続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

カテゴリ: さくら屋敷

 5月から始めたウェイトダウン作戦・・・
あくまで通過点ではありますが、
一応は76kg台に突入
した さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_5478
 さて仕事休みの朝、NHKの天気予報を見ながら
2019-01-22-07-33-09-963
ノンビリしていた時のこと、2階から
「シャッターが開かな~~~い!」
という息子クンの声が・・・。
IMG_5509
 ということで、息子クンの部屋に向かってみると、
シャッターに取り付けられている幅木錠のレバー部分、
紐を引っ張ろうと、レバー部分を持ち上げようとしても、
レバー本体がクテンクテンになっており、
解錠が出来ていない模様。。。(汗)
IMG_5510
 とりあえず、Kei Worksから工具ボックスを持参し、
+ネジを外すとカバーと本体が外れ、
錠本体を取り出して確認してみると、
一本のビスの頭部分が捥げてしまっているようで。(嘆)
IMG_5512
IMG_5513
 一応は取説を確認後、ネットにてASSYを捜してみると、
該当する部品が現れず、さすがの私めも狼狽える。
IMG_5519
IMG_5515
IMG_5516
 結局、狼狽えていても仕方ないという事で、
車庫からネジ一式を息子クンの部屋に持ち込み、
丁度良いネジを捜す事に。
IMG_5517
IMG_5520
 あくまで応急処置とはなりますが、
ナイスなサイズのネジが見つかり、
元々折れてしまったビスと置き換え、
錠本体とシャッターのスライダー部分と合わせた後、
カバーを取付けて+ネジにてカバーと本体を
ネジ留めして完了!
IMG_5521
IMG_5522
 しっかりとレバー部分を引き上げれば
解錠できるという事で、
暫くの間はこの状態で使用してもらいたいと思いますが、
果たして、錠本体のASSY があるかどうか、
不安なところでして。。。(悩)
IMG_5518

 

 なんか、おクスリで捕まっちゃった
おバカな芸能人がいたみたいですが、
私めも
クスリで痩せた
と言われたくない さくら でございます。。。m((_ _;))m
_90799136_ups
 さて、電磁弁不具合により交換作業を行った
リンナイの貯湯タンク付給湯器、
電磁弁の交換時、湯沸し部分の配管に水漏れ発覚!
ということで、配管の取り付けられた湯沸し部分を
ASSYと交換といった具合に。
IMG_5011
IMG_5012
 昨日午後から業者サンが部品ひと揃えを持ち
我が家にご到着!
DSC_0503
 給湯器の化粧板を外して作業を・・・
化粧部分が外されて露わになった湯沸し部分、
湯沸し部分などにつながる配線やら配管が
徐々に外されていく。
DSC_0504
 水漏れを起こしていた配管エルボ部分の外側は
白い結晶化が顕著なるも内部は綺麗なようで。
DSC_0505
DSC_0507
DSC_0508
 お次にクルマのキャブレーターにあたる部分が取り外され
なにやらモーターにてガスの配分を調整するようで・・・
また、なかなかズッシリとした重さがあり、
さすがの私めもチョイと驚き。。。
DSC_0511
DSC_0512
 附帯部品が取り外されたことにより、
湯沸し部分のご本尊が取り外され、
コチラもしっかりとした重さがあり、
耐久性を求めた結果なんですかねぇ~?
DSC_0513
DSC_0514
 新たな湯沸し部分に再利用となる配線ストッパーやら、
新たな配線等が取り付けられ、
湯沸し部分設置後にキャブレーター部分やら、
配管が取り付けられ、約2時間で作業が完了し。
DSC_0516
 とりあえず、電磁弁の修理から始まった
給湯器のある意味、更新作業・・・
湯沸し部分やら電磁弁も新しいモノになったという事で、
とりあえず10年とまでは行かなくとも
5年くらいは寿命延長できたのかな?と。
DSC_0517
 

 大嘗祭で使用されたお米・・・
     とちぎの星
の話題で持ちきりのようですが、
個人的にはコシヒカリが一番
だと思っている さくら でございます。。。m((_ _))m
738580962
 さて、コチラも数日前から急激に出始めた症状なのですが、
門柱に設置されたドアホンの釦を
押しても鳴らず、
ウンともスンとも・・・
一応、モニター側との会話可能なるも、
チャイムが鳴らなくなってしまったようで。。。(嘆)
IMG_5099
 症状を確認してみると、ドアホンの釦を押せば、
室内側のモニターではしっかりとチャイムが鳴り、
ドアホン側はチャイムが鳴っていないといった状況。(汗)

 恐らく、ドアホン側の不調だと思われますが、
10年以上に渡り外気やら風雨、
台風では塩害を喰らう地域という事もあり、
そろそろ後任にバトンタッチさせていいのかと。。。

