続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

カテゴリ: 鉄模-機関車

CIMG1304
 修理により復活したトラクター
たった30年チョットでウォータポンプの
形状が全く違うモノ
になっているとは
思わなかった さくら でございます・・・
新しいモノの方が
ホント効率がよさそうで。。。m((_ _))m
CIMG1295
 さて、先日我が家に入線した
KATO 3017-4 EF65 ユーロライナー
一応、3両目のご入線ということで、
EF65に関してはフルコンプ状態。
CIMG1518
 ただ、今回入線したEF65の床下周りで
気になる点がひとつ・・・
従前のEF65たちは床下周りがグレーだったにもかかわらず、
今回のEF65黒色。。。
CIMG1519
 KATOからユーロライナ―カラーで
床下周りが黒色だったものは私めも記憶がなく、
元々、ナラズモノオークションで出品されていたこともあり、
何かしらの理由で床下周りが交換されたモノと思われ。
CIMG1559
 しかしながら、今回選定した106号機ではありませんが、
105号機については異教にて限定で黒色の足回りのモノ
限定でリリースされており。
CIMG1560
CIMG1561
 いろいろと調べてみた結果、105号機については
1990年に塗装変更され1996年まで活躍、
しかしながら、下周りはグレー化されることなく廃車。
CIMG1562
CIMG1563
 ということは、今回黒色床下で到着したEF65
106号機にしてしまったため、
先に入線して105号機とした車両の
車体と入れ替えてしまえば万事OK!なわけで。
CIMG1564
CIMG1565
 理由さえわかればさっそく作業ということで、
黒色の床下周り106号機の車体を動力ユニットから外し、
CIMG1566
一方の105号とした
グレーの床下周りの
CIMG1567
EF65の車体を外して、車体を各々交換すれば作業完了!
CIMG1568
CIMG1569
CIMG1570
CIMG1571
 最後にKATOからリリースされた
ユーロライナ―カラーの機関車たちを
線路に並べてみましたが、
CIMG1572
CIMG1573
ここまでくるとKATOから
ユーロライナーカラーのEF64
今さらながらに期待してしまい。。。
CIMG1574
CIMG1575

 高野豆腐・・・
私め、今でこそ大好きな食べモノですが、
子供のころは
スポンジから出来ているモノ
だと思っていた さくら でございます。。。m((_ _))m
Koya-dofu_282012.07.3129
 さて、今年になってからさり気なく
導入が増えている気がする機関車
そして昨年からコチラもさり気なく増えている
EF65・・・
今回も専用カラーを纏った機関車がご到着。。。
CIMG1481
CIMG1482
 我が家にと到着したのは、
KATO 3017-4 EF65 ユーロライナー
ということで、昨年から増備し始めて
ファイナルとなる3両目。
CIMG1497
CIMG1498
CIMG1499
 今回も到着早々に漢前化作業
執り行うことにいたしますが、
屋根上部品は既に取付けられており、
CIMG1507
行う作業といえば、
カプラー交換ナンバー取付けぐらいな話。
CIMG1500
CIMG1501
 そんな漢前化作業の最初はカプラー交換から・・・
CIMG1502
スノープロウ部分を引っ張ってはずし、
アーノルドカプラーからKATOカプラー
CIMG1505
交換すれば第一段階の作業は完了、
反対側のカプラーも交換すれば共にカプラー交換は終了、
しかし、この時点で違和感を感じる。。。
CIMG1506
 お次にナンバープレート取付け作業を実施、
前々回は112号機、前回は105号機を選び、
CIMG1508
今回もユーロ機の余りモノプレートを活用、
我が家では最終となる106号機を。
CIMG1509
 プレートを切り出してサイドから
プレートの取付を行っていきますが、
しっかりとバリをヤスリにて丁寧に削り取る作業。
CIMG1511
CIMG1510
CIMG1512
 最後に前面部分のナンバープレートを取付けて
作業の方は無事に完了・・・
CIMG1513
CIMG1514
CIMG1515
今後は僚機となるEF65 112号機105号機
3両を並べてみましたが、
この時点で
違和感の理由が判明!
CIMG1517
CIMG1518
 従前の車両は床下周りがグレーだったのに
今回、我が家にやってきたEF65は床下周りが黒色、
CIMG1516
実際、異教から発売されてたEF65 ユーロ機を見てみると、
105号機黒色の床下周り
限定販売されていたことが分かり、
そう考えると我が家も対応しておきたいような。
CIMG1519
 とりあえずKATOからリリースされたユーロ機
すべて揃えてしまった形となってしまいましたが、
ユーロライナ―専属機として活躍させていきたいものと。

 最近になって YouTube にて
      まんが日本史
91GoBXBdALL._RI_
を見るようになった さくら でございます・・・
学生時代に見ていれば私めの成績も
かなり違ったのではないかと後悔しており。。。m((_ _))m
CIMG0797
 さて、タイトル的には昨日も同じような感じでしたが、
CIMG0819
今回は
KATO EF58 初期形小窓 特急色
漢前化作業を進めていくことに。
CIMG0821
 これまでにも色々とEF58の導入は行っておりましたが、
特急色のカラーリングを纏ったEF58の導入は初めて、
主に20系寝台特急の牽引がメインになろうかと思いますが、
さっそく漢前化作業を進めることに♪
CIMG0822
 従前に購入したEF58を参考に
部品取り付けを行っていきたいと思いますが、
CIMG0823
最初に屋根上機器から部品の取付を・・・
避雷器はともかくとして、今回も私めが最も苦手とする
AW-2ホイッスル
の取付が待っており。。。il||li ○| ̄|_ il||li
CIMG0826
 今回もパンタグラフを取り外してから作業を開始、
最初に避雷器を取付ける。
CIMG0825
 またこの時代の車両は信号炎管が取付けられておらず、
お次に恐怖のAW-2ホイッスルの取付作業、
今回は濃青のホイッスルということで、
割りばしに両面テープを貼付したモノにAW-2ホイッスル
くっ付けて、定位置に差し込めば作業終了!
CIMG0827
 続いて、先台車にニギリ棒を取付ける作業ですが、
コチラもパンタグラフ同様、取外して作業を・・・
CIMG0828
CIMG0829
取外した先台車に少量のタミヤセメントを塗布した
ニギリ棒を

