続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:武蔵野線

 メタボリズム・・・
どうもタボリックシンドローム
ゴッチャになってしまう さくら でございます・・・
取り壊されてしまう
中銀カプセルタワービル
なんかは近未来的でイメージで
好きだったのですが。。。m((_ _))m
CIMG3720
 さて、職場の先輩が自宅内を片付けていたところ、
面白い記念乗車券が出てきたからあげるよ~!
ということで、頂いた記念乗車券。
CIMG3655
 モノの方は
武蔵野線(新松戸~西船橋)開業記念乗車券
昭和53年10月2日
ということで、私めが5歳ぐらいの時のモノ。
CIMG3656
 当時の主役は101系1000番台、
CIMG3657
CIMG3658
草臥れ気味の車両が武蔵野線内を濶歩、
日中帯は1時間に2本しか電車が
走っていなかったような。(淋)

 そんな記念乗車券の方は新たに開業する
新八柱・市川大野・船橋法典の各駅と
CIMG3659
新たに起点となる西船橋駅
当時の終点の駅となっていた新松戸駅
乗車券がそれぞれ入っており。
CIMG3660
 とりあえずこの区間に関しては
工事着工が昭和43年2月、総工費は343億円
新松戸駅からの延長区間は14.3㎞、
列車管理は複線CTC方式を採用、
また一部の駅の改札には自動改札が用いられており、
船橋法典駅の切符には当時の自動改札の姿が。
CIMG3661
 また記念乗車券の裏には各駅の解説があり、
CIMG3662
CIMG3663
・西船橋駅
CIMG3668
CIMG3669
・船橋法典駅
CIMG3667
CIMG3670
・市川大野駅
CIMG3666
CIMG3671
・新八柱駅
CIMG3665
CIMG3672
・新松戸駅
CIMG3664
CIMG3673
といった具合。 

 頂きモノとはいえ、ひょんなことから入手した
武蔵野線開業記念乗車券
大切に取り扱いたいものでして。

 千葉も緊急事態宣言発令
で動き出しているようですが、
国民に様々な自粛ばかりを求めたって無理な話、
ボッタクリ男爵イモに対して、
もてなしをやったのが運の尽き、
国民だっていうことを
                   聞かなくなるのは当然!
だと思う さくら でございます。。。​m((_ _#))m
f_14305927
 さて、このところは205系の漢前化作業
                           マイブーム
CIMG0305
になっているような気がしないでもないですが、
今回は編成単位ではなく、
予備車というか、余剰車の漢前化作業を。

 以前、編成から外されてしまった
京葉線仕様のクハ204・205
漢前化作業を行いましたが、
CIMG0336
今回は埼京線と武蔵野線仕様の
サハ205に対して漢前化を行いたいと。
CIMG0370
 最初に武蔵野線仕様のサハ205から
作業を行いたいと思いますが、
従前は3両あった武蔵野線仕様のサハ205・・・
CIMG0368
1両は横浜線仕様に床下周りをコンバートしたため、
2両が余剰車扱い。。。
CIMG0371
 さっそく漢前化作業ですが、
行先表示ステッカーは 東京 行きを使用、
CIMG0372
CIMG0376
CIMG0377
ただ、205系用の武蔵野線用ステッカーを
使用してしまうと不足する可能性もあり、
201系 中央線仕様のステッカーを用いり、
速やかに貼付して作業完了!
CIMG0378
 一方、埼京線仕様のサハ205ですが、
コチラも京葉線仕様のクハ204・205と同じく、
6扉車のサハ204へ置き換えに伴う玉突き余剰車・・・
一応、いつ編成に戻してもよいように漢前化作業を♪
CIMG0379
CIMG0373
CIMG0382
 コチラには優先席ステッカーの貼付を行うため、
車体と床下周りをバラしてから
優先席ステッカーを窓ガラスに貼付、
そのまま 快速 川越 行きの行先表示ステッカーも貼付。
CIMG0380
CIMG0383
 最後に4号車と7号車の号車ステッカーを貼付し、
床下周りと車体を組立て作業の方は終了・・・
CIMG0384
CIMG0385
今回は4両といった小世帯ということもあり、
あっという間に作業の方は終了しましたが、
CIMG0386
今しばらくは大量保有する205系の漢前化作業も
速やかに遂行していきたいと。。。
CIMG0387

