続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:琺瑯看板

 正直、バカ内閣のパルプンテ計画おかげで、
ここ最近は自宅療養する新型コロナ陽性者から
血中酸素飽和度の低下での要請が増え、
さり気なく悩みのタネになってる
と思う さくら でございます・・・
この配布された器械の数値が正確ではなく。。。m((_ _#))m
0076955900498202
 さて、最近は琺瑯看板の入手が
滞っている感じも致しますが、
たまたまY!のつくナラズモノオークション
琺瑯看板絡みの検索をしていると、
BOSCHのスパークプラグの看板が出品されており、
ひとまず入札をしておくことに。

 特にライバルも現れることもなく無事に落札、
モノも方も数日で到着しモノの確認をしておくことに・・・
CIMG0142
落札ブツの方は
BOSCH ボッシュ 金属看板 ブリキ看板
  ホーロー看板 ヴィンテージ スパークプラグ
ということで
見た目の雰囲気は錆びれた雰囲気。。。
CIMG0143
 手に持った感覚から草臥れ度合いは伝わってこず、
看板を裏返してみると
ヒジョーにキレイな状態
の看板。(苦笑)
CIMG0144
 早い話、金属板に草臥れ度合いの強い
BOSCHのスパークプラグのイラストを
印刷したといったシロモノ。
CIMG0145
 看板自体の錆びやら草臥れ具合が
上手く表現されておりますが、
触り心地は新しい看板そのもの・・・
錆びの粉末は落ちてくることを考えれば
宜しいのかもしれませんが。。。(笑)
CIMG0146
 とりあえず、看板の方を飾りたいと思いますが、
ハコスカのラジエーターグリルの脇に飾るか、
何か琺瑯看板を外すか、今しばらく飾る場所に
関して悩んでみようかと。。。(悩)
CIMG0147

 温室効果ガス46%削減
などという大見栄を切るから
稼働40年超の原発を
運用基準を変更してまで再開する・・・
    本末転倒な国
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
20150715125601
 さて、ヤンマーの琺瑯看板移設作業の続きということで、
1
前回は車庫内の柱にL字金具を
取付ける作業を行いましたが、
今回は車庫の柱間に設置したL字金具のサイズに合わせ、
OSBボードの横幅191㎝から140㎝に縮小、
また、看板のサイズが大型ということで、
縦幅91㎝を45.5cmで切断、1枚と半分のボードを組合わせ、
縦幅130㎝チョットのサイズにする寸法。

 OSBボードの切断を前に
各々、切断するサイズに目印を
付けてから切断作業を実施。
IMG_2531
 板切断に際してはジグソーを使用、
ジグソーの電源として、いつもの発電機と延長コードを準備、
OSBボードの切断にかかる!
IMG_2532
IMG_2533
 それぞれのサイズに切り分け、
IMG_2534
IMG_2535
メインのボードと半分に切断したボードを
マルチホールの板を用いて木ネジで固定後、
IMG_2536
IMG_2537
延長部分となる側の木ネジを外して離脱。
IMG_2538
 メイン側のボードを車庫内に移動させ、
L字金具を準備した部分にはめ込み、
木ネジで固定するといった具合、
最後に延長部分を併せて木ネジで固定すれば
展示ボードの完成!
IMG_2539
 お次に看板を固定していきますが、
とりあえず、御誂えサイズの木ネジ8本にて
琺瑯看板を固定、なかなか見栄えの良いご様子で。
IMG_2540
IMG_2541
 もう1枚の看板の固定も
同様の方法で作業を行いますが、 
さすがに2回目の作業となると
作業時間も短くなり♪
IMG_2542
 これで車庫内の懸念事項が解決となりますが、
1年半後に東日本大震災発生・・・(汗;)

 ちなみに今回の作業が以前の作業のような事態に
結びつくことがないことを祈りたいばかりですが、
この道楽部屋の作業を行った時に勤務していた職場・・・
私めが今年の4月に異動した今の職場と同じなのは
偶然なのかそれとも。。。(悩)
IMG_2543
 この時の作業も異動直後に地震対策を行ったのですが、
今回も異動直後に作業を行ってしまい、
変なことにつながらなければイイのですが。。。(悩)

 日本が誇る能天気首相・・・
ホントに緊急事態宣言の意味
を分かっているのか
小一時間ほど問い詰めたい 
と思うさくら でございます。。。m((_ _))m
0001-2 - コピー
 さて、私めが今まで気になりながらも
二の足を踏んでいた作業を
ここにきてやっと実行に移すことに!

