続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

13年間、ヤフブロでやってきたことが何であるか、確かめに来ました・・・

カテゴリ: 鉄模-205・7系

 年末年始のテレビ番組が
  ホント面白くない
と思う さくら でございます・・・
腹を抱えて笑える番組がなく。。。m((_ _))m
ce653f395de43c102edb5a4003483c8f_s
 さて、昨年末に到着した車両となりますが、
KATO 205系横浜線8両 Bセット
が我が家にご到着♪
IMG_5538
IMG_5540
 ほぼ新品扱いの車両という事らしいのですが、
別に出品されていたAセットの落札も考えましたが、
チョイト、目的もありオークションにて格安入手♪
IMG_5539
 初期タイプの横浜線仕様の205系、
カプラーの方もKATOカプラー N Bタイプ、
スカート未装着、その他の避雷器、防護無線、
信号炎管なども装着されていないという事で
それらの取付けも並行して行いたいと。
IMG_5541
 手始めにサハ204-100を眺めつつ
IMG_5542
IMG_5543
カプラー交換を開始!
IMG_5544
台車を取り外す事もなく速やかに作業が完了する♪
IMG_5545
IMG_5548
 一方、先頭車のクハ204については
増結用カプラーの取付けとスカートも
取付けておきたいという事で、
IMG_5549
元々、京阪神仕様の205系だったクハ204から
インチキ京浜東北線仕様にしてあったこともあり、
スカート取り付けする事もないという事で、
床下セットを入れ替えてしまう事に。
IMG_5550
IMG_5551
IMG_5552
 とりあえずスカート取付けを行い、
ダミーカプラーを外して増結台車を・・・
IMG_5556
IMG_5557
IMG_5558
ただ、カプラーポケットとスカートが干渉することもあり、
スカートの裏面をデザインナイフで肉薄化を行い、
干渉の無い事を確認して作業終了!
IMG_5560
IMG_5561
 今回の横浜線仕様の205系は、
先頭車両の連結可能化に伴い、
甲種回送やら廃回などといったシーンに
用いることが可能かと。
IMG_5562
IMG_5563
 最後にモハ205に避雷器、
IMG_5564
IMG_5566
IMG_5567
クハ204に信号炎管とアンテナを取付けて
IMG_5568
男前化は完了となりますが、
ココまで来るときちんとした8両編成で
廃回仕様にしたいという野望も出てくるわけで。。。(汗)
IMG_5569

 土下座・・・命への執着の究極形態
なんだそうですが、
北朝鮮にも土下座の文化
ってあるのかなと思う さくら でございます・・・
あれだけ粛清される前に命乞いしている人もいるのかと。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、先日我が家に到着したトミーテック製、
207系900番台
男前化作業を挙行する事に♪
イメージ 2


 動力ユニットはトミーテック製を購入したものの、
ほかの走り装置一式はGM製のDT50を9ケ用意済み!
中間位の連結器も既にKATOカプラー密連を装着済み♪
イメージ 3


 パンタグラフはTOMIX製、
イメージ 4

また、異教に割高感のある、お布施となるような、
車両に積載するウェイトなどはN化キットを用いず、
市販で販売されている板オモリを使用することに・・・
これだけでも私めには縁がない節約にはなるかと。。。(汗)
イメージ 5


 ウェイトの方は純正で約4g、
我が家の板オモリウェイトは長さ15センチを
1両分として使用し、約6gということで、
走行安定化の重量増と考えれば・・・
ということで、作業開始♪


 ひとまず、各先頭車から作業を開始いたしますが、
KATO製の信号炎管・防護無線を取付け、
イメージ 6

車体側の加工は完了・・・
床下シャシーにGM製の台車を取り付け、第一段階が終了。。。
イメージ 7
イメージ 8


 一方、車体ウェイトは従前の車両に行っていた
男前化で行っていた通りに、
作成済みの板オモリを床下シャシーに積載、
ウルトラSUにて固定作業を。。。
イメージ 9


 中間車の男前化も同様にウェイトを積載し、
パンタグラフ取り付け、台車の換装を行い男前化、
また動力ユニットに関してはモハ207に・・・
一部節約の男前化作業は終了!
イメージ 10
イメージ 11


 マイクロの207系の方が良かったのか、
今回のトミーテックの207系の方が良かったのかは
色々と賛否が分かれるところかと思いますが、
私め的には、お値段的に安く済む方が。。。(汗)
イメージ 12

 YouTubeなどでアップされている
  心 霊 動 画
9割方は合成ニセモノばかり
のような気がする さくら でございます・・・
怖がらせることばかりが強調されている様で。。。m((_ _#))m
イメージ 1


 さて我が家に、実車は既に廃車されてしまいましたが、
トミーテック製の
207系900番台基本・増結
が私めの手術当日だった6月30日にご到着♪
イメージ 2
イメージ 3


 某マイクロエースからも登場時と引退時などの仕様で模型化
されておりますが、こちらはおいそれと手の届かないような、
ステキなお値段が付けられ、あっさりと私め、パス!
イメージ 4
イメージ 5


 ということで、トミーテック製の207系900番台、
異教からの発表では・・・

・207系900番代は国鉄初の営業用のVVVFインバータ
制御車として10両編成1本が試作されました。
イメージ 7

・電機子チョッパ制御の203系と性能の比較ができる点な
どから常磐緩行線に導入することとなり各線で試運転
を行った後に松戸電車区に配置されました。
・営業運転をしながら試験が続けられましたが悪天候時
に空転が多いなどの欠点があり、製造コストも嵩むこと
から量産には至りませんでした。
イメージ 9

