続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

カテゴリ: クルマ-Kei Works

 野生の動物を甘く見ると
エライ目に遭うと思う さくら でございます・・・
私めは幼少児、
野良犬に追い掛け回された
ことが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、我が家に到着したナンカンタイヤ・・・
とりあえず、年甲斐もなくKei ワークスに
履かせようといった
トチ狂った考えを。。。(汗)
イメージ 2
 とりあえず、我が家のハフリンガー、
イメージ 3
別名:軽トラック
にタイヤを積み込み、
知り合いのタイヤ屋サンまで出陣!するはずが、
無念のバッテリー上がり・・・il||li _| ̄|○ il||li
急遽、実家から軽トラックを借用するハメに。。。(嘆)

 今回交換するタイヤ、予めスグに作業が出来るようにと、
前日、自宅でエアーを全て抜き、
タイヤもキャリィに積み込んであったのですが、
哀しき積み替え作業を。。。(涙)
イメージ 4
 とりあえず、私めも作業のお手伝いをしながら、
ホワイトレターが施されている方を表側に組んで頂き、
バランスを取って40分程度で作業の方は終了・・・
イメージ 5
大きな期待で・・・を膨らませながら帰宅し、
さっそくタイヤ交換を。。。
イメージ 6
 ひとまず、タイヤ交換ということで、
フロント側をジャッキで持ち上げて両輪交換、
お次に後輪も交換を行い、履き替え作業は終了。
イメージ 7
 軽トラックであればともかく、
Kei ワークスにマッド系タイヤを履かせよう!という 
おバカで無謀な試みを行ってみましたが、
元々、中途半端な・・・
クロスオーバーSUVとなるジャンルの
軽自動車
として開発されたKei。

 一応はこういったタイヤを履かせても
おかしくは無い雰囲気ではございますが、
オフロードでの走行は、
ほぼ皆無に等しいような気がしないでもなく。。。(苦笑)

 ちなみにキャリィのバッテリー購入を兼ねて試運転、
走行しての感想ですが・・・
ロードノイズ的に、このタイヤパターンの割に
大人しいレベル、
私めがパジェロに乗っていた時に履かせた
TOYOタイヤのMTタイヤ、こちらもノードノイズは
あまり気にならなかったのですが、
こちらに似た感じでして。。。
イメージ 8
 逆にタイヤのロードノイズといえば、
実家に在籍した三菱ミニキャブ・・・
速度40km/hで会話が出来なくなる
ラリータイヤ
のロードノイズはホント、ピカイチだったと。。。(苦笑)
イメージ 9

 ソースは中濃ソースよりも
ウスターソースが好き
な さくら でございます・・・
特に理由は無いのですが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、我が家で活躍するスズキのKei ワークス、
今年6月には11年目に突入・・・
そろそろ子供たちも大きくなり、
もう少し車内が広いクルマがいいなどといった
戯言も聞かれる昨今ですが、
景気よくクルマを買い替えする余裕が無い
のも事実で。。。(滝汗)
イメージ 2
 ただ、アチラコチラに
草臥れた箇所が出ているのも事実、
その都度、細かい補修を行ってきたものの、
必ず使用する箇所ながら、
そのままにしていた箇所・・・
11年目で、ここまでボロボロになるの?というのが
             革製のハンドル
元々、ATシフトレバーに左手を置き、
右手でハンドルを持って運転していることが多い私め。。。

 気がついたらハンドルの右側部分が擦れて、
深刻化する草臥れ具合が最近、気になっていたものの、
最終的には革に穴が開いてしまうという始末・・・
ランクル100も同じ革ハンドルながら、
こういった症状は見られなかったもので。。。(嘆)
イメージ 3
 さすがにハンドルカバーは使用する気にもならず、
ハンドル交換を考えるも、純正新品であれば、
3万円以上するようで・・・(嘆)
今後の模型購入を考えれば、
出費も抑えたいという欲張りな私め、
某入札制度を利用してハンドルをゲットすることに♪ 
イメージ 4
 たまたま出品されていたものは、
Kei ワークスの純正革ステアリング
ひとまず、中古品ではございますが、
革の破れたハンドルを使用するよりは気分的にも・・・
本来であれば、ジムニーの新車外しの
ハンドルもございましたが
発送費を加えると、
新品購入とあまり代わらぬ値段に
なってしまうこともありパス、
気分的には新車外しのほうがイイのですが。。。(淋)
イメージ 5
 本日はお仕事明けということもあり、
寝ぼけて怪我をしても困るということで
後日、時間を見て作業したいと思いますが、
ようやくこのクルマで気になっていた部分の
不具合が解消出来そうで。。。

 10月に入り、
早朝ツーリングの時期を逸してしまった
ような気がする さくら でございます・・・
最近、土・日曜日の雨続きもさることながら、
早朝5時の時点で、
お外は暗く走る気分には
。。。il||li _| ̄|○ il||li
イメージ 1
 さて、我が家に福岡から
                    新品タイヤ
が4本ご到着・・・
イメージ 2
イメージ 6
タイヤのほうは、
ナンカン FT-9 165/65R14
見事なマッドテレーンタイヤ。。。

