続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

タグ:交換

 職場の御仁フィギュアスケートの
ジャンプの種類のひとつ サルコウジャンプ
      エテ公 ジャンプ
と言い、喜んでいる姿を見て
呆れ返っている さくら でございます・・・
   「紀平の4回転エテ公ジャンプ」
と言われても。。。m((_ _;))m
2ad7c825b47c081f852523e5301c6352_600
 さて、仕事から帰宅した私め、
女房サマから
1階掃き出し窓の
   クレセント錠の様子がおかしい、

という話。
IMG_0806
 試しにクレセント錠の確認をしてみると、
確かにクタンクタン状態・・・
一応、施錠は可能なるも動きにメリハリがなく、
内部の部品が破損したと思われ。。。(嘆)

 ちなみにいまから5年ほど前にも
2階のベランダに出る掃き出し窓のクレセント錠が
内部の金属が破損して交換した覚えがあり、
今回も同じ状況であれば、ASSYのクレセント錠と交換を。
IMG_0807
 ちなみに前回のクレセント錠破損の際に
予備として余計に2つ購入しており、
速やかに交換作業を開始!

 交換作業といってもメクラ蓋を外し、
+ネジを緩めればクレセント錠は外れ、
あとは錠部分を交換するだけという事で、
誰にでも行える作業。
IMG_0808
 ひとまず、内部を確認してみると、
前回のような金属破壊ではなく、
動きにメリハリをつける
バネの引っ掛け部分が破損しているようで。
IMG_0809
IMG_0810
 破損部分の確認はソコソコにして
新たなクレセント錠をセット、
ネジを締めて蓋を取付ければ作業終了、
正味3分程度の話。
IMG_0811
IMG_0813
 破損したクレセント錠に関しては、
新しいバネを取付ければ使用は可能という事で、
後日にでも!と考えていたその日の夕方、
クレセント錠修理の話を聞いた息子クン、
「オレの部屋の鍵もおかしい!」
などと言い始め、確認してみると・・・
1階掃き出し窓と同じ症状。。。il||li ○| ̄|_ il||li
IMG_0815
 ということで、最後の予備品を用いて交換作業開始!
IMG_0817
1階の掃き出し窓のクレセント錠
同じ状況であることを祈りながら交換作業
内部を確認してみると同じ状況のようで。。。
IMG_0818
 こちらも速やかに交換作業の方は終了しましたが、
IMG_0819
IMG_0820
IMG_0821
予備品の無くなってしまった我が家のクレセント錠、
とりあえずはバネの入手が先決!という事で、
速やかに入手して交換しておきたいところで。。。(悩)
IMG_0822

イメージ 1

 麻生太郎 財務大臣
財務省の一連の不祥事でも
        辞任しない理由
・・・
今回のセクハラ発言
本人の発言ではないとはいえども、







          「おっぱい辞職」
と言われるのが嫌でやめない
のだと思う
さくら でございます・・・
まぁ、確かにおっぱい辞職じゃ恥ずかしい
ですが。。。m((_ _))m
イメージ 2
 さて、先般は細かいクラックが入ってしまった
テールレンズを
純正のクリアタイプの
テールレンズに交換したりと、
イメージ 3
色々と最近は動きのあるKei ワークスですが、
このクルマも今年13年目で間もなく車検。
イメージ 4
 6月の車検までスタッドレスタイヤで
粘ろうかとも思いましたが、
この時期になってくると
やっぱり走りに関してはイマイチ・・・
特に無理な運転をしている訳でもございませんが、
雨天時は残念なグリップ力ということで、
車検まで1か月半程度ですがタイヤ交換を行う事に♪  

