続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

13年間、ヤフブロでやってきたことが何であるか、確かめに来ました・・・

2018年01月

 インフルエンザが世間で猛威
を奮っておりますが、
インフルエンザの予防接種を受ければ
罹患しないものと勘違いしている人が
沢山いることに
驚いた さくら でございます。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて先般、過去に華々しい活躍をしていた寝台特急
        583系
のトイレ窓を白色化していた訳ですが、
その際、車体の草臥れ具合が顕著であった食堂車、
         サシ581
の代替車両がご到着。。。
イメージ 2
イメージ 3
 元々我が家にあったサシ581・・・
その後の調べでボディーの一部に
ヒビ割れを見つけてしまい、
ただでさえお疲れ気味の車体にヒビ割れ発見とくれば、
車両の代替を行っておきたいのがホンネ、
ヒビ割れを発見されてしまった事で
処分も仕方ないのかと。(淋)

 元々の車両は鉄道模型屋サンにて中古品を購入・・・
その際にサロ581やらとともに
我が家にやってきた訳ですが、
当時からボディーの方は
草臥れ気味だった事は否めず。。。

 という事で到着したサシ581、
一応は新品という触れ込みでY!と名の付く
オークションに出品されていたものの、
カプラーは既にKATO カプラー 密連に換装済み。
イメージ 4
 ひとまずカプラー交換関連は
完了済みだったという事で、
車体をバラして丸窓部分の白色化・・・
実車通りに作業を行って作業終了! 
イメージ 5
 最後、車両収納のため道楽部屋に上がり、
元々あったサシ581と比較してみると、
衝撃的事実発覚!!!
何か違和感を感じるな、と感じていたら、
どうやら我が家にあったサシ581、
まったく別モノの床下が
取り付けられていたようで。。。(滝汗)
イメージ 6
 そういう事で、新品の最新モデルから古いモデルなど、
様々なロッドで1編成を・・・
車体の塗装具合も状態が様々という事で、
実車のような状況になっておりますが、
新しい車両を組み込んで新たな活躍を祈りたく。。。
イメージ 7

 「パパとママって、
  へその緒で繋がってたんでしょ?」
という息子クンの問い掛け・・・
それって
         赤 い 糸
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて先般はカプラー未交換の放置状態という衝撃的事実から
KATO 14系客車の男前化作業とトイレ窓白色化作業
行いましたが、ひとまず14系客車の作業を終えたという事で、
お次はKATO の12系客車のトイレ窓の白色化作業
イメージ 2


 我が家に在籍する12系客車は13両・・・
こちらはカプラー未交換の車両もなく全て換装済み
さっそく、トイレ窓の白色化作業を速やかに進めたいと。。。
イメージ 3


 ちなみに聖地から発表されていた12系客車とは・・・

 12系客車は、昭和44年に誕生、当時の急行形電車や
気動車並みの設備を持ち、従来は機関車から供給されていた
冷暖房設備用の電源を、スハフ12に搭載した
ディーゼル発電機で賄っているのが大きな特徴です。
客車自体で発電するため牽引する機関車を問わず、
臨時列車や団体列車などで機動性を発揮、全国各地で活躍しました。

・国鉄時代の12系客車を的確に再現
・細かく美しく仕上げられた銀色のユニットサッシ
・テールライト点灯

という車両だったそうで。。。


 作業の方は14系客車と同様に
車体と床下部分を分離して作業を実施、
慎重に分離作業を行う。
イメージ 4
イメージ 5


 今回もテプラテープの貼付は
トイレ窓部分と側面行先表示幕を一緒に貼付、
イメージ 6

本来であれば行き先表示幕のステッカーを
見つけておきたいものですが、
とりあえず、表示幕が白色になっていれば、
いまのところは充分かと。。。(汗)
イメージ 7


 そして、作業途中でちょっとしたアイデアが・・・
12系客車も特に変化ある車両といった訳でも無いという事で、
する作業を行いましたが、今回も同様に交換してしまう事に・・・。
イメージ 8
イメージ 9



