続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

カテゴリ: 鉄模-島原鉄道

  以前、番組収録中のアクシデント
胸椎の圧迫骨折の重傷を負った
     トレエン斎藤氏・・・
どうも「トルエン斎藤」に聞こえてきて
仕方のない さくら でございます。。。m((_ _))m
ea97fea3
 さて、前回はKATO製のキハ20系列
信号炎管取付け作業を行いましたが、
運転席上の屋根に本来、
付いてなければ無いと何かモノ足らず、といった雰囲気。
IMG_0415
 そんな屋根上部品が取付けられると
メリハリがついて見た目も向上するという事で、
今回は島鉄仕様のキハ20にも信号炎管を取付することに♪

 ということで、下界に召喚したのは
KATO製のキハ20を3両・・・
ついでに島鉄のキハ2000形
一体表現された信号炎管を別体化しましょう!
という事で、2両を。。。
IMG_0416
 さっそく冶具φ0.6のドリルを準備し、
IMG_0417
KATO製キハ20から作業を開始しますが、
屋根冶具を当ててドリルにて孔開けするだけの簡単な作業。
IMG_0418
 3両の屋根信号炎管を設置する6箇所に孔を開けて
速やかに準備作業が完了!
IMG_0423
 続いて、島鉄仕様キハ2000形の作業開始しますが、
こちらは最初に一体表現された信号炎管
IMG_0420
平刃の彫刻刀にて削り取りとって平滑化を行い、
IMG_0419
IMG_0421
削り取った部分にドリルを当てて孔開けをすれば
こちらも準備作業が完了する。。。
IMG_0422
 続いて、信号炎管の取付け作業ですが、
島鉄仕様のキハ2000形から取付け開始!
IMG_0424
取付けの方はあっさり可能ですが、
付いているか分からない状態の信号炎管よりも
別体化した方が見た目の存在感がしっかりするような。
IMG_0425
IMG_0426
 続いてKATO製のキハ20にも
信号炎管を取り付けていきますが、 
こちらも速やかに取り付け作業は完了!
IMG_0427
IMG_0428
 また、「島鉄 ハッピートレイン」こと、
KATO製のキハ2011がおりますが、
こちらの信号炎管鉄ピクにて確認したところ、
ブルーに塗装されており、さすがに手持ちが・・・
今回は取付けを見送り。(淋)
IMG_0454
 着々と進むキハ20系列の信号炎管取付け作業、
元々、大所帯ではないこともあり、
作業も速やかに終わってしまいそうで。。。(汗;)

 なにやらGoto絡みの催し延長する
みたいですねぇ、
この場に及んで
       現実を分かっていないバカ奴ら
呆れている さくら でございます・・・
この国は終わっていると。。。m((_ _#))m
mv_sp - コピー
 さて、何とか年内に取付が完了した
103系信号炎管取付け作業・・・
IMG_0386
躍起になって取付けていたこともあり、
作業が終わってしまうと、なんとも。。。(淋)

 ただ私め的に、所属車両群の中で
見た目の向上を図っておきたい車種が・・・
それはKATOのキハ20系列ご一行様、
IMG_0387
当時、モーター無しであれば1000円以下で購入でき、
鉄道模型初心者にはもってこいの車両という事で、
我が家にもそこそこの両数が在籍し。

 正直、今さらながらといった感もございますが、
そんなキハ20系列もせっかくであれば
見た目の向上を図って
グレードアップしましょう♪
という言葉を旗印のもと、
殺風景な屋根上に信号炎管を取付けたいと。

 ひとまず、取付作業を行うキハ20系列のほかに
KATOキハ52やら島鉄キハ2000も召喚、
鉄道ピクトリアルも引っ張り出して信号炎管の位置を確認。
IMG_0389
IMG_0399
IMG_0398
 信号炎管取付けに関していかに楽に孔開け作業を行い、
効率よく行うか・・・
IMG_0390
IMG_0391
KATO一般形103系先頭車に行った
信号炎管取付作業同様に冶具を作成することに。