 そんな作業の内容の方は
車庫内に飾られた大型の琺瑯看板・・・
モノはヤンマーの
田植機と防除機の琺瑯看板ということで、
Y!のつくナラズモノオークションにて落札。。。
1
 サイズもビックサイズながら
格安で入手した覚えがございますが、
サイズのおかげで発送費も
ソコソコのお値段になった覚えがあり・・・il||li _| ̄|○ il||li

 そんな琺瑯看板も車庫の壁に吊り下げておりましたが、
地震が来た際に大きく揺れかねない、
また揺れ初めの突き上げ等で落下しかねないということで、
太めの釣り糸で看板を抑えていたものの、
速やかに吊り下げる形から定置固定できるよう、
飾る方法を変えたかったわけで。

 以前、ワンサイズ小さなタイプのヤンマー琺瑯看板を
吊り下げ方式からボード固定にしましたが、
やはりコチラの固定方法の方が
地震の揺れが来た際も安心かと。
2

 ということで、いつものホームセンターに出向き、
購入してきたのは前回、鉄道銘板を飾る際に使用した
OSBボード 
当初コンパネを使用しようかと思いましたが、
値段の面で負けまして。。。il||li _| ̄|○ il||li
3
 ひとまず、購入してきたOSBボードは3枚、
設置場所はランクル側の奥にそれぞれ飾る予定、
ランクルを出して設置準備にかかる。
4
 OSBボードの加工に入る前に車庫の柱部分に
L字金具を取付け、
5
もう一か所の方は1枚目の看板を取付けてから作業を・・・
L字金具は車庫を接合するために取付けられた
ボルト・ナットと共締めして固定、
一応、4か所分のL字金具を車庫に取付ける。
6
7
 ひとまず今回はここまでにしたいと思いますが、
ここまで作業は順調に進み、
あっさりとここまで進むとは思ってもみなかった訳で。(汗;)

ごとう てるき・・・
ちょっぴり都知事になっても面白いかな?
と思う さくら でございます・・・
目指せ!東京転覆。。。m((_ _))m
後藤輝樹政見放送
 さて、我が家の方には様々な琺瑯看板が
人目を忍んで到着しておりますが、
今回も人目を忍んでどころか、
私めの仕事の日を狙って到着しているのでは?
と思うようなタイミングで自宅にご到着♪(滝汗;)
IMG_7818
 そんな琺瑯看板の方は・・・

宇部尿素 宇部興産特約店
IMG_7819
といったもの。

 そもそも、尿素と聞いてしまうと、
私め的には肥料を思い浮かべるのですが、
乾燥肌対策などでクリームや化粧品などに繁用されるほか、
最近は排ガス浄化システムに用いられるアドブルー、
こちらで用いられる尿素は尿素SCRシステムにおいて
触媒として用いられるいうで。
IMG_7820
 今回の看板とは話が逸れてしまいますが、
尿素は1773年に発見され、
タンパク質をはじめとした窒素化合物を取り入れ
不要にな分は
分解して尿と一緒に排泄、
その尿の中に尿素が含まれるそうで。
IMG_7821
 尿の中から発見されたため、
その名付けられた訳ですが、
工業分野や農業分野、そして化学分野においても
非常に重要な化合物だそうで。
IMG_7822
 そんな宇部尿素の看板、状態はソコソコ・・・
裏面はガムテープのような跡が残り残念な状況ですが、
どのみち裏面になるため、飾るには問題なく♪
IMG_7823
IMG_7824
 これまで、電化軍配肥料やら
IMG_7826
クレハ 過燐酸石灰などという
IMG_7827
看板を入手してまいりましたが、
当時モノの看板も色々と見ていて楽しいモノが多く、
今後も人目を忍んで入手していきたいと思い。。。(汗;)

