続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

13年間、ヤフブロでやってきたことが何であるか、確かめに来ました・・・

カテゴリ: 音楽・DVD

 安易なガス抜き作業は

悲劇を起こす

事があると思う さくら でございます・・・
私めのご学友が自宅で。。。(((( ;゚д゚)))アワワワワ
イメージ 2
 さて、某お金を貸してくれる会社のCMとして
昔、女性ダンサーがメインで踊っているモノが
テレビで放映されておりましたが、
イメージ 1
これって、しっかりとした曲があったようで・・・

シンクロナイズド・ラブ・ミレニアム・Jラップ・ジャム

作詞:山本英美 作曲:ジョー・リノイエ

ということで、中国系日本人のジョー・リノイエという方が

歌っていると知り。



 てっきり私め的にはCM部分のサビしかないモノと
思っていただけに
ちゃんとした1曲だったとは
目から鱗だった訳で。。。



 どこかの誰かさんのおバカな判断消費税増税
収入は増えずとも出費だけは増え続ける さくら家 でございます・・・
増税に備えて1円玉を大量に準備しておきたいと。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて本日は引き取り忘れていた参考書を引き取りに
本屋サンまで家族と出陣・・・
参考書と言っても、
鉄道ピクトリアルRMマガジン ですが何か・・・?
 

 そんな中、子供たちに本をせがまれ泣く泣く購入、
親の本より子供の本が高いというのはどういう事なんですかねぇ~?
 

 ところで、本をお買い上げ時にレジの横に様々なDVDが置かれ、
私めの眼もついついそちらへ・・・
         ted テッド
イメージ 2
 
なるDVDが鎮座、私めも本当であれば、映画館で観たかった映画、
子供たちはカワいいテディーベアのお話だと思い込み、
親子で購入したいという意見が合致しお買い上げすることに。。。
 
イメージ 3

 そんなテッドのあらすじですが、
 
 1985年のボストン郊外。ジョン・ベネット少年はテディベアのテッドを
可愛がり、命が宿るように祈るとそれが叶うのであった。
以後、2人は親友となり、2012年になっても
ジョンとテッドは一緒に暮らしていた。
 かつて「生きているぬいぐるみ」として一世を風靡したテッドも
今や落ちぶれ、酒と女とマリファナ漬けの日々を送っていた。
35歳になったジョンはレンタカー屋の従業員になり、
支店長昇進の話が出るも仕事に身が入らず。休日にはテッドと共に
マリファナを回し子供の頃のように『フラッシュ・ゴードン』のビデオを見て
ダラダラと過ごし、雷が鳴るといまだにテッドが一緒じゃないと眠れない。
同棲しているローリーとは交際4年になるのにいまだに
結婚する決意もできない。
 交際4年目の記念日の晩、二人が食事を終え帰ると、
何人もの売春婦を呼んで乱痴気騒ぎをしているテッドに
ローリーの怒りが爆発。ローリーに促され、ジョンはテッドに
家を出るよう提案する。こうして二人は初めて離れ離れの生活を始める。
 
といた内容のようですが、帰宅してから気がついたことが・・・
R15指定と遠慮がちに記載され。。。(-.-|||)
 
イメージ 4

 テッドを楽しみにしている子供たちが映画の内容を知ったら、
どういう事になるかと考えると・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 なんともまぁ、昨晩の強風の吹き荒れっぷりは見事でしたねぇ~、
そんな私めの鼻も強風に呼応するかのごとく、鼻水ダラダラ状態に・・・
最後は私めも頭に来て鼻栓をしていた訳でして。。。(苦笑)


 さてさて、昨日の前振りした話になっちゃいますが、
一昨日の当直勤務で仮眠をしていた深夜、
時間的には午前3時前の草木も眠る丑三つ時の真っ只中の事、
管内に響き渡る音声合成の一斉指令、
「一般救助、○×町695番地、第一出動」。


 とりあえず、救助隊やら指揮隊は出場、管内であれども管轄外ということで、
救急隊の出動状況によっては我々の救急隊も引っ張られる可能性もあり、
出動隊の確認のためにベッドを降りて即、事務所へ。。。