 材料はどうするの?ということで、
KATOの台車ケースを使用するか悩んだものの、
IMG_0392
今回は大量に余っている車両ケースを用いて
冶具を作成することに。
IMG_0393
 車両ケースの方を適度な大きさに切断し、
IMG_0395
IMG_0396
モデルとなるのはキハ52という事で、
IMG_0397
車体と床下周りを分離
して裏から
IMG_0400
φ0.6のドリルの刃
を当てて孔開けを考えるも、
色々と付帯部品の取外しが面倒そうなので作戦変更!
IMG_0401
 結局、表側からケースを当てて、
目分量で孔開け位置を・・・(情)
IMG_0402
IMG_0403
目印部分ドリルにて孔を開けて作業完了!
IMG_0404
 ひとまず簡単な冶具の方が完成しましたが、
この冶具を使ってキハ20系列信号炎管を取付け、
見た目の向上を速やかに図っていきたいと。。。

 職場トレーニング後着替えのために更衣室で
上半身裸になっていると、プロレス好きの後輩クンから
「さくらサンの上半身、
   バトルライガーみたいっすね!」
と言われてしまった さくら でございます・・・
身体だけではなく、
中身の頭の雰囲気もソックリ
なんですが。。。m((_ _;))m
history_18
 さて、久々に島原鉄道の車両がご入線ということで、
以前にも導入したキハ2006が我が家にご到着♪
IMG_0046
IMG_0047
 車体の方を見てみると、
の方は嵌め込み窓となっており、
IMG_0049
KATO キハ20
と比べてみると大きな差ではございますが、
車両自体の基本的な造りの面で見てしまえば、
あまり大差はないような気がしないでもなく。
IMG_0048
 今回は、速やかに漢前化作業を実施したいと思いますが、
パーツの方は純正のウェイトKATO製のDT22を使用、
IMG_0050
電車と違い、気動車だからなのか、
使用するパーツが少ないような。。。

 ただ、仙石線用103系漢前化作業の際は
信号炎管やら防護無線、
IMG_9930
パンタグラフの取付もあったせいか、
色々と車体側を弄ったような覚えがあるせいか、
今回はこじんまりとした感じで。
IMG_9906
 ひとまず、キハ2006に関しては
車体床下周り分離して純正のウェイトを搭載、
IMG_0051
IMG_0052
床下周りを車体側に戻して速やかに作業完了!

 一方の台車に関してですが、
前回の103系と同様、
KATO製のモノを使用・・・
台車については手持ち品のDT22を活用。

 ただ、手持ちの台車自体が旧いモノのようで、
台車をひっくり返してみると、
ピンが入る部分の出っ張り部分を
削らねばならぬといった手間が・・・
IMG_0053
それを回避するために島原鉄道の車両の中から
後期タイプの台車を履いたものを引っ張り出して
台車を入れ替えるツルセコ作戦を。
IMG_0054
 後期タイプDT22ピンを入れる部分の孔が
テーパー状になっており加工が不要、
手軽さを考えてコチラを流用♪
IMG_0055
IMG_0056
IMG_0059
IMG_0057
IMG_0058
 速やかにキハ2006漢前化作業が終了いたしましたが、
IMG_0060
IMG_0061
1両増えたおかげで色々と編成のバリエーションの幅が
さらに増えて感じでして。。。
IMG_0062

 金銭的に余裕があれば、
早急に
   ハズキルーペ
が欲しい さくら でございます・・・
部品が細かすぎて模型作業が出来ない~!m((_ _))m
h7
 さてこのところ、コンスタントに導入が続いている
  島 原 鉄 道
ですが、そろそろ車両購入に関しては
終わりが見えてきたかな?といった状況。

 今回我が家にやって来たのは
鉄コレ第13弾 島原鉄道 キハ4501
がご入線♪
IMG_4493
IMG_4496
IMG_4498
 先般、我が家に到着したキハ2000に比べると
若干、細身の車体といった感じ・・・
愛嬌ある特徴的な前面2枚窓に
台車はDT19とTR49を履き、
黎明期に活躍していた国鉄キハ10系に
近いんでしょうねぇ。。。
IMG_4499
IMG_4500
 さっそく、男前化作業を行いたいと思いますが、
主だった作業はウェイトの積載と車輪の金属化、
という事で作業をさっそく♪
IMG_4501
IMG_4505
IMG_4506
 車体と床下周りを分離後、
今回は簡易ウェイトではなく、
純正のウェイトを積載。
IMG_4508
 お次に台車の車輪を交換という事で、
プラ車輪からKATOの中空軸車輪へ・・・
先般の253系と201系から外した車輪を使用。
IMG_4503
IMG_4509
IMG_4510
IMG_4518
 最後にカプラーの取付けという事で、
連結する車両も限られるという事で、
片側のみ取付けを・・・
今回使用するのはTNカプラーを使用。
IMG_4511
IMG_4512
 現在、カプラーポケットと台車の間に
アダプターを挟んでおりますが、
連結状況、使用する路線状況を見て
アダプターの方は取り外そうかと。
IMG_4513
IMG_4514
 短期集中で増備を行った島原鉄道、
総勢も6両となりましたが、
今後も増えるかどうかは微妙なところでして。。。
IMG_4515
IMG_4516
IMG_4517
 

