続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

2021年12月

 ココまでくると、
どんなコメントがされていたのか
非常に気になる さくら でございます。。。m((_ _))m
CIMG2322
 さて、早いもので我が家にきて
6年が経っていたんですねぇ、
ジレラ ランナー180SP。
CIMG2309
 とりあえず、久々に2stの加速力を味わいたく
購入した1台でしたが、
CIMG2308
確かに暴力的な加速はピカイチ!
CIMG2306
 そんなジレラ ランナーも
ここ最近は私めの坐骨神経痛のおかげで
片足を高く上げて跨げないといった事態に陥り。

 今回の2輪車選びに関しても
当初選定していたPCXN-MAXに関し、
main-01
selection_index_gallery_2021_005
ジレラよりは足を上げないものの、
坐骨神経痛の痛みが酷い時に
この2車種に足を高く上げて跨げるのか?
と自問自答したとき、厳しいモノと感じ。(淋)

 そんなわけで今回の車種選定となったわけですが、
購入すれば別れもあるということで、
ジレラ ランナー180SP
が我が家から旅立つことに。
CIMG2305
 とりあえず、最後のご奉仕ということで、
暫し腰の状態も不安定だったことから
カバーをしていたとはいえども
埃をかぶった車体をぬぐって清掃。
DSC_1615
 また、燃料に関しても夏時期のことも考えて
梅雨前にガソリンをすべて抜いて保管・・・
久々にタンクへガソリンを注入してエンジン始動、
キックで目覚めるジレラの2stエンジン、
独特の音を響かせて薄い白煙を撒き散らす。

 最後、引取り業者サンのトラックに乗って
新たな活躍場所を求めて旅立っていきましたが、
なかなかファンキーな加速で楽しまさせて頂いた
ジレラ ランナー180
感謝と共に末永く活躍することを祈り。。。
DSC_1617

 強いモノには巻かれろ的体質
風見鶏キシダくん・・・
発言がブレブレ、発言も二転三転気味、
支持率が下がる
ことを期待し。。。m((_ _))m
2092634_201706170999339001497679115c
 さて、私めには全く縁のない車両となってしまいますが、
チョイと、気になる車両が取り上げられ、
本としてリリースされたといった情報を得て、
興味津々の私め、本をご注文♪

 そんな私めが興味を抱いたのは・・・
ネコ・パブ RMライブラリー257
                   155・159系修学旅行電車
といった本。。。
CIMG2324
 出版元からは・・・

 太平洋戦争が激化した戦中期に中止された修学旅行は、
戦後の混乱も落ち着きを見せはじめた
1950年代(昭和20年代中盤)から本格的に復活したが、
修学旅行のメインルートとなる関東と関西間を結ぶ
東海道本線は線路容量に余裕がないうえに
多客期の春期・秋期に集中するため、
修学旅行用に設定される
臨時列車は混雑が甚だしく、
輸送改善は急務とされた。
CIMG2326
 そこで各学校の旅行日程を定めて
計画輸送を行うこととなり、
さらに1959年には東京・京阪神地区用に
修学旅行専用電車155系が、
そして1961年には中京地区用として
159系が運転を開始した。
CIMG2327
 CIMG2328
生徒たちに楽しい旅行ができるように細やかな配慮が
行き届いた修学旅行電車の車体設備や、
黄色と朱色に塗り分けられた明るい外部色は、
CIMG2325
以後誕生する中・長距離電車に多大な影響を与えた。
1971年より修学旅行の新幹線利用への移行で両系列とも
CIMG2329
CIMG2330

一般の急行形車両に改造ののち、
1980年代前半にすべて廃車されてしまったが、
当時のベビーブーマー世代にとって思い出深い電車として、
本書では図面や写真などで詳しく紹介する。
CIMG2334
といった力作のようで。。。

 詳細は本の方を読んでいただいた方が早いと思いますが、
今回も貴重な情報が満載・・・
CIMG2330
CIMG2331
CIMG2332
167系を除いて、私めが物心ついたころには
既に退役したと思われる155・159系を用いた
修学旅行用電車、
CIMG2333
もし仮に私めもこの電車を利用していたら、
心弾んだ修学旅行になっていたのではないかと。。。
CIMG2336

