続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:梅

 たまたま仕事で外国人に遭遇・・・
私めの語学力のなさに脱帽
した さくら でございます・・・
やっぱり、
ほんやくこんにゃくがあればと。。。m((_ _;))m
img_5_m
 さて、今年は昨年の期待を裏切り、
梅の実が大不作で梅シロップづくりが
危ぶまれるかと思いましたが、
背に腹は代えられぬということで、
恥を忍びスーパーにて補充分の青梅を購入。
IMG_3059
 このあと、実家で収穫した梅の実と合流させ
梅の実をバケツにて洗浄、
車庫内で広げた新聞紙の上で実を乾かし,
時間も置いて梅の実も乾いたようなので、
もうひと手間加えて瓶詰にすることに。
IMG_3061
IMG_3062
 準備したるは竹ぐしを2本・・・
この手間を怠るとおいしい梅シロップが
出来ないといわれる実のヘタ部分をしっかりと除去、
IMG_3067
昨年は剣山の上で実を転がして穴あけを行いましたが、
今回は竹ぐしでブスブスと突き刺し。。。
IMG_3064
 作業を終えた梅の実を瓶の中に詰めていきますが、
昨年は梅の実を瓶の中で2段重ねた後に
氷砂糖を敷き詰めてまた梅の実を2段重ねといった具合で
詰めていきましたが、今年は実の量も少なく、
梅の実1段、氷砂糖の順で瓶の中に詰めていく。(淋)
IMG_3066
IMG_3065
IMG_3068
 昨年の比べたら半分以下の収穫量になった梅の実、
昨年は豊富な梅の実の量だっただけに
瓶の中に実を詰めながら、今年の量の少なさに
一抹の不安を覚える。
IMG_3069
IMG_3072
 今年は昨年よりも梅の実を重ねる段数を減らしたため、
量的には1瓶と半分程度の量になりましたが、
どんな感じの梅シロップになるかは未知数・・・
不作だったとはいえども、
自然からの恵みを今年も味わえることを楽しみにしたいと。
IMG_3073

 血圧も常時このくらいの数値であれば
ベストだと思う さくら でございます・・・
一時期、減量と強い効き目の薬の効果で、
低血圧になってしまい。。。m((_ _;))m
IMG_0530
 さて、今年は昨年よりもいささか早いようですが、
梅の実がソコソコ出来上がっていると
母上サマから情報が入り、
今年も2匹目のどじょうを狙うかの如く、
梅シロップを作成しておくことに♪

 とにかく昨年は初めて尽くしでたわわに実った梅を収穫、
81f92cff
梅シロップを作り、
出来上がりを
祝して炭酸で割って随分と
飲んだような気がしますが、
とにかく絶妙な味わいで♪

 ということで、あらかじめホームセンターで
氷砂糖3㎏を購入して帰宅・・・
また、梅シロップを作成する瓶もしっかりと
アルコール消毒を施し
作成準備は万端!
IMG_3054
 準備も出来たということで、
今年も実家に勇みこんで梅の実を回収することに!

     駄菓子菓子!

いっぱい実が熟しているであろう梅の木を見るも、
梅の実がたわわに実るどころか
風前の灯状態・・・(淋)
IMG_3055
おまけに枝の先端はアブラムシに覆われており、
早くも私め、戦意喪失状態。。。(滝汗;)
IMG_3056
 収穫途中、アシナガバチやらスズメバチの威嚇
を食らいながら、それでも何とか梅の実を回収、
それでも昨年の量には到底及ばず、
残念極まりない収穫量となる。(嘆)
IMG_3057
 一旦、梅の実をバケツに入れて水に浸し、
その間に母屋裏にある梅の木からも
梅の実を収穫するも、
コチラの梅は小梅だけあって実が小さいわけで。(悩)
IMG_3058
 自宅に戻り、しっかりと梅の実を洗って
車庫内で梅の実を乾かすも、やっぱり量が・・・
さすがの私めも今回の収穫量では納得できないということで、
最終手段、近所のスーパーにて梅の実を買い足すことに。
IMG_3059
IMG_3060
 購入してきたるは群馬県産の青梅・・・
コチラもしっかり洗って、ほかの梅たちと乾かし、
瓶詰を行う準備、このあと瓶詰作業に移りますが、
この続きは明日以降で。。。
IMG_3061