イメージ 7
イメージ 8
 台湾のメーカーということで、
イメージ 10
様々な国に輸出はしているようですが、
このタイヤメーカー、私めにしてみれば
耐久性や乗り心地は未知数・・・
ただ、台湾製といえば、我が家のアドレスに使用している
DUROタイヤが同じく台湾製品といった具合。
イメージ 3
 そんなNANKANG(ナンカン)タイヤ、
メーカーからは・・・

・ショルダー部の交差パターンにより、
 オフロード走行時に
小石、泥を噛み込んで排除し
 悪路での操縦性能をアシスト!
・パターンブロックがショルダーまで伸びていることで、
 トレッドが路面を捉えることができないとき、
 小石に接触したショルダーブロック部分が牽引力を提供。
・小石、泥を噛み込んでタイヤのトラクションを
 向上させるフック型パターンブロック。 
・溝底のバーが小石のはさみ込みを防ぎ、
 走行しながらセルフクリーニング性を発揮。
・Zの字の溝が泥を噛み込んで砕くので、
  さまざまなオフロードに対応可能。

といった感じ。。。

 そして今回、もちろんタイヤを履かせるクルマは
ランクル70ではなく、
スズキ Kei ワークス・・・
ホンネを語れば15インチサイズの
タイヤを履きたかったものの、
7年前に履き替えたタイヤは、
まだまだ充分に使用できる状態。。。
イメージ 4
 しか~しながら、気分転換にKei ワークスに
オフロードタイヤを履かせてみたい私め・・・
私めの実家に用途不要になったタイヤが1セット、
元々、日産初代キューブ、2代目キュービック、
Kei ワークスに
履かせていた
スタッドレスタイヤのセット。
イメージ 5
 スタッドレスとしての美味しい時期はとうに過ぎ、
ノーマルタイヤとして使用するにも雨天時は滑る状態。
だったら、このホイールセットに
オフロードタイヤを履かせてしまおうと♪
残念ながらタイヤの直径が9mmほど
小さくなりますが。。。
イメージ 9
 それにしても、タイヤを見てみると、
軽自動車のサイズながら
見事にマッド系のタイヤ・・・
一昔前まではこういったサイズでこういったパターンの
タイヤはほぼ皆無、
とにかく興味が湧きますネェ~♪
後日、知り合いのタイヤ屋サンまで出陣、
我が家のKei ワークス、
どんな感じになるかが非常に楽しみで。。。

 今年も土用の丑の日だのなんだのって
ウナギの話題は耳にするも、
結局、ウナギは口に入らなかった
さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、我が家で一番活躍してるであろうクルマ、
    スズキ Kei ワークス
御歳車齢も11年を過ぎ、そろそろ買い替えといった
声が囁き始めなくも無い状況。。。
イメージ 2
 そんなKei ワークス、流行に乗り遅れぬ為に
テール類のLED化の実施やらを行いましたが、
クルマも11年経過すると、
色々と車内側にもガタが出始める
ようで。(嘆)
イメージ 3
 今年も昨年同様に暑いということで、
日中帯は常時エアコンを使用しておりましたが、
チョットした残念なことに気がついてしまい・・・
イメージ 4
センターにある運転席よりの吹き出し口、
上下の風向調整はOKなものの、
左右に振り分ける為の導風板が
左右に動かしても3枚の板がありとあらゆる方向に
向いてしまうといった暴挙。。。il||li _| ̄|○ il||li
イメージ 5
 ということで、パーツリストを用いて部品を発注、
お値段も1500エン弱ということで、
非常に懐にも優しくヾ(゚∀゚)ヤッター♪
イメージ 6
 そんな吹き出し口も2日ほどでご到着、
さっそく作業ということで、センターパネルを外すと
目的の部分がスグに顔を出し・・・
吹き出し口もネジ3本で留められており、
ネジを外すとスグに外れるという作業する側にとって
非常に作業しやすい状況。。。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
 作業時間も3分程度ということで、
早々に修理完了となりましたが、
壊れた部分を確認してみると・・・
左右への導風板下部を見てみると、
3枚の板を連動させる為の横梁に嵌められている
羽根の下に出ている突起が折れ、
グテグテになっていた模様。。。
イメージ 10
 とまず、あと数年は確実に
我が家で活躍するであろうKei ワークス、
つぎはドコが壊れるのかと思うと。。。(嘆)
イメージ 11

 本日は仕事明けで私め、選挙に・・・
ただ、こちらの選挙区では
心から任せたいと思える候補者がおらず
仕事以上に難儀
させて頂いた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 我が家で活躍する
燃費不正発覚でプチ大騒ぎとなったメーカーのクルマ、
スズキ Kei ワークス・・・
先般、車検を終えて平成30年までの
公道走行が認められたわけですが、 
ここ最近になり、チョットした問題があり。。。
イメージ 2
 そもそもは奥サマが運転するはずのおクルマ、
しかしながら、奥サマはペーパードライバーとなり、
私めが専ら運転するといった具合。。。

