続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

タグ:チビ電

 お仕事の都合で何らかの形となりますが
11日間連続で職場に顔を出していた私め、
やっとお勤めの方も終わり
解放感に浸っている さくら でございます。。。m((_ _))m
69
 さて、4年ほど前から集め始めた
チビ電シリーズ・・・
CIMG5954
今年になってから本格的に集め始めた訳ですが、
後年発売されたモデルはともかくとして、
当時、各カラーリングで販売されていたモデルの
チビ電収集に重点を置き。。。
CIMG5808
 当初は熱心に探しておりませんでしたが、
チビ電ブルーのTc車を始まりとして、
オレンジグリーンブラウンレッド
ときて、今回のY!の付くナラズモノオークション
ポケットラインシリーズを入手!
CIMG6037
CIMG6038
ようやく
チビ電イエローを入手し、
やっと旧仕様のコンプリートが。(涙)
CIMG6039
CIMG6040
 ただ今回も抱き合わせ販売といった訳ではありませんが、
CIMG6041
チビ電イエロー
のほかに
CIMG6043
チビ電レッド
CIMG6042
凸電グリーン
CIMG6045
チビ貨車2両
CIMG6044
といった車両たちも
一緒に我が家に到着。
CIMG6047
 今後、チビ電の方は御多分に漏れず、
動力ユニットの更新を行いたいと思いますが、
後年発売車に新動力を組み込み、
捻出された動力ユニットを今回到着した車両たちに
組み込みたいところですが、残念ながらタネ車切れ。

 一応、新動力を組み込む方向で考えておりますが、
チビ凸の方にも動力ユニットの状態によっては
新動力を組み込むのも良いのかと思い。
CIMG6048
 とりあえずは年内に旧仕様車の
コンプリートを達成することが出来ましたが、
残念ながらブルーのチビ電はTc車のみ、
来年はブルー編成の導入を考えていいのかな?と、
内心考えており。。。(悩)

 ヘタレ岸田とふゆかいなポンコツ内閣
残念なヤカラどもの更迭が続いたにもかかわらず、
年内の内閣改造を先延ばししたようですが、
内閣改造したところで
      微々たる延命にもならない
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
66-0
 さて、粛々と作業を進めている
チビ電シリーズ
近年発売されたチビ電には新動力ユニットを組み込み、
従前販売されていた各カラーリングを纏った
チビ電には捻出された未使用の動力ユニットを
組込んでリフレッシュを行っているといった次第。
CIMG5944
 そんな今回は購入してきた新動力ユニットを
チビ電チキンラーメン号に組込み、
CIMG5946
捻出された動力ユニットを
チビ電ブラウン編成
組込むといった具合。

 さっそく、チキンラーメン仕様のチビ電と、
新たな動力ユニット、
今回組立てることになるチビ電ブラウン仕様を準備。
CIMG5945
CIMG5949
 最初にチキンラーメン仕様のチビ電から動力を抜き取り、
新たな動力ユニットを組込むといった具合、
新たな動力ユニットと旧動力ユニットを並べると
見た目の違いも一目瞭然でして。
CIMG5947
 チキンラーメン号への新動力組込みはすんなり終わり、
CIMG5948
ブラウン仕様のチビ電
に移りますが、
コチラは非動力の足回りが
本来の動力車に組み込まれており、
その足回りを取外してTc車にコンバート。
CIMG5950
 一方、足回りの取外されたMc車に捻出された
チキンラーメン仕様に取付けられていた
動力ユニットをコチラに組み込めば作業完了で♪
CIMG5951
 ただ今回、このチビ電ブラウン仕様
格安で入手しておりますが、
恐らく、動力ユニットがなく、
Tc車も足回りがない状況だったために
安かったんでしょうねぇ。

 最後に英国新幹線用のドローバー
CIMG5952
取付けて作業の方は完了となりますが、
CIMG5955
旧い車両も新しい動力ユニットを用いれば
充分活躍できるということで、
今後も残念な状態のチビ電でも入手しようかと思い。。。
CIMG5954