 わそう、ようそう・・・
本来、漢字で書くと和装・洋装ですが、
同僚から
    お葬式のスタイルだと思っていた!
と聞き、
笑うに笑えなかった さくら でございます・・・
和葬洋葬。。。m((_ _;))m
image
 さて、梅シロップ作りで使用し
容器に入った梅の実と氷砂糖、
一度、シロップを全てペットボトルにあけた後も
若干量ながらも徐々に梅のエキスが滲み出しており、
その後も何度か、シロップをペットボトルに移し替え。
IMG_7983
 そんな梅シロップもそろそろ終わりが見えてきたようで、
梅の実自体もエキスを放出してシワシワになり、
これ以上はエキスは出てこなげ・・・
IMG_8454
ただ、氷砂糖もしっかり残っており、
このまま廃棄するのでは勿体なく、
もう少し活用を図りたいところ。。。
IMG_8455
 ということで、仕事では閃かない知恵が
こういう時ばかりは閃き((☆彡キラキラ‼))
さっそく実行に移すことに♪

 てなわけで、用意するのは炭酸水、
IMG_8456
これを梅の実の入った容器に注ぎ込み、
半日から1日ほど待つと
梅シロップのエキスが染み込んだ液体が
薄っすら色づいており。
IMG_8457
 これだけ時間を置くと炭酸もほぼ抜けきっており、
コップに氷を入れて注げば梅の実の香りと甘さもしっかりある
梅シロップジュースになるといったスグレモノだったようで。
IMG_8458
 このあと、梅エキスの染み込んだ元炭酸水がなくなるたびに
強炭酸水を注ぎ込んでおりますが、
シワシワになった梅の実も炭酸水のおかげで
シワのしっかり伸びておりますが、
今度は炭酸水を注入しないでそのままの状態で
梅エキスの浸み出しがあるのか興味が♪
IMG_8459
 ひとまず、残る炭酸水はあと3本、
これが無くなったら梅の実エキスがしみだして
また溜まるのか見てみたいところでして。。。

 パッケージングは近似ながら、
他メーカーの貧乏仕様やきそば
だと思っていた
実はペヤングで有名な
    「まるか食品」
社長の息子の名前「ヨシモリ」だったことを知り、
    クリビツテンギョウ
だった さくら でございます・・・
DSC_1016
ペヤング隣並びで置かれ、
パッケージングが似てても
どうりでクレームが来ないわけで。。。m((_ _))m

 さて、実家の梅の木になった実を使用して作った
IMG_7637
    梅シロップ・・・
ケムケムサンたちの恐怖に慄きながら
梅の実を回収し、氷砂糖とともにシロップの熟成を待ち。
IMG_7642
IMG_7650
 そんなビンの中には梅シロップがしっかりと溜まり、
先発隊としてひとビンを自宅に持ち帰って試飲、
炭酸水で割ってみるとなかなかの味わいだった訳で。
IMG_8175
 ひとまず、精米前の玄米を冷やす冷温庫にて
熟成を待っていたわけですが、
もう1本の方もしっかりと梅シロップが
瓶の中にたまっており、
こちらも持ち帰ってペットボトルに移し替えることに♪
IMG_8176
IMG_8177
 梅の実の方もシロップの中でシワシワになっており、
中を乾かした2リットルのペットボトルに
移し替え作業を開始!

 若干、我が家で試飲してしまったこともあり、
梅シロップの総量の方は約2リットル程度、
炭酸水で割るもよし、冷水で割るもよしで
梅の風味をしっかりと味わえる具合。
IMG_8178
また、氷砂糖自体も完全に溶け切れておらず、
梅の実の入った瓶を2瓶から1瓶にして
様子を見てみたいと思い。
IMG_8315
 初めて作ってみた梅シロップ・・・
今年はこの量で梅の風味を楽しんでみたいと思いますが、
来年はもう少し量を増やして
梅シロップ作りを楽しんでみたいと♪

 初めて食した
マグロの目玉の煮物・・・
案外と私め好みの食感に
病みつきになりそうな さくら でございます・・・
あのプルンとした食感がなんとも。。。m((_ _))m
DSC_0983
 さて、初めての梅シロップ作成のため、
実の収穫準備に入った私め、
IMG_7622
脚立を準備し、梅がたわわに実った木を目の前に
J02010_1
残念な事態発覚!