 案の定、私めの救急隊の出場はなく、
出動する隊に「いってらっしゃ~い♪」と、
爽やかな掛け声とともに私めは仮眠の続きを取りに仮眠室へ。


 隊長に「出動は○×救急隊でした」と報告するやいなや
ベッドを駆け上がって座り、布団の位置を直していた時の事。


 真っ暗な仮眠室に突然、白熱球のような光が私めの目前で
左右に動いたと思った次の瞬間、私めの顔に向けてその光が照らされ・・・
眩しさのあまり顔をそむける私め、一瞬、警備隊がいたずらして
私めに懐中電灯の光でも当てたのか?と考えながら
顔の位置を元に戻すも仮眠室は真っ暗。


 特に誰かがドアを開けたというような気配もなく、
私めのベッドの位置から考えるとドアは斜め左方向、
どうやっても光の位置関係が合わず。。。


 私めも「不思議なものを見たもんだなぁ~」と思いながら仮眠につきましたが、
いま使用している仮眠室で2度金縛りにあった隊員さんもいらっしゃるということで、
何かあるのかもしれませんね、ただ、2度金縛りにあった隊員さんは
仮眠室で仮眠することなく、現在は食堂で仮眠しているそうで。。。


 さてさて、やっと本題に入りますが、いまから18年前のこと、
フジテレビ系列で放映されていた つのだじろう原作の
ハイスクールミステリー学園七不思議。


 元々は同名のコミック本、「学園七不思議」をアニメ化した番組と言う事で、
学校や日常生活の中でまつわる内容を扱ったホラーアニメ、
これがまた夕方の16時から放映されていたにもかかわらず、
私めが実物を見るよりも怖かった覚えが。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


 にもかかわらず私め、極力見逃すまいと真剣になって見ておりましたが、
学校やら健全な帰宅部生活であちらこちらに立寄る生活をしていた私め、
何回かは放送を見逃すはめに。


 なかなかビデオでも発売されず、DVDになって発売されないのかなぁ~?と、
思いつつも半ば諦め気味になっていた私め、最近になってこんな事実を・・・
昨年の7月に「ハイスクールミステリー学園七不思議DVD-BOX」が
発売されていたと言う事実を知り、私め、女房さまの眼を盗んでさっそく注文。。。


 てなわけで、日頃の行いが素晴らしいせいか、モノが到着したのは

私めの当直勤務の日 il||li ○| ̄|_ il||li

ものの見事にモノは女房さまの手中に・・・
情けない事に私めの期待とは裏腹にばれてしまった訳で。。。(嘆)


 とりあえずこのDVD、内容的にも学園内の伝説や噂やら事故、
自殺にいじめ、恨み、悩み、恋愛など色々と見どころが・・・
ただ、自殺や事故が非常に多い学園で悲惨な結末で終わる話が多いという
オチもございますが、興味があったら見てみるのも
いいかもしれませんよぉ。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 ここ最近はなかなか模型と戯れる時間が取れないですねぇ~、
本日も色々と所用に終われ実家に行くも模型には触れずじまい・・・
果たしていつになったら模型と戯れられるのか、
何とも哀しい日々でして。。。


 さて私め、普段は洋楽系が多く、アルフィーは聴きますが
基本的に邦楽をあまり聴かない私め、
久々に邦楽と言うかとあるサウンドトラックを購入。。。


 モノは平沢 進 氏の「パプリカ オリジナルサウンドトラック」っちゅうもので、
本来であれば「白虎野」というアルバムが欲しかったものの、
手に入らずにこちらを購入した次第。


 ちなみに「パプリカ」とは、平成18年の日本のアニメーション映画で
監督は今 敏、原作は筒井康隆の同名SF小説だったそうで、
音楽で平沢 進 氏が担当。


 ちなみにさっきから出てくる「平沢 進」とは誰ぞや?ということで、
有名なところではプロレスラーの長州力の入場テーマ曲で「パワーホール」を作曲、
その際、本名ではなくペンネームとして「異母犯抄」と言う名を・・・。


 また、昭和61年に同じくプロレスラーのスーパーストロングマシーンが
率いるカルガリー・ハリケーンズのテーマ曲として「ハリケーンズ・バム」を
ペンネーム「福来良夫」として提供し、私めもプロレスファンで
曲は存じてはおりましたが、平沢 進作品と知ったのはここ数年の話で。。。


 そんな事を忘れかけ、久々の平沢作品と出会いは何の因果か
NHK「おかあさんといっしょ」の平成15年10月の歌として発表された
「地球ネコ」を3年ほど前に知った訳でして。。。


 なんともまぁ、幼児向けの番組に提供された曲なのに、
「ゆうぞうおにいさん」と「しょうこおねえさん」のこれまた見事な歌声!
曲調も小さい子供たちであろうが容赦しない平沢センセー・・・
幼児向けの曲とは裏腹な曲のような。。。(驚!)


