4975
 そんなおおまさりのタネ落花生、
選ぶ基準をおさらいしてみると・・・

・実が2粒入っているモノ
・虫に喰われたものではない事
・実にキズが付いていないモノ
・大粒であること

ということで、150粒以上のタネ落花生候補を選考。

 軽トラックの荷台上で乾燥作業を行っておりましたが、
その間にも下に敷く新聞紙を何度も交換したりして、
昨年のようにタネ落花生をカビさせない努力を。。。(涙)

 そんなタネ落花生の方も実が乾燥してきたという事で、
そろそろ、ネットに入れて保管ということで、
作業の方を♪

 しかしながら、タネ落花生候補として
選んだ候補生たちを見てみると、
しっかりと乾燥しているモノもあれば、
殻ごと縮んで残念な様相を呈しているモノも。
IMG_4976

 殻ごと縮んでしまったモノはそのまま廃棄としますが、
念のため殻を割って中身を見てみると、
実自体も見事に縮んでしまっているといった状況で。

 ひとまず殻つきのタネ落花生の方はネットに収容、
IMG_4977
IMG_4978
IMG_4982
 実自体がカビてしまい、殻から出されている
タネ落花生候補の実に関しては
もう少し乾燥させてから収容しようかと考えており。。。
IMG_4979
IMG_4981

 今年もいつ頃
べにはるかの発掘作業
をするか悩んでいる さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_2440
 さて、日曜日に収穫作業を行い
月曜日に房をもぎ終えた落花生のおおまさり、
昨年同様に収穫袋に4袋・・・
IMG_4705
数は昨年と同様ながら、
去年よりもぎっしりと詰めてあるせいか、
昨年よりは若干ながらも収穫量が増えたようで。(涙)

 今年は昨年に比べ、若干サイズが小さめということで
自然を相手に植物を育てる難しさを痛感している訳ですが、
ご近所サンに配る分を仕分けしつつ、
同時進行で来年に向けて
タネ落花生の選別を行ってしまう事に。

  昨年もタネ落花生の選別に私めなりの
基準を設けましたが、
タネ落花生選別の基準として、

・実が2粒入っているモノ
・虫に喰われたものではない事
・実にキズが付いていないモノ
・大粒であること
IMG_4710
を基準に選んでいくわけですが、
今回は房が一粒でもサイズが大きければ、
タネ落花生に採用することに。

 ということで、収穫袋に入れられた落花生を
一輪車(通称:ネコ)の荷台に入れて、
配布用のビニール袋に配布用の落花生を入れながら 
選別作業を開始!
IMG_4709
 昨年は大き目の房が多く、選別にあまり苦労せず
タネ落花生の回収作業した覚えがあるのですが、
今年はなかなか作業が捗らない。。。(悩)
IMG_4711
 結局、選んだタネ落花生の房の数は153房、
来年は300本前後の苗が作ることができる計算♪
IMG_4720
 昨年は早めにネットに入れてしまったばっかりに
幾つかを腐らせてしまいましたが、
今年はしっかりと袋に入れる前に乾燥を行い、
来年も おおまさり の豊作を祈りたいと。
IMG_4712
 

 我が家の畑で見つけたカエル・・・
近くに水田は無いのですが、
ドコからやって来たのか
不思議でならぬ さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_4708
 さて毎年恒例、落花生の収穫祭という事で、
ブログ休止中に畑へ植えた
落花生の おおまさり
収穫の時期を迎え、速やかに収穫することに♪
IMG_4697
 今回は300株近い数を植えてみましたが、
今年は速やかに鳥よけ用の糸を張り巡らせ、
カラスの被害は皆無♪
なんとか無事に収穫する喜びを噛みしめて
一株づつ畑から抜いていく。
4eee849a.jpg
 午前11時前から作業を開始し、
車庫脇に落花生を積み上げていく・・・
IMG_4698
14時過ぎには畑から落花生をすべて引き抜き、
今度は房を取り外していく。。。
IMG_4699
 昨年は15時頃から始めた事もあり、
夜の22時半過ぎに作業終了となった痛い経験もあり、
今年は学習機能も働いて早めに作業終了となりそうな予感!
IMG_4700
      駄菓子菓子!!!

