続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

カテゴリ: 生活-楽しい園芸&農作業?

 若手、若手と言われて早25年・・・
気が付いたら年齢も40代半ばを過ぎ、
若手とはいえぬ世代になってしまった
気がする さくら でございます。。。m((_ _;))m 
body_125347
 さて、横川鉄道文化むらの話は一休みして、
8月の話で誠に恐縮でございますが、
8月にニンニクの定植作業を実施・・・
色々と撮影を行っていたものの、
すっかり記事にするのを忘れており。。。(滝汗;)

 今年はカボチャの苗を定植するもしっかりと根付かず、
2本植えたものの、2本とも脱落!(嘆)
その後、ミニカボチャを2本植えたところ、
何とか1本は定着し、私め的には万々歳なモノの、
空いているスペースがどうしても気になり。。。
IMG_9080
 ということで、以前に行った
ニンニクを育てて、
   今年もモツ煮込みを作りましょう作戦!
発動!
さっそく準備に取り掛かることに♪
IMG_5352

 準備したのはニンニクと油かす、化学肥料を畑に撒き、
IMG_9081
IMG_9082
トラクターにて畑を耕して第一段階の準備完了!
IMG_9083
IMG_9084
IMG_9085
お次にマルチシートを耕した畑に敷いて
ニンニク様を植える場所が完成し♪
IMG_9090
 そんな今回準備したニンニクは
      奈良県産
IMG_9086
のモノらしく、
しっかりとした種ニンニクといった印象。
IMG_9087
IMG_9088
実際にバラしてみると粒も大きく、
私め的には好印象。
IMG_9089
 そんな種ニンニクをマルチシートを敷いた畑に
定植していきますが、鉄道模型の作業と同様、
途中で飽きてくる。。。(情)
IMG_9091
 ひとまず無事に種ニンニクの
定植作業が完了いたしましたが、
ニンニクの収穫作業は来年の春を過ぎてから・・・
私め的には簡単にできる野菜かと思っていたのですが、
案外と時間のかかる野菜だったことを思い出し。。。(悩)

 愚策連発で国民からの支持率ガタ落ち
                   日本の某首相・・・
短い夏休みに入る、とかいっておりましたが、
税金で喰っているからには休まず
身を粉にして働いていただきたい

と思う さくら でございます・・・
首相在籍1位を狙っているようですが、
これこそ愚策かと。。。m((_ _#))m
9Glq9Pwg
 さて、今年は落花生の生育不足もあり、
空白箇所が出ている私めが使用する畑・・・
たまたまトラクターで耕す1列分のスペースがあり、
せっかくならば何かを植えておきたいところ。

 ということで、我らが愛おしのホームセンター
    ケーヨーデーツー
に出向いて、畑に植えられそうな野菜を
物色することに♪
230720_23-01funabashishiyamate
 時期が時期だけに葉物野菜やら根菜類で
畑に植えられそうなものは店先に出ておらず、 
店内に・・・
そんな店内の農機具やらタネが
販売されているコーナーに行ってみると、
地味に売られている野菜を発見!

 モノの方は
     ニ ン ニ ク
ということで2年前、
畑をやっている方からニンニクを頂き、
案外と育てやすく、ソコソコの量を収穫した覚えが♪
IMG_8861
IMG_8867
 ひとまず、ニンニクの育て方の説明書きを見てみると、
他に必要なモノは
油かす・化成肥料・苦土石灰
ということで、油かす以外は実家にあり、
油かすのみを一緒に購入!

 とりあえずニンニクの方は
製造元については「花の大和」、
IMG_8868
特に品種の方は記載されておりませんが
       奈良県産
種ニンニクのようで。
IMG_8866
 一方の油かすの方は
     純良油かす
IMG_8862
ということで、3kg入ったものを購入、
そもそもの油かすは、菜種や大豆などの種から
油を抽出した後に残ったカスということで、
日本国内で流通しているものは
菜種の油かすが多いそうで。
IMG_8863
IMG_8864
IMG_8865
 ひとまず、後日には種ニンニクを畑に定植させる
作業を行いたいと思いますが、
今年は新型コロナに加え猛暑ということもあり、
朝方にでも作業を行おうかと。。。(悩)