 何とも幼児向けの曲であっても平沢イズムは生きていると言うか、
楽曲スタイルは貫かれているような雰囲気でありまして。。。


 なんとも、パブリカのCDを購入した話なんだか、
平沢 進 の話をしたかったんだか
訳の分からない話になってしまいましたね~(苦笑)
とりあえず結論はなかなか良いCDだったと言う事でして。。。(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 昨日は日勤、本日は年休と言うことで、
日頃の救急出動に追われる当直を尻目に
のんびりとした一日を過ごしたいところですが、
午後から住宅メーカーとの打ち合せ・・・
ちなみに明日は午前中から。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 住みよい家を建てたいというのは誰しもが持つ願望だと思いますが、
重大な決断を迫られた時って、やっぱり躊躇しますよねぇ~、

いざとなったら困っちゃう・・・

と言った状態・・・まさにそのような状況の さくら でございます、
まぁ、趣味の決断だとメチャ早いのですが。。。(苦笑)


 さて、なんともまぁ~、私め的にはヒジョーに懐かしいというか、
私めがまだ高校生の頃、深夜にUHFのチバテレビで見ていた関西系番組の
DVDが発売されるということで、あまりの懐かしさに
また女房に内緒で無駄遣いを・・・il||li ○| ̄|_ il||li


 ちなみにその番組とは・・・

・ 週間TV広辞苑
・ 現代用語の基礎体力
・ ムイミダス
・ 未確認飛行ぶっとい 

と言う、以上の4番組。


 その中でも私めが見ていたのは「ムイミダス」と
「未確認飛行ぶっとい」だけなのですが、
何ともいえぬナンセンスコントに笑撃を・・・
そんなDVDに記載されている説明書きを読んで見ると、

今から18年前、当時無名の出演者(今では売れっ子俳優)たちが毎回全力でバカを競い合い、若者のハートを鷲掴みにした幻の深夜番組が存在した。そのナンセンスさで観る者を存分に戸惑わせた挙句、あまりにもシュールなストーリーラインで視聴者をブラウン管に釘付けにするなど、中毒性の高さが売りだった。

本作は、これらシリーズ四部作の復活を夢見る多くのファンの要望に応え、当時の出演者&製作スタッフを再招集して作り上げた復刻版である!旧作の面白さに磨きをかけた温故知新テイストに、誰もがハマること間違いなし!まるでタイムスリップしたかのようなその世界観を堪能せよ!



 なんとも勝気な文面とでも言えばよいのか、確かに見てみると、
懐かしさというものはありますねぇ~、あえて内容は記載しませんが、
見て楽しんでいただければと。。。


 DVDには古田新太、立原啓祐、升毅、生瀬勝久など、
現在も色々な場面で活躍している方々が出ておりますが、
私めの好きだった

羽野 晶紀がずいぶんと老け込んでしまった

ような・・・(嘆!)


 そういえば、ムイミダスのオープニングで使用されていたのが
最近復活した「おかげさまブラザース」の「人間ポンプ」であり、
色々と苦慮して手に入れた覚えがありますが番組が終わった頃だったか、

羽野 晶紀 関東進出に喜び、

喜びもつかの間、

かのマザコン狂言師との結婚!

で落胆した覚えが。


 ただ、ビートたけしのオールナイトニッポン(以下、ANN)の後釜に
古田新太のANNがスタートし、奇抜でナンセンスな下ネタ、ハードな内容で
楽しんでおりましたが、これも1年で終了~(涙) 
ちなみにテープに録音して通学途中の電車内で聴いておりましたが、
何度か吹き出した苦い思い出が。。。(苦笑)


 とりあえず今回のDVDを購入してみて、私め的には今のお笑いよりも
昔のナンセンスなお笑いの方が見ていて飽きない様な気が・・・
お暇でしたらレンタルでも借りて見てみるのも良いかも知れませんよぉ~♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 あまりにも救急要請の視点の違いから
未だギャップに苦しんでいる さくら でございます、
それにしてもGWだからですかねぇ~、昨日も救急出動の

ご注文が殺到!!

