晒しモノ・・・
画像は借りモノですが、
雪降る箱根を夏タイヤデート、
挙句の果てには
雪道スタック、
インタビューされたことにより
一生の恥晒し
になってしまった
と思う さくら でございます・・・
まさか、FF車ながら後輪に
スノーソックスを履かせるといった暴挙!
生涯にわたり語り草間違いなしかと。。。m((_ _))m
GFlJfrLacAAlvFD
 さて、前回のKATO E257系5000番台と同様、
CIMG8366
到着の方は昨年の車両となりますが、
新年を迎えてコチラもジックリ眺めていきたいと。
CIMG8368
 そんな車両の方ですが、5000番台と違い5両編成、
小回りの利きそうな編成となりますが、
聖地からのありがたいお言葉は・・・

 波動用として登場し、上野口の定期特急や
波動用でも活躍する
E257系5500番台は、
房総方面用特急車両のE257系500番台を
令和3年に改造した波動用車両です。
CIMG8369
 前面形状は2500番台に準じていますが、
内装は荷物スペース設置など
最低限の改造にとどまっています。
 デザインは白い車体に緑色のストライプをまとい、
2500番台とは異なる印象となっています。
波動用として登場後、令和5年3月のダイヤ改正より、
それまで651系によって運転されていた
高崎線系統の特急列車の運用を置き換え、
定期列車の「草津・四万(しま)/あかぎ」などで
活躍しています。

主な特長
・大宮総合車両センター東大宮センター所属
 OM-53編成を製品化
・側面の濃淡の緑帯で表現されるデザインを再現
CIMG8371
・機器更新が行われた床下機器、LED化されたライト類、
 先頭部のスノープロウ、荷物室設置に伴い
 一部窓が埋められた外観を的確に再現
CIMG8374
・車体と段差の少ない側面ガラスの形状をリアルに再現
・中間連結部はボディマウント密連カプラー
 (フックなし)を採用。
先頭部用に電連(1段)が付属
・定評ある動力ユニット(フライホイールなし)採用で、
 安定した走行が可能。トラクションタイヤなし
・ヘッドライト/テールライト、前面ヘッドマーク点灯
・交換可能な前面ヘッドマークは「草津・四万」を取付済。
 「あかぎ」「富士回遊」「特急」ヘッドマークを収録
CIMG8373
・付属品・・・電連×2、ヘッドマーク×4種
 (「あかぎ」「富士回遊」「特急」「(無地)」)、
 行先表示シール×1、ドライバー×1

といった具合。。。

 コチラに関しては5000番台とは違い、
屋根上部品は既に取付け済み♪
CIMG8371
残すは各先頭車に電連を取付ければ
作業完了といった具合。
CIMG8370
CIMG8375
CIMG8376
 ピンセットの片側に両面テープを貼付し、
電連をくっ付けた状態で連結器に近づけて
取り付けるといった具合。
CIMG8378
 なんとか電連の取付作業の方は完了しましたが、
CIMG8377
前回わが家に到着した2000/2500番台漢前化作業
終わっていない様な気がしてきて。。。(悩)
CIMG8379