続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

カテゴリ: さくら屋敷

 そろそろ、胸やけ覚悟で
このラーメンを食べたい さくら でございます・・・
忘れかけた頃に食べたくなり。。。m((_ _))m
DSC_1156

 さて、鉄道車両に取付けられている製造銘板を
OSB板に取り付けていた時の事、
IMG_2343
たまたま見上げた蛍光灯、
1本が消灯していることに気がつき。
IMG_2349
 一応、基本として電源のON/OFFを行い、
点灯しないことを確認、
時折、点灯後のチラつきや不点灯はあったものの、
時間経過とともにしっかりと点灯するため、
蛍光灯交換は見送っておりましたが、
今回は完全に使用期限を迎えてしまったようで。(淋)

 そんな状況を踏まえて、昨年から既に
準備してあった蛍光灯と交換したいと思いますが、
準備してあったのは東芝のメロウホワイトと
パナソニックの点灯管。
IMG_2350
IMG_2352
 さっそく車庫の左右に取付けられた
蛍光灯4本の交換作業に入りたいと思いますが、
蛍光灯を取り外した後、点灯管の交換を行い、
新たな蛍光灯を取り付けるといった具合。
IMG_2353
 やはり12年の月日というのは長かったらしく、
新しいモノになった途端、明るさの差異に愕然とする。(苦笑)
IMG_2354
 交換されて廃棄となる蛍光灯、
従前に入っていたケースに収納して
廃棄を考えておりましたが、
今回取付けられた蛍光灯に比べて太いことが判明! 
IMG_2355
 結局、このままでは二進も三進もいかないということで、
ケースの一部分を切り開いて廃蛍光灯と包み、
IMG_2356
養生テープ等を用いて包装、
あとは不燃ゴミで廃棄するだけですが、
市の回収日時が分からず、困っておりまして。。。(悩)
IMG_2420

 中国ウィルスの影響
飲み会等もなかなか行えず、
乾杯という言葉が死語にならないか
心配している さくら でございます。。。m((_ _))m
0c530082f134cec1ed1aef1697ad6aa8
 さて、年末になりクレセント錠内部のバネ破損が判明、
誠に残念な具合になってしまった我が家の
1階2階掃き出し掃き出し窓。
IMG_0821
 バネ自体ホームセンター販売されているものと
予想はできるものの、中国ウェルス蔓延下、
年末の混雑したホームセンター
出陣するのも何だかなぁ、ということで、
ひとまず、同じようなモノはあるかとネット検索♪

 す・る・と、三協アルミのパーツショップにて
同じ様な部品が販売されている事を確認、
壊れたバネのサイズを計測後、
合致することを確認し部品を発注することに。

 数日で我が家に到着した部品、
引きバネ5個入りで880エン、
そこに送料等が加わり1500エン弱、
1個300エン、自ら修理をすれば安いモノで。
IMG_0827
IMG_0828
 ということで、浴室のシャワーバルブに続き、
IMG_1026
部品取付け作業という事で、
到着したバネクレセント錠内部
IMG_0829
IMG_0830
取付けて行きたいと思いますが、
IMG_0831
IMG_0832
バネ端末をそれぞれの突起部分に引っ掛けて
あっさり作業の方は完了! 
IMG_0833
IMG_0834
IMG_0835
 ひとまず、予備部品の確保が出来ましたが、
ネット上クレセント錠内部のバネ破損に関して
検索をかけてみると、
バネの引っ掛ける頭部分が
破断
している画像が多数見受けられることから、
この部分はこの引きバネの
ウイークポイントなのかもしれませんね。
IMG_0837
 ひとまず、バネの方は残数3つという事で、
IMG_0840
今後も錠内部のバネのみの破損であれば修理可能、
クレセント錠自体発注して交換するのもイイですが、
こういったチョットした小さい部品の交換
モノ自体が使用可能になるのであれば、
部品の再活用と費用の節約になるのかと。。。
IMG_0839

 東京オリンピックを見据えた
超ユルユルな緊急事態宣言・・
この場に及んで、未だオリンピックを実現
させようとしているバカがいるみたいですが、
そのバカ面を見たい さくら でございます。。。m((_ _#))m
DVu3m49NOZ6S8M6_15106
 さて、正月早々に壊れてしまった我が家の
タッチ式シャワースイッチの開閉バルブ
IMG_0930
新品のバルブが到着するまでの間、
応急処置としてシャワー部分とカラン部分の
開閉バルブを入れ替えて対応といった具合。
IMG_0927
 そんな新品バルブも到着したので、
さっそくモノを新品に入替える作業を行うことに。
IMG_1020
 到着した部品の方は
TOTO  開閉バルブ THF12
IMG_1021
ということで、1コ5000円以上のオシナモノ・・・
今回はこの機会に2つ交換する事にいたしましたが、
これを業者サンにお願いすると、
全てコミコミで2万円近い出費
なることは確実なようで。。。
IMG_1023
 さっそく作業を開始いたしますが、
下部のカバーは既に取外し済みという事で、
お次にスイッチの取付けられた前面カバーを。
IMG_1014
 最初に温度調整ハンドルから取外し、
IMG_1015
IMG_1016
お次に下回りから留められている六角ネジを外すと
前面カバーが外れ。。。
IMG_1017
 カバー下に隠れていたシャワーとカランのバルブ
顔を出し、
今回はモンキーレンチではなく、
ウォーターポンププライヤーにて
バルブを留めるナットを緩め
マイナスドライバーにて
バルブをコシッて取外し。
IMG_1018
 さっそく、新品のバルブを箱から取り出してみると、
従前のバルブよりも形状が違い、若干なりとも
   エボリューション
しているようで。
IMG_1024
IMG_1025
IMG_1026
 両サイドバルブを取付けてナットで留め、
IMG_1027
一旦、
水流と水漏れするか否かを確認した後、
IMG_1028
先とは逆の手順元の姿に戻していき、
これにて新年早々のシャワー開閉バルブの故障は解消!
IMG_1029
IMG_1030
 正直、家を建ててから10年を経過し、
今後は色々と不具合が出てくるのは
仕方ない事なのかもしれませんが、
私めの方針として、
とにかく自分自身で修繕できることは
人に任せず自ら修繕する
という事をモットーに頑張りたいと。。。
IMG_1031