 さて、いつも私めが足繁く通う
   スーパー銭湯、
脱衣所にて帰り支度している老令の男性、
おもむろに髪の毛をスッパリと持ち上げ、
頭をフキフキ・・・
あまりにも自然な行動に
呆気にとられた さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_7262
 さて、今年は種蒔き後にカラスに襲われたりと
散々な状況の落花生 おおまさり・・・
畑に植えた苗の方も昨年の
6割程度ということもあり、
私めも正直、意気消沈状態。。。il||li ○| ̄|_ il||li
IMG_7815
 そんな状況下だっただけに、
毎年行っている不発だったポッドの回収作業を
記事にしていなかったことに気がつき。(汗;)
IMG_7914
 今年は300チョイ植えた落花生のポッド、
200近いポッドが不発弾だったこともあり、
気分が乗りませんでしたが、培養土の方付け作業を。
IMG_7915
IMG_7916
 片付け始めて気がついたこと・・・
実際のところ、鳥たちに食されたポッドは
10個に満たなかったことが判明!
大部分はポッドの中でタネ落花生が
腐ってしまっており、
一時期、雨天が数日間続いたことによる
腐れが原因だったようで。。。(淋)
IMG_7917
 また中には成長過程で力尽きてしまったものもあり、
この辺についてもしっかりと原因を調べて
来年の落花生作りに生かせればイイのかと。
IMG_7918
IMG_7919
 また今回、回収したポッドの中で2つほど、
発芽したての落花生もあり、
こちらに関しても数日後に畑に植え替え、
無事に育っており。
IMG_7920
 ここ数年は無事に成長し、当たり前のように
毎年豊作だと思っていた落花生 おおまさり・・・
野菜モノ等を育てる難しさを改めて思い知らされたと同時に
改めて野菜などを育て収穫できる喜びに
感謝しなければいけないのかと。。。
IMG_7921

 このステッカーの貼付されたクルマ
後ろに付く度に中指を立てている
友人がいる さくら でございます・・・
まぁ、このステッカーを貼付しているクルマの
8割は残念な運転されている方
が多いようで。。。m((_ _#))m
71Oliqr0tBL._AC_SX466_
 さて、今年の落花生準備は想定外の出来事が多く、
例年よりも定植数が少なくなってしまった
   落花生のおおまさり
IMG_7271
おかげで準備した畑も端の方が空いてしまい、
せっかくであれば何かを植えておきたいと。。。(悩)
IMG_7817
 ということで、女房サマと訪れたのは
毎度おなじみのケーヨーD2、
fukuroiyamanashi2
色々と植えられそうな野菜を見ていくも、
ナスやらトマト、ニガウリやらショウガなど、
私め希望に沿う野菜が。(淋)

 色々と徘徊しながら野菜の苗探しを続行してみると、
スイカの横にカボチャの苗が数種類・・・
以前、お化けカボチャチャレンジをした覚えがございますが、
カボチャを育てるのは正直、それ以来。。。(汗;)
IMG_7934
 とりあえずはリベンジを兼ねて
カボチャを育ててみましょう♪ということで、
2株をお買上げ!

 そんなカボチャの種類は
大玉カボチャ 特濃こふき5.6
IMG_7936
IMG_7937
ということで、私めも初めて聞く名前でもあり、
説明を見てみたところ・・・

 2017年にデビューした品種、
濃い黒皮外観、濃い粉質性の肉質、
果肉の粉質性水準は、
数ある他の栗系高粉質品種と比べても、
本品種の粉質性の高さは
追熟後の糖度の高さにも直結。
また長期保存における粉質性の
維持力にも優れている。

 どの圃場、どの作型で栽培しても、
漆黒の黒皮色は際だち、
高級感のある外観品質が評価されている。
貯蔵時の退色も遅く、
果肉は色が濃いので食欲をそそります。

だそうで。。。
IMG_7938
 日中の熱い時間に畑への定植は避けて、
夕方からカボチャの苗を畑に定植作業を開始!
すでに発酵牛フンをバラまいて畑を耕しており、
IMG_7947
今回は若干量の
鶏ふんをプラスして苗を定植、
しっかりと水をやって作業は終了!
IMG_7948
 どのくらいの数が出来るのかは未知数ではございますが、
個人的にはカボチャはサツマイモと並んで大好きな野菜♪
密かにカボチャプリンを作ってみたく。。。(苦笑)

 この先も
マスク着用生活から逃れられない
と思うと
残念に思う さくら でございます・・・
とにかく武漢ウイルスを蔓延させた
コイツを見ると誠に腹立たしく。。。m((_ _#))m
AS20181121003858_comm
 さて、昨日お話した
勝手口のLEDランプ購入前、
IMG_8540
本来必要であったモノをお買上げということで、
コチラのモノを。。。

 購入してきたのは、
都路牧場 粒発酵けいふん
というモノを5袋♪
DSC_1043
 肥料といえば、今回購入した鶏ふんをはじめ、
牛ふんやら馬ふん豚ふんがございますが、
お値段的にも鶏ふんが安く
ついつい手軽に手を出してしまい。
DSC_1045
 また私めの場合は元肥に加え、
追肥する際にも鶏ふんを使用する
機会が多いのですが、
風の強い日にサラサラの鶏ふん
景気よく畑にバラ撒くと・・・
DSC_1046
鶏ふんが風に乗って自分の身体に引っ掛かるという、
ある意味、自爆攻撃
と成りかねぬ事態となり。。。(嘆)

 そんなジレンマを解決するような逸品ということで、
鶏ふんが粒になったモノが販売されており、
通常購入するモノより若干、量が少ないようですが、
鶏ふん顔にかかるという悲劇
を避けるためにも背に腹は代えられぬ、
ということで
粒状のモノを迷わず購入。