     武漢ウイルス・・・
日本での感染拡大に関しては
     人  災
3382
だと思う さくら でございます・・・
結局、能天気なコイツ
K10012360681_2003311857_2003311924_01_02
A級戦犯みたいなもんですかね、
マスク配るよりも病院を建てた方が
何百万倍もお利口かと。。。m((_ _#))m
8
 さて、相変わらず我が家に到着する古看板・・・
前回はクボタ農業機械愛用者の小さい看板
IMG_7121
が到着いたしましたが、
今回は通常サイズの琺瑯看板が♪
IMG_7257
 そんな看板の方は
    キッコーカン
ということで、「マン」ではなく「カン」・・・
漢字も「萬」ではなく「寛」。。。(苦笑)
IMG_7258
 亀甲印だけでもおめでたそうな雰囲気
が漂いますが、
フリー百科事典を参考にしてみると、
そもそもキッコーカンの大元は和田寛食料工業㈱、
青森県十和田市に本社を置く調味料の製造メーカー
醤油や味噌、つゆ等の製造し販売・・・
しかしながら、同社は昭和61年に倒産。。。
IMG_7259
 その後、破産などを経て名古屋市の食品商社イズミックが
経営権・生産設備を取得し、現在のワダカンに至るそうで。

 一方、肝心の琺瑯看板・・・
比較的、サビも少なく状態は良好♪
亀甲マークの真ん中には「寛」の一文字、
なかなか目立ち度満点のようで。。。
IMG_7260
 さっそく車庫におめでたい亀甲印の
キッコーカンの看板を吊るしましたが、
看板を飾ってから気がついたこと・・・
IMG_7261
亀甲印の看板って、我が家にもう1枚あったよな?と、
考えていると、
ランクルの奥にキッコーナンの看板が
あったことを思い出し。。。
m67658267030_1

  有名な「くまのこどう」・・・
この漢字について、
    熊の子道
だと、つい数年前まで
思っていた さくら でございます・・・
熊野古道と気がついたのは。。。m((_ _;))m
くまの子道
 さて、最近はとんとご無沙汰気味になっていた
    昔のホーロー看板
正直、千円チョットから数万円単位まで
ナラズモノオークションでは
色々と出品されており。

 やはり、安く出品されているものは
サビも多く、誠に残念な状況のモノが多く、
安くて状態の良いモノを入手したいのがホンネ。

 たまたま今回はある程度は状態が良く、
3千円で出品されていた
     「元祖 三筋豆炭」
のホーロー看板を落札♪
IMG_6469
 練炭やら豆炭関連のホーロー看板を落札するのは
十全の豆炭
IMG_6470
マルフジ練炭
IMG_6471
に引き続き3枚目、
今までの練炭・豆炭系の看板の中では
一番状態がよろしゅうかと。
IMG_6472
 ちなみに三筋豆炭、ネットにて調べてみると、
現在は「株式会社 ミスジ」として運営しているようですが、
会社の沿革を見てみると、
・大正9年 豆炭を発明
・大正10年10月 大阪市大正区に
         川澄煉炭株式会社を設立
            豆炭の製造販売を開始
・昭和48年4月 株式会社ミスジに社名変更
などといった歴史を。
IMG_6473
IMG_6474
 ひとまず、ホーロー看板の方は
ほかの豆炭・練炭看板と並べて飾りたいと思いますが、
車庫内に飾ってあるホーロー看板自体、
もう少し暖かくなったら車庫に籠って
配置の刷新も行っておこうかと。
IMG_6475

↑このページのトップヘ