 昨年から引き続き、
新年を迎えてからもオーブントースターにて
   焼 イ モ
ばかり作っているような
気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_0908
 さて、新年を迎えて一昨日の話、
職場で珍しくまじめに仕事に勤しんでいると、
女房サマからLINEが届き・・・
「お風呂のシャワーから
    お湯が出なくなりました。」
という、新年早々から心暖まる言葉。。。(嘆)
line_head
 一応、自宅に電話をかけて確認してみると、
プッシュボタンを押してもシャワーからお湯は出ず、
一方のカランからはお湯は出るといった具合。(悩)
IMG_0932
 ここで私め、何かしらの解決方法という事で、
メーカー名とタッチ式シャワースイッチなどと、
検索名を入力し
Web検索ではなく、画像検索したところ、
我が家と同じ仕様のモノがヒット。
IMG_0912
 さっそくクリックして見てみると、
ネット上画像ブログ記事でしたが、
我が家のタッチ式シャワースイッチと同じ不具合のよう♪

 ひとまず、故障原因部品の交換方法熟読
どうやら、シャワー側バルブ不良が原因らしく、
新たな部品に交換せねばならぬ状況のようで。

 本来であればメーカーに連絡して、
修理を依頼といった流れになるものの、
正月三が日連絡しても数日は要しそう、
部品発注をしても数日間の不便な生活になるなら、
修理の予行演習として、
カランとシャワー側のバルブを
一旦入換えて
応急修理
私めが修理すれば安上がりといった結論♪

 とりあえず、スイッチ下部のカバーを取外すと
IMG_0913
水栓ユニット株がコンニチハ!
ヘキサボルト2つ
を外し、
IMG_0914
水栓をしっかりと閉じてから
IMG_0916
温度調整用のダイヤル、
IMG_0917
外周リングを外せば
IMG_0918
スイッチ背面にある水栓ユニットとご対面となり。
IMG_0919
 ひとまず、今回の原因となっている
バルブを止めるナットのサイズは25㎜、
ウォータポンププライヤーモンキースパナを
用いてナットを外し、
IMG_0922
IMG_0923
IMG_0920
2本のマイナスドライバー
を左右に持って
バルブをコジって取外し、
IMG_0925
取外したバルブを左右を入換えて
IMG_0926
スイッチを押してシャワーが出るか確認。
IMG_0927
IMG_0928
 シャワー側は復活したということで、
IMG_0929
部品を元に戻し、応急修理は完了・・・
IMG_0930
 一応、早急に作業を行いたい私め、
新たなバルブTHF12を注文、
バルブが到着した時点でしっかり修理を。
IMG_0924
 私め的には突然壊れるモノと思っていなかっただけに
今回の故障は盲点でしたが、
数日間はこの状況で事態を乗り切りたいと。。。(悩)

 年末に職場で作成した
もつ煮込み・・・
昨年同様、
作成の陣頭指揮
を執っていた さくら でございます・・・
おかげで体重も増えてしまい。。。m((_ _;))m
DSC_1289
 さて、年末に来て1階と2階の掃き出し窓
クレセント錠の引きバネが破損し、
残念な状況になっている我が家。
IMG_0810
 クレセント錠自体はそのままでも使用は可能ですが、
従前はバネの抵抗によりハンドル部分の動きに
メリハリがあったものの、
現在はクタンクタン状態で誠に頼りなく。(嘆)
IMG_0806
IMG_0821
 とりあえず、5年前にクレセント錠が破損した際に
予備品としてクレセント錠ASSYを3つ購入、
1つは破損した箇所の交換に用い、
今回、残りの2つのクレセント錠ASSYを用いて
速やかに部品交換は完了しましたが、
問題は取外した部品の処遇。
IMG_0822 - コピー
 前回のように内部の金属が破壊され、
使いモノにならないような状況ではなく
9276a5f7
2bd0aeac
金属の出っ張りに引っ掛ける引きバネの頭部分が
金属疲労か何かで破断。
IMG_0823
 バネを交換すれば使用は可能という事で、
私めがヒマな時にでもホームセンターに出向き、
引きバネの購入を考えるも、
中国ウイルス蔓延が著しく外出も憚れるこのご時世、
一応、ネットで検索をかけてみる事に♪