 そんな袋の方にも・・・

 粒状なので風に舞うことなく
             100%有効利用できます!
DSC_1047
という、利用者側には願ったりかなったりのお言葉が♪
DSC_1048
DSC_1049
 ひとまず、追肥として今回の鶏ふん
使用してみたいという気持ちはございますが、
従前のサラサラタイプの鶏ふんがもう1袋・・・ 
早急に使い終わらせ、今回の粒状タイプの鶏ふん
インプレッションをしたいと。。。
DSC_1050

 なにやら
      欅坂46
の名前が変わるそうで・・・
どうせ変わるのであれば、今度は
     くぬぎ山46
もイイかな?と思う さくら でございます・・・
せっかくならば
新京成電鉄とコラボで。。。m((_ _))m
7ee4cc9b
 さて、今年は3月中旬に植えてみた
e0f3953d
    ジャガイモ 男爵
6936a800
葉っぱ、茎も残念な状況になってきたこともあり、
そろそろ収穫祭の方を♪
IMG_8531
 ひとまず今回の種イモは5kgということで、
74カ所に植えたジャガイモの掘り出し作業を開始!
今年は祖母からジャガイモの茎は1本にした方が
ジャガイモのサイズも大きくなる!といわれ、
粛々と実行!

 畝寄せの方も例年よりも早く行えたこともあり、
ナメック星人の様に緑色に変色したジャガイモ
最小限に抑え込めたような。
a8025f10
 そんな1列目から掘り起こし作業を開始いたしますが、
何故か1列目は
小振りなものが多く前途が危ぶまれる。。。(汗;)
IMG_8532
IMG_8533
 しかし、2列目以降はソコソコのサイズと
小振りなモノが混在・・・
IMG_8535
3列目からは小振りなサイズなモノが逆に少なくなる。
IMG_8534
 収穫量的にはカゴに2箱半弱ということで、
重量的には60~70kg程度、
ボチボチの収穫量だったようで。
IMG_8536
 ただボチボチの収穫量になったとはいえども、
今年は雨天が多く、ハッキリと晴天だった
と思える日が少なかったこともあり、
ジャガイモ自体の生育状態に関しては
イマイチだったような。。。(淋)
IMG_8537
 しかしながら毎年、変色やら虫食いで損失する量が
多かったものの、今年は損失分が少なかったこともあり、
収穫量的には満足できる具合♪

 一部はお裾分けしたあと、我が家で男爵を
調理して楽しみたいと思いますが、
息子クンは早くもポテサラを希望・・・
一方の私めは久々にカレーポテトグラタンでも
作ってみようかと思い。
35b31f19

 幼いころの話・・・
茶碗蒸しが甘くなったのがプリン
だと思っていた さくら でございます。。。m((_ _))m
a17a6dc61cd96cf34a31e47b35475edf
 さて、5月にタネを蒔いた
落花生 おおまさり
そろそろ苗の方を畑に定植しても
よさげな雰囲気になり。
IMG_7811
 ただ、タネを蒔いてから暫くしてからのこと、
カラスにタネを食べられてしまうトラブルに遭遇!(💢)
急ごしらえの鳥避けを作り、
苗育成を続行する。
IMG_7805
 そんなトラブルのおかげで、
今年は苗の方も100本程度、
昨年の6割程度に。。。(淋)

 ひとまず、定植前の準備ということで、
畑に発酵牛フンをタップリと撒き散らして
IMG_7806
トラクターにて耕し準備よし!
IMG_7807
IMG_7808
IMG_7810
      駄菓子菓子!
 その時に気になってしまったのが
ジャガイモの男爵を植えた畑・・・
畝寄せ作業するのをこのところの忙しさで
すっかり忘れており、
実家から鍬を借りて畝寄せ作業、
小一時間ほどタイムロス。。。
IMG_7809
 畝寄せ作業を終えて、お待ちかねの
落花生定植作業ですが、
たて幅、横幅ともに70㎝、畝間は1mにて苗を。
IMG_7812
IMG_7813
 一列に苗13~15本、
一畝辺り30本弱で4畝といった具合、
昨年に比べると余裕をもって定植できたような。

 最後にビニールトンネル用の骨組みを畑に差込み、
IMG_7814
IMG_7815
防鳥糸を展張・・・
カラスを始めとした害鳥からの
イタズラをシャットアウトする♪
IMG_7816
 しばらくの間は水やり作業などが
必須になりますが、
今年は例年よりも少ない数でチャレンジする落花生作り、
効率よく大豊作を願いたいもので。
IMG_7817

 フライモノにかけるソースは?
個人的にはウスターソース
が好きな さくら でございます・・・
イカフライソースをかけようとした私め、
ウスター中濃ソース
で一触即発状態になり。。。m((_ _;))m
61495278
 さて、畑へ苗の定植作業もあとは
落花生を残すのみとなりましたが、
女房サマから一つお願いされた野菜があり。。