 買いモノのために立ち寄ったコンビニ・・・
そんな我が家のランクルの横に停車した
ランクルのピックアップ
しげしげとタイヤを眺め、
色々と質問攻めされた さくら でございます・・・
スノータイヤが異質だったようで。。。m((_ _;))m
CIMG1998
 さて、今年の4月後半に定植した
       サトイモ 赤芽
もそろそろ収穫時期を迎えたということで、
気合を入れて収穫することに。
CIMG2283
 このサトイモ 赤芽、
ここ数年、前年のモノを種イモとして使用して、
毎年植えて収穫しているわけですが、
何とか今年も子孫を残してくれたようで♪

 さっそく葉と茎を窯で切り取って捨て去り、
次にスコップ片手に作業を開始いたしますが、
今年、成長したサトイモは14株・・・
サトイモの株の周りにスコップを突き刺し、
円を描くようにサトイモの株を持ち上げて発掘。

 野菜クズを捨てる場所からもサトイモが1株、
芽を出して成長しており、
コチラは引っこ抜いて発掘したサトイモと一緒に♪

 発掘を終えたサトイモは親イモから
子イモ、孫イモと成長しており、
深箱ネコに載せて更なる収穫作業を。
CIMG2284
 案外と手間のかかるサトイモの選別作業、
根をハサミで切り取りながら親イモから
子イモ、孫イモと分離していく。
CIMG2285
 今年は追肥をやらなかった割には
ソコソコのサイズに成長しているサトイモが多く、
ジャガイモ定植前に撒いた肥料が丁度よかったのかと。
CIMG2286
CIMG2287
 ひとまず、収穫の終えたサトイモ・・・
元々収穫量は多くもないので、
私めと女房サマの実家にお裾分けのみとし、
残りは我が家にて食したいと思いますが、
一部は来年の定植用として、
次の世代に繋げたいと思いますが、
親芋の方も何とか保存して
更に親芋として用いれればと。。。
CIMG2288
 

 そういえば、北京冬季五輪に関する
アメリカの外交ボイコットのハナシ・・・
やられたら、やりかえすみたいな話を
支那の国当たり前の如く騒いでいるようですが、
相変わらず、国としてのレベルは一流になっていない
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
00
 さて、ここ数年の話ですが、
収穫が終わると作っているモノ・・・
そ・れ・は、
トウガラシ味噌。。。
e05c9525
作って参りましたがトウガラシの収穫も終わり、
冷凍庫からトウガラシの退去命令も出ていることで
作っておくことに♪

 前年は鷹の爪を使用して
トウガラシ味噌を作成いたしましたが、
今年はニッコウトウガラシを使用して
トウガラシ味噌を作成!

 とりあえず、毎度のことながら、
   業務スーパー®
555
に出向いて、味噌と砂糖を調達、
今回は1kgのハナマルキの風味一番を使用♪
CIMG2290
 とりあえず最初の難関ということで、
青トウガラシの刻み作業を開始、
以前、左手から吸収されたカプサイシンのおかげで
汗が止まらなくなるという珍現象に襲われ、
左手にディスポグローブをはめてから刻み作業を。
CIMG2291
 そんな青トウガラシ、全て刻むのに約4時間・・・
CIMG2293
途中、
焼き芋をつまみながら作業を続行しますが、
CIMG2294
冷凍してあったこともあり左手の感覚がなくなる。。。(汗;)
CIMG2295
CIMG2296
 トウガラシを刻み終え、フライパンに第一陣の
青トウガラシを投入し、
CIMG2297
ある程度炒めてから白糖を投入、
みるみるうちに砂糖が溶けて水あめ状になる。
CIMG2298
 暫くこのままにして青トウガラシに熱を通してから
味噌2kgを投入・・・
CIMG2299
あわてず騒がずゆっくりと混ぜ合わせて
トウガラシ味噌の完成!
CIMG2300
 第2陣のトウガラシ味噌も同様の手順で作成、
第1陣との違いといえば、
フライパンを洗わずに第1陣のトウガラシ味噌
付いたまま作成したくらいのハナシ。(汗;)
CIMG2302
CIMG2303
 さっそくお味の方を確認、
CIMG2301
昨年は辛みの足りなさから
一味唐辛子を混ぜて調整いたしましたが
今年はニッコウトウガラシを使ったせいか、
昨年の様なイキナリ突き抜けるような辛さもなくマイルド♪

     駄菓子菓子!