 すると、目的のバネはすぐに見つかり、
三協アルミのパーツショップにて
IMG_0814
同じ部品が販売されているという
素晴らしき状況を把握♪
IMG_0824
 一応、我が家の窓は新日軽製ですが、
こういった部品はメーカーは違えども、
サイズが共通している場合が多く、
今回破損したバネのサイズを計測したうえで
三協アルミにて販売されているバネも使用可能と判明!
IMG_0825
 さっそくバネの方をネットにて注文、
バネ5個入りで880エン、
送料込みにしても1430エンという事で、
あとは部品の到着を待つだけですが、
お正月三が日の真っ只中に注文という事もあり、
到着はいつになることやらで。。。

 職場の御仁フィギュアスケートの
ジャンプの種類のひとつ サルコウジャンプ
      エテ公 ジャンプ
と言い、喜んでいる姿を見て
呆れ返っている さくら でございます・・・
   「紀平の4回転エテ公ジャンプ」
と言われても。。。m((_ _;))m
2ad7c825b47c081f852523e5301c6352_600
 さて、仕事から帰宅した私め、
女房サマから
1階掃き出し窓の
   クレセント錠の様子がおかしい、

という話。
IMG_0806
 試しにクレセント錠の確認をしてみると、
確かにクタンクタン状態・・・
一応、施錠は可能なるも動きにメリハリがなく、
内部の部品が破損したと思われ。。。(嘆)

 ちなみにいまから5年ほど前にも
2階のベランダに出る掃き出し窓のクレセント錠が
内部の金属が破損して交換した覚えがあり、
今回も同じ状況であれば、ASSYのクレセント錠と交換を。
IMG_0807
 ちなみに前回のクレセント錠破損の際に
予備として余計に2つ購入しており、
速やかに交換作業を開始!

 交換作業といってもメクラ蓋を外し、
+ネジを緩めればクレセント錠は外れ、
あとは錠部分を交換するだけという事で、
誰にでも行える作業。
IMG_0808
 ひとまず、内部を確認してみると、
前回のような金属破壊ではなく、
動きにメリハリをつける
バネの引っ掛け部分が破損しているようで。
IMG_0809
IMG_0810
 破損部分の確認はソコソコにして
新たなクレセント錠をセット、
ネジを締めて蓋を取付ければ作業終了、
正味3分程度の話。
IMG_0811
IMG_0813
 破損したクレセント錠に関しては、
新しいバネを取付ければ使用は可能という事で、
後日にでも!と考えていたその日の夕方、
クレセント錠修理の話を聞いた息子クン、
「オレの部屋の鍵もおかしい!」
などと言い始め、確認してみると・・・
1階掃き出し窓と同じ症状。。。il||li ○| ̄|_ il||li
IMG_0815
 ということで、最後の予備品を用いて交換作業開始!
IMG_0817
1階の掃き出し窓のクレセント錠
同じ状況であることを祈りながら交換作業
内部を確認してみると同じ状況のようで。。。
IMG_0818
 こちらも速やかに交換作業の方は終了しましたが、
IMG_0819
IMG_0820
IMG_0821
予備品の無くなってしまった我が家のクレセント錠、
とりあえずはバネの入手が先決!という事で、
速やかに入手して交換しておきたいところで。。。(悩)
IMG_0822

 若手岩手
読んだ さくら でございます・・・
チョットした拍子に見間違い
を犯し。。。il||li ○| ̄|_ il||li
K10012661711_2010131830_2010131905_01_02
 さて、我が家の浴室に取り付けられた
    シャワーハンガー
IMG_8820
部品もTH95915Zと判明するも、
Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天
各ショッピングサイトで発見し、
発注を掛けるも翌日には
在庫切れの連絡が来る始末。。。(怒)

 ということで、我が家の浴室のメーカーである
TOTOに問い合わせたところ、
希望の品は既に欠品ということで、
欠品となったシャワーハンガーの後継品、
若しくは取付穴が同じ位置のモノがあるかと
尋ねたところ、取り付け可能な商品はあるようで♪

 そんな発注から約10日・・・
ようやくモノが到着ということで、
IMG_9029
製品番号はTHYC51Rといったもので、
さっそく作業の方を行いたいと。
IMG_9030
IMG_9031
IMG_9032
 壊れたシャワーハンガーを左右に振りながら外し、
IMG_9033
壁面固定板を固定するネジを外して撤去、
IMG_9034
IMG_9035
IMG_9038
今度は新たなパッキンと壁面固定板を
IMG_9039
取付けて下準備は完了!
IMG_9042
IMG_9044
 ネジ取付穴もある程度、
調節可能な構造となっており、
案外とあっさり取付できるものだったようで♪
最後に新しいシャワーハンガーを
壁面固定板に沿わせて嵌め込み取付作業は完了!
IMG_9045
IMG_9048
IMG_9049
 最後に取り外したシャワーハンガーを
車庫に持ち込み、
IMG_9051
取付れているネジを外して分解、
IMG_9052
IMG_9053
ハンガー部分も割れていたこともあり、
ネジを外した時点でハンガーの腕部分が
ポロリと。。。(淋)
IMG_9054
IMG_9055
 家を建ててから10年以上が経ち、
モノが壊れ、欠品する部品もあろうかと思いますが
作業費用やら出張費を節約できるのなら、
私めが修理できる範囲内であれば
今後も勤しみたいと考え。。。
IMG_9046

 かかりつけのクリニックの待合で
台風14号の情報を見ていた時のこと・・・
同じく台風情報を見ていた老齢男性、
「今回の台風はやる気が見えん!」
さすがに台風にヤル気を出されても困る
と思う さくら でございます。。。m((
_ _;))m
large
 さて、我が家では一番最後に
入浴する機会が多い私め、
その日も最後に入浴し風呂掃除を敢行!