・2009年にE233系2000番代に置き換えられる形で引退しました。
引退後 松戸~取手間で さよなら運転が行われました。

色々と諸問題を抱えていたようで。。。
イメージ 6


 もともとはディスプレイモデルではございますが、
既にGM製の台車などを購入し、
割高なパーツ類で異教へのお布施を阻止する為に
今回は極力、お安く男前化を済ませることに。
イメージ 8

 既にパーツも揃っており作業を進めたいと思いますが、
完成後はどんな具合になるか、今から楽しみなものでして。。。

 たまたま私めが実家にトラクターを取りに行った時の話、
幹線道路側から轟音が聞こえてきたので、
待ち構えていると・・・
この辺では珍しい3輪式の路面清掃車、思わず後姿ながらも、
写真撮影してしまった さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、先般購入してきたキャスコの10両用の
車両ケースを用いて、車両のお片づけを・・・
たまたま目に付いた京葉線の205系を2編成を
それぞれ1箱にまとめていたところ、
いずれの車両も防護無線・信号炎管・避雷器が
取り付けられておらず、昨日はこの車両群の
部品取り付け作業を行うことに。


 2日続けての205系への作業となりますが、
1セットはメルヘン顔を先頭にした10両編成と、
過去、聖地から限定販売された205系標準顔の
大窓車ボディセットを組み込んだ10両編成の2本。
イメージ 2
イメージ 3


 ひとまず、メルヘン顔の編成からということで、
避雷器はそれぞれのモハ205に取り付けて、
メルヘン顔編成の避雷器取付け作業が完了する・・・
イメージ 4

さらに付属品から部品を切り出し、各先頭車に
防護無線・信号炎管を取り付けて、
メルヘン編成はこれにて終了。。。
イメージ 5


 一方の標準顔の大窓車を組み込んだ10両編成、
ちなみにこの標準顔の先頭車・・・
過去に聖地から限定販売品として、
K28079 205系 京葉線色 先頭車ボディーセット
が販売され、別途購入した床下セット等を利用し組立て、
メルヘン顔の先頭車と振り替えたもの。
イメージ 6


 元々、この先頭車を含む実車の編成は総武・中央緩行線で活躍、
のちに京葉線に転属後、先頭車のみがモデル化された車両、
ただ、私め的に何か違和感が・・・
よくよく見てみると、先頭車に取り付けられているスカートは
201系のモノということで、とりあえず、
ストック品から205系のスカートを準備する。。。
イメージ 7

 ひとまず作業の方はモハ205に避雷器を各々取り付けて、
こちらも先頭車に防護無線・信号炎管、
部品取り付け作業の方は完了!
最後に各々の先頭車のスカートを正規のモノに振り替えて
最後の?2編成の作業は無事に終わりまして。。。
イメージ 8


 完了していたと思っていた部品取り付け作業、
案外と見えぬところにまだ残っていそうな予感でして。。。(嘆)
イメージ 9

イメージ 1

 昔、自転車に取り付けていた↑を、私めたちは「ワイヤーベル」
呼んでおりましたが、
正式名を「北川 スポークベル」という名前だったことを
改めて知った さくら でございます。。。m((_ _))m


 さて、先般購入してきたまま、パーツを購入し忘れ、
男前化作業が出来ずにそのままになっていた車両、
鉄コレ JR205系600番代宇都宮線(Y12編成)4両セット
の男前化作業、パーツも揃ったということで、
さっそく作業を執り行うことに。。。
イメージ 2
イメージ 3


 今回は5月に発売が予定されている
207系900番台の予行練習も兼ねており、
作業前の準備として、GM製DT50の付随台車化ということで、
踏面ブレーキ一式をニッパーとデザインナイフ等で除去、
DT50からTR235モドキに変身させると同時に、
台車カプラーをKATOカプラー 密連に変更する。
イメージ 4
イメージ 5


 とりあえず、動力車とするのはKATOの205系に習い、
モハ204を動力車に・・・
動力ユニットに床下機器並びに台車枠を取り付け、
カプラーの連結間隔の調節を図った上、
車体に組み込んで終了!
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


 一方のモハ205に関しては屋根上のパンタグラフの交換、
GM製のDT50を取り付け、ウェイトの方は、
先般作成した板オモリを車体シャシー上に
東武7300系の時と同様にセットし固定。
イメージ 9
イメージ 10


 最後にクハ205・4のセッティングですが、
あくまで単独運用ということで、先頭車は増結仕様にはせず、
先頭部分の連結器周りはそのまま・・・
屋根上の防護無線、信号炎管は附属品ではなく、
ストックのKATO製を取り付け、
イメージ 11
イメージ 12

ウェイトを搭載し、台車を取り付けて作業完了!
イメージ 13


 部品取付けやら、板オモリを活用したウェイトの搭載と、
今後発売される207系900番台の格安男前化の
予行練習には今回の作業、充分役立ったような。。。
イメージ 14

 最近、職場で同世代に会うと話題になる話・・・
「老眼は、まだ大丈夫・・・?」
何だか残念な合言葉
になっている気がする さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さてここ最近、全く出向いていなかった近くの鉄道模型店、
たまには当ても無く徘徊するのもいいでしょう♪
ということで、クルマを走らせ現地に。。。
イメージ 2


 色々と目移りするのも事実ですが、
適当に徘徊して、目ぼしいモノがあれば買っていきましょう!
程度な具合で店内をウロウロ。


 中古コーナーをジロジロしていると、
チョイト、気になる車両セットが目に入り・・・
鉄コレ JR205系600番代宇都宮線(Y12編成)4両セット
といったシロモノ。。。
イメージ 3


 そんな宇都宮線用の205系を購入してきた訳ですが、
異教からの発表では、

 JR205系600番代は、日光線107系と宇都宮線211系の
置き換え用として2013年3月に登場しました。
 日光線用の特別色を纏った編成や、
前面形状の異なる元埼京線の車両など、
バリエーション豊かな4両編成12本が
日光線と宇都宮線・小金井~黒磯間で活躍しています。
 今回は埼京線で活躍していた車両から改造されたY12編成を製品化!
発売済みの「鉄道コレクションJR205系600番代日光線 4両セット」、
「鉄道コレクションJR205系600番代宇都宮線 4両セット」と、
合わせてお楽しみください!

