続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:塗装

 最近、テレビを見るといえば、
ニュースの比率が高い私め、
ホントに恥ずかしながら
同一人物だと思っていた さくら でございます・・・
いま頃になって別人と気がつき。。。m((_ _;))m
6555
 さて、今年はやたらと落札しまくっている
鉄道車両の銘板・・・
昨日はお日柄もよく気温もソコソコということで、
補修を行ったJR北海道の銘板と、
CIMG4067
塗装のはがれてしまっている
松任工場の銘板をとそうしてサビを封印することに。
CIMG4071
 最初にJR北海道の銘板から塗装開始いたしますが、
手持ちのブルー系のスプレーにて塗装、
CIMG4069
青20号系に似ていれば恩の字といったところ。

     駄菓子菓子!

 私めの意に反して色は明るめのブルー、
1度塗りを終えて乾燥させることにしますが、
塗り重ねによってもう少し深みのある色に
なってほしいところ。
CIMG4070
 そんなJR北海道の銘板を乾かしている間に
先日落札した国鉄工場6枚セット、
サビついていた松任工場の銘板を
黒色スプレーで塗装してしまうことに。
ちなみに松任工場の銘板の方は
わが家では、すでに1枚所有。
CIMG4073
 コチラのカラーリングはシンプルにブラック、
コチラも1度塗りを終えた後、乾燥させていきますが、
その間にJR北海道の銘板の2度目の塗装作業を♪
CIMG4072
 このあと、松任工場の方も
2度目の塗装を行っていきますが、
塗装を終えた後、天日干しで1時間ほど乾燥。
CIMG4074
 ひとまず、今後の予定として、
ネジを購入した後、貼付についてはJR貨物の銘板を
外した跡地にJR北海道の銘板を貼付・・・
多度津工場を取外した位置に
JR貨物の銘板を貼付予定。。。
CIMG4076
CIMG4075
 一方、取外された多度津工場の銘板は別の場所に
貼付し直したいと思いますが、
今年はハイペースで増えている銘板シリーズ、
そろそろ抑制をかけないと貼付する位置も
段々と怪しくなっておりまして。。。(悩)

 淡い期待を抱いていた
内示発表・・・
結局、4月以降も
クソ忙しい職場に残留する
ことになった さくら でございます。。。m((_ _;))m
66
 さて、我が家に到着するも
色々と私めも予定が入っていたこともあり、
何も作業が出来なかった
日本国有鉄道 多度津工場
の銘板。
CIMG3190
 私めもやっと時間が取れたこともあり、
作業を進め、OSBボードの方へ
飾っておきたいと思い。。。

 今回の銘板、向かって左側には
ビスが残ってしまっており、
このビスをどう除去するかが最大の焦点。
CIMG3193
CIMG3195
 画像撮影はしなかったのですが、
最初にネジザウルスでネジって見ても
ビスの方はビクともせず。(嘆)

 続いてグラインダーでサビ落としを兼ねて
裏面を削ってみたところ、
銅ビスが用いられており、
これならばドリルで揉めば除去できそうで♪

 センターポンチで印をつけた後、
細いドリルで孔開けを行い、
徐々にサイズの大きなドリルで孔開け。
CIMG3522
CIMG3523
CIMG3524
 あっさりとビスも取れて一段落ですが、
悩んでいた塗装については黒色で塗装し、
サビを封印してしまうことに。
CIMG3525
CIMG3528
 塗装後、銘板の取付作業ですが、
肝心のOSBボードを見てみたところ、
銘板の飾る所が・・・(汗;)
CIMG3529
 本来であれば、JR関連の銘板を飾る場所に
多度津工場の銘板を取付いたしましたが、
いずれは銘板の移動を試みたいと。
CIMG3530
 今年はハイペースで銘板収取が進んでおりますが、
残すところJR3社の銘板と大船工場、
帝国車輛の銘板が揃えば個人的に満願成就・・・
あわてず揃えていかれればよいのですが。。。(悩)

 万引き犯と勘違いされて大暴れ
した男性・・・
犯人取り押さえの際、
ポリ公…否、
警察官の執拗なサスマタ攻撃
が気になった さくら でございます。。。m((_ _))m
61n1xDyZl-L._AC_SX466_

 さて、このところ趣味などに時間を費やす際に
短時間で終わるライトな作業ばかりになっておりますが、
昨日も寒さ&昼前から降り出した降雨のために
簡単な作業を。

 ここ最近、非常に気になっていたのが
娘チャンの自転車・・・
CIMG2367
基本、雨の日以外は駅までの自転車通学、
それでも日中帯に雨天のこともあり、
前カゴ底部分にサビの発生が目立ち始め。。。
CIMG2368
 気になってしまうと早めに対処しておきたい私め、
昨日は私めはお休み、日中帯は雨天予想、
私めが駅まで娘チャンを送迎、
従って自転車の運用はお休みということで、
速やかに自転車の前カゴの塗装を行ってしまうことに。
 
 ひとまず前カゴを自転車から外してカゴの観察実施、
CIMG2369
カゴの底の部分のサビは確認済みですが、
ハンドル側の取付け部分に歪みが確認でき。
CIMG2370
 歪み部分に新聞紙を当てて玄翁にて修正作業・・・
4~5回引っ叩いたところ、
あえなく歪みの方は修正完了!
CIMG2371
すぐさま塗装作業に入る。。。

