大自然破壊してソーラーパネル設置
火力発電のように二酸化炭素排出はなくても
森を切り開いてソーラーパネル設置では本末転倒
だと思う さくら でございます。。。m((_ _#))m
9
 さて、最近はあまり購入に関しては動きの無かった
    西 武 鉄 道
ですが、チョイと面白いモノがリリースされたということで、
物珍しさに購入してみることに♪
CIMG8802
CIMG8803
 わが家に到着したのは・・・
西武6000系
 (西武有楽町線開通40周年記念車両)
            10両編成セット
ということで、イエローの帯をボディーに巻いた6000系。
CIMG8804
CIMG8805
 メーカーからの説明では・・・
実車について
西武6000系は、西武池袋線と東京メトロ有楽町線との
相互直通運転に備えて、1992年に登場した車両です。
西武鉄道唯一のステンレス製車体を採用し、
初めての10両固定編成車両として登場しました。
CIMG8806
くの字に曲がった先頭形状に地下鉄対応の
非常用貫通路の設置など、
それまでの西武電車にはないスタイルが特徴です。
2014年からは走行機器の更新工事が行なわれ、
2019年までには全編成へ施されました。
2016年頃より屋根上に設置されたベンチレーターが
順次撤去されています。
CIMG8808
「西武有楽町線開通40周年記念車両」は、6000系6017編成に
開通当時西武有楽町線を走っていた
営団地下鉄有楽町線7000系を
イメージした
カラーをラッピングしています。
池袋線・狭山線・西武有楽町線・相互直通路線で運行中です。
CIMG8810
CIMG8809
商品の特徴
・西武6000系6017編成
 「西武有楽町線開通40周年記念車両」を製品化
CIMG8811
・6017号車に掲出されたヘッドマークを
 付属ステッカーに収録
・車両番号、新シンボルマーク(西武鉄道)は印刷済み
CIMG8813
CIMG8814
・ステッカー(新規製作)が付属し、
 種別行先表示、運行番号、
弱冷房車、優先席、
 女性専用車、車椅子・ ベビーカーマーク、
 記念ヘッドマークを収録
・列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
CIMG8815
CIMG8816
・避雷器は一体彫刻表現
・ヘッドライト(白色)、テールライト、
 前面種別行先表示・運行番号(白色)が点灯
・フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
CIMG8817
CIMG8818
・車端部付きロングシートパーツを実装
CIMG8819
・特別外装パッケージを採用(ブック型車両ケース×2の構成)

と、かなりの力作のようで。。。

 実車は2022年に引退してしまいましたが、
見た目の雰囲気も黄帯を纏っていた
営団地下鉄時代の7000系を彷彿させる姿、
色々と懐かしさを感じますねぇ。。。

 今後、漢前化作業と称し、カプラー交換やら
無線アンテナ、ヒューズボックスの取付を
考えておりますが
早急に作業をしておきたいものと。
CIMG8812