 カラダは正直なのか、
カプサイシン効果だと思われますが
額からの汗が止まらなくなり。
CIMG2304
 今回は味噌4キロ、砂糖2キロ弱
青トウガラシを使用してソコソコの量が完成しましたが、
来年もトウガラシ味噌で色々と楽しめそうで♪

 気になるタオルを発注した私め・・・
そんなタオルが到着し開封して
CIMG2320
ひとり感動していたところ、
女房サマに冷たい目
で見られた さくら でございます・・・
男のロマンを蔑ろにされた
気分で。。。m((_ _#))m
CIMG2321
 さて、先日手元に届いた
レールショップなかむら謹製の
PP-6AU13クーラー(ネットタイプ)
さっそく今回は交換作業に用いりたいと。
CIMG2221
 ちなみに同商品、
過去にもY!のつくナラズモノオークション
で入手してはKATO製AU13を積載している車両の
交換作業を多々行いましたが、
それでもまだ交換したかった車両が色々と。

 従前の私め、集中式冷房装置のAU75については
鋼製カバーやらステンレス製のカバーといった差があり、
201系などは冷房装置の交換を行いましたが、
一方のAU13についてはルーバー部分の
鎧戸タイプネットタイプといったことは
気にしていなかったわけで。。。(淋)
CIMG2225
 そんなひょんなことから
AU13のネットタイプの存在を知り、
KATO製やらレールショップなかむら製のモノを
入手して交換作業を。

 さっそく今回も交換作業を行いたいと思いますが、
色々と対象車両を選考した結果、
KATO サロ110-1000番台湘南色
に対して交換を行うことに。
CIMG2226
 東海道本線で活躍していた113系に組み込まれる
サロ110ですが、もう1両のサロ110は既に
AU13ネットタイプに交換済み、
本来はサロ110-500番台を組込んでいたものの、
塗装の変更を行っていないため、
後年、購入した今回のサロ110を組込んだもの。
CIMG2227
 さっそく作業を行いますが、
冷房装置の交換については車体をバラして実施、
床下周り、側面窓ガラスを外してから屋根を外し、
従前の冷房装置を撤去。
CIMG2228
CIMG2229
 冷房装置を外した屋根に新たなクーラーを取付け、
CIMG2230
CIMG2231
車体側に屋根を戻し、窓ガラスを取付け、
床下周りを戻せば交換作業は完了で。
CIMG2232
CIMG2233
 まだ4つほど残っているネットタイプのAU13、
コチラを載せる車両の選定と、
今回取外したサロ110のAU13も薄めのグレーとあって、
コチラも新たな再就職先を探してみたいもので。
CIMG2234

 内閣支持率が62%ですか・・・
総裁選で安倍を追求する発言に期待させるも、
安倍に睨まれた途端にトーンダウン
   情けないヘタレ首相は
支持する気も起きない さくら でございます。。。m((_ _#))m
CIMG2289
 さて、ここ最近ずっと悩んでいた事・・・
次に使用するスクーター選びということで、
仕事そっちのけで2輪車選考委員会を。。。(汗;)
9
 名目上はジレラランナーの買い替え
通勤用スクーターとして活躍している
アドレスV125Gの置き換え
若しくはホンダシャリーの放出。(悩)