 元々取付けられている冷房装置は
AU13の鎧戸タイプのモノが取り付けられておりますが、
手持ち品にメッシュタイプの冷房装置が4つあり、
イメージ 11

実物も混成で屋根上に積載されていたことから、
イメージ 10

1両だけメッシュタイプのモノに交換してみることに♪
イメージ 12
イメージ 13


 さりげない変化ではございますが、
こういった変化もイイかもしれませんね~、
とりあえず、作業の方は20分程度で終了してしまいましたが、
短時間で効果の出るトイレ窓白色化作業・・・
今年は黙々をこの作業を熟していこうと。。。(汗)
イメージ 14

 職場で変態仮面歩き方練習していたら、
普段、上げない様な角度で腕を頭の後ろで組んでいたせいか、
左肩のスジを痛めてしまった さくら でございます・・・
現在、左腕を上げると左肩が悲鳴を上げ。。。m((_ _;))m
イメージ 2


 さて、KATOのDE10と共に我が家に入線した車両、
TOMIX カヤ27 501(カシオペア カラー)
がご入線。。
イメージ 1


 そもそもはJR東日本で活躍するカシオペアの
予備の電源車としてカニ24 510から
華々しく改造された1両・・・
スマートな編成群に組込まれると、
古臭さは否めませんが、JR東日本で活躍する
カシオペア軍団の1両として購入を♪
イメージ 3


 異教からの発表では・・・

 特徴
・補助動力付
・機関車の速度に合わせるスピード可変装置装備
イメージ 4

・新規製作により再現
・ロゴマーク印刷済み
・テールマーク印刷済み部品付属
・車番印刷済み
・テールライト点灯式
・黒色車輪採用
・窓Hゴム黒色再現
・下回りダークグレーを再現
・ライホイール付動力ユニット搭載
・機関車の次位でお楽しみください
イメージ 5

といった具合。。。


 客車なのに動力込みといえば、KATOから発売されている
チビロコの客車なんぞは前位の無動力SLを
後ろから押して走る訳ですが、
イメージ 6

今回の車両は客車ながら機関車の補助のような役目、
いわば補機のようで。。。
イメージ 7


 ひとまず、連結器の交換ですが、
カシオペア編成連結側にはKATO 密連グレーを取付け、
機関車連結側にはKATO カプラーN JPを
イメージ 8

取付け・・・
イメージ 9

しかしながら、カプラーポケット部分に不要な突起物が存在し、
不要部分を撤去してから男前化作業の方は終了。
イメージ 10
イメージ 11


 ひとまず、我が家では未知数の
スピード可変装置装備
が装備されているという事で、
調整が終了してから貫通扉を取付けたいと考えておりますが、
問題はKATOの車両と協調できるかどうかという事で。(悩)
イメージ 12


 私め的には補助動力よりも
無動力化を推進したいものですが、
カニ24の確保など、なかなか厄介な事になりそうな。。。(汗)

 テレビでも放送しておりましたが、
男子トイレの青の人型女子トイレの赤の人型のカラーリング、
いったい、いつから決まったのか
教えてほしい さくら でございます・・・
逆の色になったらどうなるのかと。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、久々に機関車の購入という事で、
我が家に到着したのは
KATOのDE10 暖地形
ということで、暖地形の導入は実は3両目。。。(汗)
イメージ 2
イメージ 3


 2両目の導入時には現在、東武鉄道にてSLの後補機にて活躍する
DE10 1099タイプ
当時は大宮工場にて活躍していた姿を再現してみよう!
という旗印のもと、フック付の双頭連結器を装備いたしましたが、
イメージ 4

今回はフック無の双頭連結器も発売されたことから
新たに導入したDE10にはこちらを取付けようと♪
イメージ 5


 ちなみに当初は、まもなくKATOから発売される
DD16でも良かったのですが、
防護無線を実車通りに取付けるとなると、
面倒そうという事であっさりパス・・・
三度、DE10の購入と相成り。。。