CIMG0830
CIMG0831
4か所に差し込んで作業は完了!
CIMG0832
CIMG0833
 最後にナンバープレートを取付けていきますが、
選定した番号の方は119号機・・・
CIMG0834
CIMG0835
今回も切出した後、バリをしっかりと切除して
定位置に貼付して作業終了!
CIMG0836
CIMG0837
CIMG0839
 東海道・山陽系統などで活躍した歴代のブルトレ牽引機
並べてみましたが、
CIMG0840
CIMG0841
EF58から始まり、終焉を迎えたEF66まで
を見てみると、なかなか壮観なものですね。
CIMG0842
CIMG0843
 EF65PFやらEF66が活躍していた頃は
私めの記憶にも残っておりますが、
黎明期に活躍したEF58EF60など、
20系寝台客車を牽引していた姿は私めも存じておらず、
我が家で再現できればと。
CIMG0844

 たまたま、ゴト車のオイル交換で
トヨタのディーラーに出向いた私め、店内には
ランドクルーザー300
が展示されておりましたが、
なんかフロント周りが厚ぼったくなったというか、
野暮ったいとでもいえばいいのか、
カッコ悪くなった気がする
さくら でございます・・・
まぁ、魅力的な点といえば、ディーゼルエンジン搭載
自動車税が安くなったことぐらいですかねぇ。。。m((_ _))m
11045718480_4099
 さて、久々の導入となった
KATO EF200 登場時塗装車
CIMG0798
あまりにもハイパワー過ぎて
変電所も機嫌を損ねるといった具合で
ハイパワー機として生まれながらも
パワーを抑えて運用されるという本末転倒な機関車。
CIMG0799
 ただ私め、このスタイリッシュな姿には
心惹かれたこともあり、
我が家では末永く活躍させたいと思う所存ではございますが、
さっそく漢前化作業の方を進めることに。

 以前に購入したEF200にご登場いただき、
様子をうかがってみると・・・
CIMG0800
私めの嫌いなAW-2ホイッスルの取付け作業があり、
憂鬱な気分になる。。。il||li _| ̄|○ il||li

 さっそくパーツを袋から出して部品の取付作業を
行いたいと思いますが、
ナンバープレートを何気なく見てみると、
1.2.6.7ということで、
CIMG0801
聖地からの説明では3.8.15.16だったよなぁ、
と思いながら製品番号を確認すると
今回入線した機関車は旧ロット製品だったようで。

 そんなことを踏まえて作業を行っていきますが、
最初にカプラーの交換作業・・・
CIMG0802
スノープロウ部分を外してカプラーを入れ換え、
部品を元に戻せば速やかに作業終了!
CIMG0803
CIMG0804
CIMG0805
 お次に屋根上部品ということで、
コチラは作業効率を優先し、
シングルアーム式パンタグラフを取付けてから作業!
CIMG0806
 割りばしに両面テープを貼り付けたモノを使用し、
CIMG0807
避雷器、AW-2ホイッスルの順に部品を取付けていく・・・
CIMG0809
ただ今回、封入されていたAW-2ホイッスル、
黄土色の形成色のままの状態だったこともあり、
コチラは使用せず、別車両の余りモノを使用して取付ける。
CIMG0810
CIMG0811
CIMG0812
 続いて、信号炎管と防護無線を取付ければ
屋根上機器の部品取り付け作業は完了、
CIMG0813
引き続き、ナンバープレートの方を。
CIMG0815
 今回選んだ車両ナンバーは7号機、
ナンバープレートを切出してバリを削り取り、
定位置に取付ければ作業は完了!
CIMG0816
CIMG0817
CIMG0818
 本来のパワーを発揮できずに
不本意な活躍に終わってしまった 
EF200
末永く、我が家で活躍する姿を留めておきたいと。
CIMG0819

 未だにイナゴトノサマバッタ
区別がつかずに悩んでいる さくら でございます・・・
どうも、飛びモノ系のムシ
分からないものが多く。。。m((_ _))m
Oxya_yezoensis_November_2007_WUXGA
 さて、先般のEF200に引き続いて
CIMG0766
電気機関車の入線となりますが、
コチラもY!の付くナラズモノオークションを経由して
我が家にご入線と相成り。。。
CIMG0776
CIMG0777
 寝台客車の20系を牽引することが
メインとなろうかと思いますが、
従前購入してきたEF58とは違い、
ブルーのカラーリングが大部分を占め、独特な雰囲気を。
CIMG0778
CIMG0779
 聖地からのありがたいお言葉を見てみると・・・
 
 EF58特急色はブルートレイン塗色とも呼ばれ、
20系特急形寝台客車の
専用牽引機20両に施された塗色です。
CIMG0780
 ブルーの車体にクリームをすその帯に配して
20系客車の塗色に合わせただけではなく、
前端ばりに電源車制御用のジャンパ栓を
装備していることが特徴です。
CIMG0791
 KATOは、フライホイール搭載動力ユニットによる
パワフルかつスムーズな走行性能でリアルかつ的確に
Nゲージ製品化いたします。

主な特長
・EF58特急色登場時(昭和35年頃)の姿を
 プロトタイプに忠実に再現。
CIMG0784
CIMG0785
・20系牽引機仕様ならではの特徴として、
・車体をブルー、車体裾をクリーム、
 下回りグレーのカラーリングを美しく再現。
CIMG0781
・PS15パンタグラフ搭載と、
   それに合わせた屋根上機器配置を忠実に再現。
CIMG0782
・先台車前端ばりに、電源車制御用の
   ジャンパ栓ディテールを表現。
CIMG0783
・フライホイール搭載動力ユニット採用により、
 パワフルかつスムースな走行性能を発揮
CIMG0785
CIMG0787
・マグネットによるヘッドマークの装着を実現した、
 クイックヘッドマークPAT.を採用
・運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)
CIMG0788
・車体表記をリアルかつ忠実に再現
・ヘッドライト点灯
・アーノルドカプラー標準搭載
・付属部品
・クイックヘッドマーク
 (あさかぜ、さくら、はやぶさ、はくつる)
・屋根上機器、にぎり棒(ユーザー付部品)
・ナンバープレート(115・116・119・128・148)
・KATOナックルカプラー(選択用)