 とりあえずは今後の我が家の懐事情も考えて
車検もなく、ファミリーバイク特約で契約可能な
原付2種が無難な予感。

 当初、ホンダのPCX
main-01
ヤマハのN-MAX
selection_index_gallery_2021_005
どちらかにしようかと考えていましたが、
私め的に気持ちがN-MAXの快適エディション
ココロが傾き始めていたところ、
シグナス・グリファス販売の記事を見つけてしまい。
cygnus-gryphus_color_003_2021_003
 結局、この3車種の中から
次の2輪車を選定しましょう!ということで、
色々と思案しておりましたが 
私め的に一番、気になっていたのは
       乗り易さ
といった点。

 このところ、坐骨神経痛の辛さ
身に染みる今日この頃、
坐骨神経の痛みが小康状態の時ならともかく、
痛みがMAXの時に足を上げてセンター部分を越えて
跨ぐことができるのか?と考えてみれば、
N-MAXPCXは色々な意味で不安に。。。(淋)
main-01 - コピー
 ということで、乗り易さを優先させ、
最終的に選んだのは
YAMAHA シグナス グリファス
に決定、そそくさと昨日ご契約♪
contract
 カラーリング等も色々と悩みましたが、
選んだカラーリングは後日として、
購入の後押しとなったのはアドレスに使用している
トップケースを流用できる点。

 一応、オプションにてリアキャリアを発注・・・
Q5KYSK129E01
あと必要となるのはGIVI モノロックベースの購入と、
マフラーぐらいですかね?
cygnus-gryphus_color_002_2021_004
 到着は未定となりそうですが、
下取りに出す2輪車は?
ジレラ ランナー180は当然のこと、
とにかく、もう1台で悩みに悩みまして。。。(大悩)

 我が家の車庫を見て友人が一言・・・
「ランクル70、
           まだ乗ってたの??」
大きなお世話だと思う さくら でございます・・・
友人は私めがランクル300
とっくに契約、購入していた
とでも思っていたらしく。。。m((_ _#))m
CIMG2012
 さて、急行形電車のトイレ窓白色化作業も
特別企画品の車両を除いては今回の作業で最後、
とりあえず、道楽部屋から下界に招待いたしまして。

 今回の車両群はKATO製165系
特に編成に組み込まれるわけでもなく、
我が家での扱いは波動用の編成群。
CIMG2178
 今回も早速作業を行いたいと思いますが、
最初にテプラテープを切り分けて準備し、
拡大鏡をかけて作業を。
CIMG2179
 いつも通り、屋根を外す車両と
動力ユニットを車体から取外し、
白色化作業に控える。
CIMG2180
 作業自体はいつも通りの単調作業、
ただ、今回が一応最後だと思うと、
なんだか寂しい気分の様な気がしないでもなく。。。

 今回は両数が少ない分、作業の方も速やかに進み、
これにて165系のトイレ窓白色化作業は
今回をもって終了・・・
CIMG2182
CIMG2183
恐らくこれで最後で間違いないような気がしますが、
見つけ次第トイレ窓の白色化だけは
速やかに行っておきたいと。。。
CIMG2185
 ただ、PEAなんぞのジョイフルトレイン何かは
トイレ窓の白色化は
行っていない様な気がしないでもなく。。。(悩)
CIMG2184

 どうもダイソーのマークを見る度に
              シトロエン
と被ってしまう さくら でございます。。。m((_ _))m
2ee56d5d
 さて、4か月ぶりのお楽しみということで、
ぽると出版から発売の最新刊
ワーキングビークルズ78号
が我が家にご到着♪
CIMG2275
CIMG2276
 なかなかメニアックなネタが
今回も揃っているようで、

◆機械の目で安全走行をアシスト
 進化する三菱ふそうスーパーグレートの安全装備
CIMG2278
●スーパーグレートショートキャブ車に6R20型エンジン車登場
◆日野デュトロに最軽量“1.5トン車”登場
◆走り始めた燃料電池トラック
 トヨタに聞く燃料電池商用車の普及と課題
◆Project Z 日野がアメリカで進めるゼロエミッションへの挑戦
北米日野Project Z HINO XL8水素燃料電池トラクター
CIMG2281
◆三菱ふそうeCanterの現況&イケアジャパンの取組
◆アリソンの電動アクスルという提案
◆運転疲労を効果的に抑制 UDアクティブステアリング
◆THE TAXI SPECIAL 住友ゴムのタクシー向け
 オールシーズンタイヤ
●街で見かけた消防車2 いすゞTXの屈折式はしご車
CIMG2282
●粒選りの話題から
CIMG2279
といった具合。。。

