続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

毎日に感謝!生きることに感謝!いちばん私に似合わぬ言葉。。。(汗;)

カテゴリ: 鉄模-東京メトロ

 職場にて災害情報収集用のテレビを見ながら
私めの後輩クンが
「おぉ、アンチャンが出てるよ!」
と、ひと言、
珍しく事務仕事中書面に集中、
テレビは見ていなかった私め
「なに?お前の兄ちゃんか?」
と顔を上げ、テレビに目線を向けると
アンチャンアンチャンでも
杏チャンだったことに恥ずかしさ
を感じた さくら でございます・・・
確か、彼は
杏ちゃんの激烈ファン。。。m((_ _;))m
lg_hgsb0m9rv7hqw79xs75
 さて、暮れも押し迫ってきておりますが、
私め所有のポイントもソコソコたまったという事で、
今年最後に欲しかった車両を導入することに♪

 てなわけで、我が家に到着したのは・・・
ラウンドハウス
  営団地下鉄丸ノ内線02系
    (丸ノ内線開通50周年記念号)
タイプ
              6両セット
が我が家に。。。
IMG_0760
IMG_0761
 以前、銀座線の01系は購入しておりますが、
今回は丸ノ内線のバリ展シリーズという事で、
聖地からの説明は・・・
IMG_0763
 KATOから発売し好評をいただいた丸ノ内線02系の
バリエーション展開となる
 営団地下鉄丸ノ内線02系
  (丸ノ内線開通50周年記念号)タイプ6両セット
IMG_0764
が、ラウンドハウスブランドから登場します。
 丸ノ内線(池袋 - 御茶ノ水間)開業から50周年にあたる
平成16年1月24日のイベントに合わせ
平成15年12月から
丸ノ内線02系のうち
1編成(第50編成)を
当時の300形に模した
記念色のラッピングが編成全体に施されました。
 フェイクの前面方向幕、前面車番位置や
東京メトロマークを
掲出しないなど、
300形をイメージした遊び心満載の塗色で
個性的な雰囲気を醸し出しています。
IMG_0768
・KATOで好評をいただいている東京メトロシリーズ。
 丸ノ内線開通50周年記念号を製品化。
・2004年初頭、丸ノ内線池袋~御茶ノ水間の
 開業50周年を記念し、
同線で長年活躍した300形を
 模してラッピングされた
02系編成を実車の
 イメージそのままに再現。
IMG_0771
・赤い車体に白帯+サインウェーブ、全面/側面の開通50周年
IMG_0766
 メッセージ、全面上部飾り窓部の赤ラッピングや
 方向幕・標識灯を
模した表現などを美しく的確に表現。
IMG_0765
・6両セット 02-150+02-250+02-350(M)+
            02-450+02-550+02-650
・各先頭車の全面窓上のフェイクの
   標識灯表現の色違いも再現。
・動力は定評あるフライホイール付き動力ユニットを搭載。
 スムーズな走行を実現。曲線R216が通過可能。
・編成中間部には、KATOカプラー伸縮密連形を標準装備。
 実感的な連結面で急曲線もスムーズに走行。
IMG_0769
・前面・側面の開通50周年メッセージを再現。
・乗務員扉・客扉の靴ズリの銀色を再現。
・前面表示は「31 池袋」を標準装備。
 ユーザー交換用に「15 新宿」が付属。
・ラウンドハウス仕様の6両ブックケース。
  
と、力の入った一品のようで。。。
IMG_0770
IMG_0767
 黄色系で再現された地下鉄開通80周年記念
銀座線01系と比べてみると、
IMG_0776
IMG_0775
一回り大きな車体に当時の
丸ノ内線よろしく
鮮やかに再現されたボディーに好印象を♪
IMG_0774
IMG_0773
 今回入線した50周年記念仕様の丸ノ内線02系、
我が家では5年ほど前に購入した西武9000系以来
fc30a1c4
あまり見慣れぬ
赤いボディー
IMG_0772
IMG_0778
あり得ぬことですが、
地下鉄開通80周年記念号の01系と並走させて
走らせても楽しめそうな雰囲気でして♪
IMG_0777
 ひとまず、通販では今年最後の新車購入として
いつかは入手しておきたかった車両が我が家にご入線、
来年も家族に後ろ指をさされながら導入に励みたいと。。。