 そんなお願いされたモノ・・・
それはナス!
個人的には好き好んで食べる野菜でもなく、
あろうが無かろうが
どっちでもいいような野菜。。。

 しかしながら、ホームセンターに行った際、
ナスの苗を発見してしまい、
私めの今後のことも考えて2本の苗を購入。(淋)
IMG_7616
 そんなナスの方は、
中長なすということで、
多収で果皮がやわらかく長卵形、
用途幅が広く、様々な調理に使えるナスだそうで。
IMG_7620
IMG_7621
 この日は私め都合で定植作業が
夕方過ぎになってしまいましたが、
当初、定植場所も花壇にしようかと思いましたが、
いま一つ花壇では育ちが芳しくないこともあり、
今回は畑へ定植することに。

 ひとまずジャガイモを植えてある個所の手前に
ナスの苗を定植する場所に決定!
定植する畑に鶏ふんを散布、
シャベルでしっかりと土を混ぜ合わせて
定植準備完了!
IMG_7617
 約80㎝間隔にて定植を行い
2本の苗をそれぞれ植えて作業終了、
IMG_7618
数年ぶりにナスの育成を行う訳ですが、
どの位の数が出来ますかねぇ~、
今まで相性が悪い野菜だったことあり、
適度の収穫量でも私め的には充分なような。。。(汗;)
IMG_7619

 ジャイアント馬場のと、
アントニオ猪木の
     GIカット
だと思っていた さくら でございます。。。m((_ _;))m
ええ
 さて、今年は比較的に暖かいせいか、
野菜の苗の販売も早めの様な気も致しますが、
キュウリにトウガラシの苗を車庫脇に植え、
IMG_7210
IMG_7227
サトイモも畑に定植したこともあり、
IMG_7237
そろそろ、例の野菜も準備を♪

 ということで、仕事を終えて寄り道をせずに
ジョイフル本田に参上!
49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7
 しか~しながら、サツマイモの苗が見つからず、
店員さんをとっ捕まえて聞いてみると、
本日分はすでに品切れ
ときたもので・・・il||li ○| ̄|_ il||li
気を取り直して我らがケーヨーデイツーに進路を!
fukuroiyamanashi2
 さすがの我らがケーヨーデーツ、
しっかりサツマイモの苗が在庫♪
紅あずま紅はるかなどが置いてあり、
迷うことなく紅はるかを購入。
IMG_7339
IMG_7340
 昨年は寒暖差にやられて60本の苗を植えて、
エライ目にあいましたが、今年は反省を生かして
50本の苗を購入するに留め。。。(汗;)

 帰宅後、速やかに定植作業ということで、
トラクターのロータリー部分にに発酵鶏ふんを
3袋積んで定植場に参上!
IMG_7341
IMG_7342
 畑に鶏ふんを散布した後、トラクターにて耕し、
サツマイモの苗の定植作業を実施、
今回は約70㎝の間隔で苗を・・・
1列13本定植が3列
1列12本定植が1列。。。
IMG_7343
IMG_7344
 しばらくは早朝、苗にしっかりと水やり作業を
行わなければなりませんが、
今年も昨年同様に豊作を祈りたいものですねぇ、
IMG_7345
ひとまず、色々と昨年は
サツマイモ料理を行いましたが、
今回はサツマイモご飯をマスターしたいと♪
IMG_7346

 今年は昨年以上に慌ただしい
気がする さくら でございます・・・
ホント、コピーロボットが1体あると
助かるような。。。m((_ _))m
zerothree_0db01m0uxxf3g7
 さて、前日は殻からタネ落花生を取り出し、
一晩水に浸けておいた落花生のおおまさり・・・
タネも水を含んで充分に膨れたということで、
今回は早朝からタネを生育用ポッドに
タネ蒔き作業を。。。
IMG_7305
IMG_7322
IMG_7323
 とりあえず準備したのは昨年も使用した
     生育用ポッド
ということで、小さめのポッド300個と
我が家で植物を購入した際に取っておいた
ポッドが50個ほど。
IMG_7324
 ひとまず、実家で保管しておいた培養土を
ネコで引き取ってタネ蒔き作業を開始したいと・・・
ひとまず、培養土をネコの荷台に出した後、
水を含んで立派に膨らんだタネを
培養土を入れたポッドに1粒♪ 
IMG_7321
IMG_7325
IMG_7326
 毎年行っている作業ということもあり、
私め的には手慣れた作業になりつつありますが、
今年は昨年よりも数が多いせいか、
毎度のことながら飽きてくる。。。(情)
IMG_7327
 今回は培養土が品切れにならぬよう、
しっかりと2袋を購入しておりましたが、
意外と消費量が多く、140個ほどを作り終えた時点で
培養土2袋目に突入!(汗;) 
IMG_7328
IMG_7330
IMG_7331
 黙々と作業を続ける私め・・・
その割には終わりが見えず
まだ100個以上ポッドが残っている様で。。。(嘆)
IMG_7332
IMG_7333
IMG_7334
 ひとまず、300近い数を作り終えたにもかかわらず、
タネがあるのに培養土が・・・(滝汗;)
急遽、近所のジェーソンまで培養土を
購入しに行く始末。。。(情)
IMG_7335
 一応、小さめの培養土を2体購入、
タネ蒔き作業を再開いたしますが、
このあと、タネ蒔き作業は無事に完了!
IMG_7336
IMG_7337
 タネを蒔いたポッドの数は
       330個
といった具合。