と、色々と見どころが記載されており。。。
CIMG0789
CIMG0790
 後日、漢前化作業の方を挙行したいと思いますが、
寝台特急牽引機として活躍させたいと思い・・・
ただ、我が家は旧タイプの20系客車がメイン、
この辺の更新もそろそろまじめに考えねばと悩み。。。

 仕方のない事ですが最近、気やすく呼んでくださる
自宅療養者との接触機会が非常に増えてしまい、
感染危機を感じている さくら でございます・・・
いくら感染に気を付け、万全を期しているとはいえども、
感染しない確率はゼロではなく、
               仮に家族へ感染
させてしまった時のことを考えると。。。m((_ _;))m
71DpV5T2NML._AC_UX679_
 さて、たまたま
Y!のつくナラズモノオークションを見ていると、
色々なモノが出品されておりますが、
電気機関車のカテゴリーを見ていると、
未使用と思われる程度の良い車両がゴロゴロと。

 そんな中、適度なお値段で落札できれば!と、
時折、入札しておりますが今回は運良く落札ができ、
お待ちかねの車両がご到着!
CIMG0761
CIMG0762
 車両の方は
EF200(登場時塗装)
CIMG0764
CIMG0763
ということで、既に現役を退いてしまった本車両ですが、
車両としての風格はありますよねぇ、
一応、聖地からのご説明では・・・
CIMG0766
 EF200は、EF66形の後継となる新世代の機関車です。
日本の電気機関車としては初めてVVVFインバータ制御で
三相交流誘導電動機を駆動する方式を採用。
CIMG0770
CIMG0771
 また、ボルスタレス台車、シングルアームパンタグラフ、
CIMG0767
CIMG0769
電気指令式自動空気ブレーキなどの新機軸も採用されました。
平成4年以降、量産型が登場し試作機1両・量産型20両の
計21両が製造されました。
 JR貨物発足間もない平成2年に登場した
「INVERTER HI-TECH LOCO」のロゴデザインが特徴の
EF200登場時塗装を製品化。
 手スリ、解放テコ、GPSアンテナを別パーツ化し、
ヘッドライトは電球色LEDになっています。
CIMG0768
主な特長
・ハイアシンスブルーとグレイッシュホワイトで
 構成されたカラーリング、側面の
   「INVERTER HI-TECH LOCO」の
   ロゴデザインを美しく再現。
CIMG0765
・精悍な車体、繊細な金属製のシングルアーム式
 パンタグラフ、
重厚な台車まわりを的確に表現。
・手スリ・解放テコ・GPSアンテナを別パーツで再現。
CIMG0772
・アーノルドカプラー標準装備。
 交換用ナックルカプラー付属。
・運転台を表現。運転士人形の搭載も可能。
・車体側面に連続する窓や屋根上形状等、複雑かつ
 立体感あふれるディテールを的確に表現。
・運転台屋根のホイッスルは金色で再現。
・車体表記を印刷で美しく再現。
・フライホイール付動力ユニット採用で、
 安定した走行を実現。
・ヘッドライト点灯(電球色LED採用)。
・選択式ナンバープレート:「3」「8」「15」「16」

といった具合のようで。。。
CIMG0775
 実車は有り余るパワーは封印され、
本来の力を発揮できずに鬼籍に入ってしまいましたが、
個人的にEF200のスタイリングは気に入っていただけに
一足早い引退は残念に思った様な。
CIMG0774
 後日にでも入線を記念して
漢前化作業の方を速やかに進めたいと思いますが、
我が家ではコンテナー貨車の牽引に活躍して頂こうと思い♪

 たまには不便さも懐かしい
と思う さくら でございます・・・
便利な世の中もイイですが、
何もかもが便利だらけになると、
生活する楽しみもつまらなくなり。。。m((_ _))m
777 - コピー
 さて本来であれば、一昨日中に作業を行っておきたかった
KATO  特別企画品 EF210-300
IMG_2602
私めも仕事明けで寝不足気味ということもあり、
漢前化作業の失敗を避けるため、
昨日、作業を行うことに。

 今回、取付けなければいけない部品を見てみると、
IMG_2603
・解放テコ
IMG_2604
・避雷器
・ホイッスル
・信号炎管
・防護無線
・手すり
・ナンバープレート
・ナックルカプラー
IMG_2606
と、面倒臭そうなパーツがゴロゴロと。。。(嘆)
IMG_2605
 さっそく作業の方に入りたいと思いますが、
最初に屋根周りの部品取付作業から開始ということで、
作業効率化のため、パンタグラフを撤去することに。
IMG_2607
 最初に避雷器、ホイッスル、信号炎管、防護無線を取付け、
いつもの拡大鏡と割りばしに
両面テープを貼付した工具を活用、
IMG_2608
IMG_2609
滞りなく屋根上部品の取付が完了する。
IMG_2610
 お次に側面、前面にナンバープレートを取付け作業、
ナンバーは301号機を選定・・・
IMG_2611
IMG_2612
最初に側面、お次に前面に取付けていきますが、
IMG_2613
今回も接着剤は不要ながらも前面部分は取付け具合が怪しく、
タミヤセメントを少量塗布して取付け終了!
IMG_2614
 お次は手すりと解放テコの取付ですが
この作業は正直、あまり得意な作業ではなく、
遠慮したい作業なのですが、
IMG_2615
作業のしやすさを優先させるため、
カプラーを取外してから作業・・・
IMG_2616
IMG_2617
IMG_2618
IMG_2620
また、取付けの際は拡大鏡の威力は素晴らしく、
速やかに完了する。
IMG_2621
 最後にカプラー交換作業ですが、
以前のEF65以上に史上最悪の交換作業・・・
スカートの穴からナックルカプラーの連結器體を通し、
スノープロウの軸に通して取付けろ!という
非常に取り付け辛い構造。。。

 ホント、この構造は非常にムカツクというか、
取付け辛さ満点!
一応、車体本体と動力ユニットを外して
スカート部分を分離して作業。
IMG_2622
IMG_2623
 カプラーバネは3枚ほどダメに
何とかカプラー交換を終えて、
動力ユニットと車体本体を合体させて作業完了。
IMG_2624
IMG_2625
IMG_2626
 最後に我が家のEF210と記念撮影・・・
ボディーカラーの違いにより
IMG_2627
IMG_2628
今回の300番台は目新しさを感じますが
IMG_2629
IMG_2631
IMG_2630
 これらに交えてコンテナー貨車の
牽引に活躍させたいと。。。