 時には買い物、時には子供たちのお迎え、
雨の日はこのクルマで通勤やら、
よりによっては、このクルマで遠出など、
色々と酷使されており・・・
しかしながら、子供たちも年々、
態度の悪さ身体は成長
しているということで、
このクルマの狭さを主張するようになり。。。(嘆)
イメージ 3
 ランクルで送迎できればイチバンいいものの、
道路狭隘地域に習い事の教室があるということで、
週に2~3回、出向くことを考えれば、
すれ違い困難な場所もあり、周囲の迷惑やら顰蹙を。。。
イメージ 4
イメージ 5
 正直、軽自動車の後部座席に関しては私め、
前後スライド機能はないものと認識していたところ、
以前ランエボXが工場に入庫時、
元祖燃費偽装三菱 ekカスタム・・・
が代車で我が家に。。。
イメージ 6
 こちらは後部座席が前後にスライドするということで、
後部座席の足元を広げれば、自動的に荷室は狭くなるも、
快適空間は広がるといった具合で、
軽自動車でも後部座席の
前後スライド可能なクルマがあるんだ!と、
衝撃を受けた次第で。。。(汗)
イメージ 7
イメージ 8
 私め的にも、本来であれば早々にこういった問題を
解決しておきたいものではございますが、 
例のクルマを落札できていれば、
ホント、スグに解決できたんですけどねぇ。。。(涙)
イメージ 9

 毎日が必死な さくら でございます・・・
色々と必死にならなければならぬ理由、
色々とございますが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、数日前に車検に送り出した我が家の
    スズキ Kei ワークス
あっという間に車検整備が終了して昨日、
我が家にご帰還。。。
イメージ 2
 とりあえず特に目立った不具合箇所も無く、
お願いしたのはブレーキフルードの交換と
冷却水の交換程度ですが、今回の整備内容・・・
・ 冷却水交換
・ ブレーキフルード交換
・ 室内用のエアーフィルター交換
・ ブレーキ調整
という簡素な整備で終了してしまったそうで。。。(汗)
イメージ 3
 特にクルマ側に不具合無く、
またこの2年間の走行距離も
4000kmと少ないこともあり、
草臥れてしまった消耗品類交換が少ないというのも
ある意味、クルマ屋さん泣かせというか、
車検の整備やらで
お金を稼げないクルマ扱いされそうな・・・
ただ、前回車検で交換したクリーンフィルターの
ヨゴレには驚きまして。。。(滝汗)
イメージ 4
 ひとまず無事に帰ってきたKei ワークス、
復元作業ということで、再度タイヤ交換を・・・  
ということで、前輪から作業開始!
まだ、ノーマルタイヤに交換したばかりということもあり、
特にローテーションも行うこともなく、
従前に嵌めていた場所にタイヤを装着する。
イメージ 5
イメージ 6
 また幾度となく行ってきた作業という事もあり、
速やかに4輪タイヤ交換終了。。。
イメージ 7
イメージ 8
 一応は平成30年まで公道走行は可能ということですが、
2年後にはこのクルマの自動車税もアップ、
今後の消費税UPの絡みを考えれば、
このクルマの売却時、引き取り価格的にも
厳しそうな予感がしないでもなく。。。(淋)

 三菱自動車株の買収に動く日産自動車・・・
ホント、コレまでの流れは
カルロス・ゴーン氏の策略なのか、
本音を聞いてみたい さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、我が家に来てから早くも11年を経過する
    スズキ Kei ワークス
メーカーからの販売も中止となり、
絶版車の憂き目に会いながらも我が家で活躍、
自動車税の支払いでガックリしているところに
車検の時期。。。(嘆)
イメージ 2
 前回の走行距離は17300km、
現走行距離は21400kmチョット、
ということで、この2年で約4000kmを走行、
時には遠出もいたしますが、メインの活躍は
買い物に子供たちの送迎、時には私めの通勤といった具合。

 ここ数日間続いていた駐車場作りも一段落、
明日は雨天、土曜日は勤務、日曜日は法事ということで、
スケジュールギッシリ状態の私め、
本日午後から車検の準備に入ることに・・・。
イメージ 3
 特に違法となるものは取り付けてはいないものの、
唯一、車検に通らないもの・・・
タイヤとホイール。。。(汗)
イメージ 4
 純正に比べて20mm太いタイヤ・・・
気持ち車体から飛び出ているような
気がしないでもないですが、
ホイールを留めるナットも
如何せん出ているような感じがしないでもなく。。。

 ということで、3月にスタッドレスタイヤから
交換した際に
実家の倉庫に片付けず、
そのまま我が家の軽トラックの上で
保管していたスタッドレスを履いた純正ホイール。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 再度タイヤ交換を行い、車検準備は完了、
そんなリヤタイヤ交換時、バンプストッパー部を見みると、
両サイド共に随分と接触した痕跡が・・・(嘆)
結局、サスが柔らかいんでしょうねぇ、
なんとも、ワークスの名が。。。(涙)
イメージ 8
 一応は、自動車税の支払いも済ませ、
あとは長年のお付き合いのあるクルマ屋サンにて
月曜日から入庫予定、今回もあっさり終わりますかねぇ、
致命的な故障が無ければいいんですが。。。(苦笑)
イメージ 9