 家庭内別居を解消したはずなのに
未だ居間のソファーで夜、寝ている
事がある さくら でございます・・・
ソファーの座面奥行きが寝台列車の
ベッドで寝ているようで。。。m((_ _))m
41lfsk+KfcL._SL500_AC_SS350_
 さて今年になって、なぜか増備が始まってしまった
    島 原 鉄 道
の車両たち・・・
九州の鉄道という事で、
我が家には縁もゆかりもない鉄道。。。

 しかしながら元々、
チョットしたことで島鉄の車両が2両が在籍しており、
我が家に居るキハ20系を活用を図りつつ
島原鉄道の増備をしてみようと。

 前回は鉄コレシリーズから発売されていた
   キハ2000
を購入し、男前化を行いましたが、
今回はラウンドハウスから発売されていた
島原鉄道 キハ20タイプ 3両セット
購入し、島鉄の更なる充実化を図ることに♪
IMG_4446
IMG_4447
 いずれの車両もKATO キハ20系の
色塗り替え品ではございますが、
3両セットながらも動力車が2両!
IMG_4448
IMG_4449
IMG_4450
IMG_4452
 目新しい点として、以前購入した
スカ色のキハ20系と同様、
動力ユニットが一新されて
動力車でも車内が覗けるようになり。
IMG_4451
IMG_4455
IMG_4453
 我が家に入線した記念に
さっそく男前化作業を開始!
男前化といいつつも、KATOカプラーNを
各車両に取り付けて作業終了。
IMG_4457
IMG_4458
IMG_4459
 これで総勢も8両に拡大した島原鉄道・・・
私め自身、九州の地は訪れた事もなく、
来年のリフレッシュ休暇で訪れてみるのも一考かな?と。 
IMG_4460
 

 ひと手間は作業成功の近道
と教わった さくら でございます。。。m((_ _))m
s
 さて、ホント5年振りの増備という事で、
我が家に
鉄コレ第22弾 島原鉄道 キハ2000
がご到着♪
IMG_4429
IMG_4430
 前回はKATOのキハ20の車体にカラーリングされた
「島鉄 ハッピートレイン」
と鉄コレ キハ2511のカラーリングされた
同じく「島鉄 ハッピートレイン」の2両が
2014年に増備されたのが最後。
f9cbc5b2.jpg
 そして今回到着した車両の方はキハ20タイプでも
車両前面にオヒゲをあしらったタイプ、
同じキハ20でもだいぶ印象が変わるような。
IMG_4432
IMG_4433
 さっそく男前化と行きたいところですが、
作業的にはそう難しい作業は無く、
簡易ウェイトと台車の交換のみといったところ。
IMG_4440
 車体と床下周りを分離、
更に床下と座席部分を分離し
床下周りに簡易ウェイト3枚を
ウルトラSUにて接着すれば完了といった具合。
IMG_4441
 一方、台車の方はDT22とTR51という事で、
出来れば純正の台車からKATO製の台車に
振替しておきたいところ。 
IMG_4442

 道楽部屋をガサ入れしてみると、
紙箱に入ったDT22・TR51の台車ASSYを発見!
ただ、紙箱入りの台車。
IMG_4435
 あっさりこの台車を加工するのも惜しいという事で、
既存のキハ20と入れ替えを考えておりましたが、
IMG_4437
台車を見てみると、紙箱に入っていた台車の方が
新しいタイプの台車であることが判明!
IMG_4438
無加工で鉄コレシリーズの台車に取り付けられることから
床下周りに取り付け、男前化作業完了!
IMG_4443
IMG_4444
IMG_4445
 3両に仲間が増えた島原鉄道・・・
実はまだ、もう3両ほど
増備の予定がございまして。。。(汗)