 さっそく作業の方ですが、最初にナンバーの取付けという事で、
フック付のモノと判別がすぐできるよう、
フロント部のプレートは先に購入したDE10の
側面用赤プレートを用いて取付け、
一見すると九州仕様のような雰囲気に
お次に数日前に到着した双頭連結器 フック無を
両サイドに取り付けてDE10の双頭カプラー取付けは終了!
イメージ 6


 フック付の密連を取付けた電車が
大多数を占める我が家にとっては
フック無の密連カプラーはまだまだ少数派・・・
ただ、KATOカプラーNに関しては
連結できる車両は無数におり問題は無いかと♪


 最後にホイッスル、防護無線を取付けるという事で、
KATO製ストック品の防護無線を耐水ペーパー上で
徹底的にヤスリ掛けを行い肉薄化・・・
イメージ 7
イメージ 8

運転台屋根の中心部にタミヤセメントを塗布した防護無線を
取付けて作業終了!!
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11


 我が家では2両目の登場となる
双頭連結器を装着したDE10ですが、
実物は双頭連結器を外され現在では
東武鉄道にてSLの後補機にて大活躍しているだけに
DD16の方が良かったかな?と若干、悩んでおり。。。(汗)
イメージ 12


 今冬は寒さでまったく
   2輪車
に乗らなくなった さくら でございます・・・
職場までの距離も伸び、
私め自身もこの寒さでは心折れ。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、前日はAW-2ホイッスルカバーと双頭カプラーが
聖地から到着いたしましたが
今回は家電量販店からKATOカプラー関連と車両の方がご到着♪
イメージ 2


 さすがに2日続けて我が家にご到着という事で、
女房サマからこんな財政難の状況下、
趣味のモノが連続で到着したら
何を言われるか分からないという事で、
寒い中、車路の落ち葉拾いをする振りをして
到着予定である午前中を外で過ごす。。。(寒!)
イメージ 3


 ということで、私めが鼻水を垂らしながら
我が家に到着したモノは・・・

KATO
・11-703 KATOカプラー密連形A黒
・11-721 KATOカプラーN JP A
イメージ 4

・7011-2 DE10 暖地形
イメージ 5

TOMIX
・8541 カヤ27-501(カシオペア)
イメージ 6

といった陣容。。。


 とりあえず、在庫が厳しくなってしまったKATOカプラーの類、 
配管表現がされているKATOカプラーN JPから
組立作業を・・・
イメージ 8
イメージ 7

作業自体は毎度毎度の作業という事で、
カプラーの方は密連の方もすぐに組み上がってしまい、
あっけなくカプラー組立の作業は終了する。。。
イメージ 9


 一方、我が家に到着したKATO のDE10、
初登場となるTOMIXのカヤ27-500ですが、
DE10に関しては今後の改造方針も決まっており、
カヤ27の男前化も含めて後日、作業したいと。。。
イメージ 10

 「さくらサンちのKei ワークスって、
        燃費はどのくらいですか~?」
との後輩からの質問に今回の給油で燃費計算したところ、
  10.7km/㍑
このご時世、リッター20kmは当たり前!
相変わらず燃費に関しては立派だと思う さくら でございます・・・
ガソリン垂れ流しの軽自動車と言われ。。。m((_ _#))m
イメージ 1


 さて、115系や185系183系などに取り付けた
イメージ 3

クモハE127 大糸ホイッスルカバー
ひとまず在庫も尽きたということで、
ここ最近は便所窓の作業も行っていたこともあり、
ホイッスルカバーの取付け作業も暫し休憩といった具合。
イメージ 2


 私め自身も面倒だったお仕事の試験も無事に?終わったという事で、
一応は趣味に再び力を入れることができ、
中断しているホイッスルカバーも見栄え向上の為に
トコトン取付け作業を行っておきたいと思ってしまうのが
哀しいかな、私めの性・・・(汗)
中途半端で終わらせてしまうのが私めも許せず、
ホイッスルカバーの追加注文を考えてしまい。。。(滝汗)


