続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:復元作業

 今回の東京都知事選・・・
マック赤坂氏の出馬がなく、
淋しさを感じる さくら でございます。。。m(_ _)m
dd62ce35
 さて、すっかり記事にするのを忘れておりましたが、
波乱がありながらも無事に車検が完了した
スズキ Kei Works
IMG_7828
今年2月に行ったサス交換による
リフトアップを実施致しましたが、
IMG_6644
特にサスに関しての指摘事項もなく、
現地にて違った意味の注目を浴びたそうで。(汗;)
IMG_6640
 ただ、サス交換の際に気になっていた
ドライブシャフトブーツの微妙なヒビ割れに
ついては次回車検までは何とか持ち堪えそうなので、
今回のブーツ交換は見送りに。

 駄菓子菓子・・・
予想外にもエアクリーナがボロボロ!
1591259164781
さすがに私めも
クリビツテンギョウといった具合!
(滝汗;)
IMG_7839
 モンスタースポーツのPOWER FILTER 2を
取付けていたものの、スポンジ部分がボロボロとなり、
桜でんぶ状態!
今回は純正品に交換を。(淋)
IMG_7838
 また、もう一つアクシデントがあり、
バックドアのウォッシャーパイプが
経年劣化による断裂!
こちらも残念ながらパイプ交換に・・・(嘆)
IMG_7837
IMG_7836
 このほか、エアコンフィルターの方は
一見キレイそうには見えるものの、
IMG_7840
IMG_7841
折り目を広げてみると、見事に汚れがキャッチされており、
残念な有様を垣間見る。
IMG_7842
 ひとまず、このほか部品など、交換されたモノは
バッテリーの方は交換されて新品になり、
ブレーキ&ATフルードの交換。
IMG_7829
 ひとまず車検から帰還したKei Worksを
元の姿に戻しましょう♪ということで、
タイヤ交換を実施・・・
IMG_7830
タイヤ交換自体は前後輪、滞りなく速やかに終了!
IMG_7831
IMG_7832
IMG_7834
 あと何年活躍するかは正直、未知数ですが、
我が家の予算上状況を考えれば、
あと5年くらいは現役で活躍を願いたく・・・
致命的な故障がなければ我が家の軽トラックの様に
長命も期待できるのかと。。。(苦笑)
IMG_7835

 インスタ映えという言葉も
段々、聞き飽きてきた
さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、先日行った
エンドウ製 103系オレンジ 
     アーノルドカプラー復元作業
今回も、オレンジカラーを纏った
もう1編成がまだ残って
おり、
本日はこちらの車両に対して作業を。。。
イメージ 2
 作業自体は先日行った作業と同様の作業という事で、
速やかに進めていきますが、
よくよくエンドウ103系を眺めてみると案外とツヤが・・・
恐らく、何らかの作業を行って
こういったツヤが出ているのかと思いますが、
40年近い前に販売された商品でも
こういったツヤが残っている事に改めて驚く。。。
イメージ 3
 さっそく作業に入りますが、今回は両端のクハ103から
各々台車を取り出して速やかに作業を・・・
カプラーの方はここ最近、意識的に溜めておいた
KATO製のアーノルドカプラーを使用、
イメージ 5
イメージ 6
カプラー取付け時にバネの組込みも難なく終わり、
両端のクハ103の作業が完了する♪
イメージ 4
イメージ 7
 続いてモハ102ですが、こちらも前回同様に
GM製のDT33が履かされており、
私めが勝手にディティールを考えて
コチラの台車に交換してしまったような。。。(汗)
イメージ 8
 ということで、前回と同様にTR62の台車枠に
DT33から取り外した金属車輪と台車ピンを移植し、
モハ102に取付けて作業終了♪
イメージ 9
 大トリには動力車のモハ103ですが、
コチラは車体から動力ユニットを取り外し、
ネジにて動力ユニット本体を緩めて動力台車を外して
アーノルドカプラーに交換。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
 作業方法によっては動力ユニット自体から
動力台車を取り外さず作業できる方も
いるかもしれませんが
確実性を求めるのであれば、
動力ユニットから台車を取り外して作業した方が、
速やかに作業が出来るかと。。
イメージ 14
 新年を迎えて作業しておきたかった懸案事項という事で、
エンドウ製103系2編成のカプラー交換が
終わりましたが、
道楽部屋に今回の編成を収納しに行った際、
新たなカプラー交換対象の車両を
発見してしまい。。。(滝汗)