 発売当初のワーキングビークルズ発売から早25年・・・
創刊号から揃えておりますが、
バックナンバーから読み進めると、
この25年でのクルマの進化は
非常に大きいモノだとつくづく感じ。。。
CIMG2280
 スマートなスタイルになったトラックが増える一方、
昔ながらの無骨なトラックが少なくなってしまったのは
残念に思いますが、
まだ事細かに読み進めていないこともあり、
のんびりと目を通していきたいと思い。

 さり気なく
地獄のサツマイモ生活
に陥っている さくら家 でございます。。。m((_ _))m
CIMG2267
 さて、このところ30分未満で終了する
作業が続いておりますが、
今回も懲りずにトイレ窓の白色化作業を。

 そんな道楽部屋からご招待したのは
急行 アルプス用に組成した165系御一行さま
今回は気合を入れて10両の車両に
作業を施すことに。
CIMG2169
 毎度の如く、今回も各車両の屋根を外して
作業を行いたいと思いますが、
その中で気になった車両が1両。

 サハシ165に関して、
車体を舐め回すように見てみると、
特にトイレ窓があるわけでもなく、
鉄道車両の特集本などを参考に
サハシ165を見てみると、
特に白色化する窓は無さげということで、
そのままお引き取りを。
CIMG2170
 さっそく残った車両の
トイレ窓白色化を行いたいと思いますが、
CIMG2173
前回の153系と同様、動力車は車体から外し、
その他の車両については車体から
屋根を外して作業開始!
CIMG2171
 今回も予め、テプラテープはデザインナイフにて
トイレ窓サイズに切り分けたあと、
拡大鏡を掛けて貼付作業。
CIMG2172
 作業自体は手慣れてしまったこともあり、
速やかに貼付し、速やかに屋根を戻すなどを行い、
あっという間に作業の方は終了・・・
CIMG2175
CIMG2174
CIMG2176
この作業、いつまで続くのかは分かりませんが、
そろそろ飽きてきたのもホンネでして。。。(汗;)
CIMG2177

 職場の研修中に武漢ウィルス
新たな変異株の名前を問われる後輩クン・・・
何を間違って覚えたのか、
「ハイっ!オロナミン株です!!」
下を向いて笑いを耐える
しかなかった さくら でございます。。。m((_ _))m
2020073103
 さて、ベータだのデルタだのと騒ぎになっている
武漢ウィルス・・・
大元の発祥国のヤカラどもは知らぬ存ぜぬ
といった具合。。。
00
 そんな武漢ウィルスもここにきて
デルタからオミクロンに進化したこともあり、
先のことを考えてサージマスクを購入しておくことに。

 そもそも、花粉症&アレルギー性鼻炎気味の私め、
スギ&ヒノキ花粉の時期はマスクなしの生活は無理、
仮に来年になってからマスク不足で
面倒なことになるのもなんだかなぁ、
一部、転売ヤーによるボッタクリ販売
される前に
今回も先にマスクを購入しておくことに。
CIMG2268
 ということで購入したのは、
竹虎 サージマスクCP
   可燃性ノーズブリッジ 
      ブルー 50枚入 6箱セット×2
ということで、前回は同商品のホワイトを
購入しておりますが、
今回は本来購入したかったブルーを。
CIMG2269
 元々、私めの仕事上、
マスクを着用して仕事をしておりますが、
他メーカーの安物マスクでは
どうも使い勝手が悪く、
個人的には竹虎製のマスクが
一番フィッティングが良いようで。
CIMG2270
 ちなみにメーカーからの説明では・・・

・数多くの医療現場で採用されている
 サージマスクCPの6箱セット!
CIMG2271
・不織布3層構造のフィルター部分が花粉や
 ホコリ、ハウスダストを効果的に遮断します。
 (BFE値99%)
CIMG2272
・ノーズブリッジを鼻の形に沿わせることで
 使用時のフィット感を高めます。
・ゴムひもタイプです。

