続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:新日軽

 中国ウィルスの影響
飲み会等もなかなか行えず、
乾杯という言葉が死語にならないか
心配している さくら でございます。。。m((_ _))m
0c530082f134cec1ed1aef1697ad6aa8
 さて、年末になりクレセント錠内部のバネ破損が判明、
誠に残念な具合になってしまった我が家の
1階2階掃き出し掃き出し窓。
IMG_0821
 バネ自体ホームセンター販売されているものと
予想はできるものの、中国ウェルス蔓延下、
年末の混雑したホームセンター
出陣するのも何だかなぁ、ということで、
ひとまず、同じようなモノはあるかとネット検索♪

 す・る・と、三協アルミのパーツショップにて
同じ様な部品が販売されている事を確認、
壊れたバネのサイズを計測後、
合致することを確認し部品を発注することに。

 数日で我が家に到着した部品、
引きバネ5個入りで880エン、
そこに送料等が加わり1500エン弱、
1個300エン、自ら修理をすれば安いモノで。
IMG_0827
IMG_0828
 ということで、浴室のシャワーバルブに続き、
IMG_1026
部品取付け作業という事で、
到着したバネクレセント錠内部
IMG_0829
IMG_0830
取付けて行きたいと思いますが、
IMG_0831
IMG_0832
バネ端末をそれぞれの突起部分に引っ掛けて
あっさり作業の方は完了! 
IMG_0833
IMG_0834
IMG_0835
 ひとまず、予備部品の確保が出来ましたが、
ネット上クレセント錠内部のバネ破損に関して
検索をかけてみると、
バネの引っ掛ける頭部分が
破断
している画像が多数見受けられることから、
この部分はこの引きバネの
ウイークポイントなのかもしれませんね。
IMG_0837
 ひとまず、バネの方は残数3つという事で、
IMG_0840
今後も錠内部のバネのみの破損であれば修理可能、
クレセント錠自体発注して交換するのもイイですが、
こういったチョットした小さい部品の交換
モノ自体が使用可能になるのであれば、
部品の再活用と費用の節約になるのかと。。。
IMG_0839

 年末に職場で作成した
もつ煮込み・・・
昨年同様、
作成の陣頭指揮
を執っていた さくら でございます・・・
おかげで体重も増えてしまい。。。m((_ _;))m
DSC_1289
 さて、年末に来て1階と2階の掃き出し窓
クレセント錠の引きバネが破損し、
残念な状況になっている我が家。
IMG_0810
 クレセント錠自体はそのままでも使用は可能ですが、
従前はバネの抵抗によりハンドル部分の動きに
メリハリがあったものの、
現在はクタンクタン状態で誠に頼りなく。(嘆)
IMG_0806
IMG_0821
 とりあえず、5年前にクレセント錠が破損した際に
予備品としてクレセント錠ASSYを3つ購入、
1つは破損した箇所の交換に用い、
今回、残りの2つのクレセント錠ASSYを用いて
速やかに部品交換は完了しましたが、
問題は取外した部品の処遇。
IMG_0822 - コピー
 前回のように内部の金属が破壊され、
使いモノにならないような状況ではなく
9276a5f7
2bd0aeac
金属の出っ張りに引っ掛ける引きバネの頭部分が
金属疲労か何かで破断。
IMG_0823
 バネを交換すれば使用は可能という事で、
私めがヒマな時にでもホームセンターに出向き、
引きバネの購入を考えるも、
中国ウイルス蔓延が著しく外出も憚れるこのご時世、
一応、ネットで検索をかけてみる事に♪

 すると、目的のバネはすぐに見つかり、
三協アルミのパーツショップにて
IMG_0814
同じ部品が販売されているという
素晴らしき状況を把握♪
IMG_0824
 一応、我が家の窓は新日軽製ですが、
こういった部品はメーカーは違えども、
サイズが共通している場合が多く、
今回破損したバネのサイズを計測したうえで
三協アルミにて販売されているバネも使用可能と判明!
IMG_0825
 さっそくバネの方をネットにて注文、
バネ5個入りで880エン、
送料込みにしても1430エンという事で、
あとは部品の到着を待つだけですが、
お正月三が日の真っ只中に注文という事もあり、
到着はいつになることやらで。。。

 5月から始めたウェイトダウン作戦・・・
あくまで通過点ではありますが、
一応は76kg台に突入
した さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_5478
 さて仕事休みの朝、NHKの天気予報を見ながら
2019-01-22-07-33-09-963
ノンビリしていた時のこと、2階から
「シャッターが開かな~~~い!」
という息子クンの声が・・・。
IMG_5509
 ということで、息子クンの部屋に向かってみると、
シャッターに取り付けられている幅木錠のレバー部分、
紐を引っ張ろうと、レバー部分を持ち上げようとしても、
レバー本体がクテンクテンになっており、
解錠が出来ていない模様。。。(汗)
IMG_5510
 とりあえず、Kei Worksから工具ボックスを持参し、
+ネジを外すとカバーと本体が外れ、
錠本体を取り出して確認してみると、
一本のビスの頭部分が捥げてしまっているようで。(嘆)
IMG_5512
IMG_5513
 一応は取説を確認後、ネットにてASSYを捜してみると、
該当する部品が現れず、さすがの私めも狼狽える。
IMG_5519
IMG_5515
IMG_5516
 結局、狼狽えていても仕方ないという事で、
車庫からネジ一式を息子クンの部屋に持ち込み、
丁度良いネジを捜す事に。
IMG_5517
IMG_5520
 あくまで応急処置とはなりますが、
ナイスなサイズのネジが見つかり、
元々折れてしまったビスと置き換え、
錠本体とシャッターのスライダー部分と合わせた後、
カバーを取付けて+ネジにてカバーと本体を
ネジ留めして完了!
IMG_5521
IMG_5522
 しっかりとレバー部分を引き上げれば
解錠できるという事で、
暫くの間はこの状態で使用してもらいたいと思いますが、
果たして、錠本体のASSY があるかどうか、
不安なところでして。。。(悩)
IMG_5518

 

↑このページのトップヘ