 そろそろ早朝ツーリングに行きたい時期ですが、   
花粉症のおかげで、
      満足に2輪車に乗れない

さくら でございます・・・
確実に目がかゆくなり、
鼻水ダラダラになるのは確実でして。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて4月に入り、こちらでは雪が降る時期も
過ぎたということで、
クルマに関して行っておきたいことが一つ・・・
Kei ワークスのタイヤ交換。。。
イメージ 2
 昨年夏は履き潰し目的のスタッドレスタイヤを装着し、
ここ1年、スタッドレスタイヤ三昧だった
     Kei ワークス、
走りの方もスタッドレスタイヤなりの走りしか出来ず、
不甲斐ない走りの1年を送ってきただけに
そろそろ、キチンとしたタイヤに戻しておきたい訳で。。

 とりあえず実家にて保管中のノーマルタイヤを
軽トラックに積み込み、自宅へ帰還!
さっそくタイヤ交換を開始することに♪
イメージ 3
イメージ 4
 フロントタイヤ交換後、エアー調整、
ナットの本締めなどを終わらせ、
続いてリヤタイヤの交換に移る頃になり
勉強から逃れるために家の中から息子クンが登場!

 ナットを緩めてからジャッキアップを行い、
ここからクロスレンチを用いてのナットの外し方を教え込む。
イメージ 5
 とりあえず、クロスレンチを回す感覚に
楽しみを覚えたのか、
左右輪のナットを全て外すといった事態に・・・(苦笑)
こちらもノーマルタイヤ取り付け後、
エアー調整などを行って作業の方は滞りなく終了。。。
イメージ 6
 Kei ワークスの方も6月に11年目に突入なるも、
短距離運用が多いせいか、走行距離の方も
ようやく2万1千kmを超えたばかり・・・
久々のノーマルタイヤということで、
久方ぶりにまともな走りを楽しめそうでして。。。
イメージ 7
 ちなみに私めの実家の日産JUKE・・・
こちらもタイヤの交換を行っておきたいところですが、
早朝、茨城方面に出向くこともあり、
途中の路面凍結を恐れ、
暫しの間スタッドレスのままで良いという
命令が私めに下りまして。。。

 スクーターにてホームセンターへ
買い物に入った折の話、
物珍しいモノが好きそうな
ご老人が近付き私めに一言・・・
「この2輪車はイイ音しているねぇ、
          洋モノかい?」
久々にいかがわしいビデオ以外で洋モノ
           などという言葉を
聞いた
様な気がする さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて先日行ったKei ワークスの
テールライトLED化作業、
案の定というかやっぱりというか、
残念ながら不具合が発生!!
イメージ 2
 エンジン始動時、始動後とメータパネル内の
警告灯が
点灯・・・
転倒しているのはABSの警告灯、
私めの知り得ていた情報ではABS本体の故障ではなく、
LED化に伴い使用電力減少が左右球切れと勘違いし、
ABS警告灯=球切れを知らせるために
点灯しているようで、
こういったハイテクなんだか分からん
お知らせはなんともいらんような。。。(苦笑)
イメージ 3
 おまけにまだまだ不具合ということで、
ライト点灯時、両サイド球切れと判断されている影響か、
ハイマウントストップランプまで幽霊かの如く、
薄っすら点灯しているといった事態。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 4
イメージ 5
 とりあえず、現段階ではABSは使用可能、
ABSの警告灯を消灯させるには・・・
速やかにブレーキ線とアース線に抵抗を挿めば万事OK!
ということで、さっそくモノを注文・・・
ただ、その前に知り合いのクルマ屋サンにて、
こういった不具合が出た時に、
診断機ではどういった表示がされるのか?
見てみたいということで、私めも興味がありクルマ屋サンへ。
イメージ 6
 ひとまず、チェックをして見たところ、
ABSに関する情報ではなく、
テールライトの球切れなる情報がもたらされ・・・(驚!)
一応はちゃんとした機械だとクルマ屋サンも喜び。。。(爆)
イメージ 7
イメージ 8
 そんな注文した抵抗も到着、
モノはカーメイトの警告灯 キャンセラーユニット
そんな昨日は抵抗ユニットの取付け作業・・・
しか~しながら、抵抗ユニットは防水されておらず、
防水処理をしてから取付けるように指示があるものの、
防水も面倒、熱を持つ抵抗ユニットをテールランプの
後ろに設置するのもなんだかなぁ?ということで、
テールゲート内に設置をしてみることに。
イメージ 9
イメージ 10
 数年前まで、LEDリボンをバックドアに
貼付してあったものの、
あまりカッコ良くないということで撤去、
用いていた配線はそのまま存置されていたものを
再利用してみることに。

 ただ、コレで配線再利用でABS警告灯が消えなければ
抵抗ユニットの設置場所を考えねばなりませんが、
仮配線したところ、しっかりと警告灯は消え♪
イメージ 11
イメージ 12
 とりあえず、ボディーアースとブレーキ配線から
コードを
それぞれ抵抗ユニットにしっかりと継ぎ、
抵抗ユニットをバックドア内に設置して作業終了・・・
まだまだ色々とやらねばならぬ配線作業、
寒いとはいえども、速やかに終わらせておきたいもので。。。