 身の程知らず
とは、この人のためにある言葉
だと思う さくら でございます。。。m((_ _#))m
イメージ 1
 さて、我が家で所有するエンドウ製の103系・・・
元々はGM製103系を組立済みの車両セットとして
昭和55年頃に販売されたようで、
我が家にはオレンジカラーの2編成が在籍。。。
イメージ 2
イメージ 3
 購入当時、我が家ではKATOカプラー密連への交換が
真っ盛りだったこともあり、
貴重な車両だろうがあと先何も考えず、お構いなしに
KATOカプラー 密連
に交換してしまうといった暴挙に。(汗)
イメージ 4
 また、マイクロ製の金属車体を持つ183系も
何を勘違いしたか、KATOカプラー密連に交換してしまい、
こちらも誠に残念な姿を晒しておりましたが、
コチラは数年前にアーノルドカプラーに復して、
往年の姿を取り戻し。

 そんなエンドウの103系もそろそろ、
元の状況に戻しておいた方が
良さげな雰囲気が私めの中で漂い始めており、
最近の車両入線に際してカプラー交換で
取り外されるアーノルドカプラー、
カプラーの方も所用数以上に溜まったという事もあり、
エンドウ製オレンジカラー103系のカプラーを
戻してしまう事に!
イメージ 5
 カプラーポケットの中に今までコツコツと
取り溜めておいたカプラーバネを入れて
アーノルドカプラーを入れて復元作業は完了ですが、
KATOカプラーNやら密連仕様を用いる際に、
カプラーポケットにバネを入れて取付けるよりも、
今回の様にバネを用いてアーノルドカプラーに戻す方がラク♪
作業の方もスムーズに進む。
イメージ 6
イメージ 7
 また、モハ102に関しては
GM製のDT33が履かされており、
イメージ 8
イメージ 9
RM誌の鉄道模型考古学を参考に見てみると、
中間車にも先頭車同様、TR62が履かされており、
手持ちでストックしていたTR62の台車枠に
DT33に取付けていた金属車輪と台車ピンを移植して
モハ102に履かせ替えを行て完了!
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
 とりあえず面倒なのは動力車・・・
イメージ 13
コチラに関しては確実に作業を行いたいという事で、
車体から動力ユニットを取り外し、
イメージ 14
本体のネジを緩めて動力台車を取り外して作業を敢行!
イメージ 15
 この方法の方が台車を動力ユニットに
取り付けたまま
作業するよりも
手こずることなく作業が進みあっさり作業終了!
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 19
 そんな残念な状況を乗り越えて、
オレンジ編成のカプラー交換が完了いたしましたが、
これで連結器に関して残念な姿だったエンドウ103系も
もう1本の復元作業が進めば
落ち着いた姿になるような。。
イメージ 18