 イートインが封鎖された関西のコンビニ店内
オニギリを頬張り、店員から注意された
超アホな行政書士・・・
自分の行った行為を正当化しているようですが、
勉強は出来ても常識は学びきれなかった
と思う さくら でございます・・・
なんか、市議選に出馬を予定しているみたいですが、
落選でしょうね。。。m((_ _))m
66-0
 さて、続々と入線させている
KATO チビ電シリーズ・・・
CIMG5808
今回も
Y!の付くナラズモノオークションにて
出品されていたことから安易に入札してしまい。。。(汗;)
CIMG5879
CIMG5880
 到着した
チビ電ブラウン仕様
随分とこじんまりとした様子での
ご到着となりましたが、
箱の中では更にこじんまりとしており。
CIMG5881
CIMG5882
 今回の車両は動力車となるMc車には
動力が組み込まれているようですが、
CIMG5884
一方のTc車には足回りが入っておらず、
まさにダルマさん状態で。
CIMG5883
 車体の状態も以前にわが家にやってきた
チビ電ブラウンに比べて車体の状態はさらに良好、
Tc車の足回りに関してはMc車の動力を解除し、
付随車化した足回りを用いるか、
今後、M車化を予定しているぼく街シリーズ
Tc車から足回りをコンバートするかは悩むところ。

 そんなMc車の足回りの草臥れ具合の確認を
してみましょう!ということで、
車体をひっくり返してみたところ、
車輪の踏面はソコソコ汚れており。(淋)
CIMG5885
 そんな汚れた車輪を触っていた時のこと、
本来、動くはずのない車輪が動き・・・
実際はTc車に取付けられていなければならない
足回りが何故かMc車に取付けられていたといった具合。

 とりあえず今後の予定ですが、
Mc車に取付けられてしまている足回りを
Tc車に再コンバート、
一方のMc車への新動力組込みによる捻出品を使用、
連結器に関しては黒色のドローバーを用いることに。
CIMG5886
 色々とややこしい作業となりそうですが、
先般購入した新動力ユニットを使用し、
速やかに作業を実施しておきたく。。。

 無策にも思える岸田クンの考える経済対策・・・
また金をバラまく算段をしているようですが、
結局は税金で回収され元の木阿弥
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
66-0
 さて、昨日はKATOのチビ電、
 ぼくの街の路面電車仕様の2両が到着しましたが、
CIMG5778
続いてチビ電レッド仕様の2両が到着し。(汗;)
CIMG5801
CIMG5802
 今回もY!のつくナラズモノオークションにて
落札といった具合ですが、
レッド仕様のチビ電は先般、
車体のみを落札して余剰の足回りを活用して
1両の車両として作成したばかり。(汗;)
CIMG5719
 しかしながら、たまたまレッド仕様の2両セットが
格安で出品されており、
どのみち落札は出来ないでしょう!と
高をくくっていたところの落札となり。。。(汗;)
CIMG5803
CIMG5804
 とりあえず車両の方を見てみると、
車体の方は2両共に問題はございませんが、
CIMG5805
問題は足回りの方・・・
色々と修羅場をくぐってきたのか
Mc車、Tc車共々、適度に汚れており。。。
CIMG5807
 とりあえず、Tc車はユニクリーナーでも使用して
車輪踏面部分の清掃を考えておりますが、
問題は適度な汚れを醸し出す動力車のほう。

 一応、後日にでもポポンに出陣し、
リニューアルされた動力ユニットを購入、
手持ちのチビ電チキンラーメン仕様の動力でも入れ換え、
捻出された動力ユニットをコチラの編成に
動力ユニットをコンバートしたいと。
CIMG5806
 色々と弄ってみると奥が深かった
チビ電シリーズ・・・
このままドロ沼化しなければ良いのですが。。。(汗;)
CIMG5808

 このところの気温の寒暖差のおかげで
寒暖差アレルギー再発!
私めのお鼻サンが完全におバカサン
になっている さくら でございます。。。m((_ _))m
d02_26_2
 さて、欲しい鉄道車両の導入も
一段落ついてしまったせいか、
今年はチビ電の導入を進めている私め、
最近は従前に販売されていたカラーリングのチビ電の
収集に奔走しており。
CIMG5720
 そんな中、今回到着したのは従前のモノではなく
チビ電 ぼくの街の路面電車
ということで、ナラズモノオークションにて格安入手、
CIMG5770
今回の仕様は新動力ユニット搭載、菱形パンタではなく、
シングルアームパンタグラフを搭載したタイプ。
CIMG5771
CIMG5772
 聖地からのリリースには・・・

・どこかの街を縦横無尽に走る路面電車をイメージ。
・小形レイアウトでも、ユニトラム路面軌道でも、
 活躍の場を選びません。
CIMG5773
・車体色は緑に白・グレーのライン、
 黄色のアクセントで美しく表現。
・パンタグラフは可動式の
 シングルアームパンタグラフを採用。
CIMG5777
搭載された新動力ユニットについては

 チビ電用動力ユニット
・リニューアルされて定評のある小形コアレスモーター
 を使用したチビ電用動力ユニットが登場
CIMG5774
・低速からスムーズな駆動で安定した走行を
 お楽しみいただける
動力ユニットで、
 地方鉄道や路面電車などの小形車両の動力として最適
・自作のナローゲージやフリーランスの
 車両の動力ユニットとして、
既存製品の
 ポケットラインシリーズのアップグレードや
 メンテナンス用としても活用いただけます
・最小通過半径:R117