てな、具合だそうで。。。
イメージ 4
イメージ 5


 車両自体は従前のメルヘン顔京葉線仕様ではなく、
埼京線からやってきた編成・・・
クハ205へのトイレ設置やモハ205のダブルパンタ化など、
イメージ 6
イメージ 7

走る路線にあわせた改造が行われており・・・
また、今回の4両は今後、5月に発売予定の
207系900番台
導入に伴う、N化作業する先行改造となればと。。。
イメージ 8


 ひとまず、今後の予定として、
屋根上のシングルームパンタグラフ交換、
両先頭車は、屋根上に信号炎管、防護無線の屋根上設置等、
N化におけるGM製の台車など、
更に何点かは指定部品ではない部品を用いようと。
イメージ 9


 ある程度は、我が家の手持ち部品でN化などを
進めてみたいと考えておりますが、
N化で必要となるパンタグラフ等の部品購入を
スッカリと忘れてきてしまったわけで。。。(滝汗)

 こちらでは朝から雪が降っておりましたが、
お愛想程度の積雪・・・
個人的にカマクラを造りたかった さくらでございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて我が家に、通販ショップからのお届けモノ・・・
久々に代金引換ということで、
あらかじめ当直日以外の到着を希望、
女房サマに気がつかれる前に支払いを済ませ、
速やかに道楽部屋へ。。。
イメージ 2


 今回、到着したモノは、
グリーンマックス DT50×9ケ
ということで、GM製の台車をここまで
まとめ買いしたのは初めての事。。。
イメージ 3


 私め的にDT50といえば、
211系や205系などの国鉄末期に登場した車両群に
採用されたイメージの強い台車・・・
我が家でも2ケ、何気なく保有しておりましたが、
こちらは既に南武支線用の205系に活用。
イメージ 4


 それ以降はこのDT50系の台車とは、
これ以上、縁がないと思っていたのですが、
どうしても必要となってしまい、
ここにきてまとめて9ケの注文と相成った訳で。


 購入はしたものの、必要となるのはもう少し先の話・・・
事前準備ということで、先般購入してきた
カプラーのKATO カプラー密連を取り付けておくことに♪
イメージ 5
イメージ 8


 久々に行うGM製台車へのKATO カプラーの取付作業、
一応、カプラーバネを流用してカプラーの取付けを。
イメージ 6
イメージ 7


 また、今回購入したウチの4ケは、
付随台車のTR235に変更という事で、
踏面ブレーキ一式をデザインナイフ等で除去、
KATO製のTR235に比べてしまうと
若干、スッキリしすぎた印象がございますが、
ここは目を瞑ることに。。。(汗)
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11


 作業的には、カプラー組み込みに手が掛かりましたが、
なんとか完了、そんな肝心の台車流用先は・・・
5月か6月頃に答えが。。。

イメージ 10

 カーレースでクルマがクルマの後をくっついて走る方法を
思い出せぬ私め、何気なく同僚に助けを求めて見たところ・・・

「あ、それってほら!
     ジェット・ストリーム!!

さすがに 城 達也 ではないと思う さくら でございます・・・
正式にはスリップ・ストリームでして。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さて、我が家に在籍するKATO南武線用205系・・・
1本はセットモノを購入。。。


 もう一本は、昨日お話した京浜東北線仕様205系・・・
コチラの10両編成を組成する際、
京阪神緩行色仕様の205系を余った車両を利用して組成。
イメージ 2


 この際に余剰となった動力ユニット組込みのMM’ユニット、
コチラのMM’ユニットを生かすために
台車をはじめ、色々と必要となる部品を寄せ集め、
先頭車のクハ204・205用にはスカート付床下交換した際に
余ったモノを流用。。。
イメージ 3


 また、聖地にて購入してきた南武線仕様205系の
ボディASSYを6両分購入し、我が家にてパーツを組み合わせ、
南武線の205系を増備したという経緯。


 ただ、スカート無しの先頭車のままでも良かったのですが、
たまたま我が家に奇・偶数向き用のスカート付床下が1組あり、
これらを用いてスカートが取り付けられた仕様にしてしまおうと♪
イメージ 4
イメージ 5


 交換用床下セットの方にはライト類は装着されておらず、
従前の床下セットから元々のライトを移植、
移植完了後に車体にセットし、
台車を取り付けて作業完了といった具合。。。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


 淋しかった前面下部もこれで少しは
見た目がイイ感じになりましたねぇ、
スカートに関しては色々と作業してきましたが、
これで一段落のような。。。(安堵♪)
イメージ 9

1年の計は元旦にあり・・・
今年は模型をいじるどころか、
家族揃って寝正月
になってしまった さくら家でございます。。。m((_ _;))m


 さて1月4日になり、やっと模型と戯れる時間ができたという訳で、
今回は205系我が家には京浜東北線用の205系が2本・・・
1本はKATOから9年ほど前に販売された
205系京浜東北線色の10両編成、
もう一本は、京浜東北線色が発売される以前に導入した
205系京阪神緩行色7両セット
Y!の付くオークションにて2セットを格安入手♪
イメージ 1


 ということで京阪神緩行色の2編成を組み替えて10両編成に、
余ったMM’ユニットは南武線色のボデーに組み替え、
他のASSYで購入した車両群を組み合わせ6両編成を組成、
余った先頭車2両はそのままといった状態。
イメージ 2