 御年とって48歳・・・
人生初のものもらい
        右目周囲が腫れて
残念な顔になっている さくら でございます・・・
残念なのは元々といううわさもありますが。。。m((_ _;))m
IMG_3038
 さて昨日は雨天の中、病院にて眼科での診察後、
103系のステッカー貼付作業でも
やっておきましょうということで、
久々にオレンジ色の103系を引っ張り出し・・・
下界にご招待されたのは武蔵野線仕様の103系、
IMG_2896
高運転台非ATC車を先頭とする8両編成と、
IMG_2897
一般形103系のクハ103が2両。
IMG_2898
 武蔵野線仕様の103系の方は
ステッカー貼付がメインとなりますが、
一般形のクハ103に関しては信号炎管の取付けを行い。

 さっそく4点セットと冶具、ステッカーを準備して
IMG_2901
IMG_2900
作業を行いたいと思いますが、
最初は高運転台のクハ103から作業を実施。

 シルバーシートステッカーの方は既に貼付されており、
IMG_2899
行先表示ステッカーと運行番号ステッカーの貼付ですが、
行先については「東京」行きを貼付。

 前面行先表示ステッカー、運行番号を
2両の先頭車に貼付・・・
IMG_2902
続いて側面行先表示幕の順にステッカーを。。。
IMG_2903
IMG_2904
IMG_2905
 引き続き、中間車にも側面行先表示ステッカーを
貼付していきますが、
拡大鏡を使用していることもあり作業の方も順調に進み♪
IMG_2906
IMG_2907
 ひとまず武蔵野線仕様8両の103系に
行先表示ステッカーの貼付が完了、
続いて一般形103系クハ103の
信号炎管取付作業を開始。

 信号炎管の取付作業自体は
従前行ってきた作業ということもあり、
IMG_2908
冶具を用いてφ0.8のドリルにて孔開けを行い、
IMG_2909
IMG_2910
IMG_2911
タミヤセメントを塗布した信号炎管を取付ければ完了!
IMG_2912
IMG_2913
IMG_2914
 久々の
オレンジカラーを纏った103系の作業でしたが、
IMG_2915
これに乗じて暫くはオレンジ色の車両たちも
作業を進めていきたいもので。
IMG_2916

 自宅のプランターで咲く花々・・・
そんな中、触角の長いハチを見つけて調べたところ、
   ニッポンヒゲナガハナバチ
という名のハチ
初めて知った さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_2311
 さて、我が家ではいま一つ主役になり切れていない
205系シリーズ
一応、リリースされた
山手京浜東北総武緩行
京葉埼京
武蔵野
鶴見八高日光・仙石
と、
一通りは揃えてあるものの、さりげなく大量増備した
      201系
には、いま一歩及ばずといった具合。(淋)
IMG_1943
 そもそも固定編成ということもあり、
編成組成の自由度も少ないせいか、
ある程度、編成を揃えて増備を終えてしまったような。

 そんな中、以前購入した
横浜線仕様の中途半端な205系、
8両編成中、4両で購入してしまったこともあり、
工場入場編成か廃回仕様状態。
IMG_5569
 そんな中、我が家にはナラズモノオークションで
購入した武蔵野線仕様のサハ205が3両おり、
そのうちの1両を活用して
横浜線仕様にできないかと思案。

 一応、聖地にてサハ205横浜線仕様の
ボディASSYの在庫を確認してみると在庫があり、
ボディのみで1,100エンといった具合・・・
送料だ、手数料などと色々と勘案してい行くと、
2,000エン近い出費になると試算。(嘆)

 そんな時に
ナラズモノオークションを眺めていると、
横浜線仕様のサハ205がボディのみで出品されており、
お値段も非常にお手頃ということで入札を考え。

 聖地からの購入とナラズモノからの落札であるならば、
送料無料で出品されていたこともあり、
コチラを落札したほうがオトク♪ということで、
可及的速やかに落札♪
IMG_2147
 ということで、我が家に到着した
横浜線仕様のサハ205ボディ、
IMG_2148
IMG_2149
IMG_2150
さっそく武蔵野線用のサハ205を引っ張り出して、
ボディ交換を行っておくことに。
IMG_2151
IMG_2152
 ボディと床下を分離して、新たなボディを
取付けるだけの簡単作業ということで、
10秒足らずの作業・・・(汗;)
IMG_2153
半端な横浜線205系もこれで5両編成になりましたが、
ここまで来たら廃回仕様を念頭に
8両化を狙ってもいいのかと。。。(悩)
IMG_2155