 ということで、ネットショッピングで到着したのは
βアイホン JB-DA(カメラ付玄関子機)
ということで、まったく同じモノを。(苦笑)
IMG_5094
IMG_5095
IMG_5097
 モノも到着したという事で、
さっそく作業に入りたいと思いますが、
作業自体は外側のネジを緩めて外し、
裏側の配線を外せば、古いドアホンの取り外しは完了!
IMG_5100
IMG_5101
 一方の新しいドアホン、
最初に配線接続作業となりますが、
ネットにて配線接続の確認をしてみると、
無極性という事で、どちらにつないでもOK!
と書かれているものの、
一応、元と同じ位置で配線を接続する。
products_detached_replacement_howto_03
IMG_5103
IMG_5104
 ひとまず、元の場所に新しいドアホンを取付けて
作業の方は終了となりますが、
呼び出し釦を押してみるとしっかりとチャイムが・・・
やはり、ドアホン側が故障という事で、
間違いはなかったようで。。。
IMG_5105

 コカコーラ・クリアライム・・・
どうも鼻から抜けるかほりが
トイレの芳香剤と一緒に思えて
しょうがない さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_5056
 さて、我が家のエコウィルと付随して活躍する
img_0_m
 
リンナイの給湯器、
エコウィルで発電しながら作られたお湯を溜める
貯湯タンクが給湯器に併設されており。
IMG_5013
 そんなここ数日の話、
お風呂にお湯を張ろうとすると
リモコン部分に
エラーコード561
と表示され、湯張機能がストップ、
電源をOFFにして再起動して、
湯張機能を押せば最後まで動作するといった具合。

 そんなエラーコード561とは何ぞや?という事で
調べてみると、

バイパス水電磁弁異常
バイパス水電磁弁(給水弁)の確認、給湯サーミスタ等 

ということで、私めの手におえそうな
            部分ではなさそう。。。(汗)

 ということで、メーカーさんに依頼して
給湯器内部の修理と相成りましたが、
給湯器をバラして該当場所にアプローチ、
真鍮で出来た部品だそうで。
IMG_5009
IMG_5008
 ぎっしり詰め込まれた機器の間から
電磁弁を給湯器内から抜き取り出し、
新しい部品と比べさせて頂くと、
今度の部品はプラ製に変わったとの事。
IMG_5010
IMG_5011
 作業時間的には30分程度の作業でしたが、
ココでアクシデント発見!
湯沸し部分に向かう配管から水漏れ後・・・
しかも数分に1滴の間隔にて滴が落ち。。。(汗)
IMG_5012

 案の定、お仕事の残業でプロレス観戦が出来ず、
フテ腐れている さくら でございます・・・
OSW、見に行きたかったのに。。。m((_ _#))m
EEAulBtUEAAeYEU
 さて、さまざまな前評判をうけてやって来た
    台風19号
WM_TY-ASIA-V2_20191012-180000
千葉県市原市の方では竜巻が発生し
hqdefault
1人の尊い命が奪われるなど、
様々な爪痕を残して去って行きましたが、
我が家も今回の台風に対しては
しっかりと事前準備と対策を。
IMG_4626
 プランターなどは自宅玄関内に避難させると同時に
IMG_4625
門は縮めてスリングロープで縛りあげ、
IMG_4630
普段から使用しているとはいえども、
04da7a75.jpg
発電機の試運転
を実施。

 一方、畑に関しては大雨に対する策として、
サツマイモと落花生を植えた間に
穴を掘って雨水を貯留させ、
そこから道路側に流れるように準備がしてありましたが、
雨が降り始めてから上手く流れないことが判明し、
排水路を再度加工するハメに。。。(嘆)
IMG_4612
IMG_4611
 一方、風に関しては当初、前回の台風よりも
吹きすさぶような雰囲気ではありませんでしたが、
台風の中心が伊豆方面に上陸してから強さが増し、
前回以上の強風が吹きすさんでいたようで。(嘆)

 おまけに18時半前には地震まで発生・・・
まさに弱り目に祟り目状態。。。(汗)
large
 とりあえず21時過ぎには風も大人しくなり始め、
私めも気が付いたら眠りに落ちておりましたが、
翌朝、早起きして畑の見回りを・・・
特にサツマイモと落花生は風に弄ばれたせいか
葉っぱ等が随分と乱れておりましたが、
なんとか通常通りには
収穫は出来そうで。。。(涙)
IMG_4627
IMG_4628
IMG_4629
 一方、実家納屋の窓ガラスが
前回の
台風15号の影響で粉々に粉砕され、
今回の台風19号対策で窓の応急処置をしてありましたが、
一応は持ち堪えたみたいですね。
IMG_4634
IMG_4635
 ひとまず、私めはこれから実家納屋の
割れて無くなってしまった窓部分に
コンパネでも張って封鎖してしまおうかと。。。(悩)