といった具合。。。
CIMG5778
 元々、足回りを何らかに使用していたらしく、
動力ユニットには使用歴があるようですが、
後日、徹底的な清掃を行いたいと。
CIMG5776
 また、ユニットをバラしてTc車の動力化を行い、
所有するチビ電ブルーチビ電レッド
伴侶として使用か悩んでおりまして。。。

 夜、何時に寝ようとも、
必ず丑三つ時前後にトイレで目が覚め、
熟睡できていない さくら でございます・・・
水分の取り過ぎなのか朝も5時台に目が覚め。。。m((_ _))m
67
 さて先般、ナラズモノオークションで落札した
赤色カラーを纏ったチビ電の車体、
CIMG5707
当初、オレンジカラーであれば、
ストックしている動力ユニットを組合わせて
ブルーのチビ電と組合わせて使用しようかと思いましたが
元の車体通り、Tc車として組立てることに。
CIMG5709
 さっそく組立てていきたいと思いますが、
準備するのは先日ストックした
チビ電旧仕様の動力ユニット。
CIMG5708
 今回は2つある動力ユニットのうち、
草臥れ度合いが満点のモノを使用、
CIMG5710
CIMG5711
ネジを緩めて下側のカバーを取り外すと
車輪とモーター回りが出現。
CIMG5712
CIMG5713
 車輪、モーター、集電板板を取り外し、
車輪はユニクリーナーにて清掃し、
車輪のみを元に戻し。
CIMG5714
CIMG5715
 一方、下回りのカバーについては
モーター用の逃げがあり、
この部分に鉄コレ用の自作ウェイトを2枚積載、
ボンドを塗布して接着しておくことに。
CIMG5716
CIMG5717
 床下周りを再度組立てて、付随車用の足回りが完成、
あとは車体の方に組み入れていきますが、
レッド仕様のチビ電はあっさりと完成しまして。
CIMG5718
CIMG5719
 現段階では同じく単品で購入した
ブルー仕様のチビ電と連結させておりますが、
どちらかを動力化して混色の1編成にするか、
他の編成の動力車と組ませて混色編成するか
非常に悩んでいるところでして。。。(悩)
CIMG5720

 死刑執行当日の告知「違憲」・・・
死刑囚2人が国を提訴し執行に従う義務ない
と主張しているようですが、人を殺めておいて、
少しでも死刑執行を伸ばしたいんですかね、
結局、自分の事しか考えない自分勝手な人間
なんだと思う さくら でございます・・・
執行に関しては速やかに行わんと
今回の様なヤツが現れるんでしょうね。。。m((_ _))m
66-0
 さて、今年は従前に販売されていた
KATO チビ電シリーズ
を色々と入手しておりますが、
色々とこのチビ電シリーズについて
調べてみると、
・青・
の6色が販売されていたことが判明し。

 そんな中、わが家でも現行仕様の購入に並行して
従前の車両入手を進め、
CIMG5634
・青
CIMG5649
CIMG5573
の4色までは揃えることができ。

 そんなチビ電シリーズをナラズモノオークションで
眺めておりますが、
初っ端からお高いお値段で出品されているモノも多く、
手も足も出ない状況となり。。。(汗;)

 そんな折り、たまたま今回は1両の車両としてではなく
ボディのみが格安出品されており、
私めもある考えをもって入札してみることに。

 ネット上を見る感じでは車体色はオレンジの様
あれこれ作業を行って1両の車両に仕立てられれば、
と思っていながらも車体の方を運よく落札、
CIMG5697
CIMG5698
届いてみたら車体の方は
レッド仕様のTc車、
CIMG5704
タナボタではありませんが、
わが家で5色目のカラーリングのチビ電となり♪
CIMG5699
 到着したのはボディ本体と窓ガラスといった具合、
特に大きな傷も無さげで窓ガラスの方も綺麗な状態♪
CIMG5700
CIMG5701
CIMG5702
 今後、1両の車両として組立てを
行いたいと思いますが
どういった方向性で組み立てていくか
現在、思案の真っ最中。
CIMG5705
 ただ、5色まで揃えたチビ電シリーズ、
そう考えると、むやみに改造してまで
違った姿にするのには忍びないような。。。(悩)