 ひとまず軽トラックにて実家からタイヤを引き取り、
タイヤ履き替え作業開始!
イメージ 5
ひとまずフロントから作業を。。。
イメージ 6
 作業手順はいつもと同じだけに慎重に作業を行いますが、
左右両輪ともジャッキで持ち上がるという事で、
速やかに作業完了。。。
イメージ 7
 続いて後輪も左右同時にジャッキアップを行えるうため、
こちらも速やかに作業を・・・
イメージ 8
それにしても、ワークスを名乗る割には
頼りなく柔らかめに感じるリア側のサスペンション、
両側共に幾度となくバンプストッパーが
底突きしているようで。。。(情)
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
 リア側もさっさとタイヤを取付け、
ジャッキから降ろしてから
増す締めを行い、
フロント・リア共に交換作業は終了。

 最後に空気圧の調整を行って
作業の方は終了となりますが、
1か月半後には再度、タイヤ交換・・・
イメージ 12
 スタッドレスタイヤでフラストレーションの溜まる
我慢の走りで通勤するよりは
タイヤ交換した方が気分的には宜しゅうのかと♪
イメージ 13

 昨日は娘チャンが中学校に入学という事で、
30年ぶりにわが母校に参上!!
久々の母校に訪れた喜びとは裏腹
入学式に黒いジャージで参加している
            
茶髪の保護者
を見つけ大いに呆れさせて頂いた
さくら でございます・・・
まぁ、人を見かけで判断してはいけない
といいますが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、今年の6月で13年を経過する
我が家のKei ワークス、
イメージ 3
走行距離もやっと2万6千㎞という事もあり、
まだ暫くの間は我が家で活躍することになりそうで。。。
イメージ 2
 そんなKei ワークス、最近になって
非常に気になっていた事がひとつ・・・
テールレンズ内側に無数の細かいクラックが入り始め、
イメージ 4
イメージ 5
夜間にテールライトが点灯すると
ヒビ割れ具合がよく分かり。。。(嘆)
イメージ 6
 今回はスマホでの撮影ということもあり、
チョイト分かり辛いかもしれませんが、
パッと見、気にならないと言われてしまえば
それまでですが、
オーナーからしてみれば、1度気になってしまえば、
何かしらの対策は講じておきたいと。
イメージ 7
 残念といえば、以前テールレンズのくすみを
ピカールで取り除いて
綺麗にしていた
だけに悔しいような・・・
イメージ 8
そんなヒビ割れの事実を知ってしまった以上、
速やかにテールレンズを交換したくなるのが
人としての常、
心の閊えを解消しておくことに。。。(汗)

ここで交換するにも元々、
装着されていたモノと同じテールレンズを
取り付けても芸がないと感じた私め、
社外品ではなく、あくまで純正品で
ひと味違う姿にしておきたい
と。

 ということで選んだのは、
メーカー部品番号
・35650-82G01
・35670-82G01
我が家のKei ワークス購入以前の平成13年に発売された
デザイナー山本寛斎とタイアップした
特別仕様車「up to you KANSAI」
のテールレンズということで、
元々の赤主体のテールレンズと違いクリアレンズタイプ。
イメージ 9
 クルマ屋サンからは
「ホント、マニアックなモノを見つけるのが得意ですよね♪」
と、褒め言葉だか何だか分からぬお言葉を頂き。。。(滝汗)
イメージ 10
 今回、取り付けるテールレンズと形状については
従前のモノとまったく同じ、
トレードインで装着可ということで
さっそく取付け作業の方を。
イメージ 11
 ただ、トレードインで装着可能といえども、
元取り付けられていたテールレンズから
クリップを移植が必要、
全体的にクリアタイプといえども
ブレーキランプ部分は赤くなっており、
前に取り付けたLED球の交換は不要、
ターンシグナルの電球もオレンジ色ということで、
こちらも問題なく。
イメージ 12
イメージ 13
 作業時間も10分少々ということで、
お手軽交換で気分も上々♪
イメージ 14
イメージ 15
Kei ワークスも今のところは目立った不調もなく、
暫くは我が家で活躍出来そうな予感?
おまけにテールレンズも新品となり、
気分良くしてホームセンターに
買い物に出掛けまして。。。(汗)
イメージ 16

↑このページのトップヘ