といった具合。。。
CIMG2273
 従来であれば風邪をひいたり、埃の出る作業や
花粉症の時期ぐらいにしか付けることがなかった
サージマスク・・・
どこぞやの国が撒き散らしたウィルスのせいで
こんなマスク生活になってしまった状況に
強い憤りを感じ。。。

 とりあえず、大量購入となったサージマスク、
しばしの間は道楽部屋で保管、
まさかの保管場所になった道楽部屋、
今後はこういった荷物が
増えないことを祈りたく。。。(悩)
CIMG2274

 サウナ内に設置されているテレビ・・・
日本でオミクロン株に感染した話題となり、
それを見ていた老齢男性が一言、
「入国者はある意味、
                  テロリストだよなぁ。。。」
ごもっともと感じた さくら でございます。。。m((_ _))m
img_VKadL6Hakx
 さて、粛々と作業を進めている
急行形電車のトイレ窓白色化作業・・・
一時期、集中して作業を行っておりましたが、
その後は作業が中だるみして
最近になって作業再開を。。。(汗;)
CIMG2113
 そんな今回、道楽部屋で車両用ブックケースを
ひとケースずつ開けながら見ていくと、
案の定、中途半端に作業を進めた車両たちが。

 前回、急行伊豆用の附属編成を対象に
トイレ窓の白色化を行いましたが、
今回は基本編成の中間車を下界に招待して
作業を行うことに。
CIMG2159
 そんな下界にご招待したのは
MM'ユニットやらグリーン車など
7両の車両群・・・
変わり種といえばサロ163ですかねぇ。。。
CIMG2160
 さっそく作業を開始しますが、
今回もモーターなしの車両は屋根を外し、
動力車は動力ユニットを車体から外して
作業を開始。
CIMG2161
CIMG2162
 作業自体はいつもの作業ということで、
先に切出しておいた白色のテプラテープを
トイレ窓部分に貼付し、
CIMG2163
CIMG2164
屋根を車体に戻す・・・
あるいは動力ユニットを車体に戻して作業完了。
CIMG2166
CIMG2167
 作業自体は単調ではありますが、
作業効果はバツグン?ということで、
今後もコソコソと作業の方を得づけていきたいと。。。
CIMG2168

 久々に夫婦揃って東京に・・・
所用で出かけたのですが、
めったに東京に出ない私め、
半ば東京観光になっていた
気がする さくら でございます。。。m((_ _;))m
DSC_1608
 さて、早いもので今日から12月ですが、
季節に関係なく久々の落札品がご到着・・・
今はなきレールショップなかむらの製品、
お店自体は5年チョット前に閉店しましたが、
KATO製品に対応したパーツが複数リリースされ、
私め的には色々と重宝した覚えが。

 そんなレールショップなかむら製の商品といえば、
165系用の屋根が発売されており、
モハ164800番台化した覚えがございますが、
後年、KATOからモハ164-800番台
3両セットで発売され、
我が家で800番台化されたモハ164は役目を終え、
車体から外された屋根パーツは保管され。

 そんななかむら製の屋根パーツを活用して
数年前にKATO ムーンライト 緑編成のボディー
と組み合わせてモハ164を作成といった具合。(懐)
77f302dd
bf4b55aa
 モノ本体の出来具合は本家製品に
ひけを取らない逸品ということで、
PP-6AU13クーラー(ネットタイプ)
については過去に何度か
Y!の付くナラズモノオークションにて落札、
さまざまな車両に積載。。。
CIMG2220
CIMG2221
 クーラー本体脇が鎧戸ではなく
ネットタイプになっているモノということで、
編成中の屋根上に変化を求めるには最適♪
CIMG2222
CIMG2223
 ということで、色々と屋根上のAU13を
交換する車両を選択したいと思いますが、
色々な車両の冷房装置を交換してきただけに
どの車両の冷房装置を交換するか
悩みのタネになりそうで。。。(悩) 
CIMG2224

↑このページのトップヘ