 汚職と利権まみれだった東京五輪・・・
結局は腐敗の世界対抗運動会だった
とつくづく思う さくら でございます。。。m((_ _#))m
0001-2 - コピー
 さてこのところ、戯れることが多くなった気がする
チビ電シリーズ・・・
緑色のチビ電に続いて、
CIMG5636
今度はブラウンカラーのチビ電がご到着。。。
CIMG5552
CIMG5553
 今回は私めのあまり知らなかったのですが、
最近になってブラウンカラーのチビ電があることが分かり、
なんとかY!の付くナラズモノオークションにて落札。
CIMG5573
 到着したブラウンのチビ電ですが、
旧い車両の割には今回も状態も良いような感じ、
ただ、オレンジグリーンブルー
チビ電に比べてしまうと地味な印象の様な。
CIMG5578
CIMG5584
CIMG5582
CIMG5581
  一応、ブラウンカラーのチビ電ですが、
予定としてMc車に搭載されているダミーの
下枠交差式パンタグラフは他のチビ電同様に
可動式のパンタグラフに交換したい所存。
CIMG5575
 今回の車両についてもドローバーの
確認をしておきましたが
ドローバーに関して
は問題なさげ・・・
CIMG5576
今後の状況如何によっては先般到着した
黒色のドローバーを用いても良いのかと。
CIMG5643
 足回りについては今回の車両もソコソコ、
走行した形跡が見られ、
清掃は試みたいと思いますが、
具合によっては動力ユニットの交換を
行ってしまった方が良いかと思われ。
CIMG5580
 何とか4種類までは揃えることが出来た
KATO チビ電シリーズ・・・
残りの黄色のチビ電を見つけられれば
個人的に御の字なのですが。。。
CIMG5577

 節電ポイント旅行などのポイント・・・
一部の者しか還元を受けられぬことをやるより、
減税をやった方が手っ取り早い
と思う さくら でございます・・・
恐らくポイント制にした方が何かしら
国にとって得策なんでしょうねぇ。。。m((_ _#))m
67
 さて、今回の大本命ということで、
ホビセンから補修部品として販売されている
ホビーセンターカトー Z04L8080
         Class800 前面ドローバー
といったパーツ。
CIMG5641
 そもそも、Class800とは
<メイド・イン・ジャパン>の
英国高速列車、Class800。
実車はイギリスで推進しているIEPによる
HSTの置き換え用に設計された、
最新鋭の都市間輸送用バイモード車両。
LNER-2
 電化区間は従来通りパンタグラフから集電、
非電化区間ではエンジンと発電機ユニットから
モーターに
電力供給をし走行するため、
電化・非電化区間の直通運転ができることが特徴です。
Class800は日立製作所笠戸事業所で製造、
同社のA-Trainシリーズのコンセプトのもと、
日本で培った技術を英国鉄道システムに
適応させ開発されました。

いった車両の連結用のパーツ。

 前面ドローバーということで、
先頭車同士の連結を行う際に用いるパーツですが、
LNER-5
他の車両にも流用できる素晴らしいパーツでして♪
GWR-4
CIMG5642
CIMG5643
 ちなみに今回、このパーツを使用する車両とは、
チビ電シリーズのドローバーとして
このパーツを流用することに。
CIMG5644
CIMG5645
 そもそもチビ電シリーズの棒状ドローバーは
ASSYとして発売されておらず、
CIMG5646
CIMG5647
CIMG5648
チビ電のドローバーが折れてしまえばその時点で終了、
そうなった時の代替策を色々と考えていたところに
今回の発見となりまして。。。
CIMG5649
CIMG5650
CIMG5651
 今回のドローバーの到着により
手持ちのチビ電シリーズの予備パーツとして
用いることができるほか、
ドローバーの折れてしまった状態で
ナラズモノオークションに出品されている
車両を狙っていこうかと。。。
CIMG5652

 同僚の会話の中に
「そうそう、あれね、ストロング・・・
てっきりストロング・マシーンのハナシ
55555
だと思っていた さくら でございます・・・
どうやらチューハイのストロングゼロのハナシ
だと聞き、何でもかんでも
プロレスに結びつけるのは
やめよう
とココロに誓い。。。m((_ _))m
01_l
 さて、チビ電用の新動力ユニットを
チビ電 ホビセンカトー 東京店新装開店号
CIMG5631
を組込み、玉突き捻出された従前の動力ユニットを
CIMG5633
ナラズモノオークションにて入手した
グリーンオレンジのチビ電に組込むことに。
CIMG5634
 とりあえず道楽部屋から下界に
2編成のチビ電をご招待・・・
CIMG5633
CIMG5635
速やかに捻出された動力ユニットを
この2編成に組み込んでいきたいと思いますが、
Mc車とTc車を切り離して準備。
CIMG5636
 最初にオレンジ編成の動力ユニットを
車体から取り外して新たに組み込む動力ユニットと
見比べてみると、プラ自体の色合いもさることながら、
新しいモノはウェイトが黒色
旧動力の方はダイキャスト自体の地金ままとなっており、
この辺は時代の流れなんですかねぇ。。。
CIMG5637
CIMG5638
 組込み自体はトレードインが可能ということで、
時代の差はあるとはいえども
旧くとも速やかに組み込めるのは素晴らしい事と♪
CIMG5639
 オレンジ編成の動力組み替え作業は速やかに完了し、 
続いてグリーン編成も同様の作業を行いますが、
コチラも作業う自体はオレンジ編成と一緒、
旧動力を取り出して新たな動力を組込めば作業は完了♪