 収穫時期的には昨年と変わらないにもかかわらず、
18時頃には周りは暗く軽トラックの作業灯を用いて
作業をした覚えがあるのですが、
何故か今回は作業終了の出口が見えて来ず、
この日はサスペンデッド・・・
IMG_4703
IMG_4702
翌朝、早朝から作業を行う事に。。。(汗)

 てなわけで、昨日の朝5時半前から作業を開始! 
結局、すべての房を取り外し終えたのは9時前・・・
今年はサイズが小振りのなモノが多いような気がしますが、
収穫量は昨年よりも少し多い程度。。。
IMG_4704
IMG_4706
 チョイト密集して植えすぎたような気もするのですが、
毎年、色々と反省することがあるからこそ、
来年に生かせるのかと・・・
ちなみに昨日、塩茹でにしておしく頂きました♪
IMG_4721
 

イメージ 1

 勘違いも甚だしい・・・
まさにこの事かと思う さくら でございます・・・
渋谷のハロウィン、
今年はさらに最低な事態に陥りそうな状況
になっているようで。。。m((_ _))m
イメージ 2
 さて、今年はソコソコの収穫量になった
落花生 おおまさり
イメージ 6
今年も昨年と同様、来年の落花生栽培に向けた
タネ落花生の選別を行っておくことに。
イメージ 3
 収穫用ネット4袋分になった落花生、
ひとまず一袋ずつ床に敷いた新聞紙の上に出して
選別を行っていく。
イメージ 4
イメージ 5
 今年はポッドにタネ落花生を蒔いた数は
   226個
ということで来年は100個程度、
数を増やして320個前後を目標に
選別を行いたいと♪

 おおよそ一袋から4~50個前後のタネ落花生を
選別していく訳ですが、タネ落花生選別の基準として、

・実が2粒入っているモノ
・虫に喰われたものではない事
・実にキズが付いていないモノ
・大粒であること

を基準に選んでいくことに。
イメージ 7
 大量の落花生を見ていくと、
収穫時には見落としていた虫に食われたモノやら
腐ってしまっているモノなど
収穫も夜に至ってしまった事もあり慌てていたせいか、
かなりの見落としがあった様で。。。(汗)
イメージ 8
 また、落花生を選別していくと
タネ落花生にふさわしいモノが
自然と目に入り迷うことなく選別していく♪
イメージ 9
イメージ 10
 来年の落花生のタネ蒔きに向けて
2粒入りの落花生を160個強を選別、
性懲りもなく更なる増産を狙い、
効率的に落花生栽培を頑張ってみたいと。。。

 たまには私めも、この位のサイズの
ケンタッキー・フライドチキン
を食べてみたい さくら でございます・・・
確実に胸焼けしそうですが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて昨年から引き続いて行っている落花生栽培、
今年もタネの準備からポッドにタネを撒いて
無事に発芽してくれた落花生・・・
イメージ 2
華々しく発芽した落花生に隠れて
発芽しなかった落花生もあり
誠に残念な次第でして。。。(淋)
イメージ 3
 芽の出た落花生の方は、生育の遅い10本を除いて、
しっかりと畑に植え替えたという事で、
発芽しなかったポッドに関しては
培養土の回収を行うとともに発芽しなかった落花生の
状況を見てみてみたいと。