 体重の方も気が付いたら83kg台に突入!
しっかり身体を動かしながらのウェートダウンだと、
体重の減少も早いような
気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_4246
 さて、トラクター用エンジンオイルを購入に行った日の
朝の出来事・・・
買い物へ行く前にランクルの燃料補給を。。。
6d714b73.jpg
 速やかに燃料補給を終えて帰宅し、
ランクルの方向変換をしている最中のこと、
方向変換の際にバリバリバリ!という音が響き、
私め的にはさっき捨てはぐったペットボトルでも
左前輪で踏んだかな?程度の話だと思い。

 とりあえず、踏んだペットボトルでも片そうと
クルマから降りて見てみるとペットボトルは無く、
代わりに判明したのは
排水ますの蓋が壊れ。。。il||li _| ̄|○ il||li
IMG_4210
 どうやらハンドルを切った際に
蓋の上にタイヤがあったらしく、
蓋の劣化も加わって割れてしまったようで・・・(淋)
蓋自体はFRPとコンクリを用いて出来ているようですが、
経年劣化があったといえども、あっさり割れるとは。。。
IMG_4211
 ここでめげていても仕方ないという事で、
トラクターのエンジンオイル購入ついでに
排水ますの蓋も購入してくることに。
Joyful_Honda-Utsunomiya
 自宅出発前にフタのサイズを計測すると約30cm、
てなわけで購入してきたのは、
タキロン シーアイ製排水ます用レジコン蓋
というモノ。
IMG_4213
IMG_4214
 本来であれば耐圧タイプのモノが欲しかったものの、
残念ながら品切れ・・・
確か、我が家でクルマが通らない場所に
耐圧タイプの蓋があったのを思い出し、
双方の場所を交換すればOK!ということで。。。

 ひとまず、バールとマイナスドライバー、
プラハンなどを準備、
IMG_4215
IMG_4216
割れた部分は撤去できたものの、
問題は縁部分・・・
コチラの部分は当て木を置き、バールを用いてテコの原理で
外しに取り掛かる。。。
IMG_4217
 縁の部分もあっさりと外れ、
IMG_4218
溝部分をマイナスドライバーにて土を除去する。
IMG_4219
IMG_4222
 一方、新しい蓋の裏側には
人のみが通行する宅地に使用
ということで、
交換目安も15~20年とは
私めも初めて知りまして。(汗)
IMG_4220
 ひとまず、定位置に設置した排水ますの蓋、
そのうちに他の場所も
壊れると思おうと気分的に。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
IMG_4221

 ヤフーブログの終了発表があってから
各カテゴリー別の更新が滞ったり、
変や表示
がされたりと・・・
イメージ 14
イメージ 15
ここまでヤル気のなさを見せられると
YAHOO!って
企業として終わっている感じ
がする さくら でございます。。。m((_ _#))m
イメージ 1
 さて今年は新居に越してから
  10年
という節目を迎え、
2月中旬に住宅メーカーからの住宅診断を。。。
イメージ 2
 そんな住宅診断と不具合箇所の修理依頼、
またメーカーからのメニューに入っていた
吊戸棚の補強工事
3月に入ってから行う事に。

 作業当日・・・
イメージ 3
最初は1階キッチンにある吊戸棚の補強工事という事で、
1区切り4本のネジで4箇所、
計12本で留められていたモノを
ネジの数を
更に倍にしましょう♪という事で、
追加の12本のネジを用いて補強を・・・
イメージ 4
昨年発生した
大阪府北部地震
吊戸棚が落下する事例が何件かあったそうで。

 速やかに補強工事は終わり、
今度は2階の寝室の廊下と寝室の床を区切るモールが
割れており、
コチラの修理を・・・
イメージ 5
当初は私めが部材だけ頂いて修理を考えておりましたが、
補強作業と不具合箇所、まとめてやってくださることに♪

 床下に埋め込まれたモールはスグに外れ、
モールの受け皿部分が露わとなり・・・
イメージ 6
新たなモールはそのまま嵌めればカチッとハマり、
取付ければ修理完了といった具合。
イメージ 7
イメージ 12
 最後に我が家北側の外壁塗装のひび割れが判明し、
お願いした外壁修理・・・
イメージ 8
イメージ 9
前回は貼り付けるパッチに不具合があり、
そのままとなっておりましたが、
イメージ 10
今回はパッチを用いず、
そのまま塗料を上塗りするタイプに。

 修理に興味津々の私め、
横で作業を見学させた頂きましたが、
こういう作業って、見るのって楽しいですよねぇ♪
イメージ 11
 10分ほどで塗料を塗り重ねて作業方は終了♪
イメージ 13
 色々な情報が入る便利な時代になった事も
要因かもしれませんが、客という立場から、
サービスマンにあ~だの、こ~だのと
偉そうに注文を付ける方ヤカラが
増えているようで。。。(苦笑)