 作業自体はほんの10分足らずの
動力交換作業となってしまいましたが、
ひとまずは旧い車両も動力の
リフレッシュが図れたということで。

 一方、取外した動力ユニットの今後ですが、
ストック品として保管したいと考えておりますが、
いずれ何かしらの利用方法はあるモノかと。。。
CIMG5640
 とりあえずは、グリーンオレンジ
ブルーまでは揃えることができましたが、
チビ電シリーズとして・青・
が販売されていたと判明・・・
何とか残り3色を集めておきたいものでして。。。

 仕事が生き甲斐・・・
私めには到底、受け入れられない言葉
だと思う さくら でございます・・・
人生、楽しんだ勝ちかと。。。m((_ _))m
66-0
 さて、わが家に到着した
KATO 11-108チビ電用動力ユニット
従前の動力ユニットからリニューアルされ、
定評のある?小形コアレスモーターを搭載といった具合。
CIMG5528
 低速からスムーズな駆動で安定した走行ということで、
すでにパト電に使用されているようですが、
新たな動力ユニットを購入し、
わが家のチビ電にも使用してみることに。

 今回購入した動力ユニットは2つ、
どの車両に使用するか悩むものの、
チビ電 ホビセンカトー 東京店新装開店号
の2本に新動力ユニットを積載することに。
CIMG5623
CIMG5624
CIMG5625
 そんな新装開店号を下界にご招待して作業開始!
とりあえず、Tc車と切り離して
CIMG5626
CIMG5627
Mc車をひっくり返して動力ユニットを引っこ抜けば
新動力ユニットを積載する準備は完了!
CIMG5628
 旧動力の方は青いコンデンサーの様なものが露出、
旧動力ユニットに比べ新ユニットは上部が
カバーで覆われており。

 取り付け自体は旧動力と同様、
新動力を車体に組み込めば
あっさり作業の方は終了♪
CIMG5629
CIMG5630
 もう1両の方も同様に
新動力ユニットを組み込んでいきますが、
コチラも1分かからず作業は完了。
CIMG5631
 そんな今回、取外した旧動力ユニットですが、
未使用品ということで、そのままストックとはせず、
CIMG5632
先般導入したオレンジグリーン編成の
動力ユニットと交換したいと。

 玉突きで動力ユニットの更新を進め、
チビ電のリフレッシュが図れればベストですが、
他の車両にも動力ユニット更新の手が及ぶか
どうかといった状況で。(悩)

 打ち上げ花火が大好きな
北のデブチョンはどうしようもないですねぇ、
そろそろヒットマンでも雇ってくれる
おエライサンはいないのかな?
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
66-0
 さて、ここにきて色々と揃え始めた
チビ電シリーズ・・・
ココまでM車付きのセットでは
オレンジグリーンをそれぞれ入手。。。
CIMG5421
CIMG4625
 車体状態は良好でも時代を経た車両
ということもあり、
屋根周りのパンタグラフ交換やら
足回りのリフレッシュは行っておきたいところ。

 そんなこんなでリフレッシュするには
年代モノの動力ユニットを使用するよりも
新しいモノを使用した方が得策の様な
気がしないでもなく。

 ひとまず、今回購入した新しい動力ユニットを
CIMG5522
聖地仕様のチビ電に用いて、
捻出した動力ユニットをそれぞれ
グリーンオレンジの編成に流用することに。

 ということで、到着した動力ユニットに関して
偉大なる聖地からは・・・
CIMG5523
●チビ電用動力ユニット
・リニューアルされて定評のある
 小形コアレスモーターを
使用した
 チビ電用動力ユニットが登場
・低速からスムーズな駆動で安定した
 走行をお楽しみいただける
動力ユニットで、
 地方鉄道や路面電車などの
 小形車両の動力として最適
CIMG5524
・自作のナローゲージやフリーランスの
 車両の動力ユニットとして、
 既存製品のポケットラインシリーズの
 アップグレードや
メンテナンス用としても
 活用いただけます
・最小通過半径:R117
CIMG5525
といった具合。。。
CIMG5526
CIMG5527
 時間を見て動力ユニットの交換作業を
行いたいと思いますが、
ここにきて手を出すことになることは思わなかった
チビ電シリーズ、
まだまだ購入したい編成はあり、
コッソリ触手を伸ばそうかと。。。
CIMG5528