 色々と高馬力のクルマが誕生しておりますが、
日本国内では高出力の乗用車などは
勿体ないような気がする さくら でございます・・・
我が家の軽トラックが約30馬力、
そんな一般道を300馬力を越えた車
一緒に走行し。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、クルマ屋サンの修理やらの混雑もあり、
数日かかって車検が完了したランクル70・・・
イメージ 2
今回も特段の問題なく車検が完了したという事で
そそくさと元の姿に戻しておくことに。。。
イメージ 3
 作業の方は取り外した部品を戻して行けば
いい話という事で
ライトステーから元の場所に・・・
ただライトステーを戻す前、
防水作業を行った部分に
黒色の絶縁テープを貼付し、
心ばかりの防水作業。
イメージ 4
イメージ 5
 貼付を終えた時点でライトステーをバンパー上に戻し、
イメージ 6
ボルト止めしてから配線をつなぎ、
点灯を確認して作業終了!
イメージ 7
 お次にタイヤの入れ替えですが、
納車後にスグ入れ替えてしまった
ダンロップ社のグラントレックAT3に
4×4エンヂニアリングのブラッドレーV ホワイト
イメージ 14
取付けたセットは用いず、
前回同様にランクル79の鉄チンに
スノータイヤを取付けたモノを。
イメージ 8
 車検のために取り外したついで
という訳ではありませんが、
全タイヤを取り外したついでに
前後でローテーションも行う事に♪
イメージ 9
 ひとまず、前輪側から作業を行っていきますが、
両輪は持ち上げずに片側づつ・・・
車輪の持ち上がり具合も必要最低限で行う。
イメージ 10
 細身のタイヤながらなかなかの重量がある
鉄チンホイール、
昨年は腰の手術で今年は固定のために
入れてあった背骨のボルトを抜いて
完治はしたものの、
ホイールの交換時に身体に不具合が発生したら
これこそ本末転倒・・・
鉄チンホイールを取付けた時、
タイヤと地面が約2~3cm程度開く
程度のジャッキアップに留める。
イメージ 11
イメージ 12
 約1時間程度で車検前の姿に戻りましたが、
1年に一度、こういった車検の機会に
部品の取り外し、タイヤ交換などで
クルマの状態を見てみるのも私め的にはイイのかな?
と思い。。。
イメージ 13

 工具ボックスの片づけをしていたところ、
昨年の入院前まで喫煙していた時に使用していた
ジッポライター
が出てきて非情に懐かしゅう気分
になった さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、17回目の車検を終えて
スズキ キャリイST41、
ようやく自宅に戻ってきた訳ですが、
さっそく復旧作業の方を。
イメージ 2
 ひとまず、今回も目立った不具合の方はなく、
年式の割には健康優良児だったようですが、
寄る年波には勝てない部分が出始めているのも事実、
ただ、車検に関わる部分ではない事もあり、
私めが代替品を捜して取付ければOK!といった部分なので、
この辺は気長に部品を探して修復していけば。。。

 さっそく、見た目の復旧作業を行いたいと思いますが、
イメージチェンジを行った鴨居から取付け・・・
ブルメタからシャーシブラックにて塗装、
見た目を変更した鴨居、
車検に送り出した当日に黒色塗装を行った訳ですが、
大人の事情で軽トラックが自宅に戻るまでに
時間があったので
もう一つ行っておきたかった作業を。。。
イメージ 3
 作業灯から出る配線を保護する白いスパイラルチューブ、
コチラを7φの黒色のコルゲートチューブに変更、
やはり白色より黒色の方が見た目的にも宜しいようで♪
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
 ひとまず鴨居本体を軽トラックに戻しますが、
ホワイトボディーシャーシブラックの鴨居、
イメージ 7
今まで色で目立っていた鴨居が
あまり目立たなくなったような
気がしないでもなく・・・
ただ、従前のブルメタよりは見た目が
落ち着いた感じでイイような。。。
イメージ 8
 お次にタイヤの交換作業を行いますが、
今回は後輪側からタイヤ交換開始!
作業の終わった時点で姿を見てみると、
前後でホイールサイズが違う事もあり、珍妙な姿に。
イメージ 9
 心の中で暫くこの姿で乗るのもありかな?と思うも、
こんな珍妙スタイルのクルマ、趣味だったけ?
と、言われるのも何なので、速やかに前輪側も交換。

 ちなみに納車当時は5.00-12というサイズの
タイヤを履いており、
その後はこのサイズのタイヤ自体が
入手困難、
やむを得ず、
現在のタイヤに入れ替えたわけですが、
純正タイヤに比べれば一回り小さく不格好・・・
しかしながら、数年前に13インチのホイールに
グラントレックT4を履かせたところ、
元の車高に戻るというメイクミラクル、
つくづくホイールの13インチ化を図って正解だったと。
イメージ 10
 何とか2年間の路上走行許可が下りたスズキ キャリイ、
特に長距離やら日々、多用される訳ではありませんが、
次回車検まで大きなハプニングがない事を祈り。。。

↑このページのトップヘ