 私めの考え方が異質なのかもしれませんが、
修理を慌てさせて、やっつけ作業になるのであれば、
しっかり修理をして頂いた方が・・・
色々と修理に関する技術などは
           ドンドンと向上

しているようですが、
これらを要求するお客サンの質って
           ドンドン低下

しているのかなと。。。

 昨年、我が家で作ったサツマイモの
  べにはるか
干しイモになると1000円近いお値段
になることを知り、
驚かせて頂いた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて我が家が、
この地に越してきて10年が経過
いたしましたが、
さすがに10年を経過する前後の時期になってくると、
色々と家廻りやら屋内に不具合
が出ても来るものですねぇ。(嘆)
イメージ 2
 過去にトイレ換気扇不具合やら
広帯域ブースタなどの故障など、
イメージ 3
色々とハプニングがございましたが、
ここに来てもう一つ不具合が出てしまったモノが・・・
マイホーム発電のエコウィル
ご機嫌がすぐれず、ここ数日は休暇を取っており。。。
イメージ 4
 年末には定期点検時期を迎えてしまい強制停止状態、
年末から年始にかけて休暇を取っておりましたが、
リモコン表示部分には早期の定期点検するように!
と促され、業者サンに定期点検作業を依頼して
オイル交換やらチューブ類の交換を行って定期点検完了!
イメージ 11
 そんな定期点検の終了から数日後、
またエンジン始動が厳しい状況に陥り、表示板には
         34E
という表示と共に休暇明けのエコウィルさんは再び、
エンジンが掛ることなく休眠状態になり。。。(汗)

 不具合といえば、8年前に11Eという表示で
エンジン始動不良といった不具合がございましたが、
イメージ 5
今回は排気温センサーの不具合。。。

 また、3年ほど前にはオイル漏れによる不具合で
液体ガスケット塗布などの修理がございましたが、
イメージ 6
その後は昨年、エコウィルのエンジン自体は
オーバーホールを行っており、
暫くは活躍を約束されたものの、
廻りに取り付けられている補機類の故障に関しては
二進も三進もいかないですよねぇ~。(嘆)
イメージ 7
イメージ 8
 ひとまず部品の交換という事で、
排気温センサーの交換を行って頂きましたが、
故障したのはこちらの部品・・・
イメージ 9
2千円足らずの部品だそうですが、
我が家のシャリーホンダの部品でも
適当に流用して取付けられないのかと。。。(笑)
イメージ 10
 そんな交換作業も30分程度で完了いたしましたが、
年数を考えると、
故障が多発し易くなる年数を経過しただけに
次はどこが壊れるのかと思うと
怖いもので。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 先般の仕事帰り・・・
やっとスマホから富士山が撮影できて
ご満悦の さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、私めの実家にて駐車場を貸しており・・・
ただ駐車場といっても、砂利の駐車場、
久々に様子を見に行ってみると、
誠に残念な状況。。。
イメージ 5


 駐車場の一部がえぐれてしまい、
盛大な水溜りが出来ている状況・・・
砂利の駐車場の難点ということで、
クルマのタイヤにくっ付くなどして
持って行かれてしまい、砂利が減っていくのに加え、
ハンドルを切りながら駐車場を出て行くため、
砂利が偏ってしまうといった具合。
イメージ 2


 おまけに舗装されているアパート側車路から
盛大に雨水が若干低い砂利の駐車場に流れ込んでいるようで。。。
イメージ 3


 一応、私めも砂利の補充を考えながら、
投入する砂利の量を計算しておりましたが、
駐車場に補充する砂利の量は約5t前後。
イメージ 4


 ただ今回は駐車場の入口部分を高くして
雨水の浸入を防ぐ目的で入口部分の
砂利を高めにしておきたい・・・
ということで、6t近く砂利を入れることになりそうな。


 砂利の購入は私めの後輩クンのところにてすぐ購入可能なものの、
問題は私めを含む
  親族作業員
の日程・・・
日程調整を含め、作業は後日となりますが、
暫くは実家関連の事で色々と忙しくなりそうな予感。。。(嘆)

 完全に四面楚歌になっちゃいましたねぇ、
某都知事の舛添 クン
この人、セコイというか、乞食ヤローというか、
漢には潔さも必要だと思う さくら でございます・・・
姑息な手段を使って自らの延命を図っているようですが、
時すでに遅し!ですよねぇ~!
これで都知事辞職ならともかく、
 都議会解散
だったら、クソヤローだと思います。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、修理のために自宅から旅立っていたホンダ製の
エコウィルのエンジン
が修理を終えて我が家にご帰宅。。。
イメージ 2