 クルマのオイル交換を行い、
廃油を道の駅に放置・・・
クズ人間の所業
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
AA1276mu
 さて、久々にチビ電シリーズということで、
オレンジ色のチビ電に続いてご到着・・・
CIMG4623
カラーリングは
グリーンということで、
着々と増備が進み。。。(汗;)
CIMG5416
CIMG5417
 到着したグリーンのチビ電ですが、
今回も旧い車両の割には状態も良く、
前回のオレンジ色のチビ電よりも好印象♪
CIMG5418
CIMG5419
 当時は私め、このチビ電シリーズには全く興味がなく、
収集する気にもならなかったのですが、
聖地仕様のチビ電が販売された頃から
ココロに変化が・・・
聖地仕様を皮切りに旧仕様の青電
僕街仕様やらチキンラーメン仕様を。。。
CIMG5420
CIMG5421
CIMG5422
 今さらになって当時の製品を集め始めたわけですが、
とりあえずの予定として、
Mc車に搭載されているダミータイプの
下枠交差式パンタグラフについては
先に入手したオレンジ仕様のチビ電と共に
可動式のパンタグラフに交換しておきたいと。
CIMG5423
 さり気なく経年劣化により折れやすいといわれる
ドローバーに関しても一応は問題ないようですが、
状況に応じてコチラは交換しておいてもよさそうな予感。
CIMG5424
 足回りに関しても、私めの手元に来るまで
ソコソコは走り回っていたと思われ、
清掃よりも動力ユニットの交換を
行ってしまった方が良さげ。
CIMG5426
 今後、リフレッシュ作業について、
オレンジ色のチビ電と共に
作業を進めていきたいと思いますが、
3色まで集まったチビ電、
あと何種類あるのか非常に気になっており。。。

 今日から7月になりますが、
6月末から猛烈な暑さが続きますねぇ、
66-0
チョットした理由で自宅軟禁
になっている我が家、
クーラー連続使用により
今月の電気代が今から恐怖
の さくら でございます。。。m((_ _))m
eb58f978
 さて、チビ電のバリ展シリーズのパト電以来
わが家には久々となりますがチビ電がご到着・・・
カラーリングの方はオレンジ、
青色以来の旧仕様ということで。
CIMG4621
 到着したオレンジ色のチビ電
しっかりと緩衝材に包まれ、
取り出すのに手こずる。。。(汗;)
CIMG4622
 ということで、レールの上にのった
オレンジ色のチビ電、
CIMG4623
CIMG4624
旧い車両の割には状態も良く好印象♪

 元々、我が家には
聖地仕様
602cec44
チキンラーメン
da039448
ぼく街 
2ac9894a
パト電
026826cb
・青電
11c6127a
といった面々に
オレンジカラーのチビ電が加わり♪
CIMG4625
 Tc車の屋根上に一部、曲がりがある様なので、
時間を見て修正を行いたいと思いますが、
車両的には特に問題はなさそうで。
CIMG4626
 今後、Mc車に搭載されているパンタグラフは
ダミータイプの下枠交差式パンタグラフ・・・
コチラは今後、交換なりの手を加えたいと思いますが、
シングルアームパンタグラフにするか、
ダミーパンタ同様下枠交差式にするか悩むところ。
CIMG4627
 一応、動力の方は問題ないとのことですが、
状況によっては新たに使用で発売されている
動力ユニットを購入しても良いのかと。
CIMG4629
CIMG4628
 新たなバリエーションとなった
チビ電のオレンジカラー、
今後も状態の良いモノを
見つけ次第、購入していきたいと思い。。。

 木曜日から5日間の有給休暇に入っている私め・・・
本来であれば精力的に活動したいところですが、
天気予報ではこの5日間、
   雨・雨・雨・雨・雨
ヤル気をなくしている さくら でございます。。。m((_ _))m
0p
 さて、2年ぶりに久々の増備となりますが、
我が家にチビ電シリーズの2両編成がご到着♪

 車両の方は・・・
KATO チビ電シリーズ
    ぼくの街の路面電車 パト電
ということで、パトカーを模した
パンダカラーのチビ電。。。
CIMG0115
CIMG0116
 聖地からのご説明では、