 緊急事態宣言を出した割には増加傾向
新型コロナ感染者・・・
それでもオリンピックをやろうとしている姿に
滑稽さを感じている さくら でございます。。。m((_ _))m
0001-2 - コピー
 さて、昨年あたりから関東の方まで顔を出すようになった
機関車が聖地から発売され、
昨日、我が家にご到着♪
IMG_2593

 そんな到着した機関車の方は・・・

KATO EF210-300番台
IMG_2594
ということで、本来はセノハチで後部補機の役割
を果たす機関車のイメージが強かったのですが、
昨年の3月ダイヤ改正後あたりから、
関東地区への入線するようになり、
バリ展シリーズという事で、
1両我が家に在籍しても損はない車両かと♪
IMG_2595
 本来、勾配後押機関車としての登場ながらも
本務機として運用も考慮された設計だったのは知らず、
私めも関東まで入線するとは正直、驚いたわけで。(苦笑)

 ちなみに聖地からのお言葉では・・・

 EF210 300は平成25年に山陽本線の
瀬野~八本松間に存在する
峠越え区間(通称セノハチ)の補機EF67の後継機として、
EF210 100番台に勾配後押機関車の機能を追加した
直流電気機関車です。
 300番台は、本務機での運用を考慮し、
両エンドとも連結器に
大容量緩衝器が装備されており、
車体長も100番台より
400mm長いため
スカート周囲の形状が異なっているほか、
側面に施された黄帯や、316号機以降に見られる
桃太郎のキャラクターデザインが特徴です。

主な特長
●EF210 300 (JRFマーク付) (特別企画品)
・平成27年9月新製時の姿がプロトタイプ
IMG_2596
・前方に張り出した特徴的なボディ前面下部、
 ステップ、大形スカートを再現
IMG_2597
・車体全長に延長された雨ドイを再現
IMG_2598
・側面の黄帯や桃太郎のロゴデザインを美しく表現
IMG_2599
・側面にJRFマークがあり、
 桃太郎のキャラクターデザインのない姿を再現
・大形化された白色の誘導員手すりも再現
・フライホイール付動力ユニット採用で
 安定した走行を実現。トラクションタイヤ付で、
 貨車を連ねた本務機運転がおすすめ
IMG_2600
IMG_2601
・選択式ナンバープレート:「301」「304」「306」「309」

という事だそうで。。。
IMG_2602
 ひとまず入線を記念して、
漢前化作業を行いたいと思いますが、
昨日は私め、寝不足気味のまま帰宅・・・(汗;)
後日にでも作業を行いたいと思いますが、
色々と細部を見ていると難儀しそうな予感、
変な勘が当たらなければ良いのですが。。。(悩)

 クリニックに貼付されていたポスター、
食べたい食品がほとんど
     控えたい食品
リストアップされていたことに
残念に感じた さくら でございます。。。m((_ _;))m
DSC_1386
 さて、先般の
EF58 試験塗装機4両セット
IMG_2434
下界にご招待した際、
もう1セット、下界の方に姿を。

 セットの方は
鉄道模型 N誕生30風年記念 あさかぜ
IMG_2460
IMG_2479
ということで、EF65と20系寝台客車のセット、
IMG_2461
IMG_2462
私め自身、久々にブックケースを
開いたような気がしないでもなく。。。(汗;)

 ちなみに聖地からの案内では・・・

 鉄道模型メーカーKATOがNゲージを
世に送り出してから30周年を記念して
発売された「あさかぜ」セットです。
IMG_2463
・EF65直流電気機関車+20系客車
 5両の6両のセット。
IMG_2464
・塗装は、30周年記念オリジナルとして
 ブルーのボディにゴールドの帯が3本施されています。
IMG_2465
IMG_2466
IMG_2467
・車両のほかにもNゲージ誕生30周年記念バッジが
 付属しています。
IMG_2476
IMG_2477
IMG_2478
<セット内容>
車両:EF65-500(M)、カニ21-30、ナロネ21-30、
ナシ20-30、ナハネ20-30、ナハフ20-30
付属品:ヘッドマーク・テールマークパーツ、
ナンバープレートパーツ×2、シール、記念バッジ

といった具合で。。。

 手持ちの20系寝台客車とは様相が違い、
ゴールドの帯が巻かれているのはともかくとして、
車体全体にツヤがあり、床下周りもグレー、
それだけでも異質な雰囲気・・・
IMG_2471
IMG_2472
機関車のEF65もツヤがあり、床下周りは
IMG_2468
IMG_2469
20系客車と同様にグレーで統一されており。
IMG_2470
 客車の製造番号は全て30で統一、
一方のEF65は530号機ということで、
いかにも鉄道模型30周年を
お祝いしているみたいですねぇ。
IMG_2473
IMG_2474
IMG_2475
 今回は特に機関車にナンバー取付けは行いませんが、
そのうちに気が向いたら作業でも行おうかと思いますが、
このままでも良いような気がしないでもなく。。。(悩)

 また中途半端な緊急事態宣言では
新型コロナ感染拡大には歯止めはかからない
と思う さくら でございます・・・
二兎を追う者は一兎をも得ず、
焼け石に水状態
かと。。。m((_ _))m
5
 さて、購入は2005年に購入したものの、
我が家で陽の目を見たのは2007年・・・
その後、実家から新居に移動してきたものの、
14年間放置プレーだった車輌セットを
道楽部屋にてハケ~ン‼(汗;)
とりあえず、下界にご招待。。。