 なんか明日は雪予報のようですねぇ、
私めは明日仕事ということで、
いまから憂鬱になっている さくら でございます・・・
ただ、雪かき用のスコップを用意すると
雪が積もらないといった
ジンクスが我が家に。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、私めのお仕事場の方から、
クルマ乗り換えに伴って不要となるLEDを色々と・・・
S25ダブル×2組・S25シングル×1組
を頂きまして。。。
イメージ 2
 ただ、ランクルのテールライトのLED化は
既に済んでいるということで、
頂いたLEDを用いて本日は朝から
Kei ワークスと軽トラックのテールライトLED化を。
イメージ 3
 交換作業といっても、特に難しい手順もなく、
普段の電球交換と同じように交換するだけの話、
今回の交換に合わせ、次いで作業ながら、
バックランプのLED化も一緒に行ってしまうことに。
イメージ 4
 交換作業の方も10分かからず終了・・・
ハイマウントランプの点灯時にテールライト側の  
気持ちコンマ数秒遅れて点灯する感じでしたが、
LED化によってハイマウント・テール側共に
一緒に点灯するといった感じになった様で。。。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 一方の軽トラック、こちらは30年落ちの猛者
LED化を進めるということで、
別の車でもいいような感じも致しますが、
せっかくS25ダブルのLEDを2組頂いたという事で、
ランクル70で使用していた新しい電球を
使用していたものの、
こちらも交換することに。
イメージ 8
 このクルマも+ドライバーで作業できるということで、
交換作業よりも、
自転車やらを退かす方が面倒でして・・・(汗)
そんな交換作業もあっという間に終わってしまいましたが、
レンズ無しで点灯させると下の画像の雰囲気。
イメージ 9
 レンズを取り付けてから点灯させると、
従前よりは幾分明るい感じになった様で。
イメージ 10
イメージ 11
 ちなみに今回のKei ワークスのテールLED化、
ご多聞に漏れず、例の事象が発生しまして。。。(苦笑)

 巷ではSMAP解散騒動
で盛り上がっているようですが、
私め的には・・・
裸一貫から出直しの泥酔全裸男
                              と
駐車違反後に婦人警官を当て逃げしたヤツ
が所属するグループという、
     ダーティーなイメージ
しかない さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて昨日は、午後から新春恒例
スタッドレスタイヤ交換大会
を粛々と行うことに・・・
本来であれば、昨年中に交換しておきたかったものの、
暖冬という言葉に釣られ、
スッカリ交換をサボっておりまして。。。(滝汗)

 てなわけで、我が家のタイヤ運搬車
2台分のスタッドレスタイヤを積み込んで
我が家にて交換を開始!
イメージ 2
 最初にKei ワークスから行いますが、
現在、こちらは実家にて活躍していたキューブが
使用していたスタッドレスタイヤを履いており・・・
履き潰し目的だったものの、
既にスタッドレスタイヤとして使用する美味しい時期は
とうに過ぎており、降雪時には確実に滑る予感♪
イメージ 3
イメージ 4
 ということで、前後と分けて純正ホイールに取り付けた
スタッドレスタイヤを・・・
最近は14インチホイールを履いていたせいか、
15インチホイールを履く姿を見るのは
ホント久々でして。。。
イメージ 5
 エアー注入後、お次は実家の日産JUKEを・・・
こちらは日産レパードJフェリーの純正ホイールから、
新車購入時に履いていた鉄チンホイールに取り付けた
スタッドレスタイヤ。
イメージ 6
 後輪側はトーションビームにジャッキを掛けて
作業を行えるも
前輪は左右のジャッキアップ指定場所に
ジャッキを掛けて行わなければならず、
毎回、効率が悪いなと感じておりまして。。。
イメージ 7
 そんなタイヤ交換も無事終了し、
突然の降雪にも一応は対応できる状況にはなりましたが、
私め的に降雪時、不要不急であるならば
事故にあわない為にも
自家用車に乗らないのが
一番安全かと。。。(苦笑)

 我が家のお隣さんから変わった小鳥のさえずり・・・
よくよく見ると、お隣の家のアンテナに1羽、
持っていたデジカメで慌てて撮影するも、
鳥の種類まで分からなかった さくら でございます。。。m((_ _))m

イメージ 1


 さて、我が家のKei ワークス、今年の4月22日
発売元のスズキ自動車からリコールのお知らせ・・・。


・リコール届出番号 3559

アルト、Kei、ワゴンR、ツイン、
スイフト、シボレー クルーズのリコールについて

 スズキ株式会社は、アルト、Kei、ワゴンR、ツイン、スイフト、
シボレー クルーズについて、
下記のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

・不具合の内容
 イグニッションスイッチにおいて、
接点部に使用するグリスが不適切なため、
可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電の熱により
グリスが炭化することがあります。
 そのため、そのまま使用を続けると、
グリスの絶縁性の低下と可動接点の摩耗による金属粉の堆積により
接点間が導通し、発熱することでグリスが発煙し、
最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

・改善の内容
 全車両、イグニッションスイッチを対策品に交換します。

ということで、作業時間も30分程度ということで、
昨日午後から日帰りで工場に入庫することに。。。

イメージ 2


 正直、イグニッションが変わって、エンジンの掛かりが
早くなったということはございませんが、
ひとまず車両火災の恐れからは逃れられた様で。。。(苦笑)

イメージ 3
イメージ 4


 とりあえず、確実にあと5~6年は買い替えすることも出来ず、
暫くは我が家で、お世話になろうかと思われる
スズキのKei ワークス、
リコール修理も終わり、気がかりがひとつ消えた訳でして♪