 泡まみれになった浴槽をシャワーにて流し、
シャワーハンガーにヘッドを戻そうとしたところ、
ハンガー部分に何か違和感が。
IMG_8820
 よくよくシャワーハンガーを見てみると、
向かってフック右側部分にヒビ割れがあり、
残念な様相を呈しており。(嘆)
IMG_8821
 「壊した犯人はダレじゃっ!」
と思いながら風呂掃除を終え、一晩眠ったら
翌日の夜までシャワーハンガーの事を
スッカリ忘れ。。。(情)
IMG_8823
 ひとまずネットにて該当部品探しからということで、
画像検索から部品番号はTH95915Zと判明、
TOTOホームページからシャワーハンガーを探すも、
10年以上も前の品モノだけあって生産中止らしく、
該当するハンガー自体が無く。(淋)
DSC_1066
 案外とあっさり在庫があったと思えた
      Amazon‼️
コチラにて感謝の気持ちを胸に注文するも
翌日、在庫なしと判明し注文取消し・・・(怒)
さらに今度は楽天にてモノを発見し、
発注を掛けるも翌日になって在庫切れと。(呆)
DSC_1067
 というわけで路頭に迷った私め・・・
結局はハウスメーカーに連絡し、
部品番号を伝えてTOTOからモノの在庫、
もしくは後継部品の有無を連絡していただくことに。。。

 結局、メーカーから連絡が来るも今回の
シャワーハンガーに関しては既に生産中止、
在庫自体もなくおまけに後継部品はないと。

 一応、後継部品ではなくノズル位置可変タイプの
モノでネジ穴の取付位置が同じものはあるということで、
そちらを注文することに。

 後日、モノが到着する予定ですが、
到着次第、構造を調べたうえで
作業に入ろうかと。。。(悩)
IMG_8822

 3年ほど前に行った
    脊柱管狭窄症
の手術・・・
久々にデジカメで腰部の術痕を確認したところ、
案外と綺麗になっていて
安心した さくら でございます・・・
もっと残念な状況になっていたのかと思い。。。m((_ _))m
IMG_8734
 さて、今年は我が家周辺にて
  小さいケムケムさんが大発生!
一部は壁を伝ってベランダまで到達した強豪もおり・・・
そんなケムケムさんの正体
     ヤネホソバ
というガの幼虫。。。
CX056crQ
 恐らく、サナギに変成するためにベランダに
やってきたのかもしれませんが、
アチラコチラにいるであろうケムケムさんたち、
苔を食べる毛虫のようですが、
女房サマ希望でケムケムさん除去のため、
ベランダ掃除を実施することに。
IMG_8827
 正直なところ、ベランダに敷いてあるタイルに
苔の発生と
タイルのの下には
畑から飛来した土が溜まっており、
この除去も兼ねており清掃をしたいと。
IMG_8828
 実際、タイルをめくってみると
土がしっかりと溜まっており、
気持ち的にもガックリくる。 
IMG_8829
 ひとまず土をかき集めた後に回収、
IMG_8830
IMG_8831
IMG_8832
回収を終えた後デッキブラシを用いて清掃、
またタイルをはがして土を回収し清掃といった
業を繰り返す。。。(嘆)
IMG_8833
IMG_8834
 綺麗になれば気分的にも宜しゅうものの、
IMG_8835
防水シートの縁部分の溝には
残念ながら苔が生えており、
コチラは使い古しの歯ブラシにて
こ削げ落とすといった具合。
IMG_8836
 今回は壁寄りから6列分のタイルをはがして清掃、
タイルもデッキブラシで磨いて苔などを落とし、
満足できる綺麗さとなり♪
IMG_8837
 回収した泥の方も水分を含んでいたこともあり、
       約15kg・・・
残り部分については時間を見て作業を行いたいと思いますが、
今回の様子を見る限りでは10年チョットの土埃、
次回もどうなることやらで。。。
IMG_8838

 部品交換で復活した
我が家のプラズマクラスター
実はココだけの話、
当初は息子クンと一緒に
解体してみまSHOW!のネタにしようかと
思っていた さくら でございます。。。m((_ _;))m
IMG_6617
 さて、さりげなく眺めていた車庫内の看板、
そんな看板から天井の筋交い・・・
ブレースを眺めていると違和感を感じ。。。
IMG_6684
 よくよく見てみると、接合金物部分から鉄筋にかけて
      盛大にサビ
が浮いており、見るからにして誠に残念な状況。
IMG_6685
 当初、何も見なかった事にしようかと思いましたが、
このままにしておいては
精神衛生上、誠に宜しくない
ということで緊急作業を開始することに!