 そんな車輌セットの方は、
ということで、
かれこれ16年前に販売されたもの。
IMG_2425
IMG_2426
IMG_2427
 既にグレーのKATOカプラーNが装着されていたものの、
IMG_2428
IMG_2431
IMG_2432
AW-2ホイッスルの取付作業が行われておらず、
既に16年目・・・
御開帳してからは14年目にしてホイッスルの取付作業を。
IMG_2434
 ちなみに1両ずつ特徴を見てみたいと思いますが、
IMG_2435
 「EF58 31」。
車両全体はブルーに塗装され、
前後の車端裾にはオレンジ色の塗装、
IMG_2436
IMG_2437
前面窓は原形の大窓の東芝製、
パンタ台はオレンジ色に塗装され避雷器は薄緑色。
IMG_2438
 「EF58 16」。
31号機と同じく車両全体はブルー、
車体裾はクリーム色の帯を塗装され、
前面窓は原形大窓、避雷器はブルー。
IMG_2439
IMG_2440
この18号機と後述する16号機は
特急色:ブルートレイン色の原形。
IMG_2441
 「EF58 18」。
16号機とほぼ同様の塗装、塗分けの面で細部が異り、
IMG_2442
IMG_2443
IMG_2444
前面窓には雨どいが付いた大窓。避雷器はグレー。
IMG_2445
 「EF58 4」。
青大将色の原形、
車体上半分がライトグリーン、下半分がグリーン、
車体裾にクリーム色の帯で避雷器も
ライトグリーンに塗られ前面窓も小窓の雨どい付き。

といった具合。。。

 ひとまず、ホイッスル取付作業の方は、
IMG_2448
老眼にやさしい拡大鏡を用いて
IMG_2450
IMG_2449
割りばしの先に両面テープを取り付けたモノに
ホイッスルをくっ付けて取付ける方法を。
IMG_2451
IMG_2452
 従前、機関車にこのホイッスルを取り付ける作業は
非常に難儀し、一番行いたくない作業でしたが、
この方法であればあっさりとホイッスルの方は
取付けることが可能となり♪
IMG_2453
IMG_2454
IMG_2455
IMG_2456
 購入から16年目にして正規の姿になったわけですが、
IMG_2457
試験塗装機の4両を見てしまうと、
IMG_2458
時代に合わせた客車群を
揃えたくなってしまうのがホンネでして。。。(汗;)
IMG_2459

 「Unsweetened Green Tea」
と記載されているものの、
        
甘い緑茶
はあまり想像できない さくら でございます。。。m((_ _))m
DSC_1415
 さて、約12年ぶりに交直流機関車
KATO EF80 一次形
がご入線・・・
IMG_2312
今回もY!のつくナラズモノオークションにて
落っことしたモノですが、
とりあえず、未使用の新品を。。。
IMG_2313
 以前に購入したときはナンバー取付けをしたくらいで
この機関車には特に触れず
      スルー
しましたが、今回はしっかりと取り上げたいと。(汗;)

 聖地からの発表では・・・

 EF80は昭和37年~昭和42年にかけて
常磐線用として
登場した交直流電気機関車で、
交直流機ならではの
重量増対策として
1台車1モーター方式を採用しています。
IMG_2315
 1次形と呼ばれる1~50号機のうち、
プロトタイプとなった1~30号機は旅客貨物両用で、
EG(電気暖房用発電機)を搭載し、20系、
24系寝台特急「ゆうづる」などを牽引し活躍しました。

● EF80 一次形
・前面窓のHゴム表現や水切りの付いた晩年のスタイルを
 立体感あふれるディテールで的確に表現。
・屋根上は薄緑色の碍子に銅色の高圧線でリアルに再現
IMG_2314
・ローズピンクの美しいカラーリング、裾が長く低重心の車体、
 手すりや解放テコや、軸バネが特徴の重厚な台車を的確に表現。
IMG_2316
・運転台を表現。運転士人形の搭載も可能。
・車体表記を印刷で美しく表現
IMG_2317
・選択式ナンバープレート(1、2、5、10号機)
・ヘッドライト 点灯
・クイックヘッドマーク対応
・フライホイール搭載
・リアルな形状の連結器「ナックルカプラー」を付属

といったことで。。。

 ナンバー取付けとカプラー交換を行いたいと思いますが、
IMG_2318
IMG_2319
IMG_2320
IMG_2321
最初にカプラー交換を行い、
ナックルカプラーを取り付け、速やかに終了!
IMG_2322
IMG_2323
IMG_2324
 一方のナンバーの方は今回、
1号機のナンバーを選択、
IMG_2325
IMG_2326
IMG_2327
側面、前面部分にナンバーを取り付け、
漢前化作業の方は速やかに完了!

IMG_2328
IMG_2329
IMG_2330
IMG_2331
IMG_2332
 あとは牽引される車両を探したいと思いますが、
つくばエクスポに行った際に12系客車に乗車、
EF80が牽引していたことを思い出しますが、
その当時の姿を再現するのもいいのかと・・・
IMG_2333
IMG_2334
最後にせっかくなので12年前に購入した
EF80と並べてみましたが、
往年の活躍していた姿を再現してみたくなり。。。
IMG_2335
IMG_2336

 いまだ夢の中で
   喫  煙
している さくら でございます・・・
一応、夢の中とはいえ、
吸っていることに罪悪感
を感じているのですが。。。m((_ _;))m
660_bit201808201234280778
 さて、我が家にやってきたED級の小さい機関車
     KATO ED62
飯田線などで本機よりも長いタンク貨車をお供に連れて
活躍していた姿が思い浮かびますが、
時間も取れたので漢前化作業を進めることに♪
IMG_1515
 ひとまず、作業に伴って必要となる
       拡大鏡
を準備してから作業開始!
IMG_1516
 取付けに必要となるナンバープレート、製造銘板、
ナックルカプラーを準備、
IMG_1517
今回は避雷器や信号炎管の取付け作業がないという事で、
IMG_1522
それだけでもストレスがないような気がしないでもなく。
IMG_1518
 最初はカプラー交換という事で、
スノープロウを取外してアーノルドカプラーと交換すれば
IMG_1519
IMG_1520
カプラー取り換え作業は終了♪
IMG_1521
 続いて、前面と側面へのナンバープレート、
IMG_1524
IMG_1523
製造銘板の取付け作業ですが、
車両ナンバーについては17号機を選定、
製造所については川崎電機製造・川崎車輛となり。。。
IMG_1525
IMG_1526
 最初に側面ナンバープレートから取付けていきますが、
接着剤不要のはめ込み式という事で、
IMG_1528
IMG_1527
103系等の信号炎管取付け作業の時に活躍した
割り箸の先に両面テープを貼付したモノを使用して
ナンバープレート、製造銘板を取付けていく。