イメージ 5

 11月に入って、1週間が過ぎようとしておりますが、
         そろそろ年賀状の図案
を考えたい
さくら でございます・・・
昨年は子供たちとキャラクターシリーズ、
レゴブロックで作られたC-3POの背後から
心霊写真のように私めが姿を現し、
そのまま、写真年賀状の一部として
出したら女房サマに怒られ。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、先月の東京国際基督大学の
大学祭に出陣した時の話、
おもむろに目的地をセットするために、
久々にリモコンを使用して行き先設定を。。。

 正直、使うか?といえば、使わない、
本体の方でセットしてしまうことが多いということで、
我が家では無用の長物に近い存在のナビのリモコン、
しかしながらこの時は、無念の電池切れで
使いモノにならず。。。(汗)

 この時は本体にて行き先をセットし、
                 目的地へGO!
ただ、本体で充分に操作可能とは言えども、
リモコンが使えないのは歯がゆい感じがする私め、
東京国際基督大学内にあるコンビニ内で電池をお買い上げ♪
その後は買って満足で、電池交換を怠っており。。。(滝汗)
イメージ 2
イメージ 3
 てなわけで、さっそく電池の交換ですが、
電池はボタン電池のCR2032というモノ、
リモコンの裏ブタを開けて、電池交換してハイ終了!
イメージ 4
イメージ 5
 電池交換後はリモコンもキチンと
作動する事を確認した後、
センターボックスに収納・・・
またリモコンが日の目を見るのは
いつのことやらでして。。。(苦笑)

 一方、Kei ワークスのキーレスリモコン、
我が家に来てから10年、
1度も電池交換をした覚えが無く・・・
ただ、ココ最近に来て、不安定動作が顕著、
鍵が閉まって欲しいときには動かず、
如何でもいい時にカギが閉まるという、
残念な有様。。。(嘆)
イメージ 6
イメージ 7
 ということで、こちらもボタン電池交換ということで、
CR1220というサイズが該当・・・
精密ドライバーにてネジを外し、
ボタン電池を交換して作業終了。
イメージ 8
イメージ 9
 ひとまず、動作チェックを行ったところ、
素直に動作し、ココ数ヶ月に渡って懸案事項だった
カギ閉めも安心してできるようで♪
とにかく電池が無ければ無用の長物となるリモコン類、
こまめな電池交換もしくは
電池のストックを心がけたいものでして。。。

 タイヤは綺麗に磨けど、
自身の心は磨けていない
さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、先日我が家に到着した
WAKO’Sのエンジンオイル
PRO STAGE-S 10W-40
のペール缶。

 先日お話したとおり、オイルエレメントやら、
不足分のオイル代わりの添加剤など、
役者も揃ったという事で、思い勃ったが吉日、
昨日はクルマのエンジンオイル交換を遂行することに♪
イメージ 2
 今回は例年一気に3台行うオイル交換も
1台ずつに改め、
最初は軽トラックから・・・
残っていたBPオイルと不足分の500ccを
満たしてくれる
モリブデン系の添加剤を混ぜて使用・・・
これでBPのオイルを使用するのは最後と思われ。。。
イメージ 3
 オイルが抜きながら、オイルエレメントの交換も行い、
20分程度、オイルパンからオイルが抜けきるのを待って、
オイルの注入作業を開始!
イメージ 4
イメージ 5
 ただ、今回は最後のBPのオイルと添加剤を
軽トラックに入れて、オイルジョッキを清掃してから、
お次はKei ワークスをジャッキアップ、
今回から初使用のWAKO'Sのオイルを・・・
オイルをジョッキに入れ、Kei ワークスと
ランクルに使用するといった具合。
イメージ 6
イメージ 7
 本来であればオイル交換は終了ですが、
ランクルのオイル抜きの最中、
実家からトラクターと
ディーゼルエンジン用オイルを・・・
久々にトラクターのオイル交換を行い、
計4台のオイル交換無事終了。。。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
 とりあえず、前々から評判だけは聞いていた
WAKO'Sの製品・・・
値段もお高いということで、敬遠して参りましたが、
ひとまずお安く入手できたということもあり、
初めてエンジンオイルから使用する訳ですが、
期待の性能はいかなるものですかねぇ~?

 今回は残りのBPオイル注入となりましたが、
意外や軽トラックにWAKO’Sのエンジンオイルを
入れた方が性能を実感できたりして。。。(苦笑) 

 職場にて事務仕事中、パソコンにて
「けがとうなく」と入力、
変換されて出てきた言葉は・・・









 
  「毛が等無く」
パソコンをブチ壊そうかと思った さくら でございます・・・
ちなみに本来出てきてほしかった言葉は
「怪我等なく」。。。m((_ _))m  


 さて、何気なくKei ワークスに乗り込み、
2年ほど前に入れたナビゲーションの取扱説明書とにらめっこ。

イメージ 1


 現在ランクル70に使用しているナビは、
ランエボXからの忘れ形見、
パイオニアの楽ナビ AVIC-HRZ990
のHDDナビ。

イメージ 2
イメージ 3


 結局、同メーカーであれば、安い製品を購入したとしても、
操作性に関して楽であろうということで、
Kei ワークスには同メーカーの
楽ナビ AVIC-MRZ06というメモリーナビのモデルを。