 ガスケットからのオイル漏れということでの修理でしたが、
しっかりと修理部分には液体ガスケットが塗布されたようで。
イメージ 3


 代替エンジンを取り出してから我が家のエンジンに取り替え作業、
今回は作業員サンが一人ということで、
ところどころ作業の補佐を行う。。。
イメージ 4


 エンジン取替え完了後、
各部の配線・配管の接続を行い、
作業のために抜かれていたエンジンオイルを注入・・・
エンジンオイルはホンダの
ULTRA CHP 
ガスエンジン発電ユニット専用エンジンオイル 10W-30
というもの。
イメージ 5
イメージ 6


 エンジンにオイル注入後にエンジン始動!
速やかにエンジンのほうは稼動し始め、
各部のチェックを行った後に
防音板を取り付け作業は完了!
イメージ 7


 ほぼ毎日稼動しているエンジンということで、
こういった不具合は必然的に発生することだとは思いますが、
作業員サンとのお話の中で、

「半永久的にこういったエンジンは
メンテナンスフリーだと思っている方もおられます。。。」 

という言葉に改めて驚き・・・(苦笑)
何はともあれ、この数日間、代替エンジンのおかげで本機故障中は
ホントに助かりまして。。。(感謝!)
イメージ 8

 さて、昨日のエコウィルのエンジン交換作業、
何気なく作業の方を拝見させて頂いた訳ですが、
オイル漏れを起こしたエンジンを取り外して、
代替エンジンを取り付け、従前のエンジンは
修理のために我が家から一時的に旅立って。。。(^O^)/~~ see you !
イメージ 1


 そんな作業光景を見ながら、
何気なく我が家の外壁に目をやると・・・
ん?何か外壁が変???
イメージ 2


 何気なく目をやった配管裏の外壁の塗装面、
ぬわんと、
塗装面の割れと割れた塗装面のめくれが・・・
ホント、私め的には
驚き!桃の木!!アントニオ猪木!!!
 
イメージ 3


 冗談はさて置き、
外壁の一部分の4箇所ほど、
塗装面が割れてめくれている状態、
そして、ブロック分けされている下段面の部分にも
塗装の浮きと割れが認められ。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 4
イメージ 5


 ここで慌てふためいても仕方ないということで、
我が家を立てた時、へーベルハウスの塗装に関しては
30年塗り替え不要というのがウリ!
ということで、我が家が出来てから6年半・・・
30年にはまだまだ程遠く。。。
イメージ 6


 女房サマにへーベルハウスの連絡先を準備してもらいつつ、
エコウィルの作業終了後にハウスメーカーに連絡、
家の方位と詳しい場所を伝え、
私めの仕事などの都合もあり、後日6月13日に
業者サンが我が家に。。。
イメージ 7


 簡単な補修で完了するのか、
どういった修理になるのかは、まだまだ未定ですが、
エコウルやら自宅の修理費など、
私めもそろそろ真剣に修繕費として
お金を貯めなければいけないのかと、悩んでおりまして。。。(嘆)
イメージ 8

 さて本日午前中は、ガスケットからのオイル漏れが発覚した
ガス発電・給湯暖房システム エコウィル
のオイル漏れ修理に伴う代替エンジンの交換作業のために、
業者サンが我が家に訪れ。。。
イメージ 1
イメージ 4


 そんなエコウィル、元々は
発電ユニット貯湯ユニットからなり、
発電ユニットのガス燃料エンジンはホンダ製、
貯湯ユニットと標準リモコンセットはノーリツ製といった具合。


 このエコウィルのエンジン、
ホンダ製 単気筒OHV4サイクル163ccと、
我が家のスズキ アドレスの排気量以上ジレラ・ランナー未満、
排気量は163ccと記載されているものの、
出力に関しては・・・?


 そんなエコウィルのエンジンの交換作業ですが、
外板、配管やら土台からの切り離し作業・・・
たまたま作業中、今年入社した若手社員もおり、
ネジがなかなか外れず難儀しているご様子、
結局、私めが外し方のコツをレクチャーのうえ、
実際にネジを取り外してみせる。。。
イメージ 2


 ひとまず、これから修理に行くエンジンを外した後に
代替品のエンジンを土台にセットし、
配管補機類を接続して、
エンジンの試運転を行って作業終了、
それにしても、色々と吸音のために、
大小さまざまなスポンジが組み込まれており、
エンジン始動時の静かさの訳を納得する。
イメージ 3


 そんな作業、横で拝見しながら感じたこと・・・
普段は箱の中に篭っているせいか、
あまりサイズの方は気にしておりませんでしたが、
エンジン単体で見させて頂くと、
大きいかと思いきや、案外とコジンマリとしていますねぇ。。。
イメージ 5