 最後に前面プレートを取り付けて
IMG_1529
IMG_1530
漢前化作業
の方は完了ですが、
せっかくなので貨車を連結した姿でも再現することに。

 道楽部屋から下界に召喚したのは
ヨ8000×7両
IMG_1532
ヨ太郎列車を・・・
IMG_1531
IMG_1533
今後、ある貨車を導入予定という事で、
到着した際にはこの貨車と組み合わせて
レール上を疾走させるのも見応えあるかと。。。
IMG_1534

 工業地帯で高い煙突から噴き出す炎・・・
以前から気にはなっておりましたが、
           フレア・スタック
という名がついていることを知り、
   一つお利口サン
になった気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
o0480065413091989620
 さて、久々に機関車の導入という事で、
Y!の付くナラズモノオークションにて
我が家にご到着♪
IMG_1506
 車両の方は飯田線などで活躍した
    KATO ED62
ということで、聖地からのお言葉では・・・
IMG_1508
 飯田線シリーズとして、KATO初のED級
直流新形電気機関車となる
ED62を製品化。
 ED62はコンパクトでまとまった車体に
中間台車を持つ
下回りの独特なスタイルが特徴で、
IMG_1507
ED61の回生ブレーキ等を撤去、
飯田線等の線路規格の低い線路に対応するため、
軸重軽減のために1軸の中間台車を装備した形式です。
飯田線既存のED18、ED19の後継機として活躍しました。

 主な特長
・プロトタイプは昭和53年前後の
 伊那松島機関区所属機で設定。
 ジャンパ栓撤去後・列車無線アンテナなし、
 Hゴムライトグレー、
助手席側ワイパー原形、
 解放テコ青で設定。
IMG_1510
・ライトユニットは電球色のLEDを採用。
・輪心はボックスタイプを適用。
IMG_1512
・スノープロウ装備の形態で再現。
・選択式ナンバープレート・メーカーズプレート採用。
 ナンバープレートは「3」「5」「15」「17」、
 メーカーズプレートは「川崎」「東芝」
・最少通過半径 R249mm
IMG_1511
と力の入った一品のようで。。。

 小さいながらも力強そうな雰囲気とともに
動力台車の間に設置された中間台車、
足回りの方はなかなか独特な雰囲気を。

 車体の方も1灯ライトに車体側面にはフィルターの間に
設置された3枚の窓ガラスとなかなか特徴ある姿、
色々と中身の濃そうな雰囲気にぎっしりと
当時のメカニズムが
詰まっている様で。
IMG_1509
IMG_1513
 時間を見て漢前化作業を進めていきたいと思いますが、
取付作業もカプラー交換とナンバープレート、
製造銘板のみという事で、速やかに完了させておきたいと。
IMG_1514

 国の愚策国民に外出させて金を使わせたり、
感染者が増えれば出かけるのを控えろと言ってみたり、
バカな政治屋どもに嫌気
がさしている さくら でございます・・・
結局、この人も安倍クンと同じ
       Second Floor
陰で糸を引いてるんでしょうけど。。。m((_ _#))m
20200904-00658188-shincho-000-2-view
 さて、今年は色々とEF65が多数入線しておりますが、
IMG_0090
性懲りもなく、今年5両目となるロクゴー
がご入線。。。(汗;)

 今回、私めが初めて購入する店舗、TamTamから
IMG_0556
我が家に入線したのは、所有するKATOの車両の生まれ故郷
関水金属埼玉工場にて
ナマ首状態で晒され保存される
IMG_0557
IMG_0558
KATO EF65 536 関水金属保存機
鉄コン2020東京大会オンライン開催記念
がご入線♪
IMG_0560
IMG_0561
IMG_0562
 わが聖地からの発表では・・・

 関水金属埼玉工場で前頭部を保存している
EF65-536をプロトタイプに、
現在も活躍していると想定して、
鉄コン2020東京大会オンライン開催記念として製品化
IMG_0563
 EF65 536は昭和42年3月にEF65-78として誕生後、
翌年7月に高速用500番台のうち旅客用の不足から
536号機に改造され、
EF65 1000と交代する昭和53年7月まで東京~下関間で
寝台特急の先頭に立ち、華々しい活躍をした。
 その後は貨物列車の牽引機としてJR発足後も活躍を続け、
約1年間の休車の後、平成10年12月に廃車となった。
 引退後は1エンド側前頭部が当社埼玉工場で保存される
こととなり、
平成13年5月に埼玉工場玄関前で保存。
工場見学時を始めとした
各場面における記念写真撮影時の
フォトスポットとなっている。

●EF65 536 関水金属保存機
    <鉄コン2020東京大会オンライン開催記念>
IMG_0560
・KATO、関水金属ヘッドマーク付属
IMG_0567
IMG_0568
・ランボード上面と各部のHゴムは黒で設定
IMG_0564
・ナンバーは「EF65 536」を 取付済
・メーカーズプレートは「東洋電機/汽車会社」印刷済
IMG_0566
・避雷器LA17を装備
・パンタ台下部は灰色
・側面JRマーク無し
・各部のHゴムは黒色
・全検表記「13-5 埼玉工」
IMG_0565
といったことだそうで。。。

 とりあえず、入線後の漢前化作業という事で、
今回は忌々しいカプラー交換のみ・・・
IMG_0569
今年7月に色々と苦労しているだけに
今回は前回同様、
台車を取り外してナックルカプラー
IMG_0570
IMG_0571
取付ける作業方法で速やかに作業完了!
IMG_0572
IMG_0573
 最後に従前に購入した
EF65 500番台P形特急色と並べてみましたが、
IMG_0574
屋根上のカラーリングに差異があるなど、
特色があるようで・・・
IMG_0575
IMG_0576
IMG_0577
ひとまず我が家に入線した536号機、
聖地にて保存される前頭部のように
我が家でも記念すべき車両として
大切に扱えればと。。。
IMG_0578

 今年は車庫脇花壇で育てたキュウリやらトマト
不作でダメだった割には
           トウガラシ 鷹の爪
大豊作・・・
またトウガラシみそ
の作成を考えている さくら でございます。。。m((_ _))m
IMG_0227
 さて、今年は我が家のブームなのか、
ユーロライナーカラーを纏った
3両目となる機関車が我が家に♪