 ということで、敬虔な信者として
新春! 聖地巡礼
イメージ 4

を行いたいところなるも、先日の積雪やらお仕事の試験があった手前、
さすがの私めも聖地巡礼を控えておいた方が無難・・・
ということで、安易に通販を利用することに。。。(恥)
イメージ 9


 てなわけで粛々と我が家に到着したものは・・・ 

・Z01-0760 双頭式カプラー(フック無)
・Z04-5605 クモハE127 大糸ホイッスルカバ ×3

といったものがご到着。。。
イメージ 5


 双頭式カプラーについては、近日中に購入を考えている?
KATOのDE10を購入し取付けを考えており、
双頭カプラーのみの先行購入。
イメージ 6


 また、懲りずに購入したホイッスルカバーに関しても、
その後、仕事以上に真面目に調べた個人的調査の結果、
62系アコモ改造車やらムーンライトに用いられた
165系の各編成など、まだまだ取付けられる車両があると判明!
イメージ 7
イメージ 8


 ひとまず私めも、じっくりノンビリと
部品の取付け作業を行いたいと考えておりますが、
とりあえず部品も揃ったという事で、
該当車両探しでも行おうかと。。。(汗)

 思えば私め、病気休暇から復帰後、
約半年にわたり有給休暇がない さくら でございます・・・
人員不足が要因にあるとはいえども、ある意味、
わが社ってブラック企業かと。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、前回は購入後にブックケースに収納されて
イイ加減な期間、カプラー未交換で放置されていた
KATO の14系特急用客車
御一行さま・・
今回はカプラー交換後にこのまま、
トイレ窓の白色化作業の方も進めてしまう事に。
イメージ 2


 ということで、該当するのは11両の14系客車、
ひとまずカプラーを交換したばかりの車両群から
貼付作業に取り掛かる。


 テールライト電照のスハフ14・オハフ15は後回しにして
オハ14から作業を始めていきますが、
作業方法はマンネリ化しつつある?車体と床下分離を行い、
車体内側から白色のテプラテープを貼付。
イメージ 3


 ただ今回はトイレ窓だけではなく、
トイレ窓上部の側面行先表示も
そのまま内側から白色化してしまおうという事で、
少し大きめにテープを切り出すことに。
イメージ 4


 14系客車用の行先表示ステッカーもないという事で、
テプラテープにて白色化してしまえば一石二鳥・・・
実際に貼付してみると、雰囲気も宜しゅうような。
イメージ 5


 実際にテープ貼付前と貼付後の車両を重ねて見てみると、
白色化した効果がハッキリ分かっていいですねぇ~、
ホント、1人満足の話なんですが。。。(滝汗)
イメージ 6


 最後にスハフ14・スハフ15の作業となりますが、  
ライトユニットが組み込まれている事もあり、
慎重に車体と床下周りを切り離して、
トイレ窓・側面行先表示幕部分に
切り取ったテプラテープを貼付して作業は完了!
イメージ 7


 今回は予想外の男前化作業後に
トイレ窓の白色化作業になってしまいましたが、
本来であれば12系客車も作業を進めておきたかった訳で。。。(悩)

 ネイチャーガイドネェーチャンガイド
勝手に勘違いして1人落胆
していたことがある さくら でございます・・・
男性ガイドが出てきたときは私めも唖然とし。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さてトイレ窓の白色化作業を客車にまで
手を伸ばそうとしている昨今ですが、
該当する客車捜しをすればカプラー未交換の車両が現れる始末。
イメージ 2


 ひとまず、カプラー未交換の車両を探し出す作業と並行して
とりあえず目についたKATOの14系客車のブックケースの蓋を
オープンすると驚きの光景が広がり・・・
10両用車両ケースの中から出てきたのは、
8両のカプラー未交換の車両たち。。。(滝汗)
イメージ 3


 ということで、前回の車両群の男前化完了後に
今回の14系客車男前化作業を執り行う事に・・・
ひとまず、該当する車両は8両ということで、
さっそく作業の方を。。。
イメージ 4