 恐らく、エンジン上部にエアークリーナーなどの補機部品が
取り付けられているからだと思いますが、
エンジン単体になってしまうと。。。


 今回の修理に関して、液体ガスケットを用いて修理を行うとの事、
液体ガスケット流布後、エンジンを組立て、
1日置いておきたいとの事で、また数日後に戻ってくるようですが、
個人的にはエコウィル、今回の修理はともかくとして、
停電時にも使えるシステムであれば、
もっと素晴らしいのにな、と、思う今日この頃でして。。。
イメージ 6

 職場でクルマの話題になり・・・


「さくらサンって絶対、
人とは違うクルマ選びをしますよねぇ~。」


大きなお世話だと思う さくら でございます・・・
どうせ乗るならこんなクルマに乗りたいと。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて昨日は我が家の小さい発電所、
エコウィルの定期点検
ということで業者サンが参上!!
このとき、時間のあった私め、世間話をしながら
作業を覗き見することに。。。
イメージ 2


その後は特にエンジンなどの機嫌が悪くなることも無く、
前回の定期点検も異常なしといった具合。
イメージ 3
イメージ 4


 今回の点検もオイル交換などのメンテナンスなど色々、
エコウィル本体の蓋を開けて中身を見ると・・・
イメージ 5
イメージ 7

ホンダ製のエンジンが設置された土台部分に
オイルが垂れたシミ痕が。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
イメージ 6


 オイルがダダ漏れになっているという訳ではなく、
あくまでじわりじわりと漏れているようですが、
どうやらエンジン本体のガスケット部分からの漏洩の様で。。。
イメージ 8


 結局、対応としてエンジンの方は一旦取り外しの上、
ガスケット部分の修理・・・
ガスケット部分は液体ガスケットを使用という事で、
液体ガスケットを塗布後、丸一日時間を置きたいそうで。
イメージ 9


 後日、代替エンジンの手配が付き次第、
修理が行われるとのことですが、
ほぼ365日、時間は不規則ながらも
発電のために稼動しているエンジン、    
使用から約8年、今回はガスケット部分からのオイル漏れでしたが、
いずれかの不調も、こればっかりは仕方ないのかもしれませんねぇ。。。

 以前、誕生日にヤギを希望されてしまった私めのご友人、
私めのアドバイス通り、ヤギではなくラム肉をご令嬢に進呈!

その日から父と娘の会話が無くなったと聞いた さくら でございます・・・
なんと言って、ご令嬢に渡したのか気になるところですが。。。m((_ _))m
 

 さて、いまの新居に越してから早6年、
色々と小さい痛みが出始める頃ではございますが、
我が家も例外ではなく、ポツポツと。。。
 

 そんな我が家の娘チャンと息子クンの部屋のドア、
隙間風防止用のクッションが貼られておりますが、
完全剥離して、床に放り投げられ。。。(嘆)
 
イメージ 1
イメージ 2

 以前、同様にクッションが剥がれ、
私めが両面テープを用いて修理はしたのですが、
両面テープの忍耐力も途切れ、剥がれてしまった様で。。。

 
 内辞スルーのおかげで気分が乗りませんが、
本日で終業式を迎える子供たちが帰宅する前に
本格的に修復を行おうということで、
クッションが剥がれた箇所に残るボンド跡を完全剥離し、
両面テープではなく、我が家で活躍し始めた例のボンドで♪

 
 今回用意したのはマスキングテープと
クルマのステッカー剥がし用のスクレーパー、
コニシボンド ウルトラ多用途SU クリアー ソフト

3種の神器を。。。
 
イメージ 3

 
 とりあえず、ボンド跡をスクレーパーにて剥がしたのち、
マスキングテープでボンドが余計な箇所に付かぬように保護。
 
イメージ 4
イメージ 5

 
 ウルトラ多用途SUを塗布した後にマスキングテープを剥がし、
隙間風クッションを貼り付けて作業完了!!
 
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 
 前々から気になっていた2階トイレの引き戸部分に貼付された
隙間風クッションですが、こちらも若干、剥がれ始めていることを確認し、
こちらもついでに作業を行ってしまうことに。
 
イメージ 9

 
 こちらは平面状に貼り付けられているおかげで、
ボンド跡も比較的ラクに剥離。
 
イメージ 10
イメージ 11

 
 ドアと同様の作業工程を行い、作業修了となりましたが、
とにかく自分で作業できるところであれば、
私め自身で作業してしまおうと・・・
この先、この家もドコが不調になっていくのか、
不安に苅られておりまして。。。(苦笑)

 コーンフレークは牛乳を入れてスグに食べるより、
フレークに充分、牛乳を浸して、
フニャフニャ状態で食べるのが好きな さくら でございます・・・
あの歯応えのなさ
がたまらなく。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて、ようやく終わった下水工事に伴う
砕石の撒き戻し作業・・・
とにかく1月中には終わらせたいと思いながらも、
強い北風にやられ、作業は難航しましたが、
時間的にはトータルでみても6時間程度の作業だったようで。。。
 
イメージ 2

 そんな今回の作業、深底のネコクルマ、
角スコは従前からあったモノ
ですが、
今回は秘密兵器を投入!!
 