 そんな到着した機関車の方は、
KATO 7002-2 DD51 (ユーロライナー)
ということで、2両のEF65に引き続き
ディーゼル機関車ですが、
ユーロライナー塗装を纏い。
IMG_0071
IMG_0072
 今年はたまたま入手したユーロ仕様のEF65
導火線となり、短期間で3両が入線しましたが、
ユーロ仕様の専用機関車に関しては
今回の導入が最後?の予定。
IMG_9958
 ということで、車両の細部を見てみると、
EF65と同様に美しく塗装が塗り分けられており、
誠に宜しゅう雰囲気が漂い♪
IMG_0073
IMG_0074
IMG_0075
 とりあえず、漢前化作業の方も進めて
行きたいと思いますが、
最初にナンバープレート取付作業・・・
ナンバーの方は791号機。。。
IMG_0076
IMG_0078
 ニッパーで各車番を切り出した後、
ヤスリにてバリを削り取り、
IMG_0079
両面テープを張り付けた割り箸を用いて
所定の位置に設置しますが老眼の進んだ私め的には、
この作業方法の方が無難なようで。(淋)
IMG_0080
IMG_0081
IMG_0082
 最後にカプラー交換ということで、
この頃に販売されていた機関車に用いるカプラー
KATOカプラーNということで準備を。
IMG_0077
 色々と791号機の当時の活躍する姿を見てみると、
連結器はどうやらグレーで塗装されていたようで、
実車に倣いグレーのKATOカプラーNを取付け。
IMG_0084
IMG_0085
IMG_0087
 数日前、試運転用に誂えた線路上に
先般、我が家にやってきた
ユーロカラーEF65と並べてみましたが、
IMG_0088
IMG_0089
同じカラーリングの車両が並ぶと壮観・・・
とにかくユーロライナー専用機として
末永く活躍させたいもので。。。
IMG_0090

 職場にて
  「はろうぃんのかそう」
とパソコンに入力したら・・・







  「ハロウィンの火葬」
と変換されてしまい
  テンション、ダダ下がり
になった さくら でございます・・・
以前、同じく職場のパソコンにて
  「けがとうなく」
と入力し、
   「毛が等無く」
と変換された以上の衝撃で。。。m((_ _;))m
90686
 さて先般、近所の模型店参拝で入手してきた
KATO 3017-4 EF65 ユーロライナー
IMG_9553
正直、1両入手出来て大満足だったものの、
もし仮にもう1両入線させることができれば・・・
という淡い期待を抱き始め。。。(情)

 ということで、覗いてみたるは
Y!の名の付くナラズモノ オークション
送料込みの状態で損せぬ金額で入札はしてみたものの、
どのみち、落札は無理だろうと判断、
半ば忘れかけ始めており。(情)

 そんなことを忘れて数日・・・
私めのスマホの方に落札のお知らせが!(滝汗;)
どうやら最初の入札額のまま、
落札できてしまったようで。。。(苦笑)
IMG_9940
 片エンド側にライトのチラつきがあるという、
出品者から申告があり入札が滞ったのかもしれませんが、
片エンド側のチラつきであれば、
被牽引車側に
連結してしまえば万事OK!といった具合。
IMG_9941
 そんな我が家にやってきた
KATO EF65 ユーロカラー、
今回は到着早々、漢前化作業を執り行うことに♪
IMG_9942
IMG_9943
IMG_9944
 今回は最初にカプラー交換から実施・・・
IMG_9945
IMG_9946
スノープロウ部分から引っ張ればあっさり外れ、
IMG_9947
アーノルドカプラーからKATOカプラー振替え、
両サイド共に元に戻せばカプラー交換は終了!
IMG_9948
IMG_9949
 お次にナンバープレート取付け作業を実施、
IMG_9950
前回は112号機を選定いたしましたが、
今回は105号機を選び、
新たに附属してきたナンバープレートは使用せず、
前回の余りモノから使用することに♪
IMG_9951
IMG_9952
 プレートを切り出して前回同様、
サイドからプレートの取付を行っていきますが、
しっかりとバリをヤスリにて丁寧に仕上げて取付け。
IMG_9955
IMG_9953
 最後に前面にナンバープレートを取付けて
作業の方は無事に完了となり、
IMG_9957
今後は僚機となるEF65 112号機と並べてみましたが、
イイ感じ♪ですねぇ、
IMG_9956
プッシュプルで牽引させるのも見応えがあるのかと、
いまから悩んでおり。。。(悩)
IMG_9958

 カラメルソースの入ったプリン・・・
いつも、かき混ぜるタイミングを逸し、
最後に
カラメルを飲み干すハメ
になっている さくら でございます。。。m(_ _)m
611kAudi1bL._AC_SX679_
 さて、昨日のDD51と同様に
IMG_9973
我が家に来てから13年以上、
放置プレーになっていた機関車が今回の主役

我が家に導入後、MカプラーからK'sワークス製
カプラーポケットに装着したアダプター下部が支障して、
スノープロウが取付けできない状態。
IMG_9976
 実際にその状況からスノープロウを取付けると、
プロウの下部とレール面がギリギリ、
線路に段差があれば脱線確実かと。(--;)
IMG_9977
 とりあえず色々と無い知恵を絞りながら思案し、
カプラーポケットの下部を
ニッパーを用いて
丁度良い塩梅に切除、
IMG_9978
プロウの付け外しを繰り返しながら
嵌まり具合を確認して作業終了。
IMG_9979
IMG_9980
 逆サイド側も同様の作業を施すも、
切除時に破損を確認・・・
予備品を用いて再度加工し、
カプラーポケットを元の位置に戻し、
スノープロウを取付けて終了。
IMG_9981
IMG_9982
IMG_9983
 お次にナンバープレートの取付け作業を開始、
車体側面から取付けを行いますが、
今回は45号機を選定、側面プレートを取付けたあと、
メーカーズプレートを嵌め込み再度の作業は完了!
IMG_9984
IMG_9985
IMG_9986
 最後にフロントナンバープレートを取付けて
漢前化作業は終了・・・
やっと13年目にして漢前化されたEF62
凛々しいお姿になったような。
IMG_9987
IMG_9988
IMG_9989
 恐らく、漢前化作業を行っていない機関車
無いと思われますが
再度、確認を行っておきたいと思う所存で。。。(情)
IMG_9990