 1両、1両の台車を外して作業を行うのでは
埒があかないということで、
全車両の台車を一気に取り外してカプラー交換を行う事に・・・
イメージ 5
イメージ 6

一気にKATO カプラーNへ交換を行うも、
1両分のKATOカプラーNが足らないことが判明!
途方に暮れる。。。(淋)
イメージ 7


 しか~しながら、約4800両の車両を管理をしている私め、
車両の状況把握もある程度は行っており、
本来であればグレーのKATOカプラーNを取付けるべきところ、
在庫不足から黒色のKATOカプラーNを取付けた
TOMIXのコキ250000が数両おり、こちらからカプラーの調達を♪
イメージ 8
イメージ 9


 ということで、該当するコキ250000の3両から
黒色のKATOカプラーNを調達して
本来、装着すべきだったグレーのKATOカプラーNを取付け。
イメージ 10
イメージ 11


 ということで、不足分のカプラーは調達できたという事で、
未取り付けだった台車にKATOカプラーNを取付けて、
14系客車への男前化作業の方は完了・・・
とりあえず、次のステップを。。。
イメージ 12

 さて、夕方から振り出した雪・・・
未だ景気よく降っておりますが、
新居に越してから早10年近く、
積もるような雪の降り始めを
自宅で味わうのは初めて。。。


 今から4年前の大雪と5年前の時は私め、
お仕事中に大雪に見舞われ、
帰宅後に雪かき大会という憂き目を味わい。


 4年前の大雪の際は我が家の車路が吹き溜まりになってしまい、
車路の雪かきだけで半日以上を費やすという悪夢を経験、
おまけに明日は私めのお仕事上の試験だけに
今回は早々に除雪作業を♪


 そして今回は3年前に購入した
初陣!という事で、
1回目の雪かきで効果を発揮する♪
イメージ 1
イメージ 2


 2時間後・・・2度目の雪かきを実施、
雪が段々と白い悪魔に思えてくる。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 3


 さらに2時間後・・・
更に降雪が強まったらしく
2回目の雪かきから10cm程度、
雪が積もり。。。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6


 とにかく明日の昼前からクルマを使用する私め、
必死で雪かきを開始し、
自宅と車庫脇の間に雪を積み上げ・・・
イメージ 7

4年前の悪夢を繰り返さないために行った雪かき、
明日は試験よりも筋肉痛で苦しみそうで。。。(嘆)

 平昌オリンピック
執拗なまでに北朝鮮参加を希望する
南朝鮮・・・
同じ民族だからなのか、ただ単にバカなのか
本意が分からぬ さくら でございます・・・
私めの願いはただ一つ、両国共倒れを祈りたく。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、本日は雪予報という事で今から戦々恐々と・・・

おまけに明日は私め、お仕事の試験
ということもあり、会場に辿り着けるのかと。。。(悩)
イメージ 12


 そんな試験の事は放っておいて、
我が家ではトイレ窓の白色化作業を進めている昨今ではありますが、
様々な車両を探し続けて客車群を見ていると・・・
ブルートレイン24系25形やら旧型客車など、
様々な車両たちが顔を出し。。


 そんな中、探し続けるうちにカプラー交換を
行っていない車両などが出始めしまい、
とりあえず、トイレ白色化作業よりも
カプラー未交換車両の男前化作業を先行させることに。
イメージ 2
イメージ 8


 ということで、道楽部屋から発掘された車両たちは・・・

KATO
・ナハネフ23
・ナハネ20
・オユ10
・オハネ24-700 カルテット

Tomix
・オハ50

の計5両。。。


 KATOの車両群から開始しますが、オユ10の作業に引き続き、
イメージ 3

20系寝台客車を・・・
イメージ 4

2年ちょっと前に16両まとめ買いにて入線した車両、
特徴的なのは台車という事で、
2両ともTR55台車の外側ブレーキシューが省略されており、
車輪の方も一時期、KATOの車両に見られた焼結車輪を履き。。。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


