続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

カテゴリ: さくら屋敷

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 どうもここ最近、鉄道模型に触れ合える時間が持てないですねぇ~、
何かにつけて行事予定が舞い込み、鉄道模型と戯れる時間をもてない事が原因で
そのうちに発狂してしまうのではないか?と、
恐れ戦いている さくら でございます。。。


 さて先日、旭化成へコンセントの位置決めやらキッチン、トイレなどの
話し合いに行った時のこと、コンセントの話し合いが一段落してから
キッチン、トイレの話を。。。


 キッチンに関してはクリナップやヤマハ、松下、サンウェーブ等、
その他に諸々ございますが、ここはあくまで女房の領域、
私めも料理は致しますが、メインで活動する方に
使いやすいキッチンを選んでいただきたいと。


 そんなお次にトイレの話に・・・
こちらもイナックスやTOTOがございますが、
実家も自宅もTOTOのウォシュレットをご愛用。。。


 職場ではイナックスのウォシュレットを使用しておりましたが、どうも、

私めのお尻と相性が悪い

ようで、イナックスは早々にパス。。。


 とりあえず、TOTOを選ぶにしてもトイレに入ると
自動的に「こんにちは!」と、フタが開くと言った余計な機能は必要とせず、
普通のウォシュレットで良いような・・・
ここで、タンクレスの便器に伺ってみると、10万近く高いと言う事で、
こちらもあえなくタンク付きのトイレに。(涙)


 諸々の話し合いが終わったところで、参考程度に外壁の
モデルを拝見する事に・・・これがまた

・ FA目地
・ JJ目地
・  K 目地
・  G 目地
・  M 目地
・ PJ目地
・  E 目地
・ YR目地
・  N 目地
・  U 目地 

 何とも10種類の外壁模様があるとは
予想外のサプライズ・・・il||li ○| ̄|_ il||li
とにかくシンプルなデザインからボコボコな表面のデザインまで
色々とございますが、目移りして選ぶのに難儀しそうな予感。。。


 セキスイハイムサンで決まった場合はシンプルにタイル張りで外装を!と、
考えていた私めですが、その計画も幻となり、
まさか外壁の模様で悩む事になるとは。。。(嘆)


 とりあえず建設予定地は

素敵な砂埃が襲来!

する地域と言う事で、埃がたまり難いシンプルな目地になるかと思いますが、
間違っても弟宅と同じデザインだけは避けたいものですよねぇ~。(苦笑)


 吹き付け塗装に関しても立地的には車庫の関係で弟宅よりも
我が家は道路際に建築予定、弟宅は道路よりも奥に建っているのですが、
弟宅はツートーンカラーということで、それを利用して
同じツートーンカラーに塗装、目の錯覚を利用し、
遠方から見ると一つのデカイ家に見せると言った方法も出来そうですね。


 それにしても吹き付け塗装の種類も色々あったようで、
落ち着いて考えようにも更なる悩みのタネが増えそうなのですが。。。(悩)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 なんともまぁ~、朝1件目からの救急出動が
2当直続けてCPA患者サマだとなんとも・・・il||li ○| ̄|_ il||li
色々な都合も絡み10分以上、ひたすら1人で胸骨圧迫法を行っていた私め、
質の高い胸骨圧迫法を目指して行ってはおりますが、
1人で行うとなるとなかなかキツイものが。。。


 そんな昨日は何ともいえぬ蒸し暑さの中、私めは汗だく、
患者サマも私めのこぼれ落ちた汗で汗だく、
心拍の再開は致しましたが、何ともゴメンナサイと言った気分でして。。。


 そんな中、昨日は悪夢の金曜日と言うことで、やっぱり来ました

Ψ(`∀´)Ψ 酩 酊 者 il||li ○| ̄|_ il||li

私めが恐怖に恐れ戦く自爆テロ

はなかったものの、呑み過ぎて自己転倒しそのまま寝込むと言う最悪パターン!