職場に帰りたくても帰れないと言った状況・・・
まぁ、本署と言うこともあって、救急要請してくる客層の品の低下は
仕方ないかと覚悟はしておりましたが、
あまりにも救急車をホントに必要としているレベルと
かけ離れすぎているような。。。


 正直なところ、仮眠にしても2時間出来れば良い方、
連続出場のおかげで救急活動の記録票もまともに
コンピューター入力出来ないとは困ったものでして
打ち込みも深夜2時過ぎをまわってもパソコンと睨めっこしている様な状況、
こりゃぁ、体調を崩すのは間違いなさそうでして、
なんだかトホホな日々の連続ですねぇ~il||li ○| ̄|_ il||li


 さてさて、いきなりヴァンゲリスと言われても存じている方も
かなり少ないかと思われますが、演奏者は知らなくても
かなり昔の映画、「南極物語」や2002年に行われた
FIFA ワールドカップのメインテーマ曲と言えば、
お聴きになった方も多いのではないでしょうか?


 そんな私め、まったくという訳ではありませんが、
アルフィーやらチョイと気に入った曲以外には
基本的に歌謡曲をあまり聴かない私め、
ここ数年は車の移動時や暇なときに聴いているのは
ヴァンゲリスやらのインストルメンタル系の曲がほとんど。。。


 そもそも今回の主役、ヴァンゲリスの曲との出会いは「南極物語」、
色々と探りを入れていくとあれよ、あれよとヴァンゲリスが演奏している曲が
発見されていった訳でして、気がついたらCDも15枚と言う枚数に・・・。


その中でもアルバム「反射率0.39」に収録されている
「Pulstar(パルスター)」や「Alpha(アルファ)」、
アルバム Spiralに収録されている「Spiral(螺旋)」何ぞは
私めが特に好きな曲ですね。


 そんなお気に入りの曲のひとつである、
「Alpha(アルファ)」とはこんな曲でして・・・↓

Alpha - Vangelis ( by Javi )


 ところでこのヴァンゲリス、
本名を「エヴァンゲロ・オディスィア・パパサナスィウ」
という、何とも舌を噛みそうなお名前、
ギリシャ出身、お歳も1943年生まれの65歳とは私めも驚いた訳でして。


 そんなヴァンゲリス、生まれはギリシャ中部の港町ヴォロス、
画家の父親と音楽家の母親の下に生まれ、
4歳から独学でピアノと作曲を始め、6歳にして自作の演奏会。
高校時代からプロとしての音楽活動を開始しジャズバンドで
バイブスやオルガン、ピアノなどを演奏。


そんなヴァンゲリスの音楽活動は1970年代から現在まで、
多方面にわたって世界的に活動している音楽家であり、
アメリカ映画では「炎のランナー」や「ブレードランナー」を手がけ、
ヨーロッパで製作された映画「1492 コロンブス」のサウンドトラックは
ドイツでアルバムが100万枚も売れたそうで・・・
ちなみに「1492 コロンブス」のサントラは
日本の色々なドキュメンタリー番組などで耳にすることが多いですね。


 さて、そんな我が家にもヴァンゲリス好きと言いながらも
やっとヴァンゲリスの「ANTHEM」が到着。
またヴァンゲリス コレクションが増えた訳でして・・・
曲の方は様々な番組で使用されて耳にする機会も多いかと思いますので
割愛いたしますが、私め的に読書や車での移動時、
ブログなどを書いている際のBGMに良い曲かと。。。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 今回も救急出動で残業、今月は出動が92件。
本当に救急車が必要だった要請は微々たるモノで・・・。

 さて、久々にと言うか、アルフィーの夏のコンサートイベントのDVDが到着。
ここ10年以上、コンサート自体も行ってないんですよねぇ~、
毎年、DVDで夏のイベントに参加しておるようで・・・。


 DVDの発売自体は去年ですが、先日ご紹介した「パリ・ダカラリー」の
DVDと一緒に注文していたため、到着が今の時期に。


 モノは去年の8月12・13日、横浜で行われたイベントのものですが、
アルフィーは20年近く見ていますが、3人とも相変わらず若いですね、
どう見ても50代には・・・。


 今回もバックはツインドラムですが、1人は「そうる 透」、あれ?もう一人は??
長谷川氏が居なくなっていた・・・。
気になったのでネットで調べてみると一昨年に卒業されていたそうで。。。
極力、アルフィーやメンバー単独でも出ている番組は見ているつもりですが、
なかなか見足らないようで。
 

 さて、コンサートの内容の方は?と色々書きたいところですが、
なかなか良い言葉が見つからなくて・・・。
気になる方は是非、購入して見ては如何?と(笑)
まぁ、レンタルと言う手もありますけど・・・(苦笑)