 全てが発芽できるとは思っておりませんが、
私め的には昨年以上の発芽率を期待・・・
あと、今年の反省点として、来年は培養土、
とりあえずは3袋にしたいと。。。(汗;)
IMG_7338

 今年は昨年よりも暖かいせいなのか、
野菜の苗の販売が早い
ような気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
65b0189b
db74c011
 さて、今年もそろそろ準備の時期が
やってきたということで、
連休突入の5月2日の話・・・
毎年恒例の落花生準備の時期、
車庫の天井にぶら下げられた落花生を下ろして、
タネを出す準備を。。。
IMG_7262
 昨年、収穫した落花生から形の良いモノ、
しっかりとした身が入ってそうな落花生を選び出し、
今年も豊作を期待できるタネとして、
保管していた選りすぐりのエリートたち♪
ひとまず殻からタネを出す作業を執り行うことに。
IMG_7263
 昨年選んでいたタネ落花生・・・
恐らくタネとして出せば300個超ということで、
1個1個、殻を割りタネを取り出していく。
IMG_7269
IMG_7265
 殻のサイズを見る限りではしっかりとした
大きさのタネ落花生が入っていそうということで、
殻を割りながらタネを見ていくと、
豊作を期待できるかしら?と、ひとりニンマリ♪
IMG_7268
 中にはタネが3つも入っているものもあり、
IMG_7266
ご機嫌に作業を進めていると、
時折、殻はしっかりしていても
ハズレ気味の萎びた落花生も出現!(汗;)
IMG_7264
 時折出現するハズレ気味の落花生は
成長を期待できないため、廃棄処分とする。

 私めも途中までタネの数は数えていたものの、
段々と飽きてきてしまい、タネを数える作業は・・・(汗;)
恐らく300個以上はあるのは間違いなさそうで。。。(情)
IMG_7270
 とりあえず、タネをして取り出した落花生、
翌日にはポッドに植える作業を行うということで、
タネをバケツに入れ替えて丸一日、  
水につけておくことに。
IMG_7271
 数時間後、バケツを覗いてみると、
タネ落花生も水を吸い込んでしっかりと膨らんでおり、
明日には植え頃になっているかと思われ・・・
早朝から作業を考えておりますが、
最近、午前5時には目が覚めてしまう私め、
速やかに作業を終わらせて模型作業でも行おうかと♪
IMG_7272

 時にはグーフィーも大胆なことをやるもんだ
と思う さくら でございます・・・
仲間へのさりげない裏切り行為かと。。。m((_ _))m
81ce5cec3be191d88a4fd72875a893045f1893ec
 さて、ここ最近は色々とやることが多いせいか、
身体一つでは足りないような状況が続いておりますが、
実家のトタン屋根の塗装作業も控えていることもあり、
今回は早朝からサトイモの種イモ定植作業を♪

 種イモの方は昨年の冬間際に
我が家で収穫したサトイモをそのまま使用、
収穫後は私めの実家やら女房サマの実家等に送ったり、
我が家で食べたりしましたが、
それでも余るサトイモといった具合で。(淋)
IMG_7229
 コメ袋に入れられていたサトイモ軍団、
手箕にあけて確認してみると、
親芋に関しては見事に萎び果てているモノ、
はたまた腐っているものなど残念な状態。
IMG_7231
 一方、子イモ・孫イモの方は芽が噴出しているものやら
親芋と同じく腐ったり萎びているモノがあり、
ひとまず種イモとする選別作業を行った後、
お次は畑に種イモを植える準備を。
IMG_7232
 一応、今回の定植場所は
我が家と塀とジャガイモを植えた部分・・・
トラクターで耕した2列分が空いており、
今回はそこをサトイモを育てるスペースとして活用!
種イモの量から3列程度で定植したいと。
IMG_7233
 とりあえず、三角ホーを用いて溝を掘り、
お隣との列の間は約70㎝・・・
溝を掘り終えたところで種イモの登場!!
IMG_7234
 種イモと種イモの間隔もおおよそ70㎝でスペースと取り、
順序良く綺麗に溝に並べていく・・・
種イモの配置を終えたところで、
三角ホーを用いて土を戻して作業は完了!
IMG_7235
IMG_7236
 我が家では今一つ主役になり切れないサトイモ、
今年の冬までには新しいサトイモ料理のメニューを
考えておきたいもので。。。(悩)

 先日購入した小さめの角スコ・・・
IMG_7025
実家の裏庭で穴掘り作業に勤しんでみましたが、
掘る際の負担が減ったせいか、
調子に乗って1ⅿ50㎝程
掘ってしまった さくら でございます。。。m((_ _;))m
DSC_0915
 さて、ここ最近は気候も上昇して暖かくなってきたせいか、
ホームセンターには色々な野菜の苗が並び、
農家ではなくても心躍る季節が到来♪