●「ぼくの街の路面電車 パト電」
どこかの街にいるような、パトロールカーのラッピングを
まとった路面電車をイメージした車両です。
親しみやすいデザインの小形車両をお手軽に
お楽しみいただけます。
CIMG0117
ご好評のポケットラインシリーズが
新しい動力ユニットを採用して登場!
小形コアレスモーターを使用した新開発の動力ユニットで、
走行性能が格段に向上しました。
CIMG0118
 ●チビ電 ぼくの街の路面電車 パト電
・白黒の塗り分けと、前頭部のパトライトを模した
 デザインが特徴
CIMG0124
CIMG0125
CIMG0119
・小形コアレスモーターを使用した動力ユニット採用。
 かわいらしい見た目に反してしっかりした走行性能
CIMG0126
CIMG0127
・パンタグラフは可動式の
 シングルアームパンタグラフを採用
・小形レイアウトでも、ユニトラム路面軌道でも、
 活躍の場を選びません
・最小通過半径:R117

ということだそうで。。。
CIMG0120
 当初の発表時にはなかった標語が
車体に記載されており、
私め的には標語あり・標語なしバージョンの
CIMG0122
CIMG0123
2パターンを発売してくれても良かったような・・・
どうも右〇系のスローガンに見えてしまい。。。(汗;)
CIMG0121
 我が家で5色目のカラーリングとなるチビ電シリーズ、
なかなか面白いバリエーションという事で、
CIMG0128
私めもつい購入してしまいましたが、
出来れば過去に発売されたカラーリングの
チビ電も徐々に揃えていきたいような。。。(悩)
CIMG0129

 Kei Worksのタイヤ交換も終わり、
毎年恒例のスズキ愛車無料点検も完了・・・
色々とやりたいことが終わってしまい、
   生活に張り合い
がなくなった さくら でございます。。。m((_ _))m
CIMG0037
 さて、久々に発注していた車両の方がご丁寧に
私めが仕事の日を狙って?ご到着・・・
しかもお品モノの受取りは女房サマ。。。il||li _| ̄|○ il||li
CIMG0092
 ということで、今回我が家にご到着したのは・・・
KATO
・8072 タキ25000 日本石油輸送
CIMG0093
・14-503-3 ポケットライン チビ電
      ぼくの街の路面電車 パト電
CIMG0097
といった車両たちが。。。

 非常に長いタンク貨車2両と
2軸の路面電車が連結されたチビ電ということで、
何とも長さに関してはチグハグな雰囲気で。
CIMG0100
 今回、我が家で初登場となる
タキ25000はLPガス専用車ということで、
なかなかスマートなボディーに
グレー系のカラーリングということで、
我が家のタンク貨車群とは違う存在感を。
CIMG0094
CIMG0095
CIMG0096
 一方のチビ電シリーズ、
今回はパトカーを模したカラーリングに
様々なスローガンまで・・・
当初はそういったスローガンは
表現されていなかったような気がいたしますが、
何か圧力でも??といった訳ではないと思いますが、
なかなか面白いモノですねぇ。。。
CIMG0098
 今回のチビ電シリーズに関しては、
特に加工するといった事はございませんが、
タキ25000に関しては後日、漢前化作業を実施!
暫くはこちらを生活の張り合いにして頑張りたいと。。。(淋)  

 毎年、京都の清水寺で行われる
今年の世相を表す漢字
        (かわや)
だと思う さくら でございます・・・
こちらも特に理由はありませんが。。。m(_ _)m
prw_PI3im_apiCOLus
 さて、我が家に到着した1両の路面電車・・・
まもなくリニューアル仕様のモノ
9月ごろに
登場致しますが、
我が家はとりあえず旧仕様のモノを入手。
IMG_8125
IMG_8127
IMG_8126
 小さい車体ながら、
しっかりと技術が詰め込まれているようで、
聖地からのありがたいお言葉は・・・

 広島電鉄に所属する200形238は、
平成元年8月に西ドイツ(当時)のハノーバー市から、
広島市との姉妹都市提携5周年を記念して
寄贈された車両です。
 広島電鉄入線後は白島線、
のちに横川線で運行されていました。
平成30年秋季以降はイベントのみの運転と、
毎年12月には装飾を施されて
クリスマス電車としても活躍しています。
IMG_8129
主な特長
・全長わずか66mmながら実車のイメージ、
 ディテールをリアルかつ的確に
 再現したコンパクトな路面電車
・側面に書かれたハノーバー市からのメッセージや、
 カラーリングを的確に再現
IMG_8128
 より実車のイメージに近い形態を再現
・前面方向幕:「横川-江波」「」白島-八丁堀」
 「(白無地)」「回送」
 「MERRY CHRISTMAS(クリスマス電車)」「貸切」
・路線番号:「8」「9」「(クリスマス電車用、2種)」
 「(白無地)」
IMG_8130
IMG_8132
ということだそうで。。。