 最近、
              ソフトクリーム                 
を食べていないような気がする
さくら でございます。。。m((_ _))m 
イメージ 1
 さて、ココ最近は自宅に引き篭もり気味で
道楽オヤジの模型部屋のお片づけを行っておりますが、
山手線E231系シリーズに引き続いて
東京メトロの車両が・・・(汗)
発売は今から5年前の平成24年5月、
東京メトロ銀座線01系 地下鉄開通80周年記念号タイプ
ということで、ラウンドハウスブランドにて
販売されたセット。
イメージ 2
イメージ 3
 ただ、難点といえば実車を含めて01系は
この5年間で可及的速やかに減少して
銀座線から既に撤退済み。
イメージ 4
 そんな聖地からの発表では・・・

・全長16mのコンパクトな車体、旧1000形を
   モチーフにした
黄色+上部茶色の車体を的確に表現
イメージ 5
・前面・側面の80周年記念マークや東京地下鉄の社紋、
   側面窓上「八十周年記念號」のロゴマークを的確に再現
イメージ 6
・前面行先表示は渋谷に設定。
・ラウンドハウス仕様の6両ブックケース。
    編成は01-117+01-217+01-317(M)
                                       +01-417+01-517+01-617
イメージ 7
・初期の地下鉄特有の狭小トンネルに合わせた
    小断面の車体、
第三軌条による集電でパンタグラフのない
    フラットな屋根、
直線的なデザインで、
    機能的なスタイルを再現。
・KATOカプラー伸縮密連形標準装備。
    急曲線もスムーズに通過
イメージ 8
・フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニット、
    スムーズな走行性を実現

ということだそうで。。。

 我が家には珍しい部類の第三軌条集電
の車両ということで
物珍しさも覚えますが、
01系に特別かカラーリングを施した同車、
何とも宜しゅう出来具合の様で。。。
イメージ 9
 また妻面はそのままシルバーの車体が顔を覗かせており、
この辺がなかなかシュールでいいですよねぇ~、
車体側面にしても一応は当時の姿が再現されており、
リベッド留めの雰囲気も充分に表現されている感じ。
イメージ 10
 道楽部屋の片づけで顔を出した銀座線01系、
この他にもまだまだ、光を浴びていない車両が
出てきそうな予感。。。(汗)
イメージ 11

 9月に入ってしまいましたが、
今回の夏休みを振り返ると・・・
女房サマと子供たちが
1週間ほど実家に帰っておりましたが、
         華の独身生活
満喫しきれていなかった
と思う さくら でございます・・・
やっぱり暑さでヤル気が削がれたような。。。m((_ _))m

 さて、地下鉄博物館30周年記念ということで、
鉄道コレクション「東京地下鐵道1000形
   ・東京高速鐵道100形の2両セット」
を購入してきた訳ですが、
実はもう1両、気になっていた車両を
サルベージして参りまして。。。(汗)

 モノの方は数年前の地下鉄博物館訪問で
目星を付けていたものの、
このときは何故か購入することもなく華麗にスルー、
そんな目星を付けていた車両のほうも
残っていたということで、
さっそく手に取り・・・
車両の方はKATOで製造された
東京メトロ 千代田線16000系
の先頭車1両。。。
イメージ 1
イメージ 2
 KATOからは東京メトロ 千代田線 16000系の
車両セットとして
販売されておりますが、
今回の車両の特徴として、

・特徴ある前面スタイルの16000系を的確に再現。
 非常用貫通扉がオフセットした2次車を選定。
・千代田線のラインカラーである、
 グリーン系の帯をまとった
アルミ車体を質感豊かに表現。
・地下鉄車両には欠かせない室内灯は、
 LED室内灯クリア対応。
・白く輝くHIDヘッドライトもしっかり再現。
・KATOカプラー伸縮密連形標準装備。
・急曲線もスムーズに通過。(最小通過半径はR249です。)
・前面行先表示は「綾瀬」を印刷済。

といった具合。。。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
 正直なところ、この先頭車1両では何が出来る?
といったところではございますが、
話のタネには丁度良いのかなと・・・
ただ、話のタネとして話す相手はおりませんが。。。(滝汗)
イメージ 6

 台風10号
のおかげで色々と振り回されていた
さくら でございます・・・
わざわざ、沖縄方面で体力を付けて東日本方面に
戻ってくるとは思わなかったのですが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、息子クンとともに7月22日に参上した
葛西にある地下鉄博物館・・・
表向きの名目は
息子クンの絵日記
に協力するという大義名分のもと、自宅を後にしましたが、
実際のところは。。。(汗)