 そんな秘密兵器とは・・・
穴あき剣先スコップ
なるモノを。。。
 
イメージ 3

 見た目はかな~り、くたびれておりますが、
どこぞやの作業現場から、かっぱらってきたものではなく、
先般の下水道工事の際、作業員サンと色々と話をしていて、
角度が狂ってしまい、使わなくなったということで、
チャッカリ頂いてしまったモノ。
 
イメージ 4

 角スコと比べてしまうと、小振り、
重さのほうも3分の2くらいということで、
取り回しもかな~りラクで。。。
 
イメージ 5

 ただ、穴を掘る際には使い辛いものの、
今回のような狭い場所でネコに砕石を積むシーンでは
力をあまり使わずに積むことができ、
ラクをさせていただきまして。。。
 
イメージ 6

 今回はこの3種の神器で作業を乗り切りましたが、
スコップはともかくとして、
下水工事での役目を終えた
緑色の深底のネコグルマの処遇・・・
今後も農作業で活用させていただきます。。。(苦笑)  

 本日は全国的な土曜日ながら、
やることが山積みで休めない さくら でございます・・・
過労のおかげで体力とヤル気が伴っておりませんが。。。(^_^;)
 

 さて、昨日は強い北風にやられ、低体温状態、
早々に作業を中止にした砕石の撒き戻し作業ですが、
本日は昨日のような強い北風もなく午前中から静穏♪
 

   とりあえず、
ぶ・ら・り途中下車の旅
を視てから・・・
今週は埼京線ということで、
旅人 太川 陽介
作り笑いに感心しながら視聴する。
 
イメージ 1

 ひとまず外に出てみると、昨日の暴力的な北風もなく、
これ幸いと午前中に防草シートを残り部分に敷き詰め、
午後から本格的に作業開始!
 
イメージ 2
イメージ 4

 
 昨日は雨でぬれていた砕石も乾いたようで、
ネコに砕石を積む作業のほうも順調に進む。
 
イメージ 3

 
 途中で砕石を止めていた板を外して、
敷き直す砕石と合流させ、高さを合わせながら
砕石を撒いていきますが、
作業のほうも2時間程度で作業終了。  
 
イメージ 5
イメージ 6

 車庫の裏に一時保管していた砕石のほうも
きれいに片付き、サッパリしたような。。。
 
イメージ 7

 
 昨年から始まった下水道工事も年末で終わり、
懸案事項だった砕石の撒き戻しもおわり、
やっと安心して模型の作業に専念できる感じでして。。。

 イスラム国で人質とされた邦人男性2人、
タイムリミットは過ぎてしまいましたが、
この男性2人はどうなってしまうんですかね?
 

 今回の1件、イスラム国に人質として日本人がいるにもかかわらず、
かなり軽率な行動と発言をしたダメノミクス総理、
配慮のなさに呆れている さくら でございます。。。(-_-#)
 
イメージ 1

 さて、砕石撒き戻し作業は2日目ということで、
本日も最初に防草シートの敷き戻し作業を・・・
しかしながら、本日は北風が非常に強く、
シートは風に煽られ、埃が目に入り、私めヤル気喪失する。
 
イメージ 2

 そんな状況下ということで、
その後は作業の進み具合に応じて敷き直しておりましたが、
ホントこの北風、どうにかならないもんですかねぇ。。。(嘆)
 
イメージ 4

 そんなこんなで、砕石をネコに積んで、
防草シートの上に戻していく訳ですが、
約5年間に渡り、強風で畑の土が砕石に混入しているせいか、
なんとも残念な砕石・・・。
 
イメージ 3

 ただ、ある程度の一定期間、降雨があれば
砕石に付着した土が取れ、土が下に沈下する形になりますが、
よくよく考えれば、この砕石を廃止となる浄化槽に入れて、
新たな砕石を購入したほうが良かったのかな?と。。。(汗)
 

 作業のほうは難航し、撒き戻し作業はあまり進捗せず、
3日目に突入するハメに。(嘆)
 
イメージ 5
 

 そんなこんなで砕石撒き戻し作業、3日目に突入ですが、
移動していた砕石の量も少なくなり、
あと、もう一息、気合を入れて望みたいと。。。

 12月20日、東京駅で発売パニックになった

ネットと郵送で1月30日から2月9日まで申し込み受付するそうですが、
最初から青天井で記念Suicaを
販売してれば良かったのに!
と思う さくら でございます・・・
ちなみに私めは・・・?
私めと子供用に計3枚、
女房サマに購入を問うも、あっさり拒絶され。。。il||li ○| ̄|_ il||li
 
イメージ 1

 さて、年末に終了している我が家の下水工事、
そろそろ、砕石の撒き戻しも本腰を入れねば!ということで、
本日は作業初日を。。。
 
イメージ 2

 ただ本日は午後3時頃から雨予報・・・
作業も途中までしかできないとは思いますが、
とにかく時間の許す限り作業を進めておきたいと。。。
 

 おまけに本日は私めの知識の泉、
鉄道雑誌を購入する日とあって、
更に作業時間は限られてしまいそうということで、
朝、7時過ぎより、小さい霰の降る中、凍えながら作業開始!
 