 実に救急隊としても酩酊者だけは特にモチベーションが下がりますよねぇ~、
飲酒に絡む出動だけでも救急車の有料化を強く訴えたい!と、
言った感じでして・・・
まぁ、まだまだ他にも文章で書けないような悪質、極まりない救急車の
利用をしている輩はまだまだ沢山おりますが。。。


 さて、つね日頃、職場でアパートやマンションなどの立入検査等で
図面と言うものは見ておりましたが、
あくまで私めは予防業務は専門職ではないちゅうことで、
建物の構造や配置なんぞは見ていたものの、大きさに関しては
図面の縮尺何ぞと言うものをまったく気にせず、だったのですが、
私め自身が家を建てるという段階になり、
やっと図面の縮尺が気になって参りまして。。。


 というわけで、娘チャンと一緒に

子供たちのオムツ購入係の使命を受け

ホームセンターに行った際の事、
優先順位第一位のオムツをカートに載せて、
何気に気にしていたモノのコーナーへ。。。


 気になっていたモノの方はシンワの「三角スケール15cm」、縮尺の方も

・ 1/20
・ 1/50
・ 1/100
・ 1/200
・ 1/250
・ 1/300

という、6通りをも使えるというスグレモノ!!


 ビニケースが付き、しかも「建築士用」などと言うサブタイトルまで付けられ、
裏の説明書きを見ると

■ 用途
建築試験の受験に最適です。
1/20の図面は1/20のスケールで描く事が出来るので位取りを
考える必要もなく、より精確により早く仕上げる事ができます。
建築設計に最も必要とされる目盛りです。

う~ん、素人が手を出したらまずかったんだろうか。。。


 前に雑誌の付録でもらった三角スケールは所有しておりますが、
おもいきり雑誌メーカーの宣伝が入り、さすがに大手を振って使うには
躊躇してしまうような。。。


 そんな訳で今回の購入にいたった訳ですが、
意外と通路幅や部屋のサイズなんぞで調べる機会も多く、
何かと重宝しそうな訳でして。


 屋根裏の模型部屋化計画でも部屋の大まかな寸法とともに、
中心通路部分の大きさやレイアウトを
外周で走らせる際のベニヤ板の敷設幅などの
概算に役立っているような。。。


 何とも私めから見れば特殊用途でしか使用しないと思う「三角スケール」、
お値段も980円と言う事で、何ともムダ使いのような気も致しますが、
事細かな詳細図の計測に役立ってくれればと。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 いやぁ~何ともガソリン代、高いものですねぇ~、
朝、本屋さんに出かける前に燃料補給に出向したのですが、
車検上がりの我が家のKei ワークス、25リッター給油して

4、116円也 ガクガク((((゚д゚)))))ブルブル

たかが1回給油しただけでこんな値段になるとは。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 ここ最近は2輪車の給油ばかりで値段もマヒ気味だったというか、
まとまった数量が入ると懐に厳しいものでして、ガソリンが高騰している現在、
リッター3km以下しか走らない車ってホント、悪ですよねぇ~、
我が家のランクル、悪の枢軸です。m((_ _))m


 まぁ、お国もおバカな方々が今後はタバコの値上げだとか
騒いでいるようですが、物価上昇で家計が逼迫している今、
そこまでして国民から税金として搾り取りたいものなんですかねぇ~?
国政の方で色々と節約できるところがあるとは思うんですが・・・(呆)
ホント、暫定税率の復活だの道路特定財源で色々と騒いでいた議員どもを

市中引き廻し

にしてやりたいもので。。。(怒!)


 さてさて、化石燃料が高騰していくと予想される現在、
光熱費のことを考慮してソーラーパネルを屋根に載せて
本来であればオール電化住宅に憧れがあった私め、
建築予定地は畑に囲まれ、春先や冬時期の強風が吹き荒ぶ日には

土埃が舞い上がる

という素敵な立地条件・・・
歩道の隅なんぞにはパリ・ダカールラリー真っ青の
サラサラな砂が大量に積もり。。。


 ところで、肝心のソーラーパネル、
セキスイハイムさんの試算では屋根上に5kw近い発電量が期待ができ、
お値段の方は約270万円・・・
一方、そんな旭化成さんの方はサービスキャンペーン期間中と言うことで、
3.2kwの容量で100万円、ただ、パワーユニット等は別売りとのことで、
総額でも130万円位。


 元手回収を踏まえた事を考えればハイムの方が有利なのですが、
私めの一番の心配はソーラーパネルに土埃が積もった際の発電量の低下。
セキスイハイムさん曰く、雨で充分に汚れは落ちます、という意見があるも
敵は畑の土埃と言うことで雨だけでは太刀打ちできるか?という疑問が。。。