 今年、30周年を迎えた地下鉄博物館、
イメージ 2
イメージ 3
当然の事ながら様々な記念グッツも販売され、
このチャンスを逃すことは許されず、
現地に赴いた訳ですが、
とりあえず、開館30周年記念プレミアムグッズとして、

鉄道コレクション
「東京地下鐵道1000形・東京高速鐵道100形の2両セット」

という、素晴らしいものが発売されているという情報を
仕事中に入手してしまいまして。。。(汗)

 そんな購入してきた車両の方は、
館内にて展示されている
東京地下鐵道 1000形1001
                 と
ブッタ切られて飾られている
     東京高速鐵道 100形129
の2両セット。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
 そんな記念車両、製造はトミーテック、
出来具合のほうは様々な珍車を様々模型化しているだけに
充分に雰囲気は出ているような感じで。
イメージ 7
イメージ 8
 とりあえず、車両として走行する機会はほぼ無い
かとは思われますが、
一応は車輪のみ走行輪に交換を行っておきたいと。
イメージ 9
 本来であればKATOのスポーク車輪を入手していれば、
そちらを私用したほうが雰囲気も出るかと思いますが、
色々と厳しい我が家の財政ということで、
一応はスポーク表現されているTOMIXの
プラ車輪を取り付けて終了ですが、
イメージ 11
イメージ 10

実はもう1両、
購入してきたものがございまして。。。(滝汗)


 追伸:今回、台風10号で被災された方にお見舞い並びに
亡くなられた方へのご冥福をお祈り申し上げます。

 本日は娘チャンは成田空港に遠足、
幼稚園がお休みだった息子クンを引き連れて映画に・・・

海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン
を見て参りましたが、
30年振りに見るギャバン、感動モノでしたねぇ~♪
ギャバンの大場 健二氏の濃い顔に感動し、
涙ぐみそうだった さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
イメージ 2
 ちなみに平日で朝9時からの上映という事もあり、
館内は私め、息子クンともう1人の観客の3人で
貸し切り状態
だった事を申し添えます。。。
 
 さて、私めが例の試験該当者になってしまってから
2日後のクリスマス・イヴに
サンタさんから頂いたもの・・・
例の如く模型がまとまって到着、

しかも、プレゼントではなく請求書まで届き
まして。。。il||li _| ̄|○ il||li
 
 てなわけで、色々と到着した鉄道模型、
女房サマの目を盗んで道楽部屋に直送、
そんな今回は東京メトロ 10000系を。。。
イメージ 3
イメージ 4
 東京メトロ10000系、
平成16年に帝都高速度交通営団から
東京メトロに変わり、会社発足後、
初の新系列車両ということで、
おもに有楽町線と副都心線をメインに
西武有楽町・池袋線やら東武東上線にも顔を出して活躍。
 
 そんな心の拠り所からの発表の特長として・・・
 
・ドーム状の特徴ある前面スタイルの
 10000系を的確に再現。
 白く輝くHIDヘッドライトも表現。
・プロトタイプには5次車を選定。
 3次車以降に搭載の、小形化されたクーラーキセが特徴。
・副都心線のラインカラーのブラウンをベースに、
 有楽町線のゴールドと、白い細帯を組み合わせた
 車体帯を再現。
・KATOカプラー伸縮密連形標準装備。
 急曲線もスムーズに通過。
・地下鉄車両には欠かせない室内灯は、
 LED室内灯クリア対応。
・ライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットで、
 スムーズな走行性を実現。
・前面行先表示は「急行 渋谷」を装備。交換用に
 「各停 新木場」「各停 和光市」を添付。
 側面表示は号車番号を印刷済み。
・基本セットは6両タイプブックケース入、
 増結セットは4両タイプブックケース入。
 
だそうで。。。
イメージ 5
イメージ 6
 それにしても、なかなかのプロポーションに
好印象ではございますが本来であれば今回の車両、
購入しないつもりでいるも今回の購入理由、
西武線を走る車両という
     単純明快な理由で購入決定♪
てなわけで、西武鉄道の車両と並べて
走らせるのもヨシなんですが、

何故に西武系列の行先表示が入っていない
ようで。。。(嘆)
イメージ 7

↑このページのトップヘ