 後年、正式に京浜東北線色が発売されてしまった為、
京阪神緩行色を組み替えたニセ京浜東北線仕様は
非常に目立たぬ存在になってしまい。。。(淋)
イメージ 3


 そんな残念な京浜東北線仕様の205系ですが、
車両自体の乗降ドアは小窓タイプということで、
実際の京浜東北線では使用されていないタイプ、
色々な意味で残念な1編成となってしまったわけで。
イメージ 4

 そんなニセ京浜東北線仕様、
アンテナや避雷器などは取り付けられておらず、
また、JR西日本仕様のスカートもそのまま
取り付けられている状態という事で、
この辺の作業を行っておくことに。。。
イメージ 5


 さっそく先頭車から作業開始!
不要となるスカートを取外し、屋根上の信号炎管、
ATCアンテナを取付け・・・
ちなみにATCアンテナは山手線で見られた
細い棒タイプのものではなく、
防護無線アンテナ同様の太いタイプ。
イメージ 7
イメージ 6
イメージ 8


 また中間車群もパンタグラフのあるモハ205に
避雷器をつけて作業は終了・・・
イメージ 9
イメージ 10

あっけない作業になってしまいましたが、
まだ色々と部品取り付け未施工の車両、
道楽部屋から色々出てきそうな予感でして。。。(汗)

 自転車のベルトドライブ・・・
今ではスッカリ廃れてしまった
ような感じがする さくら でございます・・・
そういえば、シャフトドライブ式のモノ
ございましたが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、本日はクリスマスイブ、
私めは、本日お仕事ということで、
今年も男に囲まれてイブを過ごす訳ですが、
ホント、残念極まりないですよねぇ。。。(嘆)
イメージ 10
我が家の手持ち品の数に限りがあり、
奇・偶数向きの8両に限定されてしまいましたが、
中途半端に終わるのもなんだかなぁ~?
という事で、足りない分を聖地にご注文、
昨日、我が家にご到着といった具合で。。。(涙)
イメージ 2
 発注したのは
Z04-3384 クハ205/4京葉線色スカート
を各7セット。
イメージ 3
 本来、201系に205系のスカートを
取り付けるにあたっては、
形状の相違があるのは百も承知・・・
また、部品供給がなくなって後悔するのなら、
やって後悔した方が。。。
イメージ 6
 ただ、201系の上り・下り方の両端の先頭車の
スカート形状はスタート下部が凸形、
イメージ 4
分割併合のため中間に閉じ込められる先頭車の
スカート形状は中央部が凹んでおり、
イメージ 5
模型に取り付けられたスカートと実際のスカートでは
全く形状が違うという誠に残念な状況。。。
イメージ 7
イメージ 8
 とりあえず模型とはいえども、先頭車であれば一律、
形状が全て一緒というのもなんだかなぁ、ということで、
両端の先頭車だけでも、
中央部の凸形形状を再現しておきたいと。
イメージ 9
 年内限りある時間で作業を
実施しておきたいところですが、
余裕があれば、スカート形状の整形できれば、
私め的には御の字なのかと。。。(悩)

 昨日は幼稚園の卒園式・・・
私めも役員ということで出席してきましたが、
式の終盤は
涙・涙・涙・涙・涙の嵐、
    私めまで貰い泣き
しそうになった
さくら でございます・・・
毎年思いますが、
別れの季節ってホント辛いもので。。。(ToT)
 
イメージ 1
 さて、すっかり鉄道模型の話が
疎かになっておりましたが、
以前に南武支線で働いていた101系のN化作業・・・
今回はその後釜となる205系のN化作業を
ようやく行うことに。
イメージ 2
 ただ、今回の205系はレイアウトを
自走させる予定はなく、あくまで簡易N化作業・・・
しかしながら、簡易作業といっても台車の方は手を抜かず、
しっかりとGM製の台車を。。。
イメージ 3
 あくまで簡易N化という位置づけということで、
出費を抑えたビンボー仕様ではございますが、
車体本体に加え、N化を施すにも
ソコソコの金額がかかり動力化となれば、
トミーテックへの更なるお布施を強要されているようで。

 さっそく作業のほうですが、今回はN化パーツは用いず、
台車の方は手持ちのGM製DT50を使用。
肝心のウェイトのほうは我が家に大量在庫する
GMのキット製作の際に余ったウェイトパーツを。
  
 台車の方はいつも通りの加工、
先頭部分はカプラーポケットを切り落とし、
中間部はKATOカプラー密連を用い、
床下側に台車を取付けて作業終了。
イメージ 4イメージ 5
  ウェイトに関してはGMのウェイトということで、
車体内には組み込めず、床下下部への取り付け。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 あくまで簡易ということで、ウェイト部分は
目立つ部分は黒マジックで塗りつぶし、
固定にあっては秩鉄のカプラー加工時に活躍した
コニシボンド ウルトラ多用途SU クリアー ソフト
を用いて固定。
イメージ 9
 ただ、接着寸前になり、ウェイトの長さと、
貼付する床下長さが合わないことが分かり、
急遽、小型の番線カッターにて切断して貼付♪
 
イメージ 10
イメージ 11
 防護無線、信号炎管に関して、KATOの余り部品を取付け、
パンタグラフもKATOの
シングルアームパンタグラフを
ウルトラ多用途SUを
パンタ台に塗布してパンタを
接着して完了!!
 