 最悪の場合、私め自身が

高所作業車をレンタル

して市販されている高圧噴射を活用の上

命がけのパネル掃除

も考えましたが、明らかに不経済、不効率になるのは間違いない様で。(涙)


 床暖房も電気、IHコンロを考えていた私め、
ソーラーパネルを載せられずにオール電化住宅にした暁には
電気代の請求も高額になるのは間違いなさそうでありまして。。。


 すっかり忘れかけていた給湯関係に関してもオール電化ならエコキュートを
考えていた私め、ガス併用になるならばエコジョーズになるのかなぁ、と
色々考えながら途方に暮れていたところ、
旭化成さんの方からこんな提案が。。。


 ガスエンジンで発電するとともに床暖房や給湯関係をまかなうモノがあります、
発電量も1kwということで、全ての電力はまかない切れぬものの、
なかなか便利なモノと言うことで紹介されたのが

エコ・ウィル

という、ガス発電、給湯暖冷房システムちゅうシロモノ。。。


 エコジョーズやらエコキュートという存在は知ってはいたものの、
エコウィルは私めにとって知らぬ存ぜぬの存在だった訳でして。(苦笑)


 そもそも発電の際の排熱を有効利用して給湯、暖房に利用、
ソーラーパネルを諦めたとは言えども、給湯システムで発電できるとは
まったくをもって知らずして、私めも知識不足。


 特に床暖房に関して、弟夫婦やら職場などで情報収集してみると、
電気式床暖房だと、暖まりにムラがあるという意見が聞かれ、
やるのであれば温水式の床暖房のほうが温まりも良いみたいだ、
という情報を耳にしていたのでエコウィルで利用できることを考えれば
好都合なのかも知れませんね。


 ちなみに発電に用いられるエンジンは

世界のホンダ製ガスエンジン

どうもガスエンジンと言えばトヨタのクラウンコンフォートのタクシーの
イメージが強いのですが、ホンダでもガスエンジンってあったんですねぇ~!


 エンジンの諸元は163cc、4サイクルOHV、定格回転数1950rpm、
エンジン自体はボックス内に収容されており、
先日ショールームにてエンジンの稼動状態を見て参りましたが、
音も大して気にならないようですね。


 ちなみにボックスには赤文字ステッカーで「HONDA」と記載されており、
我が家で稼動した際には

MUGENN-無限-POWER

を貼らないとまずいですかねぇ~?


 ところで、ガスエンジンの排ガスに関しましては

ガスエンジンのタクシーと同じ臭い

がしましたが・・・(苦笑)


 とりあえず、給湯タンクにお湯が満杯になると
発電が止まる仕組みになっており、
発電量や給湯、床暖房に関しての稼動状態は未知数ですが、
どのくらいの活躍を期待出来るのやらでして。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 ここ最近は夜中の救急出動が少なくてありがたいですねぇ~、
とは言えども、日中は老人施設からの救急要請が多く、

救急車の適正な利用っちゅうの知ってる?

とでも言いたいような出動が多いような。。。


 要請内容も「発熱」だとか、「意識状態が悪い」など、
そう慌てて行くような状況でもないのに救急要請、
法律では認められてるとは言えども、
施設の職員は当たり前のようなツラをして
救急車に乗り込んでくる始末、実に腹立たしいものでして。(呆)


 本来、我々は全体の奉仕者であるはずが、
どうも一企業の奉仕者になっているような・・・
まかり間違えば施設専属のタクシーみたいなもので。。。(怒!)


 施設に立派な搬送車があるのに何ゆえに救急車を使用するのか
施設関係者に小一時間・・・ホント、救える命も救えなくなる様な。。。(嘆)


 おまけに夜は夜で有機溶剤中毒の常連サマ、今宵も吸うだけ吸って救急要請、
本人はご気分がハイかもしれませんが、私めはテンション低く・・・
まぁ、そんな私めも一歩間違えば有機溶剤の中毒者かもしれないですねぇ~、
模型製作や車の塗装の際にかなり
有機溶剤を吸い込んでいるようでして。。。(苦笑)


 さてさてなんともまぁ~、住宅メーカーと契約するまでに
色々と図面を作成していただいたり、
外観予想図を頂いたりと書類を頂いていたのですが、
気がついたら随分な数になっていたんですねぇ。。。