 電気屋サンのテレビ販売コーナーで画面に映った
      能面 増女・・・
その瞬間、
     「お!浅田 真央だ!」
と言っていた オジサンがおり、思い切り
吹いてしまった さくら でございます。。。m((_ _;))m
c30a110aa009042e55fe32a32591434a
 さて、たまたま道楽部屋で未整備の機関車がないかと
調査していた時の事・・・
大量の機関車が棚に整理されて並んでおりますが、
色々とディーゼル機関車群を見ていた時のこと、
1両のDD51の様子が。。。
IMG_9959
 よくよく見てみると、漢前化作業も行われておらず、
スッピンのままといった具合!
さっそく下界に召喚し、
もう1両見つけた機関車とともに
漢前化作業を行うことに!(汗;)
IMG_9960
 ところでこのDD51,いつごろ我が家に入線したのか
調べてみたところ、2007年10月・・・
まさに13年前に購入していたことが判明し。。。(汗;)
IMG_9962
IMG_9961
 なぜ、そのまま道楽部屋に
直行してしまったのかは分かりませんが、
さっそく漢前化作業を執り行うことに・・・
ひとまず車両をケースから出して検分すると、
既にナックルカプラーが取付けられており、
これに関しては元々の記事からわかるように
最初から取付けられていたようで。
IMG_9962
 今回の作業で一番の難関なのは
IMG_9963
ホイッスル取付作業!
IMG_9964
IMG_9965
IMG_9966
これがまた部品が小さくて脆く、また取付け辛く、
何度も失敗しているといった強敵!

    駄菓子菓子!

 今回は私めと相性の悪い純正の冶具は使用せず、
機関車の№プレート
103系信号炎管取付時に使用する
割り箸の先に両面テープを貼付したモノを使用、
案外とあっさりハマることが判明する♪
IMG_9967
IMG_9969
 最後に№プレートの取付けですが、
こちらもナンバーを切り出して切出し面を
ヤスリで研摩後、先の割り箸に両面テープを
巻きつけたものに貼り付け、タミヤセメント塗布後に
所定の位置へ。
IMG_9973
IMG_9970
IMG_9971
 今回は車両番号の方は851号機にしましたが、
まさか13年間、漢前化もせず私めの実家から
我が家の道楽部屋でそのままになっていたとは
夢にも思わずでして。。。(情)
IMG_9972

  一応、白熱しているらしい
        アメリカ大統領選・・・
個人的に大統領
バイデン氏よりトランプ氏の方が良さげ
ではないかと思う さくら でございます・・・
どうもバイデン氏だと
パンダの国にナメられそうで。。。m((_ _))m
EG-p7E5UcAA3jTu
 さて、久々に訪れた地元模型店、
必要なパーツの他に棚から出された商品を
品定めしていると・・・
既に購入を諦めていた一品が。。。
IMG_9540
 モノの方は、
3017-4 EF65 ユーロライナーカラー
が、他の機関車たちと展示ボックス内で
重ねられており。
IMG_9541
 そんな我が家にはかなり昔に購入した
TOMIX製の14系ユーロライナーが在籍、
牽引機も草臥れ気味な状況を考えれば
新たな機関車を入手しておきたかったのが本音。
IMG_9542
 ただ、販売からかなりの時間が経過し、
入手は諦めていただけに
今回の発見は喜び一塩かと。

 そんなKATO製のEF65
さっそく漢前化作業の方を行いたいと思いますが、
ナンバープレート取付から開始!
IMG_9543
 選択したナンバーの方は112号機、
プレートを切り出した後、
棒ヤスリにて切り出した際に残ったバリを削り取り、
IMG_9546
一旦、プレートのハマり具合を確認してから
取付を行うといった具合。
IMG_9545
IMG_9547
 プレートを取り付けた後、
カプラーをKATOカプラーに交換して
IMG_9544
IMG_9548
IMG_9549
作業の方は完了・・・
IMG_9550
IMG_9552
今回は信号炎管、防護無線等は
既に取り付けられており作業は不要といった具合。
IMG_9551
 最後にTomix製のユーロライナー
実際に併結させてみましたが、
IMG_9553
カラーリング的には客車側の方が
色白といった印象ですが、
念願の機関車入線だけに
TOMIX製の機関車よりもこちらの機関車が
メインとして活躍しそうな予感で。。。
IMG_9554

 新しい自民党総裁が誕生いたしましたが、
意気込みの割には老外どもを再任させる暴挙、
正直、早くも先が見えた
ような気がする さくら でございます・・・
操り人形内閣ならぬ菅吊り人形内閣、
政権には期待できずで。。。m((_ _#))m
o0500066614293185596
 さて、我が家に在籍する
双頭連結器を装備した機関車たち、
EF64・EF81のほかに我が家にて
双頭連結器を装備したDE10が2両ほど。
4a250bdf
 そんななか、DE10に関しては
当初、密連部分に電連が表現された双頭連結器
装備いたしましたが、
後年増備したもう1両のDE10には電連がないタイプの
KATOカプラー密連#2が取り付けられた
双頭連結器を装着し、
新タイプのカプラーを装備した
車両にも対応が可能となり。
bc7b1175
 一方、我が家ではBM式カプラーを
取り付けた車両のカプラーを
新タイプの
KATOカプラー密連#2へ交換する作業がブームとなり、
粛々と作業を進めている最中ではございますが、
どうせなら双頭連結器を装備した2両のEF64のうち、
どちらか1両は新タイプの双頭連結器を装備し、
新タイプのカプラーを取り付けた車両に
対応しておいても良かろうかと。

 ということで、下界に召喚されたのは
             KATO EF64 1032
ということで、さっそく作業の方を♪
IMG_9345
IMG_9346
 作業といっても、新たに取り付ける
双頭連結器を準備後、車体スカート部分に取付けられた
ステップからカプラー受けを取り外し、
IMG_9347
IMG_9348
設置されている双頭カプラーを入れ替え、
元に戻せば作業は終了!
IMG_9349

IMG_9350
IMG_9351
 作業自体は特段難しい作業ではなく、
呆気なく終わってしまいましたが、  
IMG_9352
せっかくなので先般カプラー交換を行った
クハ481-26を連結して記念撮影♪
IMG_9353
IMG_9354
 新車の甲種回送ならともかく、
廃車回送等ではあまり活躍させたくない車両
ではございますが、新タイプのカプラーを取り付けた
113系湘南色やら
115系等をけん引する姿を
再現するのも良かろうかと。。。(悩)
IMG_9355

↑このページのトップヘ