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
 とりあえず、簡易N化作業は完了ですが、
走行させない車両に関しては、
この形でN化する方法で充分なのかと。。。
 
イメージ 15

 食慾の秋、たまには高級フルーツ
食べてみたい さくら でございます・・・
さすがに
  ドリアンのテンコ盛りだけは勘弁
ですが。。。m((_ _))m
イメージ 1
  はてさて、秋の夜長にこもる天井裏の道楽部屋、
色々とモノの整理をしていると、
数々の部品が顔を出し・・・
そこで見つけたモノ・・・
 ・ 4132-2F モハ205 八高線パンタグラフ
イメージ 2
 ということで、取付ける車両を物色してみることに。。。

 とりあえず以前このASSYを購入した時に
南武線の205系京葉線201系
はシンパに換装しましたが、
今回は数が2コと限られているということで、
MM’ユニットが2組の編成を探すことに
 
 てなわけで色々物色するも、
南武線205系は所定数を交換済み、
他に何かあるかな?ということで、
拙い頭をフル回転させて考えていると・・・
    横浜線 205系!!
イメージ 3
  現在、我が家の横浜線仕様205系は3編成在籍、
変化をつけるには1編成で充分、
編成も4M4Tということで、
パンタの数にピッタリンコ!
さっそく換装作業を行うことに♪
 
 ちなみに横浜線205系というと・・・
サハ204の100番台が印象ある
車両ではないですかねぇ~?

イメージ 4
 車体自体は205系ながら
台車や車体各所には209系の
設計が取り入れられた
ハイブリットな出で立ち
そのほかにも205系最終増備車ということで、
サハ205-232何ぞという車両も
配置されているようでして。。。
イメージ 5
 さっそく車両セットからモハ205を出して
パンタ換装の儀式を行いますが、
車両を出す時間よりもパンタ換装の時間の
ほうが実に短い!
あっけなく
モノの十数秒で終了!!
イメージ 6
イメージ 7
 これで205系に関してシンパ仕様への
交換作業はすべて完了!

1人満足しておりますが、
自己満足とは怖いものですねぇ~。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 見切り発車の出たとこ勝負!
が座右の銘の さくら でございます。。。m((_ _))m

 さて先日は、201系京葉線仕様の
パンタグラフ交換作業を行いましたが、
今回は先頭改造車で組成された
南武線205系1200番台の
パンタグラフ交換作業を。。。

 そもそも205系1200番台を名乗るも、
山手線で使用されていた使い古しの編成のうち、
サハ205から先頭車改造されたクハ205・204が
1200番台を名乗っているというだけの話。

 ちなみに我が家で在席する南武線仕様の205系は
0番台の編成が2本、1200番台が2本の計4本、
0番台の1本はスカートが取り付けられたセットモノ、
もう1本はASSYから組み立てたために
先頭車はスカートなし、
モハ205の1両はモハ204から
屋根などを流用しモハ205にしているという
ある意味、寄せ集め編成。

 てなわけで、スカート無しの0番台に
シンパを取り付ける訳にも行かず、
今回は2本ある1200番台の1本を
シンパに交換するということで、
主役のご登場。。。

 ちなみにKATOからも先日、
シングルアームパンタグラフを搭載したモデルが
発売されましたが、私めも新たに増備する余力はなく、
今回のパンタグラフ換装だけで充分のような。。。

 とりあえず、主役となるモハ205、
いかにも山手線から移籍してきましたといわんばかりに
ドアが小窓ですが、パンタグラフ交換でかなり
イメージが変わるんじゃないですかねぇ~♪

 前回と同じくモノの数秒で
今回も作業の方はあっけなく終了、
あえてもう1本の1200番代は並べておりませんが、
2本並べたら差異があって良いような。。。

 ひとまず、今回も簡単作業ではございましたが、
安易に増備せずにASSY品を利用して
新バージョンを登場させるのも
無駄な出費にならないでいいかも知れませんねぇ~、
特に財政の逼迫している
我が家には有効な手段なのかと。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 どうも仕事の時って緊張のせいか、
血圧上昇気味・・・
毎度、ゴト車の中で血圧測定
している さくら でございます。。。m((_ _))m

 さて、先月末にホビセンカトーから
派手な205系がリリースされましたねぇ~、
   線区狙い撃ち
とでもいえばいいのか、KATOからリリースされている
JR東日本205系3100番台を元に
石森章太郎のマンガキャラクターを配した
仙石線用205系が発売され。。。

 現車は平成15年3月ラッピング電車として
JR仙石線に登場、
仙石線が走る石巻市は
石森章太郎出生の地ということで
地域活性化のためにJRと石巻市が協力して
初代マンガッタンライナーが登場!

 好評のうちに第2弾として平成20年9月には
全面フルラッピング電車にグレードアップのうえ、
マンガッタンライナーⅡがデビュー。

 今回模型化されたのは2代目の
マンガッタンライナーⅡということで、
4両編成それぞれに「サイボーグ009」、「時代劇」、
「コメディー」、「ヒーロー」ととジャンル分けをした
デザインが施されているようで。。。

 そんなラウンドハウスからの特長として・・・

・ JR東日本 仙台車両センター所属
 205系3100番台M2編成、
 マンガッタンライナーⅡをプロトタイプに設定。
・ それぞれの車両に施されたキャラクターを
 主体とした特徴的なデザインを美しく再現。
・ トイレが設けられたクハ205の塞がれた
 車端部側窓や、ベンチレーター撤去跡を的確に再現。
・ クハ204に取り付けられた仙石線車両に特有の
 「ATACS」アンテナを表現
・ ヘッドライト、テールライト、先頭部行先表示点灯。
・ パンタグラフはシングルアームのPS33Cを搭載。
・ 床下・台車のグレー塗装を再現。
・ 行先表示シール付属
・ ラウンドハウス オリジナル化粧箱入
・ 4両セット
  クハ204-3102(サイボーグ009)
  モハ204-3102M車(時代劇)
  モハ20-3102(コメディー)
  クハ205-3102(ヒーロー)