 今年は梅の実が生育する速度が早かったものの、
害虫であり私めが苦手とする
ケムケムさんたちの発生も異様に早く!(嘆)
IMG_7649
 過去、気がつかぬうちにケムシの抜けた毛で
エライ目にあったことがある私め、
出来れば、同じ轍を踏みたくないのがホンネ。

 本来であれば、そそくさと梅の実を収穫したかったものの、
枝切ばさみ剪定ばさみを駆使して枝打ちしつつ、
実にアプローチしやすい空間を作りながら収穫を。
IMG_7623
 てなわけで、無事に収穫を終えた梅の実・・・
IMG_7624
IMG_7625
恐らく目標量より少し多いような気も致しますが、
IMG_7627
水洗いを行ってザルにあけて乾燥させることに。。。
IMG_7626
IMG_7628
IMG_7629
 その間に果実酒びんをエタノール消毒、
梅の実を乾燥させたあと計量し
IMG_7637
竹串にてヘタ部分を除去、
この手間を怠るとおいしい梅シロップが
出来ないそうで。(汗;)
IMG_7638
IMG_7643
 この後、剣山にて梅の実を転がして傷付けて、
IMG_7640
果実酒びんの中に投入・・・
IMG_7641
頃合いを見計らって氷砂糖を入れてまた梅の実を投入!
IMG_7642
IMG_7647
これを繰り返していきますが、
梅シロップ作りの大変さを改めて実感する。。。
IMG_7646
IMG_7645
 果実酒びんに一杯となった梅の実たち、
IMG_7648
IMG_7650
現在は精米前のコメを入れる
冷温庫に入れて保管中ですが、
IMG_7651
2~3日に1度はびんをひっくり返す作業が
必要になるとのこと。

 今回、初チャレンジとなった
梅シロップ作り・・・
ひとまず成功すれば、来年も行いたいと思いますが、
どんな具合になりますかねぇ~?
IMG_7652

 何ですかねぇ、一昨日の緊急事態解除の会見・・・
アベ君のマスク外しのシーン
という、くだらぬ演出
映し出されておりましたが、
あれでは中国のバカ奴らと変わらぬ行為
と感じた さくら でございます・・・
ホント、日本の首相のバカさ加減に嫌気
が差しており。。。m((_ _#))m
9

 さて、私めが47回目の誕生日を迎えた日の話、
09_4
今年、実家の梅の木にはたくさんの梅の実がなり、
収穫すれば大豊作状態・・・
IMG_7622
本来行われる枝打ち作業が父上サマの諸事情により、
昨年は出来なかったこともあり
こういった状況になったようで。

 そんな梅の実を見た私め、
梅干しやら梅酒は苦手ではありますが、
71zzMKWHeCL._AC_SX679_
梅シロップであれば大丈夫♪ということで、
dispImage
炭酸で割ったりして色々と使い道がありそうな予感!

 とりあえずは初めてチャレンジするということもあり、
欲張ってたくさんは作らず、
梅の実を4kg程度収穫してシロップ作りを・・・
そんな梅シロップ作りに必要となる
梅を入れる大きめの果実酒びんと
氷砂糖の両者をホームセンターにて購入♪
IMG_7630
 そんな果実酒びん、何気なく原産国が目に入り、
IMG_7632
製造国を見てみると、
    トルコ製・・・
IMG_7635
シシカバブを思い出す。。。(情)
a8d1195de7b74c016477a04bc07861f5
 梅と氷砂糖の比率は1:1ということで、
氷砂糖は4㎏、
IMG_7631

梅をつける果実酒びんも
容量8㍑のモノを2本入手。
IMG_7634
IMG_7632
 びんの消毒作業は後回しとして、
主役となる梅の実を収穫することに・・・
最近、ペンキ塗り等で使用する機会が多い
脚立を準備し、いざ実の収穫作業を!
J02010_1

       駄菓子菓子!

 脚立に上って梅の実に手を伸ばそうとした瞬間、
梅の木には・・・
さすがの私めも収穫困難の事態に遭遇
致しまして。。。(滝汗;)
IMG_7649

↑このページのトップヘ