 プランも一歩前進したかと思えば五歩後進し、
それを繰り返してここまで辿り着いた感じでして・・・
とは言っても、まだまだ先は長いようですが。。。(苦笑)


 さて、先日の16日は当直明けながらも旭化成サンとの内外装のプラン打合せ、
外装面では、ほぼ仕様は固まっているものの、ベランダ部分、
パントリー部分のプラン変更を依頼。


 現行の図面ではベランダの奥行きは約1100mmあるものの、
いささか物足りないような・・・
先日、娘チャンとの住宅展示場 子連れ狼ツアーで
屋根裏部屋のほかに色々とベランダ幅などを見てはおりましたが、
やはり狭いよりは広い方がいいようでして。。。


 そんな訳で今回依頼していたのは建物よりもベランダを
約600mmせり出した図面と約900mmせり出した図面を比較検討。
ベランダ600mmせり出しであれば庇部分の張り出しの突端と重なり、
一方、900mmの方は若干、庇よりも前に出るといった具合。


 金額も600mmせり出しで30万円アップ、
一方900mmでは+10万円アップの40万円と、
私めと致しましては、このベランダせり出し計画をスルーして
後々に「あの時やっていればよかった・・・」と、後悔するのは嫌と言うことで、
900mmせり出しの2000mm幅のベランダにすることに。


 600mmせり出しの方も1700mmの幅となり充分なのですが、
いささか柱があり、下手する子供が柱と壁際を利用して上るのではないか?
と言う不安もあった訳で。。。


 外装部分でもう一つ気になっていたのが2階トイレへの配管、
吸水側と排水側のパイプが表に出ており、見た目上も
あまり宜しくないようで、
室内を通す&先般教えていただいた室内を通した際の
水廻りの音と言うことで質問してみると、
外設置でも防音のためにパイプにシートを巻いて云々ということで、
水音は気にならない、と言うことと、
後々のメンテナンスを考えれば室内(パントリー部分を通ることになる)より
表側の方が良いのでは?と言うことでそのままに。


 室内でもよっぽど注意して聞いていれば気づく程度かと思います、
という言葉を信じた訳ですが、音を感じるということも

人それぞれの感受性の問題

っちゅうの気もしますからねぇ~(苦笑)


 もう一つ、台所から洗面所に続く裏動線でパントリー部分の
扉の取り付けについての話し合い。


 図面上では洗面所側、台所側に各々扉が付き、
パントリーの一部を通路にして通り抜けると言った具合。


 私めとしては湿気の問題、パントリー内部の物品が目に入ることを考えると、
洗面所側の扉はそのままにパントリー面に扉を新設、
台所側の扉を取り払うと言う意見でまとまりましたが、
まだまだ、2階の書庫やら1階の玄関奥の納戸、
パソコンの設置箇所の配置などを決めなきゃならないと、という具合。


 なんだか、決め事ばかりで具合が悪くなりそうですが、
次回はコンセント等の配置もやるとか、というお話。
なんだかホントに具合が悪くなりそうでして。。。(嘆)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 さて本日は当直前日の日勤、予防実務の研修と言うことで本部に出陣!
本部といっても私めが今、勤務する職場に併設されているので
普段通りのご出勤。(涙)


 ちなみに朝から夕方まで座学・・・重たい瞼を必死に押さえて
聞いておりまして、そのうえ、参考書として持っていた本が
小さい割には重く持ち運びに不便、おまけに催眠効果のおかげで
睡眠学習も可能と言う特典付き。。。


 この本は後日ご紹介するとして契約後、私めのスケジュールの都合で
なかなか進まぬ新居計画ですが、
先日、住宅展示場へ娘チャンと2人で出陣~!
目的は内装やキッチン、部屋の間取り等ではなく、
私めの大切な趣味の部屋の雰囲気を掴みに。。。(情)


 さて今回の住宅展示場、他メーカーも含め、展示の広さは県内一だそうで、
旭化成のモデルルームも4棟あり、色々と見て回るにもよさげな所なのかと。


 ただ今回、デジカメは持参したものの、予備電池を含めて
全てが電池切れという哀れな状態・・・電池切れのマークが付きながらも
根性で撮影、そんなこんなで撮影枚数も限られてしまった訳でして。。。(涙)


 ひとまず住宅展示場に到着し、最初は屋根裏収納のある建物を見学、
建物居室内は間取りも大きく取られており、私め達が住む建物とは
段違いの大きさ・・・il||li ○| ̄|_ il||li