 だけど数年前からよく耳にする「ベイ・エリア」と言う言葉、
アルフィーが10万人コンサートの際に使った言葉って知ってました?
そのほか「×× 3DAYS」とかと言うのもアルフィーが最初に使った言葉だったようで、
後年に使われる色々なキャッチフレーズも作り出していたとは・・・。


 う~ん、今回は、何が何だか分からない話しになってしまいましたね。。。(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


 皆さんは普段、どんな音楽をお聴きですか?
自分の場合、本格的に音楽を聴きだしたというか、
歌謡曲に出会ったのは中学生。
それまでというと、中森明菜やチェッカーズといった
ヒットメーカーがいるもまるで興味なし。
近所の仲間と自転車で畑やら近くの森、田んぼなんかを
走り回っておりました。
ん~、音楽にはまるっきり無縁な環境。。。

 そんなある時、ベストテンだったかな?
そこに3人組のグループを発見。
THE ALFEEというグループで
「君が通り過ぎた後に」と「サファイアの瞳」で
2回登場、自分にとってはある意味新鮮だった。

 そこから暫くは完全にアルフィーに没頭、
毎月もらう小遣いを元に過去のアルバムを買い漁り、
ポニーキャニオン時代からの
デビュー曲、「ラブレター」から
現在までのシングルCDが発売されるといえば
またもや買い漁る様な状態。
高校の終わりまではコンサート行ったりとかしたが、
最近でも一時期の熱は冷めたものの
アルバムやらシングル、コンサートのDVDが出れば
しっかりと買っておりますが・・・。

 ここ最近はアルフィーも確かに聞くものの、
その他にインスト系というか、
シンセサイザー音楽で
「南極物語」などで有名なヴァンゲリス、
元イエスのキーボードでだったかな?
リック・ウェイクマンなど。
変わったところでABBAなんかも聞いてますね。

 ヴァンゲリスなんかは
元々、反射率0.39に入っていた
「ALPAHA(アルファー)」がお気に入りで
テレビ朝日の深夜に流れるCMで
「阪神淡路大震災」をバックに地震の備えは万全ですか?
みたいなCMで使用していた曲だったので、
直接テレビ朝日に問い合わせて
ヴァンゲリスの曲と知った覚えが。。。

 その後、ヴァンゲリスのCDは色々と沢山買ったが、
番組で聞いたことがある曲が色々出てきて驚きましたね。
ここ最近だとアンセムが有名かな?
しっかり自分の結婚式なんかでも
使用させて頂きましたが・・・。

 あと、リック・ウェイクマンを知ったのは
新日本プロレスで「虎ハンター」で有名だった
小林邦明(引退)の入場テーマ曲「THE ROOM Part1」で
使われていたことで知ったんですが、
困ったことにこの曲の収録されていた
アルバム「1984」が入手困難。
以来、20年以上にわたり何件も音楽店や
中古CD店なんかをはしごして探すも
まるっきり購入出来ず。

 正直、このCDを手に入れたのは
ついこの1年くらいの話。
ヤフオクで落札したのですが、
実はこのCDをヤフオクで見たのは2度目の時。
一度目に発見したときは
最終落札価格はたまげた事に4万円を超えていた。
 やっと2度目に発見した1年前には約5千円で落札。
あの4万円って何といった感じで・・・?

 そういえば、ヤフオクにて落札と言えば、
おかげ様ブラザースの「人間ポンプ」って曲、
こちらも私めのお気に入りの1曲。

 おかげ様ブラザース自体、
解散してしまったようですが、
関西系番組の「ムイミダス」のオープニングで使われており、
この「ムイミダス」は関東でも千葉テレビで放送されて、
現在ドラマなんかで活躍している
槍魔栗三助こと生瀬勝久さんや
ある狂言師の妻になった羽野晶紀さんなどが
活躍していました。
 
 テンポ的に気に入り、いざ「人間ポンプ」も自分住む
関東エリアでは探しても無い有様。
そんなこんなでやっぱりヤフオクにて落札、
悲しいことに2万円超えてしまい・・・
まぁ、15年近く探していた事を考えれば
良いのでしょうが。。。

 だけど、米米clubのカールスモーキー石井
がおかげ様ブラザースを尊敬していたという話を
聞いたことがありますが、
非常に気になる話でして。。。

↑このページのトップヘ