 旧い車両でもKATOカプラーNに問題なく交換でき、
最後にオハネ24のカプラー交換を行って
Tomixのオハ50を。
イメージ 9


 こちらはカプラー交換だけではなく、
車輪もプラ車輪を履いているという事で、
車輪の金属化とともにKATOカプラーNを取付けて、
KATO & Tomixの車両群の男前化作業は終了!
イメージ 10


 ちなみに男前化されていなかった車両はこれだけではなく、
私めも予想していなかった大御所が
最後に待ち構えており。。。(滝汗)
イメージ 11

 ホント、くだらんクズな話題ばかりの文春砲
正直、飽きが来ている さくら でございます・・・
当然、不倫は論外!下の下ですが、
いくら芸能人相手とはいえども
相変わらず人さまのプライベートに
土足で踏み入いる
取材方法、
   基地外!
恐らくココの記者ども、
畳の上では死ねないのでは。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、もうじき私めもお仕事上の試験という事で、
勉学に励まなければいけないのですが、
趣味を疎かにしても人生楽しくないという事で、
今回も後ろを顧みずに作業を

 以前、113系から始まり211系やら気動車などの
トイレ窓白色化作業を進めて参りましたが、
本日はE259系や253系などと同様に
我が家の少数民族である583系の
トイレ窓を白色化する事に。
イメージ 2
 元々、オークションにて1編成購入したのが始まりで
その後は単品で購入したりMM’ユニットを購入して、
とりあえずは13両編成が組成できる状況になり。。。
イメージ 3
 ということで、さっそく車両の方のご登場ですが、
一部車両は既にトイレ窓の白色化作業が
行われていたようで、
イメージ 4
クハ583やら食堂車、グリーン車にMM’ユニット×2の
10両に対してトイレ窓の作業を開始!!
イメージ 5
 最初にクハ583から作業を行いますが、
いつも通り車体と床下を分離をし、
車体内側から白色のテプラテープを
貼付するのはいつもの通り。
イメージ 6
イメージ 7
 しかしながら、テープを貼付したものの
     大問題発生!!!
大幅なモデルチェンジ前の583系は
窓ガラス等が青味がかっており、
テープを貼ったところで奥の方は
白色になっているものの、
窓ガラスが青味がかっている事もあり
微妙な塩梅を呈し・・・
ひとまず、悩んでいても仕方がないという事で、
作業を進めることに。。。il||li _| ̄|○ il||li 
イメージ 8
イメージ 9
 サシ581に関しては丸窓部分のみ
テープを貼付するも、
車体自体の老朽化が進んでおり、
買換えたい!ゴコロが発生、
今後の課題として考えることとする。(悩)
イメージ 10
 最後に最新モデルであるMM’ユニットの作業、
こちらは透明な窓ガラスになっており、
やっとトイレ窓の白色化の効果を味わう事が♪
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
 作業的には30分ほどで完了しましたが、
窓ガラスが青味がかっていたこともあり、
今回はトイレ窓の白色化の効果が
イマイチだったような。。。(淋)
イメージ 14

 マクドで販売される
トリプルチーズバーガー
単品でお値段は390エン・・・
イメージ 1

しかし、チーズバーガーを3つ購入すると
こちらもお値段は390エン・・・
イメージ 2

チーズバーガーをバラシて組み直せば
トリプルチーズバーガーになる
気が付いた さくら でございます・・・
チーズバーガーを組み合わせた方が、
2つもパンズが余ってお得だと。。。m((_ _))m
イメージ 3


 さて、先般はキハ40 2000番台のM車の
トイレ窓白色化
を行いましたが
今回は残りのキハ40 モーター無の車両を行う事に。
イメージ 4


 対象となる車両の方は7両、
1両には防護無線が取り付けられておりますが
この辺の作業もホントであれば進めておきたい所存、
しかし本日はトイレ窓の作業という事で、
防護無線はまた後日という事で。
イメージ 5