 気を取り直して2階に進み、目的の屋根裏収納へ・・・
今回の建物は屋根裏に上る際に使用するはしごは手動式はしごと電動式はしごの
2種類が設けられており、手動式はしごの方は弟宅に設けられているモノと同一。


 一方の電動式はしごの方は壁に設けられたスイッチで起動、
天井からはしごが下りてくる姿を見ていて、
どこかで見覚えのある動きが・・・

はしご車の起梯、伸梯の動作を見ているような雰囲気

に似ておりますねぇ~、当然のごとく、逆パターンにはなりますが、
思わず見ていて笑ってしまった訳でして。。。


 まぁ、お値段のほうも20~30万円すると言うこともあり、
あえて電動化する必要は無いかと思いますが、
はしごを下ろしたり収納したりという姿がどうしてもはしご車とダブり、
精神衛生上、私めには宜しくないような。(苦笑)


 そんなことはさておき、娘チャンを連れてさっそく屋根裏収納へ・・・
今回のモデルは新築予定の我が家のサイズより更に大きく、
広々はしているものの、床面より最高天井高は1.4m、
両端最低天井高は90cmと圧迫感はそれほど感ぜず。。。


 一方、我が家の予定する屋根裏収納ですと、
床面よりの最高天井高は1.4mで変わらずも
両端最低天井高は60cmと圧迫感はかなりでそうな予感。


 ただ、壁際に這わすレイアウトを予定している私め、
模型用のケースを収納する台を設けることを考えれば
充分に間に合う壁際の高さですが、どんなレイアウトプランにするか、
悩みが増してきそうな予感。。。


 大体の雰囲気は掴めたと言う事で、下階におりて押入れ、本棚、
キッチン、浴室などの見学。


 キッチンに関してもヤマハやサンウェーブ、ナショナル、
ヘーベルオリジナルと色々とございまして、
ヤマハが一番気になるところですが、やはりお値段が・・・。
そのうえ、IH式にするかガスコンロ式にするか悩むところ、
IHにしてしまうと、便利そうではあれども土鍋が使えないという哀しき事実、
エコウィルの導入を考えている我が家、給湯用のお湯を作りながら
電気を発電するということで、ガス料金も安く使用できるということを考えれば
ガスコンロの方がベターのような気もしますね。


 一方の浴室に関してもTOTO、INAX、セキスイ、ヤマハ等がありますが、
ここで注目したいのがお湯の冷めにくさ。
TOTOの魔法ビン浴槽やINAXのサーモバスなど保温に関しては
どのメーカーも力を入れているようで、
後は浴室床の乾きやすさなどの面が勝負になろうかと。。。


 後はもろもろ本棚などの設置方法などを見てまわりましたが、
まだまだ頭が痛くなりそうな問題が山済みのようで、
どこまで飽きずに真剣に話し合いに取り組めるかが
ひとつのポイントになるかもしれませんねぇ~、
私め自身の気が狂わないことを祈るばかりですが。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 なんともまぁ~、私めにとって人生最大の決断と言えば

結婚

も人生最大の決断だったような気もいたしますが、
結婚に引き続き、マイホームの建設もある意味、
もう一つの人生最大の決断かと・・・
マイホームを建てるにしても

莫大な借金を背負い

支払いのために仕事に追われ

まだまだ続く子育てに追われ

という、2大苦悩も3大苦悩に増量すると言う皮肉な結果に。。。(涙)


 そんな莫大な借金を背負うことで悩む私めをよそに
私めの元上司の方で新築で購入した駅前高級マンションを売り払い
新たに都内の新築高級マンションを購入するという、
荒業を披露した方を私めも存じておりますが、

毒舌大王こと、アキレスさま

とは、口が裂けても言えません・・・文章で書いてしまいましたが。。。


 さて、それにしても住宅ローン減税も今年で終わるとか終わらないとかで、
色々なことを考えると今年中に家を建ててしまった方が得策。


 ということで、娘チャンも来年から正式に幼稚園入学と言うことで、
暢気に「来年の3月までに引っ越せればいいや!」と、
思っていた私めも減税廃止は一大事!と言うことで、
何とか年内入居を目指すハメに。