 とりあえず、ラチェットと13㎜のソケットを用いて
ボルトを緩めてナットを外し、ブレースをつなぐ
調整ナットを緩めて錆びた接合金物を取り外しを行い。。。
IMG_6686
 今回の部分は雨にあたる場所でもなく車庫内部、
当初、カルバニック・コロージョンによる腐食なのか?
と思うも原因不明・・・
とにかく錆を落として塗装を行ってしまうことに。
IMG_6687
 ワイヤーブラシにて錆をしっかりと落とし、
防錆剤でも塗布してきたいところですが、
そんな贅沢なモノは所有しておらず、
そのまま塗装することに。(汗;)
IMG_6689
IMG_6690
 今回塗装に用いるのは鉄道模型用シルバーのスプレー、
こちらを用いて塗装を行っていく♪
IMG_6688
 元々、ブレース自体もシルバーだった事もあり、
目立ったカラーリングの差異もなく塗装終了!
暫しの間、ブレースの乾燥を待つ。
IMG_6691
IMG_6692
 適度な乾燥を確認してブレースを戻していきますが、
手順の方は先の逆の手順でブレースを戻していく・・・
接合金物の取り付けに際し表裏が逆になってしまいましたが、
特に支障を来たす部分でもなさそうなのでそのままに♪
IMG_6693
IMG_6694
IMG_6695
 ひとまずは綺麗な状態には戻りましたが、
車庫にしても自宅にしても、
この地に住み移ってから10年が経過、
これからはこういった状況による
自己修理の機会が増えるのかと思うと、
正直、複雑な心境で。。。(悩) 
IMG_6696

 収束の気配が全く見えないですよねぇ、
    武漢ウイルス・・・
外出禁止令が出ているとはいえども、
畑に出ていいのか?
悩む さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG20160701100108
 さて、実家からの修理依頼があり、
ここ数年、木製雨戸の老朽化が顕著となり、
雨戸自体が雨戸レールから外れて
脱線転覆するといった具合。(汗;)

 一応はプラ製のL字アングル材で脱線しないよう
1か所のみ脱線防止処置が施されており、
その1か所だけの処置では未だ不安定、
L字アングル材の更なる増量を求められたわけで。
IMG_7041
 ということで購入してきたのは、
プラ製のL字アングル材・・・
色からそう命名されているのか
チョコアングル 1000mm
IMG_7034
といったものを3本お買い上げ♪
IMG_7031
IMG_7032
 ひとまず、模型で使用するピンバイスとドリルを使用、
IMG_7036
IMG_7035
サイズはφ3.2のドリルにて
1本のアングル材に4カ所孔開け実施・・・
孔開けの完了した3本のL字アングル材を
クルマに積んで実家に参上!
IMG_7037
IMG_7039
IMG_7040
 脱線防止処置を施すため木ネジにて固定し、
設置作業の方は完了!
IMG_7042
実際に脱線はしなくなったものの、
チョイと私め気がついたことが!!!!(汗;)

 木製雨戸レール土台部分が一部下垂しているのを発見!
ひとり無い知恵を絞り、あるアイデアが閃き・・・(キラキラ☆彡)
サンプルコンクリートを土台にパンタグラフで
土台をジャッキアップ!
IMG_7043
 正直なところ・・・
土台に対してジャッキアップを行ったことにより
雨戸が脱線転覆するような予兆がなくなったような
気がしないでもなく。。。(滝汗;)

 こんな事態にもかかわらず、
呑気にオリンピックに招待している場合ではない
と思う さくら でございます・・・
空気読めないバカ首相というか。。。m((_ _#))m
mig
 さて以前、鉄道車両用の銘板飾りつけに用いていた
コンパネが満員御礼となり、
新たにOSB板を用い。
IMG_5960
 前途使用停止となったコンパネ、
このままにしておいても勿体ないということで、
新たな活用先を・・・
IMG_6156
塗装された表面は銘板等を飾っていたこともあり、
アチラコチラ穴だらけ。。。

 裏面であれば問題なさそうということで、
こちらの面を使用して古い看板などを飾ることに♪
ということで先般取り付けた2枚のOSB板の隣に
新たに設置ということで、
今回準備したのはL字金具4枚と木ねじ8本、
そのほか、ボルト等を。
IMG_6154
 取り付け土台として4つのL字金具を
柱に取り付けられているボルトと共締めにし、
コンパネを取り付ける準備は完了!
IMG_6159
IMG_6161
IMG_6162
 今回は鉄道車両銘板とは違い、
釘を用いて小さい古看板を取り付け
IMG_6164
インパクトドライバーにてコンパネを
所定の位置に取り付けた後、
IMG_6165
IMG_6166
ヤンマーの看板もコンパネに木ネジを
用いて取り付けて作業終了。
IMG_6158
IMG_6167
 また、ヤンマーの看板設置箇所跡には
シェル石油の看板を設置。
IMG_6169
 ついでながら、前々に購入した
鉄道車両に取り付けられていた灰皿を発見!
こちらはOSB板の方へ♪
IMG_6170
IMG_6171
 ひとまずはやっておきたかった作業が終わり、
一段落ですが、実は頭の中でまた次の試みを
考えておりまして。。。(汗)