 我が家で就寝が一番遅い私め、最後に寝室に入ると、
セミダブル・シングルを組み合わせたベッド上、

女房サマと子供たちに占拠され寝る所がなく、
床で寝ている
さくら でございます。。。(ToT)
flooring_img_recommend_meiju_herringbone_favori
 さて、今年の8月に我が家にやって来た
KATO の島原鉄道仕様タイプ、
3種類あったうちの1両、キハ2011。
 
 元々、キハ20自体は複数所有しているものの、
私鉄の限定仕様の車両はこの車両のみ。
また、動力車は別の車両に組み込まれており、
島鉄仕様のキハ2011のみでは
自力走行できない状況。(涙)
 
 ただ島鉄キハ20、首都圏カラーや
ツートンカラーの車両が存在、
私め的には島鉄トロッコ列車カラーの
車両同士で組ませたいと。
イメージ 1
 ということで、先日のKATOマニ50
カプラー購入際に

ドサクサに紛れて購入してきた島鉄キハ2511、
お値段もお手ごろで思わず・・・(汗)
塗装やイラストに関してはなかなか
イイ雰囲気を醸し出しており。。。
イメージ 2
イメージ 3
 ちなみに実車のキハ2500・2550一族、
老朽化した従前の車両置き換えのため、
1994年、新潟鉄工所で製造され島鉄に登場、
車体は新潟鉄工のNDC第二世代にあたる車両だそうで、
車体の形状や寸法はJR九州のキハ125に似ているそうで。
イメージ 4
 さて早速、先日購入してきたKATOのキハ2011
同一線路上に並べてみましたが、並べる限りでは
2両ともホント、イイ感じですねぇ、
コレでトロッコもあれば最高なんですが。。。(苦笑)
イメージ 5
 後日、N化を兼ねて動力組込作業を行う予定ですが、
KATOのキハ2011も孫世代の
キハ2512に手を引かれて走行する状況になりそうで。。。

 京都府宇治への旅行を終えて、本日帰宅予定の
息子クンのニンテンドー 3DS LL、
おみやげ話はおろか、
代わりに請求書を持ち帰る
ようで・・・(嘆)
ちなみに請求代金8640エン
          1万円を越えず良かった
と思う さくら でございます。。。m((_ _#))m
 
 さて、8月始めの聖地巡礼の際、
会計後に発見して追加購入した

   島原鉄道キハ20 11
このとき、10両程度の売れ残り車両、
1両500エンということで、
気になって1両を購入してみましたが、
色々と調べてみると、なかなか興味深いことが。。。
イメージ 1
 元々、KATOから発売されていた
キハ20系気動車を用いて黄色一色
塗装されたボディーに濃い水色の屋根、
車体側面にはキャラクターの絵と斜めの3本ストライプ
そして、「島鉄 ハッピートレイン」の表記が。。。
イメージ 4
イメージ 2
 車体そのものはキハ20ということで、
実際の車両とは細部の違いはあるのかもしれませんが、
実車を見たことがないというのが
哀しい点でして。。。(苦笑)
イメージ 3
 調べてみると、
この車両はいまから9年ほど前に発売された

島原鉄道キハ20形タイプ 3両セットの内の1両。。。
 
 そもそも島鉄、旧標準色といえば、
通称3本ヒゲと呼ばれる前面が思い出されますが、
今回購入してきた車両は平成9年から
運行が開始されたトロッコ列車の
牽引用に充てられ、鮮やかなイエローの塗色変更した車両、
しかしながら、平成20年には島原外港~加津佐間の
路線廃止に伴い3月31日でこの系列の車両は
全車引退してしまったそうで。。。(涙) 
イメージ 5
 ところで我が家に1両のみとなる島鉄 キハ20 11、
いまのところ連結相手もいなければ、天涯孤独の状態。(涙)
イメージ 6
 余裕があればトロッコ列車で共に活躍した
キハ2500形気動車でも1両増備してあげたいですね、
とりあえず、動力化を前提とした購入に
なろうかとは思われますが。。

↑このページのトップヘ