 そんな訳で慌ててじっくりとハウスメーカーとの話し合いの上で
セキスイハイムと旭化成の2社に照準を絞った訳ですが、
ネット上の情報掲示板による情報収集をするにしても
お互いのメーカーの悪口ばかりで
あまり参考にならず・・・il||li ○| ̄|_ il||li


 ただ、両メーカーともに色々な特徴があるわけですが、
私め的にはセキスイハイムのユニット工法、ソーラー発電、
外観の雰囲気に大いなる興味を・・・
一方の女房は旭化成の耐久性とメンテナンスコストの面で推しの一手、
さらにセキスイハイムの半分以下の料金で設置できるソーラー発電を
更なる隠しダマとして家族会議の交渉の目玉に。。。


 ただ、ソーラー発電を乗せたセキスイハイムと
同じくソーラー発電を載せた旭化成、
正直言ってお値段のほうも、ほぼ互角。


 ひとまず、セキスイにしてもへーベルにしても私め希望の

屋根裏秘密基地と書庫

は家族の冷たい視線をよそに、しっかりと設けられており、
さらに色々と悩み、ソーラー発電に関して更に協議した結果、
この地域は畑が多く、

土埃の襲来

は避けられそうになく、今後のソーラーパネル清掃やらのメンテナンスコストに 
不安があると言うことであえなく取りやめ、後は間取り勝負に・・・
その時点ではまだ、お互いの希望するメーカーを一歩も譲らず、
両天秤にかけても傾かず、と言った具合。。。


 1F、2Fの間取りに関しては両社ともに満足いく配置がなされ、
各々希望のスタイリングが取り込まれていたものの、
私め自身が最終的にメーカーを選んだ理由とは・・・

屋根裏秘密基地の広さ

    
という、何とも子供じみた理由でして。。。


 ということで、最終的に選んだメーカーとは・・・

旭化成のヘーベルハウスに決定!

セキスイハイムは外観の重視の屋根配置の関係で屋根裏は7帖強、
一方、旭化成の屋根裏は14帖と、3000両以上の車両を収容し、
レイアウトを壁沿いに走らすことを考えれば
屋根裏に関しては広い方が良かった訳で。。。


 あと、もう一点として、その後も値引き交渉で
セキスイハイムと旭化成での総工費を比べると
ソーラーパネル代を抜きにして計算しても
2百万円ほどハイムのほうが高くなってしまうという点も
外観や間取りは気に入っていたものの、チョット痛手でしたね。


 ひとまず、メーカーも決まり6月からは内外装やらローン手続きなどと、
またまた色々な行事が目白押しになりそうですが、
果たして模型と戯れる時間って持てるんだろうか・・・?(悩)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 そろそろ5月末と言うことでそろそろ真剣に
建てるハウスメーカーを決めねばならぬ、という
一世一代の大勝負に未だ躊躇している さくら でございます。。。


 さて、色々とハウスメーカーさんと話し合いを続けてきた訳ですが、
なかなか決めかねるというか、いざとなると悩みこんじゃうものですねぇ~、
とりあえず現在のところ、ソーラー発電、ユニット工法のセキスイハイムと
へーベル板の旭化成の2社に絞り色々と話し合ってきましたが、
様々な付帯物、外構込みの価格も両社ともに互角。


 そして私めの集大成の如く、鉄道模型の小部屋と書庫は
何とか我が家の法案を通り、設けるに成功いたしましたが、
場所はやっぱり2階の上に追いやられるようで。。。(涙)


 とりあえず、家を建設する上で重視することになるのが
建設後のメンテナンスコスト、
タイル張りにすればユーザー側での洗浄は必要でも塗装不要のハイムが有利、
一方のへーベルも洗浄は必要でも塗装技術の向上により
30年間塗装不要と触れ込みが。。。
 

 お次に光熱費と言うことで、様々な面でのコストアップから
光熱費の値上がりは目に見えているということで、女房希望のソーラー発電。
これについてはセキスイハイムの十八番。


 ハイムさんの試算では我が家の場合で4.9kwの発電量が期待でき、
それなりの期間で元は取れそうとの話を聞くも、ここで大きな落とし穴が!!

畑が多く、砂ぼこりが非常に多い

という、

誰もが羨む素敵な立地条件!!