 5月から始めたウェイトダウン作戦・・・
あくまで通過点ではありますが、
一応は76kg台に突入
した さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_5478
 さて仕事休みの朝、NHKの天気予報を見ながら
2019-01-22-07-33-09-963
ノンビリしていた時のこと、2階から
「シャッターが開かな~~~い!」
という息子クンの声が・・・。
IMG_5509
 ということで、息子クンの部屋に向かってみると、
シャッターに取り付けられている幅木錠のレバー部分、
紐を引っ張ろうと、レバー部分を持ち上げようとしても、
レバー本体がクテンクテンになっており、
解錠が出来ていない模様。。。(汗)
IMG_5510
 とりあえず、Kei Worksから工具ボックスを持参し、
+ネジを外すとカバーと本体が外れ、
錠本体を取り出して確認してみると、
一本のビスの頭部分が捥げてしまっているようで。(嘆)
IMG_5512
IMG_5513
 一応は取説を確認後、ネットにてASSYを捜してみると、
該当する部品が現れず、さすがの私めも狼狽える。
IMG_5519
IMG_5515
IMG_5516
 結局、狼狽えていても仕方ないという事で、
車庫からネジ一式を息子クンの部屋に持ち込み、
丁度良いネジを捜す事に。
IMG_5517
IMG_5520
 あくまで応急処置とはなりますが、
ナイスなサイズのネジが見つかり、
元々折れてしまったビスと置き換え、
錠本体とシャッターのスライダー部分と合わせた後、
カバーを取付けて+ネジにてカバーと本体を
ネジ留めして完了!
IMG_5521
IMG_5522
 しっかりとレバー部分を引き上げれば
解錠できるという事で、
暫くの間はこの状態で使用してもらいたいと思いますが、
果たして、錠本体のASSY があるかどうか、
不安なところでして。。。(悩)
IMG_5518

 

 なんか、おクスリで捕まっちゃった
おバカな芸能人がいたみたいですが、
私めも
クスリで痩せた
と言われたくない さくら でございます。。。m((_ _;))m
_90799136_ups
 さて、電磁弁不具合により交換作業を行った
リンナイの貯湯タンク付給湯器、
電磁弁の交換時、湯沸し部分の配管に水漏れ発覚!
ということで、配管の取り付けられた湯沸し部分を
ASSYと交換といった具合に。
IMG_5011
IMG_5012
 昨日午後から業者サンが部品ひと揃えを持ち
我が家にご到着!
DSC_0503
 給湯器の化粧板を外して作業を・・・
化粧部分が外されて露わになった湯沸し部分、
湯沸し部分などにつながる配線やら配管が
徐々に外されていく。
DSC_0504
 水漏れを起こしていた配管エルボ部分の外側は
白い結晶化が顕著なるも内部は綺麗なようで。
DSC_0505
DSC_0507
DSC_0508
 お次にクルマのキャブレーターにあたる部分が取り外され
なにやらモーターにてガスの配分を調整するようで・・・
また、なかなかズッシリとした重さがあり、
さすがの私めもチョイと驚き。。。
DSC_0511
DSC_0512
 附帯部品が取り外されたことにより、
湯沸し部分のご本尊が取り外され、
コチラもしっかりとした重さがあり、
耐久性を求めた結果なんですかねぇ~?
DSC_0513
DSC_0514
 新たな湯沸し部分に再利用となる配線ストッパーやら、
新たな配線等が取り付けられ、
湯沸し部分設置後にキャブレーター部分やら、
配管が取り付けられ、約2時間で作業が完了し。
DSC_0516
 とりあえず、電磁弁の修理から始まった
給湯器のある意味、更新作業・・・
湯沸し部分やら電磁弁も新しいモノになったという事で、
とりあえず10年とまでは行かなくとも
5年くらいは寿命延長できたのかな?と。
DSC_0517
 

 大嘗祭で使用されたお米・・・
     とちぎの星
の話題で持ちきりのようですが、
個人的にはコシヒカリが一番
だと思っている さくら でございます。。。m((_ _))m
738580962
 さて、コチラも数日前から急激に出始めた症状なのですが、
門柱に設置されたドアホンの釦を
押しても鳴らず、
ウンともスンとも・・・
一応、モニター側との会話可能なるも、
チャイムが鳴らなくなってしまったようで。。。(嘆)
IMG_5099
 症状を確認してみると、ドアホンの釦を押せば、
室内側のモニターではしっかりとチャイムが鳴り、
ドアホン側はチャイムが鳴っていないといった状況。(汗)

 恐らく、ドアホン側の不調だと思われますが、
10年以上に渡り外気やら風雨、
台風では塩害を喰らう地域という事もあり、
そろそろ後任にバトンタッチさせていいのかと。。。

 ということで、ネットショッピングで到着したのは
βアイホン JB-DA(カメラ付玄関子機)
ということで、まったく同じモノを。(苦笑)
IMG_5094
IMG_5095
IMG_5097
 モノも到着したという事で、
さっそく作業に入りたいと思いますが、
作業自体は外側のネジを緩めて外し、
裏側の配線を外せば、古いドアホンの取り外しは完了!
IMG_5100
IMG_5101
 一方の新しいドアホン、
最初に配線接続作業となりますが、
ネットにて配線接続の確認をしてみると、
無極性という事で、どちらにつないでもOK!
と書かれているものの、
一応、元と同じ位置で配線を接続する。
products_detached_replacement_howto_03
IMG_5103
IMG_5104
 ひとまず、元の場所に新しいドアホンを取付けて
作業の方は終了となりますが、
呼び出し釦を押してみるとしっかりとチャイムが・・・
やはり、ドアホン側が故障という事で、
間違いはなかったようで。。。
IMG_5105

 コカコーラ・クリアライム・・・
どうも鼻から抜けるかほりが
トイレの芳香剤と一緒に思えて
しょうがない さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_5056
 さて、我が家のエコウィルと付随して活躍する
img_0_m
 
リンナイの給湯器、
エコウィルで発電しながら作られたお湯を溜める
貯湯タンクが給湯器に併設されており。
IMG_5013
 そんなここ数日の話、
お風呂にお湯を張ろうとすると
リモコン部分に
エラーコード561
と表示され、湯張機能がストップ、
電源をOFFにして再起動して、
湯張機能を押せば最後まで動作するといった具合。