 ということで、発芽しなかったポッドの数は
     58個
一つ一つポッドをひっくり返して
手箕の中に培養土を集めていく。。。
イメージ 4
 そんな培養土の中から回収される落花生・・・
大きく膨らんだモノやら
イメージ 5
なぜか乾燥気味になっているモノまで姿は様々、
イメージ 6
ひとまず回収した落花生の実を割ってみると、
中から白い部分が見え、落花生らしからぬ姿が現れる。。。
イメージ 7
 モノによってはしっかりと腐ってしまったモノもあり、
第1指と第2指で持って押してみるも、
しっかりとした弾力はなく、
簡単に潰れてしまうといった具合。

 また一部にはしっかりとした弾力を保ったものもあり、
何かしらの問題が発生して発芽しなかったんでしょうねぇ、

 今年もソコソコの発芽に対する不発率・・・
     25.7%
確かに昨年も不発弾の落花生が多数出ましたが、
ネット上から落花生の発芽率を見てみると、
5~6割強の発芽率という数字が見て取れることから、
今回の割合から考えれば宜しゅう
発芽率なのかもしれませんね。
イメージ 8
 一方、回収した土の方もソコソコな量になり、
こちらの土に関しては発酵牛糞と混ぜて
再利用しようかとも思いましたが、
速やかに畑の方に散布してしまいまして。。。

 トマトはともかくとして、
今年はキュウリがなんとか育っており、
2年連続の不作は免れそう
安心している さくら でございます・・・
正直、まだまだ安心はできないのですが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、ポッドに植えた落花生のタネも見事に芽を出し、
そろそろ畑の方に植え替える準備をせなければ!
という事で、
さる5月25日・・・
苦土石灰と牛ふんを混ぜた特製肥料を畑にばら撒いて、
イメージ 2
イメージ 3
苗を畑に植える準備を。。。
イメージ 4
 ひとまず苦土石灰を撒いた事もあり、
土壌を落ち着かせるために暫し待機しておりましたが、
イメージ 5
昨日は雨も降り、土のウエット具合も最適という事で、
本日は仕事から帰るや否や苗植え作業の方を開始♪

 ひとまずタネを撒いたポッドの方は
昨年より倍増の226個・・・
落花生のタネがしっかりと発芽した数の方は
   168個
発芽率は74.3%ということで、
7割越えの数がお目覚めしてくれたようで♪
イメージ 6
 ただ、発育状態の遅い苗もおり、
ここに来てようやく発芽した苗も・・・
そんな発育の遅かった苗は10本、
後日、畑に植えるとして暫くは
ポットの方で生育を見守り。。。
イメージ 7
 ということで苗植え作業の方ですが、
苦土石灰を散布してねかした畑の方に
昨年と同様に苗の間は約30cm・・・
しっかりと間隔幅確認板を用いて
確認しながら植えていく。。。
イメージ 8
 今年は畑の土の具合も前夜の雨のおかげで
程よい湿り具合・・・
これであれば苗に行う水やり作業の方も
ある程度は省けるという訳で♪
イメージ 9
 ひとまず立ったりしゃがんだりを繰り返して
3時間ほどかけて植えた落花生の苗・・・
収穫までには約5か月程度かかるようですが、
長雨の梅雨、猛烈な暑さになるであろうの夏を越えて、
立派な落花生に成長してほしいもので。。。
イメージ 10

 アップルパイ干しブドウ
を入れるのは辞めて欲しい さくら でございます・・・
知らずに食べてしまい、
40過ぎのオッサンが悲鳴を上げ。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、前回はタネ落花生を殻から出して、
一晩、水に漬けておりましたが、
タネ落花生の方も充分に水分を含んだという事で、
5月2日の午後から苗床に種を植えていく作業を♪
イメージ 2
イメージ 3
 タネを植えていくポッドは昨年使用したポッドを流用、
足らなければ、新しいモノを使用すれば宜しいかと。