 先日はキュウリの苗を定植いたしましたが、
IMG_7198
今回は女房サマに発注を受けた柔軟剤&ジョウゴを
購入しに仕事終わりでホームセンターへ。
IMG_7230
 開店まで時間があるということで、
店外に陳列された野菜の苗をプラプラと眺めていると、
シシトウ、ピーマンの苗の並びにトウガラシの苗が。

 ひとまず開店の時間となり、
頼まれたモノと必要なモノを購入後、
先の野菜の苗のコーナーに戻り、
トウガラシの正体は鷹の爪と判明!
お二つ購入することに♪
IMG_7215
IMG_7224
IMG_7225
 さっそくキュウリの脇にでも定植と行きたいところですが、
その前に貸し出ししていた実家の脚立の引き取りに出かけ、
帰宅後にキュウリ用のネットを展帳・・・
IMG_7214
ひとまず丸めて収納していたネットを広げ、
IMG_7217
軽トラの荷台に脚立を立てて展帳作業♪
IMG_7216
IMG_7218
 キュウリ用のネット展帳を終えたところで
お次はトウガラシの苗の定植作業を・・・
IMG_7219
IMG_7220
キュウリの苗と同様、最初に培養土の入れ替え作業、
苗を植える2カ所の古い培養土を除去し、
新しい培養土を投入!
IMG_7221
IMG_7222
IMG_7223
 前年とは違い、今年はトウガラシが豪華に2本、
IMG_7226
たまたま先に植えてあるモノもあるということで、
接近して定植せずに離し目で植えておくことに♪
IMG_7227
IMG_7228
 培養土も入れ替えたところで、
トウガラシの苗を定植して作業の方は終了!
昨年は鷹の爪を用いてトウガラシ味噌を作成、
鍋モノやら餃子を食す時に大量消費・・・
今冬には大量にトウガラシ味噌を作っておきたいもので♪

 シャープから販売抽選が行われた
サージカルマスク・・・
結局は御覧のありさま
残念に思う さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_7213
 さて、ちょいと急ぎの野暮用があり、
1人ホームセンターに出陣・・・
後日にお話しするペンキ等を購入してきたのですが、
IMG_7185
その際、ついでながらに野菜の苗も見てみることに♪

 すでにサツマイモの苗も発売されていたものの、
昨年は若干早めに植えたことにより、
数日続いた寒さにやられた苦い経験があり
今回は購入を見送り。。。

 一方、ほかの苗を見てみるとゴーヤやらカボチャ等、
ボチボチと苗の販売が始まったようで・・・
ここ数年、不作気味のトマトの栽培はやめて、
今年はキュウリのみにしようかと考えていた私め、
丁度キュウリの苗も販売されており、
2本購入することに。
IMG_7197
 そんな苗の方は、
タキイ種苗 キュウリ・シャキット
IMG_7199
IMG_7200
歯切れや肉質のよさにみずみずしさを
加えた夏秋栽培用短形四葉。
従来の四葉系品種より秀品率と収量性に優れ、
うどんこ病・べと病・
ウイルス病に複合耐病性で
育てやすく、家庭菜園にも最適。
IMG_7198

【四葉系】
歯切れのよい肉質を楽しめる、味わい深いタイプ!
平均果長 21~22cm

ということだそうで。。。

 さっそく車庫脇のミニ花壇の方へ
植えたいと思いますが、
IMG_7201
とりあえずはキュウリを植える箇所の土を
入れ替えてから苗を。。。 
IMG_7202
 ひとまず、花壇の培養土を新しいモノに入れ替えてから
IMG_7203
IMG_7204
IMG_7205
苗を花壇に定植・・・
IMG_7206
IMG_7207
植え終えたらたっぷりと水を掛けて作業は終了!
IMG_7209
IMG_7210
 また時期が来たらネットを展帳したいと思いますが、
今年はトマトを栽培しない分、
キュウリの豊作を心から祈りたいものでして♪

 今年も実家の庭では
     藤の花
が咲き誇り、
ご満悦の さくら でございます。。。m((_ _))m
DSC_0898
 さて、今年も色々と野菜と
戯れる時期がやって来ましたが、
先にジャガイモを植えて今後も色々と野菜を・・・
IMG_6594
そんな野菜の苗などを植える際に
苗を植える間隔を一定に保つため、
スノコから取り外した板を用いて間隔板を作成。。。
43885669
 そんな板の方は50㎝30㎝の幅で作成し、
色々と重宝な道具として愛用しており、
f404d606
今回の種ジャガを植えるために準備、
しっかりと肥料を撒いて畑を耕して
イザ、種ジャガを植えようと!