 そんなエラーコード561とは何ぞや?という事で
調べてみると、

バイパス水電磁弁異常
バイパス水電磁弁(給水弁)の確認、給湯サーミスタ等 

ということで、私めの手におえそうな
            部分ではなさそう。。。(汗)

 ということで、メーカーさんに依頼して
給湯器内部の修理と相成りましたが、
給湯器をバラして該当場所にアプローチ、
真鍮で出来た部品だそうで。
IMG_5009
IMG_5008
 ぎっしり詰め込まれた機器の間から
電磁弁を給湯器内から抜き取り出し、
新しい部品と比べさせて頂くと、
今度の部品はプラ製に変わったとの事。
IMG_5010
IMG_5011
 作業時間的には30分程度の作業でしたが、
ココでアクシデント発見!
湯沸し部分に向かう配管から水漏れ後・・・
しかも数分に1滴の間隔にて滴が落ち。。。(汗)
IMG_5012

 案の定、お仕事の残業でプロレス観戦が出来ず、
フテ腐れている さくら でございます・・・
OSW、見に行きたかったのに。。。m((_ _#))m
EEAulBtUEAAeYEU
 さて、さまざまな前評判をうけてやって来た
    台風19号
WM_TY-ASIA-V2_20191012-180000
千葉県市原市の方では竜巻が発生し
hqdefault
1人の尊い命が奪われるなど、
様々な爪痕を残して去って行きましたが、
我が家も今回の台風に対しては
しっかりと事前準備と対策を。
IMG_4626
 プランターなどは自宅玄関内に避難させると同時に
IMG_4625
門は縮めてスリングロープで縛りあげ、
IMG_4630
普段から使用しているとはいえども、
04da7a75.jpg
発電機の試運転
を実施。

 一方、畑に関しては大雨に対する策として、
サツマイモと落花生を植えた間に
穴を掘って雨水を貯留させ、
そこから道路側に流れるように準備がしてありましたが、
雨が降り始めてから上手く流れないことが判明し、
排水路を再度加工するハメに。。。(嘆)
IMG_4612
IMG_4611
 一方、風に関しては当初、前回の台風よりも
吹きすさぶような雰囲気ではありませんでしたが、
台風の中心が伊豆方面に上陸してから強さが増し、
前回以上の強風が吹きすさんでいたようで。(嘆)

 おまけに18時半前には地震まで発生・・・
まさに弱り目に祟り目状態。。。(汗)
large
 とりあえず21時過ぎには風も大人しくなり始め、
私めも気が付いたら眠りに落ちておりましたが、
翌朝、早起きして畑の見回りを・・・
特にサツマイモと落花生は風に弄ばれたせいか
葉っぱ等が随分と乱れておりましたが、
なんとか通常通りには
収穫は出来そうで。。。(涙)
IMG_4627
IMG_4628
IMG_4629
 一方、実家納屋の窓ガラスが
前回の
台風15号の影響で粉々に粉砕され、
今回の台風19号対策で窓の応急処置をしてありましたが、
一応は持ち堪えたみたいですね。
IMG_4634
IMG_4635
 ひとまず、私めはこれから実家納屋の
割れて無くなってしまった窓部分に
コンパネでも張って封鎖してしまおうかと。。。(悩)

 体重の方も気が付いたら83kg台に突入!
しっかり身体を動かしながらのウェートダウンだと、
体重の減少も早いような
気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_4246
 さて、トラクター用エンジンオイルを購入に行った日の
朝の出来事・・・
買い物へ行く前にランクルの燃料補給を。。。
6d714b73.jpg
 速やかに燃料補給を終えて帰宅し、
ランクルの方向変換をしている最中のこと、
方向変換の際にバリバリバリ!という音が響き、
私め的にはさっき捨てはぐったペットボトルでも
左前輪で踏んだかな?程度の話だと思い。

 とりあえず、踏んだペットボトルでも片そうと
クルマから降りて見てみるとペットボトルは無く、
代わりに判明したのは
排水ますの蓋が壊れ。。。il||li _| ̄|○ il||li
IMG_4210
 どうやらハンドルを切った際に
蓋の上にタイヤがあったらしく、
蓋の劣化も加わって割れてしまったようで・・・(淋)
蓋自体はFRPとコンクリを用いて出来ているようですが、
経年劣化があったといえども、あっさり割れるとは。。。
IMG_4211
 ここでめげていても仕方ないという事で、
トラクターのエンジンオイル購入ついでに
排水ますの蓋も購入してくることに。
Joyful_Honda-Utsunomiya
 自宅出発前にフタのサイズを計測すると約30cm、
てなわけで購入してきたのは、
タキロン シーアイ製排水ます用レジコン蓋
というモノ。
IMG_4213
IMG_4214
 本来であれば耐圧タイプのモノが欲しかったものの、
残念ながら品切れ・・・
確か、我が家でクルマが通らない場所に
耐圧タイプの蓋があったのを思い出し、
双方の場所を交換すればOK!ということで。。。