ということで。。。

 後は付属品となるアンテナやら避雷器などを
取り付ければOKですが、
先般導入したTOMIXの73系旧仙石線色に続いて
仙石線もホント、充実したもんですねぇ~♪

 最後に、マンガッタンライナーⅡの入線を記念して、
全車を並べてみましたが、
できれば個人的にアコモ改造車を
リリースして欲しいような・・・ 
チョイト、トミーテックに期待している
さくら でございまして。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 さて、本日は有休最終日とあって、
悔いの無いように朝から色々と作業を・・・
車の洗車から始まり、庭の草取りなどと、
午前中にある程度の作業を終わらせ、
午後から模型の作業に打ち込もうという寸法。。。

 そんな作業の方も速やかに終わり、
朝からまったく吸っていなかったタバコを取ろうと、
家の中に入ろうとした瞬間に人影が・・・
「あの~、スイマセン!」
おもむろに振り返ると、セールスマンらしき姿が。

 タバコも取れず、訝しげな顔を浮かべて近づく私め、
そんな私めの思いを知ってか知らずか、
笑顔で紹介を始めるセールスマン。

セ:「私、三◇電機から委託を
受けましてソーラーパネルを・・・云々」

私めもイライラしながら黙って聞いてはいるものの、
黙っていることをいいことに、
延々と説明を続けそうな気配のセールスマン。

私:「おたくさぁ、ソーラーパネルの
説明をずっとしてるけど、
人に勧めるからには自分の家には
ソーラーパネルは付いてるんだよね?」

セ:「え?」

つくり笑顔だったセールスマンの笑顔消える。。。

私:「自分の家もつけないで人に
ソーラーを勧めるのっておかしくないかい?
おたくの家で付けてみて、
使った感想でも言うのならともかくさぁ~!」

話を切り上げて早急に立ち去ろうとするセールスマン、
私めもここまできたらそう簡単には逃がすまいと次の一手を・・・

私:「おたくさぁ~、
     名刺くれない?名刺!!」

と、しっかり名刺を受け取り解放いたしましたが、
なんとも、ソーラーパネルの売り込み、
私めがこの地に越してきてから4回目のセールス、
ホント、タイミングが悪い時にやってくるものでして。。。

 さて前回、KATO クハ103への
配管付ダミーカプラー交換が作業終了ということで、
在庫となってしまった配管付ダミーカプラー、
私めも、ある可能性を求めて
他形式に取付けをしてみることに。。。

 今回、配管付ダミーカプラー取付けの
ターゲットになったのは
我が家で最多車両数第2位の205系
を男前化してみることに。。。

 ただ現行の205系、
しっかりと先頭車両にはスカートが取り付けられ、
先頭車前面の下廻りにはスカスカ感もなく、
手を入れる必要はございませんが、
205系でも線区撤退や
下回り部品寄せ集めで組んだ編成、
現在でも未だスカートが取り付けられていない
車両たちが・・・
てなわけで、スカートのない車両を
中心に作業を進めることに。。。

 そんなわけで、スカート取り付け前に
撤退してしまった京浜東北線仕様の205系と、
下回り部品寄せ集めで組成した南武線仕様の205系、
しかもこの南武線仕様のクハ205と204、
我が家にスカート無しで在籍した
先頭車両たちをスカート付にする為に
スカート付の床下ASSYと交換した際に
不要となった床下を利用して再利用したシロモノ。

 一方、未だスカートが取り付けられることもなく
運用に用いられている武蔵野線に新製配置された
205系という事で、線区内に踏切がないために
スカートを取り付けていないという理由らしく、
配管付ダミーカプラーを取り付けて男前化する事に。

 とりあえず、いずれの205系のダミーカプラーは
103系と共通のモノを使用しており、
理論上は配管付ダミーカプラーも取り付け可能なはず、
という事で作業を開始してみることに。。。

 結論から言えばトレードインで取り付けは可能、
細かくいってしまえばチョイト見た目が
大げさになってしまったような・・・。

 まぁ、ノーマル状態でもの寂しげな
前面下廻りに比べれば
賑やかになって良いような気も致しますが、
チョイト男前化も今回は
度が過ぎてしまった感じでして。。。(苦笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


 本日で早いもので、5月も終わりですねぇ~、
何とも色々とやることが目白押しの私め、
5連休中に行事予定が盛りだくさん。。。il||li ○| ̄|_ il||li

 てなわけで、先ほどまで畑に出てトラクターにて
耕しておりましたが途中で
居眠り運転しておりました~(苦笑)

 さて、オークションで落札した
鉄模の話でまことに恐縮ですが、
我が家に間髪いれず、
KATO205系 総武緩行色が到着~♪
ただし、女房サマにばれぬよう、コソ~リと。。。(苦笑)

 さて、以前にも205系 総武緩行色については
導入しておりますが、
モデル化されたこの総武色、
京浜東北線からの転属編成ということで、
実車のほうも車内には京浜東北線時代の特色が
ところどころに残っていたような。。。

 とりあえず今回導入した205系ですが、
番号変更はあえて行いませんが、
205系 総武・中央緩行線での始祖、
クハ205-95以下10両編成するか、
クハ205-97以下10両編成に仕立てようかと。

 この2本の205系、201系および
103系で統一された総武・中央緩行線で発生した
東中野追突事故により、
本来であれば埼京線にまわされるはずの2編成が急遽、
総武・中央緩行線用にコンバートされたもの。

 登場時はスカートも装着されておらず、
案外とあっさりした印象ではありましたが、
気がついたら総武線での元祖205系の始祖も
本来の活躍の場であった埼京線へ転属になり、
京浜東北線などから転属してきた205系が
幅を利かせていた印象が。。。