イメージ 4


 ランクル70の方はランエボ時代、
既にユーザー登録を済ませておりましたが、
Kei ワークスの方は・・・
すっかりユーザー登録を忘れており、
購入から2年近くなって、やっと登録&地図の更新を。。。(汗) 


 ということで、説明書と保証書、
ならびにナビの情報をSDカードに移してから、
パソコンにてユーザー登録とマップの更新のために
SDカードをパソコンにブチ込み、マップ情報を取り込み♪

イメージ 5
イメージ 6


 しかしながら、マップ取り込みに1時間半チョット、
今度はクルマのナビにSDカードを差込み45分・・・
結局2時間半強、掛かって作業完了。。。(汗)

イメージ 7
イメージ 8


 ひとまず、Kei ワークスのナビの更新作業も
無事に終わったわけですが、
ユーザー登録をこのまま忘れていたら・・・
ホント、残念な結果が待っていたと思うと。。。(滝汗)

    浩 文部科学大臣 


 あなたは輝かしい過去を持ちながら、アマレスから高校教師、
高校教師からプロレスラー、プロレスラーから国会議員へと、
輝かしい過去を引っさげ大臣になられましたが、
決して安倍の手下、「Yes,Man.」だけには、
なって欲しくない さくら でございます・・・
試合中、バックドロップを喰らって心肺停止した過去は
伊達ではないことを祈り。。。m((_ _))m

イメージ 1


 さて、我が家で縁の下の力持ち的に活躍する
スズキ Kei ワークス
も、今年の6月で10年を超え、
クルマ買い替えの順序が変更となってしまったこともあり、
あと最低でも4~5年は確実に我が家で活躍して頂くことに。。。

イメージ 2


 そんなKei ワークス、
車検は来年ではございますが、
下回りもそろそろ草臥れ感も出始め、
深刻までとは行かないものの、サビもボチボチと出現・・・
てなわけで、昨日は北風が吹きすさぶ中、
あくまでサビ落しまでは行わない、簡易サビ塗り作業を♪


 とりあえずジャッキアップを行い、
さっそくKei ワークスの下に潜入・・・
私めもスッカリ忘れておりましたが、
Kei ワークスの排気系、
フジツボマフラーを取り付けたことは覚えておりましたが、
フロントパイプはスズキスポーツ製だったことが判明する。。。(汗)

イメージ 3
イメージ 4


 恥ずかしながら、ブログを確認してみると、
装着されていることが記載されておりまして。。。(恥)

イメージ 5
イメージ 6


 スズスポのフロントパイプの話はさておき、
Kei ワークスの下にもぐり、
薄サビ部分をシャーシブラックにて封印♪

イメージ 7
イメージ 8


 案外と下回り、サビの出現箇所は少なかったものの、
致命的なサビもなく、この状態であれば、
あと10年くらいはこのまま、
このクルマのお世話になることが出来そうでして。。。(苦笑)

 私めの横で作業を見つめる息子クン・・・
そんな息子クンに私め、
 
「息子クン、そこの玄翁(げんのう)
                                         を取ってくれ!」
 
と頼んだものの、「玄翁」を知らなかった
事実に驚いた さくら でございます・・・

玄翁、すでに死語
       になってしまったのかと。。。m(u_u)m
イメージ 1
 さて6月半ば、我が家に来て10年を迎えた
Kei ワークス
そろそろ、あちらこちらに部品交換を
やっておいた方がいいような
部位があちらこちらに。。。
イメージ 2
 そんな中、私めが最近、
特に気になり始めていたのが
エンジンルームから聞こえてくる

キュルキュル音。。。(嘆)
 
 エンジン始動時が顕著に聞こえ、
エンジンが暖まってしまえば、
聞こえ辛くなるといった状況・・・
本来であれば、来年の車検時期にでも
ベルト類の交換を!と考えていたものの、
前倒しして作業を依頼することに。。。
 
 ベルト類の交換、私めでも対応可能
でございますが、

折からの腰痛、車屋サンとのお付き合いもあり、
あっさり、修理依頼・・・。
 
 今回、修理に用いたベルトは純正品
交換作業のほうも、車を朝出して昼前に終わり、
午後イチ
で自宅に到着♪
イメージ 3
 ところで、交換されたベルトも
特にヒビ割れといった末期的状態
にまではなっていないものの、
新車から装着していたということもあり、
年数も10年を超えて、
お疲れ気味といった感は否めないような。
 
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
 そんな交換作業のおかげで、
エンジン始動時の不快な音はなくなり、
再び元気に走っておりますが、
そろそろ下回りのブッシュ類も
手を入れておきたいような。。。

イメージ 1
 
 上のウナギイヌはとってもカワイイと思うんですが、
現実化すると、下の写真になる様で・・・
 
イメージ 2

 結局、CMで共演する
 広 瀬  す ず
             が
  一番カワイイ
と言う結論になった さくら でございます。。。Σ(゚Д゚ノ)ノオイオイ!
 