 そんな肝心の間隔板が見つからず、私めも右往左往!
そういえば、トラクターのフロント部、
カウンターウェイト部に置いたのを思い出し・・・
思い出しても時すでに遅し!
どうやら畑の中に耕されて行方不明と。。。il||li ○| ̄|_ il||li
871b06fb
 ということで、無いと困る間隔棒・・・
板に代わるようなものは我が家にはなく、
私めの実家へガサ入れに♪
IMG_6671
 我が家の車が収容されていた当時の車庫内にて
発見したのは水道などに用いる塩ビ管、
こちらを3本ほど自宅に持ち帰り、
こちらを用いて間隔棒を作ることに。

 ひとまず、サイズの方は従前の2種類のサイズから
各100・80・70・50cmの
4種類の長さで作成することに。
IMG_6675
 ひとまず、メジャーにて計測してクラフトソーにて切断、
IMG_6674
IMG_6680
切断したパイプについてはテプラにてサイズを入力して印刷、
IMG_6679
各々のサイズのパイプに貼付して作業の方は無事に完了!
IMG_6677
 これで苗を植える際に更なる充実が図れるかと思いますが、
最初の活躍はサツマイモの苗植えから使用開始になろうかと。
IMG_6683
IMG_6682

 相変わらず対応が後手後手のアベ君・・・
やっと全国民に10万円を配るようですが、結局は
    税金でキレイに回収
されると思う さくら でございます・・・
    まやかしに見掛け倒し、
歴代最悪の総理大臣かと。。。m((_ _#))m
20140410
 さて、昨年は色々と畑での
作業で穴掘り作業を行いましたが、
今年は更なる作業効率アップを図るため、
新たなスコップを購入することに♪
d7451ee4
 毎度ながらのケーヨーデーツーに出陣!
色々と必要なモノを購入しつつ、
目的のスコップをお買い上げ。。。
37cc923a-s
 購入してきたのは・・・
浅香工業株式会社 金象印 パイプ柄コンクリート小
IMG_7027
ということで、コンクリート、土などを混ぜる作業や
側溝などの清掃作業に適しているそうですが、
私めの使い道は野菜くずやら抜いた草を入れるための
穴掘り作業に。。。
IMG_7025
 ある程度の深さの穴から土を掘り上げる際、
従前の丸スコ、角スコではある程度の重さもあり、
腕がパンパン状態に。
IMG_7030

 先に小さめの丸スコを購入して使用して参りましたが、
やはりミニサイズの方が掘り進めるにもラクだとわかり♪
IMG_7026
 今回購入した角スコは・・・
全長:900mm
頭部肩幅:165mm
頭部先幅:170mm
頭部長さ:200mm
頭部板厚:1.45mm
パイプ柄部板厚:1.2mm
重量:1.3kg
というサイズ。
IMG_7028
IMG_7029
 従前のサイズのモノと比べてみても
大きさの違いが十分に分かり・・・
今後は4本のスコップを用いて
穴掘り作業を進めていきたいと思いますが、
いったい、畑を掘る作業は何回行うのかと。。。(悩)

 プロレス興行も新型コロナウイルスの影響で
観戦もままならない状況になっている
と思う さくら でございます・・・
    OSWの北千住大会
を見に行きたかったのですが。。。m((_ _))m
main
 さて、肥料も購入して準備が整った
ジャガイモの植え付け作業・・・
IMG_6583
今年は少し早めですが、3月に入って
そこそこ暖かい日が続いていることもあり、
植え付けすることに♪

 とりあえず、種イモを植え付けする前に
植える場所に肥料をたっぷりと撒布、
昨年からとっておいた落花生の殻やら
生石灰の入ったモノを
IMG_6584
鶏糞とともに。

 トラクターで耕して準備が整ったところで、
種イモの切割作業を・・・
IMG_6583
今年は男爵イモ5kgということで、
メークインやら色々とほかの種類も考えましたが、
男爵イモが一番レシピ的に我が家では人気があるようで。

 ちなみに切割作業の方は種イモ1個につき
芽が最低でも1つは残るように半分から
3分の1程度に切り分け、
切断面にはしっかりと草木灰を塗り付けて
IMG_6585
畑に植え付ける準備を♪
IMG_6587
IMG_6588
 草木灰をしっかり塗り付けておかないと、
畑の中で腐り始め、土中で種イモの痕跡が
なくなってしまうということで、
これだけはしっかりと行っておきたいと。
IMG_6589
IMG_6590
IMG_6591
 ちなみに私めの同僚は切断面に
草木灰を塗り付けずに植え付け・・・
しばらく経っても芽が出ず、
畑を掘り返してみたら種イモが腐って
土中から居なくなっていたという話を。。。(苦笑)
IMG_6592
 種イモの準備もできたということで、
畑に植え付けていきますが、
一畝に縦幅50㎝、横幅50㎝の間隔で植え付け。
IMG_6593
 昨年よりも2kg種イモの量が多いこともあり、
5列70か所、1列4か所の計74か所・・・
今年の野菜作り第一弾として豊作を祈りたいと。
IMG_6594
 ひとまず、無事にジャガイモが出来たら
カレーポテトグラタンを作ろうかと
個人的に考えておりまして♪