イメージ 7

 ひとまず、砕石を手前側から撒いていくということで、
防草シートを敷き巡らしていきますが、
先日、購入したシートは新しいから埃も飛ばず良いものの、
今まで使用していたシートは
風に煽られ埃が舞い、エライ目にあう。。。(-.-|||)
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

 とりあえず、車庫裏に安置した砕石を
一輪車(ネコ)に積み込み、砕石撒きを開始するも、
途中、強くなったり弱くなったりの霰で休憩を行いながら、
本屋さんに行く午前9時半まで黙々と砕石を自宅裏に。。。  
 
イメージ 6

 霰のやんだ午後から、ノンビリ作業を行っておりましたが、
作業を開始してから一時間ほどで大粒の雨が・・・
ひとまず作業も強制終了ということで、作業工程の約半分が終わり。。。
 
イメージ 8
イメージ 9

 
 とりあえず、あと1日くらいで作業が完了できそうですが、
寒さの中での作業だけに早めに終わらせたいもので。。。

 新年を迎えてから、過労働が続き、
疲れMAXの さくら でございます・・・
やっぱり、寄る年波で疲れが抜けないような。。。m((_ _))m
 

 さて、我が家が今の地に越してきてから、
対応に苦慮していること・・・
ノラネコのフン害。。。
 

 ただ、フン害だけではなく、コンクリのタタキには
   足 跡
を残され、
挙句の果てには花壇にフンを・・・(怒)
お隣の弟宅では芝生にフンをされ、
何度か踏んでしまったとか、しまわなかったとか。。。(哀)
 

 特に私め、動物は好きでも愛猫家というわけではなく、
過去には飼っていた小鳥を殺されてしまった悔しい過去もあり、
そろそろ本腰を入れてネコ撃退法を考えることに。
 

 まさか毒入りウインナー置くわけにもいかず、
殺生だけは絶対に避けたい
私め、手っ取り早くトゲの突起物が
無数に並んだシートをネコが出入りしていると思われる箇所に
設置することに。
 

 購入してきたのは
第一ビニール株式会社 製 ここダメシート
豪華に10枚入りで珍しくも日本製♪
 
 
イメージ 1
イメージ 2

 どうやら、裏の通用口から出入りしていると思われ、
扉にはネコと思しき足跡・・・
本来であれば、近寄って欲しくないモノの周りに置くのが
妥当な姿なのかもしれませんが、
あえて、ナマ優しい設置をせずにネコが飛び降りてくる箇所に設置!
 
イメージ 3
イメージ 4

 これで積年の恨みを晴らすわけではありませんが、
これだけ、こっちはコレだけ迷惑を受けたんだよ!という思いとともに
ノラネコの学習能力に期待をしたいわけで・・・
だけど、効果がなかった日には、なんとも。。。(汗)
 
イメージ 5

 
 日テレ系列で放映されている
キューピー 3分クッキング
未だ3分キッチリで作られた料理
を見たことがない さくら でございます・・・
3分といえば、カップラーメンくらいしか思い浮かばず。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて、牛歩先述で作業を進めつつある砕石撒き戻し作業の下準備、
砕石の下に敷く防草シートは再利用するつもりでございますが、
一部は砕石撤去時に破れてしまった箇所もあり、
そういった箇所は他の防草シートから切り取ってカバーしようと。。。
 

 ただ、一部は防草シートを敷き直しを考えたい箇所があり、
防草シートを購入しに昨日は雨の中、ホームセンターまで出陣♪
 

 しかしながら、前回購入した
日本語が間違いだらけの防草シート
は既になく、新しいタイプのものが。
 
イメージ 2

 てなわけで購入してきたものは、
D2オリジナルの防草シート、
サイズは幅1m×長さ5mのモノ。
 
イメージ 3
イメージ 4

 前回の紙とビニールの混成商品ではなく、
ポリプロピレン製ということで、
見た目の雰囲気はブルーシートのような感じ。
 
イメージ 5

 この防草シート、水の浸透性はあるものの、
地面に敷いてから馴染むまで時間がかかるそうで、
とりあえず、このシートを用いるのは一部分ということで、
とりあえずの問題はないかと。。。
 

 とにかく作業は強い北風が吹いていない日にでも
作業を行いたいと思いますが、
春先に延期してもイイかな?と考えてしまう今日この頃でして。。。(苦笑)

↑このページのトップヘ