     妖怪アマビエ・・・
つい一昨日の朝まで
              妖怪アマエビ
だと思っていた さくら でございます・・・
思い込みとは恐ろしいもので。。。m((_ _;))m
ja7z4Y_w
 さて、前回は山スカ115系予備車の
カプラー交換を行いましたが、
IMG_9190
今回は若干数が残る101系のカプラー交換を実施♪
IMG_9143
 今回、カプラー交換の対象となるのは、
KATO 101系レジェンドコレクション
から編成をバラして組成した
武蔵野線仕様の101系。
IMG_9144
 武蔵野線で活躍していた実際の101系初期車同様、
レジェンドコレクションも尾灯が内バメ式ということで、
武蔵野線を再現するにはバッチリ!

 ということで今回もカプラーの準備をしてから
作業の方を開始したいと思いますが、
編成中のクモハ100は、
この6両編成に4両を増結するなりして
中央快速線用に使用できるよう、
増結用カプラーを取り付けており、
コチラに対しても新タイプのカプラーに換装。
IMG_9146
IMG_9147
IMG_9148
 今回も粛々と作業を進めて行きますが、
ここまでくるとカプラー交換作業も速やか、
あっという間に作業が♪
IMG_9149
IMG_9150
 そんな中、カプラー交換していくと
サハ100がご登場・・・
IMG_9151
やはり屋根の上に準備工事として
パンタ台が設けられている姿がなんとも。
IMG_9152
IMG_9145
 先般、鶴見線仕様から総武線冷改仕様
改造を行いましたが、
もし、モハ100用の冷改屋根を所有していれば、
屋根上の穴埋め作業などを施し、
冷改屋根をサハ101に取り付けて
サハ100-105・106
当たりを製作したかったな、とつくづく。。。
IMG_9153
 といったわけで、あっという間の
カプラー交換作業でしたが、
交換作業を行う車両も残りあと僅かということで、
速やかに作業が完了すればと。
IMG_9154

 最近は暴走する電動自転車があるそうで・・・
その昔、私めの友人が真剣に
マブチモーターを自転車に装着
しようとしていたことを思い出す さくら でございます、
如何せん、動力源は乾電池ですが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて昔々、国のエライ人たちが集まって
東京駅から成田空港まで新幹線を
通す計画をしました

路線名は成田新幹線といいます。

 開通を目指して
     湯水のようにお金を使い
一部は途中まで出来ましたが、
中途半端な状況で終わってしまいました。
 
 なぜ中途半端で終わってしまったのでしょう?
それは新幹線が通るはずの
沿線自治体の一部の方々から
騒音問題、
その他諸々で建設反対運動が激しく、
用地買収も進まないまま幻の新幹線
になってしまいました。
 
 そんなことはさて置き、
当時建設された成田新幹線関連の一部は東京駅の
京葉線ホームや成田空港手前の高架橋やら
ホームなどで見られますが、
意外や意外に住まいの近くにもあることが判明♪

 確か船橋法典駅から西船橋方面に向かっていくと、
掘割の線路から高架橋へ、
そして川やら広い道路もないのに1箇所だけ
不自然に存在する架道橋があるのですが、
どうやらそれが、成田新幹線が潜るはずだった
架道橋だったようで。。。
イメージ 2
 そんな架道橋の下は土の地肌が剥き出し、
なんとも不自然な雰囲気、
実際に西船橋方面からやってくるはずだった
成田新幹線は架道橋付近でトンネルを出て、
この場所を通っていたと思うと
不思議な気分ですね。
イメージ 3
 因みにこの架道橋に関するプレートを見てみると、
    小金線中山架道橋橋台
と記載されており、
この橋の建設が開始された昭和47年当時は

武蔵野線ではなく「小金線」
家に貼られていた地図にも「小金線」の表記が・・・
なにやら新松戸以南の建設時は
「小金線」と呼ばれていた名残の様で。。。
イメージ 4
 成田新幹線の詳しい内容についてはネット上に
より詳しく知ることが出来ますので、
そちらを参照して頂きたいのですが、
トンネル通過であれば仕方ないにしろ、
実際に新幹線が走行する姿が見れたら、
私めの住む近辺もかなり違った様子になったのでは?と。

↑このページのトップヘ