 我が家のチビ電と並べてみると、
チビ電の方が若干なりとも大柄ということで、
ハノーバー電車の方が小柄でカワイイらしい姿と
改めて知りまして。(苦笑)
IMG_8134
 ハノーバー電車も数種類保有するチビ電とともに
活躍させたいと思いますが、
単行で走行する姿を早く見てみたいような。。。
IMG_8133

 なにやら無能な独裁政府
自動ブレーキなど運転支援機能付き自動車を対象に
自動車関連税を減税を検討しているようですが、
我が家には全く関係ない さくら家 でございます・・・
こういった
不公平なやり方って不愉快千万で。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、色々な話を挟みながら、
忘れた頃に車両入線の話になっておりますが、
近隣の模型店参拝で我が家に
やって来たのは車両の方は・・・

ぼくの街の路面電車 チビ電
イメージ 2
ということで、今年の8月中旬にチビ電 青以来のご入線、
今回はグリーンのカラーリングがメインで
落ち着いた姿のような。
イメージ 3
 ちなみに聖地からのありがたいお言葉は・・・
・ぼくの街の路面電車 チビ電

●モダンで近代的な2両編成の新形路面電車をイメージ。
●ユニトラム路面軌道で走行させてもピッタリです。
●車体は緑に白・グレーのライン、黄色のアクセントで
 美しく表現しました。
●パンタグラフは可動式のPS16Bタイプを搭載

という事だそうで。。。
イメージ 4
 入線を記念し、チビ電青の単車、ホビセンの限定車、
チキンラーメン号、今回入線のぼく街カラーを
並べてみましたが
実際に並べてみると
カラフルでイイですねぇ~♪
イメージ 5
 このままの姿で走行させるもヨシ、
イメージ 6
逆に様々な組み合わせで走行させても
カラフルな組み合わせで楽しめそうで。
イメージ 7
 逆にM車同士で組み合わせて走らせても
良さげな感じもしますが
誠に不経済な編成になりかねなくもなく。
イメージ 8
 最後に我が家の恒例作業ということで、
ストックのパンタグラフ入れをガソゴソと探し、
今回入線したぼく街号のパンタグラフを
シングルアーム式パンタグラフに交換して作業完了! 
見た目の雰囲気もスッキリした雰囲気になったようで。。。
イメージ 9
イメージ 10
 我が家の中では少数民族的な車両群にはなりますが、
他の車両にはない奇抜なカラーリングで
レイアウトの中でも充分に目立ちそうな感じでして

 私めのご友人からスマホに電話連絡・・・

「・・・そんで、お土産買ってきたからさぁ、
      ん?場所??
ほれ、東京インド村!!」

行った場所を聞いて
真剣に考えてしまった さくら でございます・・・
恐らく、東京ドイツの事を
言ったのだと思いますが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、我が家にてひっそりと生息する
KATOポケットラインシリーズのチビ電・・・
4900両超の車両群の中にたった4両。。。

 元々、我が家で在籍しているのは
・チビ電 ホビーセンターカトー東京店 新装開店記念号
イメージ 2
・チビ電 ぼくの街の路面電車「チキンラーメン号」
イメージ 3
といった陣容。。。
イメージ 5
 そんな中、こちらも先の103系と同様、
Y!の付くオークションにて
チビ電のT車が1両、ひっそりと出品されており、
組み替えで楽しめればいいかしら?
落札できればラッキーかな?程度の軽い気持ちで入札・・・
あっさり落札、車両が我が家に。。。(苦笑)
イメージ 4
 車両の方は
チビ電 ブルー T車
ということで、
動力モーターを有しない側の車両。
イメージ 6
 現在ではカラーリングがリニューアルされておりますが、
当時のチビ電シリーズといえば、
グリーンレッド・ブルーなど、
いつかは購入しておきたいなぁ、と思いながらも
気が付けばチビ電シリーズ、
購入しそびれてしまい。。。(情)
イメージ 7
イメージ 11
 ということで、後々に購入したのは
上記の2セットという訳ですが、
今回到着した車両の方は、とりあえず造形は同じ、
違うのはカラーリングのみ。
イメージ 8
イメージ 10
 残念ながら連結棒がないため、
M車側に連結棒を残したまま連結といった具合になりますが、
最新のカラーリングを纏った車両と
旧いカラーリングの車両で
編成を組ませてみるのも、なかなか宜しゅうかと
イメージ 9
 カラーリングから見れば旧塗装の1両ではございますが、
色々と編成を組み合えて使用するにも連結相手は
2編成しかなくバリエーションに
乏しいのは残念なのですが。。。(苦笑)

↑このページのトップヘ