 今回も使用する土の方は培養土を使用、
イメージ 4
深底のネコに培養土をあけて、
イメージ 5
土を軽くポッドに詰めてタネを置き、
イメージ 6

更にその上から培養土を詰めていく。
イメージ 7
 これがまた単調作業という事で、
昨年同様に10分も作業をしていると、
毎度の事ながら段々と飽きてくる。。。(情)
イメージ 8
 落花生のタネの植え方に関しても、
ポッド一つにタネ2~3粒という具合に
植えてもイイようですが、
私め的には落花生の芽が出てきたら間引きをせずに
芽が出てきた落花生を全部、畑の主役にしたいという事で、
ポッド一つに対してタネ一粒でいいのかと。

 ひたすら培養土をポッドに詰めた後にタネを植え、
更に土を掛ける作業を続けて40分・・・
半ばノルマの100個のタネを植えてもまだまだタネが。。。(汗)
イメージ 9
イメージ 10
 結局、昨年購入してあった新品のポッドを利用、
今度は培養土が足らなくなるという事態に・・・(嘆)
結局、実家から培養土を分けてもらったうえで
イメージ 11
更にタネをポッドに植え付け、
昨年より倍増の226個といった具合。
イメージ 12


 昨年、実際に落花生栽培を行ってみて、
全てが発芽する事は無いかと思いますが、
昨年並みの65%程度が発芽してくれれば最高かと。 
イメージ 13


 しばらくの間はタネが鳥たちに食べられないよう、
覆いを掛けておき、朝晩はたっぷりの水を与えるといった
作業を行い、落花生の発芽を待ちわび。。。
イメージ 14
 とりあえず発芽してある程度、苗が育ったら
肥料をたっぷり与えた畑の方へ移植したいと思いますが、
なんとか私めの入院前に
作業を終わらせておきたいも
ので。。。

 まぁ~色々と自分の事を棚に上げてエラそうな事を言う
       某 和田アキ〇
やっぱり、日本人のココロを持ち合わせていない
からだと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、本来であれば日本科学未来館の続きと
行きたいところですが、
今年は気温がお高めという事で、
今年は1週間ほど早く落花生作りにチャレンジ♪
イメージ 2
 また、6月後半には例の手術のため入院が控えており、
私めの希望として、何がなんでも入院前には
落花生の苗を畑に植えておきたい!という事で。

 ひとまずタネの方は昨年収穫した
落花生の中から殻に入った
選りすぐりの100個程度のおおまさりを確保・・・
これだけあれば不発分も含めて
ソコソコは苗を確保できそうな。
イメージ 3
 昨年は初めて作る落花生という事で、
手探り状態での作業となりましたが、
私めの入院中も、放置プレー気味だったにもかかわらず、
案外とすんなりと育ち、めでたく豊作♪

 そのほとんどが茹で落花生に化けてしまい、
あっという間に食べ終わってしまった感もございますが、
今年も昨年同様に豊作になれば最高だと。
イメージ 4
 ちなみに本日はポッドに植える前段階という事で、
まだ殻の中に入ったタネ落花生、
丁寧に殻からタネ落花生を取り出し作業・・・
イメージ 5
イメージ 6
一瞬、口の中に入れたくなるもケースの中に入れていく。
50個程度までは数を数えていたものの、
途中で面倒くさくなり、数えることは終了する。(汗)
イメージ 7
 殻からタネ落花生を出していると、
幾つかは残念な状況になってしまっているものもあり、
殻の中で発芽していたものが。。。(驚!)
イメージ 8
イメージ 9
 ひとまず、昨日はタネ落花生を一晩水に漬けておき、
イメージ 10
数時間後に途中経過を見たところ、
落花生のタネが水を含んで膨らみ、
ペットボトルケースがパンパンに・・・
急遽、もう一つ入れモノを作成し対処を。。。
イメージ 11
 このまま1昼夜、水に漬けて苗床へ植える作業を
本日行いたいと思いますが、
苗床となるタネを植えるポッドも準備し、
速やかに作業を行いたいと♪
イメージ 12

↑このページのトップヘ