 てなわけで今回、我が家に登場した205系ですが、
総武線の始祖というべく新製投入された
205系仕様にしたいものですね。

 とりあえずJR後の投入ということもあり、
JRマークの除去の必要もなく、
スカートの取り外しだけでOKかもしれませんねぇ~。

 ただ先頭車屋根上の無線アンテナ、
元々ATC区間投入予定の編成であり、
アンテナ位置はおそらく問題ないかと思いますが、
今一度、確認しておきたいと。。。

 さて総武線に205系投入当初、
2本在籍した205系ですが、
クハ205-97以下10両編成はすでに
埼京線仕様として我が家に在籍しているということで、
重複を避けるためにも
クハ205-95以下10両編成になりそうですね。

 ひとまず、のんびりと総武線で活躍した205系の
資料を集めながら完成させていかれればなぁ~と。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 かなり前の話になってしまいますが、
オークションを覗き見していると
南武線用の205系1200番台
の新品が出品されており、
私めなりの考えで安くは落札できないだろうという
暢気な考えで入札。

 入札はしてみたものの、
待てど暮らせど入札される形跡もなく、
終了間際に値段がチョッピリ上がったものの、
非常にリーズナブルなお値段にて落札。。。

 てなわけで、我が家に2本目の
205系1200番台が到着した訳ですが、
写真撮影したものの見事なまでの
ピンボケ写真・・・il||li ○| ̄|_ il||li

 ご存知の通り、クハ205・204サハ205
運転台を取り付けたタイプの制御車、
同タイプが八高線、仙石線などでの活躍しておりますが、
南武線に配置された1200番台
一時期は武蔵野線へ転出するのでは?
などという噂もまことしやかに流れたようですが、
武蔵野線に転属するとなると
1本だけの先頭車改造の編成となり、
唯一のワンハンドルマスコンとなってしまう為に
営業上好ましくないとかで幻になった様で。。。

 そんな訳で、現在では209系
オリジナルの205系
先頭改造車の1200番台と、
ある程度バラエティーにとんだ線区ですが、
最後に南武線で活躍中と
過去に活躍していた車両たちを並べてみることに。

 撮影し終わってから気がついたのですが、
情けない事に209系クモハ103などを
並べ忘れていた訳で・・・il||li ○| ̄|_ il||li

 向かって右端から101系冷房改造車、
103系高運転台205系スカート無し、
205系スカート付き先頭改造車2本
南武支線用の先頭改造車の数々ですが、
レイアウトなんぞでもこのように並べられたら
なかなか見応えあるでしょうねぇ~。

 それにしても南武線の車両たち、
行先表示ステッカーは貼ってないわ、
JRマーク貼付してないわで中途半端の数々ですが、
時間を見てディティールアップ作業を
していかないとイカン訳で。。。(涙)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


 さて本日は2回目の更新という事で、
我が家に南武線仕様では
3本目となる205系が到着~、
今回は南武線生粋の205系ではなく、
山手線からのお古・・・
サハ205改造の制御車を先頭にした1200番台。

 まぁ、私めの地元を走る武蔵野線も
あれよあれよという間に増殖し103系が淘汰され、
武蔵野オリジナルの205系も霞むくらいの勢いで
増えてしまった山手線からのお古の205系、

 制御装置はVVVFインバーターに
交換しているとはいえども、
山手線で酷使してきたクタビレ度は
隠せなかったようで。。。(情)

 ちなみに南武線の205系の歴史を見てみると、
平成元年に登場し103・209系とともに活躍、
平成16年からは、山手線へE231系投入より
余剰となった205系がオリジナルの先頭車とともに
サハ205からの改造先頭車が誕生。

 改造された制御車は1200番台の
番台区分が設けられているというもの。

 そんなKATOからの特長として、

・南武線のラインカラーであるブラウン・オレンジ・
 イエローの3色のストライプを美しく再現。
・JRマークを表記(先頭車のみ)。
・専用行先表記シール付属
・ヘッド/テールライト点灯
・KATOカプラー密連形.標準装備
・付属部品・行先表示シール ・列車無線アンテナ、
 信号炎管(ユーザー付部品)
・205系1200番台南武線 6両セットについては
 中原電車区所属のナハ47編成を
 プロトタイプに製品化。
・中間付随車(サハ205)から先頭車化改造された
 制御車クハ205・クハ204-1200番台の
 仕様を再現。
・モハ205-18にPS16Bパンタグラフを搭載。
・付属の行先表示シールは、専用の編成番号や
 運行番号に、黄色い号車番号などを加えて新規作成


 ということでして。。。

 先頭車自体は以前に発売された仙石線やら
鶴見線仕様の改造先頭車と
なんら変わりないようですが、
ラインカラーが変わるだけでもかなり印象が・・・
我が家にある205系南武線仕様
の大窓車に比べて見ても
小窓になるだけで
側面の雰囲気もかなり異なる印象になりますね。


 ひとまず我が家に登場した先頭改造車の
205系南武線、

レイアウトで並ばした時が楽しみですねぇ~、
3編成3様の違った雰囲気が出せれば。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 本日は勤務調整の絡みの日勤という事で、
我が職場へ・・・
午前中に事務仕事を済ませ、午後から健康診断に。

 まぁ、健康診断と言っても朝から食事は取れない、
昨日の仕事明けで疲れは取れていないわで、
まさに不健康診断 ケケケΨ(`∀´)Ψケケケ
といった感じでして、
こんなんじゃぁ良い結果も出るはずも無く・・・
ホント、これでまた明日は仕事だと思うと、
気が滅入りますねぇ~。。。(苦笑)

 それにしても日勤日という事もあり、
注文対応は致しませんが、
絶えず流れてくる注文連絡、
連絡が流れるたびに反応する私め、
哀しい職業病なんでしょうねぇ~、
ホント、何なんでしょ???(苦笑)