 これでは発電量の低下は免れることは出来ず、メーカー側によると
雨で洗い落ちる、とは言えども相手は畑の土と言うこともあり、
少量の雨では太刀打ち不可能では?という、疑問点が。。。


 かと言って、私めがはしごで上り、高圧噴射で清掃と言う手段もありますが、
落っこちたら危険だと言うことで却下され。。。


 終盤にきてとんでもない事態に陥ってしまったソーラー発電、
旭化成にも色々と話していたところ、こんな話が・・・
「いま、先着10名さまに100万円で太陽光発電キャンペーンをやっている。」
という情報を得て、更なる提案が。。。


 ただ旭化成曰く、ソーラー発電のほかに「エコ・ウィル」ッちゅう、
都市ガスやLPガスを燃料とするガスエンジンで発電を行い、
その際に発生する排熱を利用して給湯などをするそうで、
そちらはいかがでしょうか?と言う話。


 ただ、「エコウィル」を取り付けたとしても値段上昇するのは当然の話で、
利点で見ればオール電化と比べ、常時即座に大量の熱湯を供給可能、
電気使用量が減り光熱費の削減を図れ、発電時の排熱を有効利用するため、
二酸化炭素排出量が少ないなどといった謳い文句もあるようですが、
デメリットもありそうな。。。


 まぁ、6月が目前になってしまいましたが、
どのメーカーを選ぶにせよ、頭痛のタネになりそうな予感。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 本日は同期会と言うことで、数年ぶりに同期14人中、12人が揃って色々と
盛り上がっていたのですが、救急隊の話やら救助隊の話、
様々な仕事や身の上相談など、当直班が違うとなかなか会うことも出来ず、
1年に一度は同期会をやってもいいものですねぇ~♪


 さて、ここ最近は慣れない職場に戸惑い、ボロボロになって帰宅し、
まともに模型の作業をしていない様な気がしておりましたが、
よくよく考えてみたらそれに加えて最近は
夢のマイホームに向けて住宅メーカーさんと色々と話し合う機会が多く、
模型作業の時間が割けないことに気がついた訳でして。。。


 一重に住宅と言ってもマンションやら建売やらと
色々と選ぶ手段はございますが、
私めの場合、長男と言うこともあり実家の手伝いも視野にいれ、
同居の方が色々な面で融通は利くということで、
実家に住み着こうと考えていたら甘かった、
ウチの両親から同居を拒絶された訳でして・・・il||li ○| ̄|_ il||li


 完全に住む所を失った私め、
幸運にも実家と畑をはさんだところに土地はあるが
手持ちの資金はゼロと言った状況。。。


 それではどういう家を建てるか?ということで、
私めも女房と話し合いの結果、木造を希望する私めに反し、
女房は地震を考えて躯体は鉄骨が良い、というご意見。


 確かにここ最近はシロアリ対策を講じても外来種のシロアリさんも
出没して喰い荒らしている事も考え、
女房の意見を採用することに相成りましたが、
問題は建築メーカーをどこにするか?という話。 


 建物の骨組みである躯体が鉄骨であることを前提に
数社の中から色々と考え抜いた結果、
炎をあてられたへーベル板の反対側で
平然としているヒヨコでおなじみの旭化成か、
ユニット工法で工期短縮、ソーラー発電で名高いセキスイハイムの
どちらかにするかというところまで話は煮詰まっており・・・。


 私めどもからメーカーに出した希望と言えば、

・ 子供に安全な家 
・ ピアノを置けるリビング
・ 書庫 & ウォーク イン クローゼット
・ 模型レイアウトが出来る屋根裏部屋 

という希望を。。。


 セキスイハイムのようにブロックを組み立てるユニット工法、ラーメン構造に
魅力があるのも事実、そのうえ、ソーラーパネルによる自家発電、
オール電化住宅には大きな興味が。。。


 一方、旭化成の方はソーラーパネルも可、
ベランダの張り出しを最大1.8mまで迫り出せるところは魅力ですが、
やっぱり、お値段が・・・(涙)


 ただ、両社ともに地震に強いと言う点では共通、
基礎に関してはセキスイがベタ基礎、旭化成は布基礎という違い。
あと気になるところは総工費が一番、気掛かりですよねぇ~、
先にも言いましたが、ここで突出してくるのが旭化成の総工費のお値段!

ガクガク((((゚д゚)))))ブルブル



 今しばらくは模型そっちのけで悩む事になりそうですが、
果たして夢のマイホーム、きちんと建つんでしょうかねぇ~?(人事??)

↑このページのトップヘ