 
 
 
イメージ 3

 さて、早いものでKei ワークスが私めの手元に来て、
6月で早10年を迎えており・・・(汗)
娘チャン誕生に伴い、ダイハツ ミラ アヴァンツァードから
お乗り換えした訳ですが、時が経つのも、ホント早いものでして。。。
 
イメージ 4

 そんなKei ワークス、ランクル70をさて置いて、
我が家で一番活躍しているクルマではございますが、
特に目立った改造は施されることもなく、
エアクリ・アルミホイール・マフラー・リアショック交換と、
自身で簡単に作業できる程度。
 
 
イメージ 5

 案外と活躍している割には、車内のほうも目立った改造もなく、
ETC導入は速かったものの、
ナビゲーション投入も1年半ほど前といった具合。
 
イメージ 6

 我が家も本来であれば、Kei ワークスを買い替えた後、
数年後を目途にランエボXからハイエース辺りに
車の買い替えを企んでおりましたが、
例の復活した車を
ランエボXと引き替えに購入してしまい、
Kei ワークスの買い替え案はあえなく消滅。。。(-o-;)
 
イメージ 7

 てなわけで、あと5~6年は
我が家で頑張っていただこうと考えておりますが、
3年後には自動車税の増税も確定、
スズキからはワークス名の無いアルトTurboRSも販売され、
色々と気になる軽自動車も出てきており。。。
 
イメージ 8

 ただ、電化製品の更新時期を迎え始めた我が家に
クルマ買い替えの余裕も無く、
乗り続けるための延命を計らねばならぬようで。。。il||li _| ̄|○ il||li

 我が家で保護?しているスズメ、
夕方18時過ぎには就寝に入り、
人が来ようが動じることなく、しっかり熟睡・・・
スズメとはいえども、
大モノだと感じる さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さて、数日前の新聞の朝刊、
誠に気になる記事が・・・
スズキ187万台リコール
過去最多 9車種で出火の恐れ
という記事が目に入り。。。
 
イメージ 1
 

 なにやら、イグニッション内部の不具合ということで、
潤滑油の炭化で絶縁抵抗低下によりショート、
最悪の場合、火災が発生するというもの。

 
 実際に発煙などのトラブルが67件発生しているそうで、
けが人は出ていないとはいえども、不安になる話ですねぇ。
 
イメージ 2
 

 ところで、リコール対象車、台数を見てみると、
 
・アルト  41万9701台
・Kei  30万8012台
・ワゴンR 89万1475台
・ツイン     9872台
・スイフト 10万3866台
・キャロル  2万 437台
・ラピュタ  1万5870台
・AZワゴン   5万7818台 
・クルーズ  4万5852台
 合 計  187万2903台
 
と、桁外れな。。。
 
 
 既に廃車になっている車両もあろうかと思いますが、
とんでもない台数の様で。。。(呆)
 
 
 そんな我が家もKei ワークスが対象車ということで、
後日、封書が届くとは思いますが、
まさかの10年目でリコールになるとは。。。

 
イメージ 3
 
 そんな一方、30年目の古蒙、
もう1台のスズキ車、こちらは大丈夫なんですかねぇ~?
各部の経年劣化の方が気になるところですが。。。(苦笑)
 
イメージ 4

 花粉の飛散が酷いですねぇ~、
点鼻薬を使用しても焼け石に水・・・
今日も
鼻詰まりと目のかゆみ
に苦しむ さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さて昨日の話ですが、
娘チャンが生まれる2ヶ月前に購入した
スズキ Kei ワークス
このクルマも早いもので、私めの手元に来てから
6月で早くも10年を迎える予定。。。
 
イメージ 1

 そんな中、納車後には速やかに
ホイールとマフラー交換
が実施され、現在に至るわけですが、
最近になってチョイト気になることが。。。
 
イメージ 2

 そんな気になること・・・
フジツボのレガリスマフラー
の音量が大きくなり、下品になった?ような。。。
 

 必ず私め、エンジン始動後は3分程度の暖気、
(実際は私めの一服タイム♪)
を行い、車庫から出すのですが、
エンジン始動後からの音量が大きいような・・・
走行中の加速時も顕著に大きくなっているような気が。。。
 

 もしかすると、ガスケット抜けやマフラー溶接部の剝離などを考え、
ひとまずジャッキにてリアを持ち上げ、下回りを覗いて見ることに。
リアからマフラーを見ていくと、
特にガスケット抜けの様子もなく、マフラー各部には亀裂もなし。
 
イメージ 3
イメージ 4

 
 再度確認のため、今度はエンジンを掛けた状態で、
見てみるも、排気ガス漏れをしているような箇所もなく、
マフラー自体に異常はなし。。。
 
イメージ 5
イメージ 6

 ただ、マフラー出口に耳を近づけてみると、
マフラー出口自体から音が大きくなっているようでして、
試しに娘チャンにアクセルを煽ってもらうと・・・
音の原因はやはり、マフラー内部?
出口からの音量が単に大きくなってしまった様で。。。
 
イメージ 7
イメージ 8

 このマフラーもまもなく10年、
恐らく、マフラーのタイコ本体に仕込まれている
グラスウールだか、スチールウールだかが、
寿命を迎えてしまったんでしょうね。

 
 しかしながら、マフラーを
新しいものに交換する余裕などは
我が家になく、車検にパスできるのであれば、
このまま・・・
ただ、車検にパスできなかった日には
悲惨ですが。。。(鬱)

↑このページのトップヘ