 さて、何とも鉄道模型の話を出すのも
久々だというのに205系の話題となると、
昨年の9月以来、約10ヶ月ぶりにブログに登場!と、
いった感じでして、
私めも文章を書くのは久々のような。。。

 さて本年の5月、
KATOのラウンドハウスブランドより、
205系1100番台が登場~、
私め、予算の都合やらハウスメーカーとの
話し合いにより、なかなか購入する機会に恵まれず、
やっと予算の目途もつきオークションにて購入、
しかも配送先を間違えて
実家ではなく自宅へ直送!
おまけに日勤後に実家に立寄り記念撮影、
撮影後に速やかに
ご帰宅になってしまいましたが。。。(ToT)

 ひとまず、聖地からのインフォメーション・・・
小形レイアウトにもベストマッチのJR東日本
鶴見線用の205系1100番台3両セットが、
ラウンドハウスブランドから登場します。
 中間車であったサハ205形を種車に
先頭車化改造を施したフロントマスクは、
これまでの205系先頭車とは一風変わった
個性的な雰囲気を醸し出しています。

 お次に特長と言う事で、

・JR東日本中原電車区に所属する
205系1100番台のT12編成を
プロトタイプに模型化。
・黄色1号、白色、水色からなる鶴見線のストライプや
車体表記を的確に再現。
・中間付随車(サハ205)から先頭車化改造された
新規制御車の仕様を再現。
・3両セット
(Tc 205-1102+M205-134(M)+Mc204-1102)
・JRマークや所属表記などを印刷済み。
・足回りを引き締める黒染め車輪採用。
連結面のカプラーは密連形B(ジャンパ管付)。
・製品はKATOの205系3000番台を
流用していますので、実車とはボディと床下の形状が
一部異なります。


 という特長を踏まえて車両たちの拝見と致しますが、
現車は山手線で使用されていた車番でしょうか、
なかなか鮮やかなカラーリング、205系の
新たなカラーバリエーションと言う事で、
かなりの好印象。。。

 あくまでタイプと言う事ですが、
ただ、唯一不満な点を申せばクモハ204の
床下がクハ205の床下を
流用していることぐらいでしょうか?

 私めに余力が残っていれば今後、
クモハ204にSIV取付け加工でもしたいと
考えておりますが、今の状況下、
作業できる時間は来
るんだろうか。。。(悩)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 昨日は有休明けの勤務、
ゴト車の運転も8日振りとあって緊張しますねぇ~、
そんなことも相まってか1件目から変な注文を。。。

 要請者は訪問介護の者、
訪問した宅の男性が呼吸苦と言うことで要請、
既往歴も片肺摘出など様々あり、
現場でリーダーから色々と聴取するも、
その場に居たのは普段、
その男性宅に訪問介護している者ではなく
ケアマネージャーとのこと、
おまけにその男性に関しての入院歴、
既往歴に関した書類は何も無く、
要請内容に言っていた既往歴もデタラメと言う事実。

 結局、我々もキチンとした状況を
掴めないまま依頼先にお連れしても
困るのは我々・・・
ケアマネージャーへ同行を求めるも
「規定により一緒には行けません。」
と言うつれない返事。

 やっと交渉が終わり、出発するも
途中でケアーマネジャーから再度連絡があり、
既往歴は全く違い、おまけに片肺摘出という事実も
なかった箏がここで分かり・・・
こういういい加減な訪問介護の
体制にあきれイライラし通しだったような。。。(涙)

 さて先日、やっと貯めた小遣いにて
我が家に導入した205系5000番台の2編成、
今日は編成替えを行いに実家へいざ出陣!!

 編成替えの内容は1編成を大窓の
0番台武蔵野色を組み込んだ編成の組成と
組替えに伴うモハ205の床下機器の交換。

 平成19年3月18日のダイヤ改正に伴う
武蔵野線、列車増発に伴い、
京葉線から1編成(ケヨ23)が10両編成から
サハ2両を抜いた8両編成に変更され、
武蔵野線へ転用、同編成は武蔵野線に転属した
元山手線用の先頭車で
唯一の6M2Tの編成の作成。

 武蔵野線生え抜き車の5000番台化に伴う
モハ205の床下交換といった具合に
早速、作業を進めます。

 M32編成に組み込まれた
M393M’392のユニット、
とりあえず、番号変更はせずに
モハ205のVVVFインバーターの床下と
一般車のモハ205の床下セットを入れ替えて再現、
ということで、ものの1分もかからず作業終了。。。

 ただ、中間に組み込まれるサハ205が本来、
埼京線から転属した大窓なのですが、
雰囲気優先の私めにとって、
ここは目をつぶる事にしまして。。。(苦笑)

 お次に武蔵野線生え抜き編成の
5000番台化に伴い、
もう1編成の5000番台の
モハ205と床下を振り替え、
武蔵野線オリジナル顔のTc145を先頭とする
5000番台と山手線スタイルの先頭車の
6M2T車の完成と相成ったわけで。。。

 実車さながらの編成替えになってしまいますが、
極力、余剰車を出さない最善の方法で
計画を練ってきたのですが、
どうしても5000番台に組み込まれていた
T車2両が余剰に・・・
まぁ、レイアウトを製作した際に
工場の片隅にでも置いておけば編成組成前の
それなりの姿に見えるから、それで良いかと。。。

 これで武蔵野線205系の陣容は

・武蔵野線オリジナル顔の0番台      ×2
・5000番台(今回、改造したものを含む) ×4
・京葉線から転属の6M2T編成      ×1
 

と言った7編成になり、ますます充実したような。。。

 本来であれば総武線から転属した
5000番台を作成したところなのですが、
ペンギンステッカーから帯の張替えなので
なかなか踏ん切りが・・・
そろそろまじめに考えないとなぁ。。。(悩)

↑このページのトップヘ