 ひとまず、バールとマイナスドライバー、
プラハンなどを準備、
IMG_4215
IMG_4216
割れた部分は撤去できたものの、
問題は縁部分・・・
コチラの部分は当て木を置き、バールを用いてテコの原理で
外しに取り掛かる。。。
IMG_4217
 縁の部分もあっさりと外れ、
IMG_4218
溝部分をマイナスドライバーにて土を除去する。
IMG_4219
IMG_4222
 一方、新しい蓋の裏側には
人のみが通行する宅地に使用
ということで、
交換目安も15~20年とは
私めも初めて知りまして。(汗)
IMG_4220
 ひとまず、定位置に設置した排水ますの蓋、
そのうちに他の場所も
壊れると思おうと気分的に。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
IMG_4221

 ヤフーブログの終了発表があってから
各カテゴリー別の更新が滞ったり、
変や表示
がされたりと・・・
イメージ 14
イメージ 15
ここまでヤル気のなさを見せられると
YAHOO!って
企業として終わっている感じ
がする さくら でございます。。。m((_ _#))m
イメージ 1
 さて今年は新居に越してから
  10年
という節目を迎え、
2月中旬に住宅メーカーからの住宅診断を。。。
イメージ 2
 そんな住宅診断と不具合箇所の修理依頼、
またメーカーからのメニューに入っていた
吊戸棚の補強工事
3月に入ってから行う事に。

 作業当日・・・
イメージ 3
最初は1階キッチンにある吊戸棚の補強工事という事で、
1区切り4本のネジで4箇所、
計12本で留められていたモノを
ネジの数を
更に倍にしましょう♪という事で、
追加の12本のネジを用いて補強を・・・
イメージ 4
昨年発生した
大阪府北部地震
吊戸棚が落下する事例が何件かあったそうで。

 速やかに補強工事は終わり、
今度は2階の寝室の廊下と寝室の床を区切るモールが
割れており、
コチラの修理を・・・
イメージ 5
当初は私めが部材だけ頂いて修理を考えておりましたが、
補強作業と不具合箇所、まとめてやってくださることに♪

 床下に埋め込まれたモールはスグに外れ、
モールの受け皿部分が露わとなり・・・
イメージ 6
新たなモールはそのまま嵌めればカチッとハマり、
取付ければ修理完了といった具合。
イメージ 7
イメージ 12
 最後に我が家北側の外壁塗装のひび割れが判明し、
お願いした外壁修理・・・
イメージ 8
イメージ 9
前回は貼り付けるパッチに不具合があり、
そのままとなっておりましたが、
イメージ 10
今回はパッチを用いず、
そのまま塗料を上塗りするタイプに。

 修理に興味津々の私め、
横で作業を見学させた頂きましたが、
こういう作業って、見るのって楽しいですよねぇ♪
イメージ 11
 10分ほどで塗料を塗り重ねて作業方は終了♪
イメージ 13
 色々な情報が入る便利な時代になった事も
要因かもしれませんが、客という立場から、
サービスマンにあ~だの、こ~だのと
偉そうに注文を付ける方ヤカラが
増えているようで。。。(苦笑)

 私めの考え方が異質なのかもしれませんが、
修理を慌てさせて、やっつけ作業になるのであれば、
しっかり修理をして頂いた方が・・・
色々と修理に関する技術などは
           ドンドンと向上

しているようですが、
これらを要求するお客サンの質って
           ドンドン低下

しているのかなと。。。

 昨年、我が家で作ったサツマイモの
  べにはるか
干しイモになると1000円近いお値段
になることを知り、
驚かせて頂いた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて我が家が、
この地に越してきて10年が経過
いたしましたが、
さすがに10年を経過する前後の時期になってくると、
色々と家廻りやら屋内に不具合
が出ても来るものですねぇ。(嘆)
イメージ 2
 過去にトイレ換気扇不具合やら
広帯域ブースタなどの故障など、
イメージ 3
色々とハプニングがございましたが、
ここに来てもう一つ不具合が出てしまったモノが・・・
マイホーム発電のエコウィル
ご機嫌がすぐれず、ここ数日は休暇を取っており。。。
イメージ 4
 年末には定期点検時期を迎えてしまい強制停止状態、
年末から年始にかけて休暇を取っておりましたが、
リモコン表示部分には早期の定期点検するように!
と促され、業者サンに定期点検作業を依頼して
オイル交換やらチューブ類の交換を行って定期点検完了!
イメージ 11
 そんな定期点検の終了から数日後、
またエンジン始動が厳しい状況に陥り、表示板には
         34E
という表示と共に休暇明けのエコウィルさんは再び、
エンジンが掛ることなく休眠状態になり。。。(汗)

 不具合といえば、8年前に11Eという表示で
エンジン始動不良といった不具合がございましたが、
イメージ 5
今回は排気温センサーの不具合。。。

 また、3年ほど前にはオイル漏れによる不具合で
液体ガスケット塗布などの修理がございましたが、
イメージ 6
その後は昨年、エコウィルのエンジン自体は
オーバーホールを行っており、
暫くは活躍を約束されたものの、
廻りに取り付けられている補機類の故障に関しては
二進も三進もいかないですよねぇ~。(嘆)
イメージ 7
イメージ 8
 ひとまず部品の交換という事で、
排気温センサーの交換を行って頂きましたが、
故障したのはこちらの部品・・・
イメージ 9
2千円足らずの部品だそうですが、
我が家のシャリーホンダの部品でも
適当に流用して取付けられないのかと。。。(笑)
イメージ 10
 そんな交換作業も30分程度で完了いたしましたが、
年数を考えると、
故障が多発し易くなる年数を経過しただけに
次はどこが壊れるのかと思うと
怖いもので。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

↑このページのトップヘ