 塗装スプレーの方は自宅にあった
艶消しのアクリルラッカースプレー、
CIMG2372
本来であれば、しっかりとサビを落としてから
塗装を行うのが正しい作業方ですが、
寒さに負けて速やかに塗装作業。(汗;)
CIMG2375
 また、ハンドル側の取付け部分の塗装を行った後、
CIMG2373
CIMG2374
3時間ほど車庫内で乾燥させてから
カゴを元の位置に戻していきますが、
これで気になっていた部分の作業が完了。
CIMG2376
CIMG2377
 どうしてもこうなってしまうのは
仕方のない事ですが、
サビっ放しで乗っていたら
みすぼらしく見えてしまうだけに
こまめに修正を図っていきたいと。。。
CIMG2378

 庁舎見学で訪れた若いおかあさんと未就学児、
都合上、司会を務めた私め・・・
自己紹介と共に
   「趣味はサーフィンです♪」
大ウソをついてしまった さくら でございます・・・
今年は夏に肌を充分に焼いて、
色黒だったことも影響したようで、
どよめきが響き渡り。。。m((_ _;))m
2b16d4c52122b223dc0f6bf80ae20cc1
 さて、落花生の茎片付けでも活躍した
    農業用フォーク・・・
IMG_4874
 
実家から我が家に所有権の移動した逸品でございますが、
私めの亡くなった祖父の時代から使用、
少なくとも50年以上の年月を経ており。。。

 私め自身もこの農業用フォークを用いて、
肥料用の馬フンやら象フンを片付けた覚えがあり、
色々と修羅場を掻い潜らせた覚えが。(汗)

 さすがにこれだけの年月を経れば、
シャフト部分、握り手部分は木製でも
金属製の握り手廻りやらフォーク周りはサビており、
IMG_4875
IMG_4876
これから収穫する紅はるかのツル片付けで
活躍してもらう事もあり、
塗装を行ってリフレッシュを。。。

 布ヤスリやらで金属部のサビをしっかり落としてから
塗装作業に入りますが、
IMG_4879
IMG_4880
フォーク部分に元々の塗装が残っており、
赤い塗装が施されていたのは間違いないようで。
IMG_4877
IMG_4878
塗装した際に使用した赤いスプレー缶が残っており、
コチラを使用することに♪
IMG_4881
 木製部分にしっかりとマスキングを行い塗装作業を開始!
IMG_4880
IMG_4882
IMG_4883
しっかり塗装を行い、しっかり乾燥を繰り返し
最後の塗装を行ってから約3時間・・・
マスキングを外してみましたが、
もう少し暗い赤色でも良かったような雰囲気。。。(汗;)
IMG_4884
IMG_4885
 ひとまず、使用から50年以上を経た農業用フォークも
これでまだまだ活躍する事が出来そうでして♪
 
IMG_4886

 トランポの運転手をしている私めの友人曰く・・・
ドラレコ 後方録画中のステッカー
を貼付してる約8割
下手クソなドライバーが多いよね、と・・・
私めもそう思う さくら でございます。。。m((_ _))m
610O7cqOvrL._SX466_
 さて、我が家にやってきてから34年が経過した
スズキ キャリイ ST41
今年はワタナベホイールの黒色化を行いましたが、
もう一か所、草臥れ感が出始めている個所が。
IMG_4228
 元々は黒色だったフロントのアンダカバー部分、
もう少し脚光を浴びさせようと黒色からシルバーに塗装、
アオリ部分にアルミの縞甲板を取付けた際に残材から
アンダーカバー部分に取り付けるといった暴挙を。
IMG_4229
IMG_4230
 最近はそんな姿も陳腐化してきたかな?と感じてきた私め、
たまたま対向車線からトヨタ ハイラックスがすれ違い・・・
そんなハイラックス、TRDの赤いアンダーカバー
取り付けられており、単純にマネをする事に♪
hilux_style
 という事で準備したのは
アサヒペン カラーサビ鉄用 赤
のスプレーと筆塗り用。
IMG_4233
 キャリイをフロントジャッキアップし、
フロントのアンダーカバーを取り外した後、
IMG_4231
IMG_4235
ブレーキクリーナーにて脱脂し、
最初は地道に筆塗りしていく事に。
IMG_4234
 撮影を忘れましたが、裏面を塗り終えた後は
シャッターにぶら下げて表向きになる部分を筆塗り塗装、
案外と明るめな印象を受ける。
IMG_4237
 その後、作業台をひっくり返した後、
アンダーカバーを小一時間乾燥させて
最後にスプレーにて塗装作業を♪
IMG_4238
IMG_4239
 ほぼ乾いたかな?と思われる時点で車体側に
アンダーカバーを戻しますが、
白い車体に黒いバンパーと下廻りに
赤いアンダーカバーもイイ感じのような♪♪
IMG_4240
IMG_4241
 ちょっとした色の塗り替えで
見た目の印象って変わりますねぇ~、
IMG_4242
IMG_4243
正直、失敗した際には再度、
シルバーに塗り替えようかと思いましたが、
ひとまずはその必要はなさそうな感じで。。。(涙)
IMG_4244
 

↑このページのトップヘ