 一応、今年行われる予定の
東京オリンピック・・・
こんな状況下で強行しようとしている
老外どもがいるようですが
延期なり中止なりの言葉が出てこないのが
不思議で仕方がない さくら でございます・・・
様々な利権が絡んでいるようで。。。m((_ _#))m
6c161008c9cc6d3143cce73db1056a255f7c1d70 (2)
 さて、そろそろ今年も畑での農作物作りに向けて
私のエンジンを始動させましょう!
20171022013408344
ということで、土づくりの基本となる肥料を購入しに♪
03-26
 毎度のごとく仕事から帰宅後に軽トラックにて
      ケーヨーD2出陣!
nagahama20180326-e
 いまだデマに踊らされ気味なのか
   便所紙・マスクはなく
嘆かわしい光景が広がっており。。。(情)

 そんなことはさて置き、
肥料の方も色々種類があり、
牛・豚・馬・鶏・化学肥料など、
色々と目移りする。

 ただ、私めの印象的に完熟肥料であれば
あまりニオイの方は気にならぬものの、
雑食性の豚サンのお尻から排出された
    宝 物
に関しては完熟しても人間サマのそれと
ニオイが近いような気がしないでもなく。。。(嘆)
pigs
 肥料売り場を右往左往して、
購入してきたのは牛サンの宝物をメイン
落花生をタネから育てるのに必要となる
培養土などを購入♪

 今回は・・・
発酵牛フン×6
IMG_6420
IMG_6421
発酵鶏フン×3
IMG_6423
IMG_6424
培養土×2
IMG_6427
ということで、去年とあまり変わらない様な。。。(汗;)
IMG_6419
 結局、今年も
ジャガイモ・サトイモ・サツマイモ・落花生、トウガラシと、
作るモノは変わらなそうな予感ですが、
今年は久々に秋頃にでも大根でもやってみようかと
考えておりまして。。。(悩)
IMG_6426

 先日の出勤時の話・・・
私めの通勤経路、道路上に群がるカラス、
クラクションを鳴らしたところ、
イノシシが横たわっており、
とにかく驚いた さくら でございます。。。m((_ _))m
1920154042
 さて、1人でホームセンターに出向いた私め、
店内でブラブラと徘徊する前に
店外に置かれる野菜のコーナーを見分。

 すると、まだまだ先の販売だと思っていた
ジャガイモ各種
がすでに並んでおり。。。(汗)

 一応、種類を見てみると・・・

・きたあかり
・メークイン
・男爵
・インカのめざめ

などといった具合。。。

 個人的にはあまり型崩れのしない
メークイン
が好みですが、
我が家では息子クンがポテトサラダが大好物
ということもあり、無難に男爵を。
DSC_0704
DSC_0705
 という事で購入してきた種イモのほうは、
男爵 5kg
よくよく考えて購入してから昨年の記事を見てみると、
この2kgの差が恐ろしいことにならない事を祈り。
DSC_0706
 今回の男爵と共に切った種イモの断面に薄く付ける
      草木灰
も一緒に購入♪
DSC_0708
DSC_0709
 一応、切断面に塗らずに畑に植えると、
種イモは土の中でそのまま腐るという
残念な状況を呈し。
DSC_0710
DSC_0711
 ひとまず、気候状況を見て種イモを
畑に植え付けて行きたいと思いますが、
今年も無事に豊作を祈りたいものでして。。。

 最近、湯船の湯量が少ない
と感じていた私め、
よくよく考えたら、
体重を落とした分だけ湯量が少なくなった
ことに気が付いた さくら でございます。。。m((_ _))m
sub3-2-500x364
 さて、収穫祭第3弾という事で、
スッカリ収穫を忘れ気味になっていた
   サトイモ
を畑から収穫することに。
IMG_5525
 正直な話、5月ごろに植えたと思いますが、
昨年収穫し、そのまま食べるためにネットで保管し、
残っていた小芋&孫イモを植えたら
芽を出したといった具合。。。(汗)

 サトイモの品種は前の記事を読んでみると、
     赤 芽   
といわれる種類、
44f00e26
ひとまず、葉の状態も残念なお姿になり、
収穫も可能であろうと。。。

 とりあえず、小鎌にて葉と茎を切り取った後、
スコップにてご本尊の掘り出し作業といった手順、
案外と鎌で切っていくとすんなりスパッと切れ、
病み付きになりそうになる♪
IMG_5526
 茎が無くなったサトイモ、
ご本尊手前にスコップを入れて掘り出し、
あとは腕力にて塊となっっているサトイモを
土から引っ張り出すといった具合。
IMG_5529
 塊状態のサトイモを上から落として畑に叩き付け、
周りの土を落とし、サトイモの収穫作業・・・
黙々と作業を行い、撮影をし忘れる。。。(汗;)

 収穫量的には昨年よりも倍以上に増えたようですが、
昨年、今年とまだ2回しか育てていない事もあってか、
サイズ的にはまだまだ小振りのモノが多いような。
IMG_5531
IMG_5532
 何はともあれ、無事に終わった最後の収穫祭、
いままで、食べることが出来ないと思っていた
親イモも食する事が出来るという事で、
今年は試しに食べてみようかと思いますが、
私めが作ったとはいえどもサツマイモに続いて、
サトイモ地獄も幕開けするのかと思うと。。。(滝汗)
IMG_5533

↑このページのトップヘ