 ということで、作業を行いたいと思いますが、
従前に行った車両と同様に床下周りと車体を分離して
テプラシールの貼付作業を実施。
イメージ 6


 細かいサイズにカットした白いテプラテープを
内側から貼付していくだけですが、
貼り付けに際しては特に気にすることなく、
トイレ窓部分に貼り付けていく。
イメージ 7


 前にも記載した通り、朱5号のカラーに
トイレ窓の白色化はメリハリがついてイイですねぇ~♪
イメージ 8

画像では分かり辛くなってしまいましたが、
トイレ窓の白色化を行った車両と行っていない車両では
雰囲気の違いが充分に分かると。。。
イメージ 9
イメージ 10


 ひとまず作業の方は10分足らずで終わってしまいましたが、
短時間の作業ながら見た目の効果は充分なのではないかと。 
イメージ 11

 久々に仲間内とラーメン屋サンに出陣!
ネギラーメンメンマラーメンを注文する中、
1人だけ
「ラーメンは要らないから
 おつまみチャーシューだけがあれば充分!」
本末転倒な注文をした友人が・・・
ラーメン屋に来た意味がないと思う さくら でございます・・・
写真は借りモノですがこんな感じだった訳で。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて今回は、気動車からうって変って静岡地区等で活躍していた
湘南色の113系身延色の115系
トイレ窓の白色化作業を
イメージ 2


 身延色の115系に関しては先般の
AW-2ホイッスルカバー取付けの時に
色々弄った覚えがございますが、
再びトイレ窓の白色化作業で元旦の作業以来、
今年2回目のお出ましとなるとは。。。(苦笑)


 さっそく身延色の115系から作業に入りますが、
後期の購入したモデルは側面行先表示幕の部分が準備工事仕様、
行き先表示幕の部分はグレーのHゴム表現ともに塞がれており、
トイレ窓にテプラテープを貼付するには
行き先表示幕の部分にはみ出しの心配もないので都合よく♪ 
イメージ 3


 一方、我が家にて初期の頃に購入した115系に関して、
115系1000番台と同様に側面行先表示幕の部分が
表現されており、同じ115系ながらチョットした差異が。
イメージ 4
イメージ 5


 ただ、身延色115系に関して今回は初期形の
クハ115は1両という事で貼付する際はこの1両のみ、
特段の注意を払いテプラテープを貼付する。
イメージ 6


 車体も赤系のカラーリングという事で、
トイレ窓も小さいながらも白色化しても
しっかり目立っている感じですねぇ♪
イメージ 7


 一方のクハ111、東海道本線を快走して東京に乗り入れていた
T編成をイメージして組成した付属編成の静岡寄りの先頭車、
こちらも従前通りに車体と床下を分離して
トイレ窓に白色テプラを内側から貼付♪
イメージ 8


 とりあえずは5両のトイレ付の先頭車に
トイレ窓の白色化を行いましたが、
我が家にはまだまだトイレ付の車両が大量に・・・
全車両を終えるとしたら何年掛るのかと。。。(汗)
イメージ 9

 来年の5月1日から新元号となる訳ですが、
某独裁首相が
「広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に
              深く根ざすものとしていきたい」
と言っているようで・・・
仮に間違っても自身の名前を使って
   「安 倍」
だけはやめてほしい さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、ホント私めのみに好評という事で
未だ飽きずに作業を進めている
トイレ窓白色化作業・・・
イメージ 2

本日も粛々とキハ40系列の車両に
トイレ窓白色化を。。。
イメージ 3


 ということで今回は
キハ40-2000番台
の動力車を作業の対象と致しますが、
このキハ40について、
世界的に自由な辞書で調べてみると・・・

片運転台のキハ47とともに本系列の主軸となる両運転台車、
両運転台の直後2か所に片開き扉を装備、
新製時は全車がトイレ付きであった。
2000番台は関東以西の暖地向け仕様、
昭和54年に製造が開始され148両が製造された。

という事だそうで。。。


 ということで、トイレ窓の白色化作業を行いますが、
前回のキハ48とは違い、トイレ窓は小型・・・
イメージ 4

ひとまず、動力ユニットと車体を分離して
テプラテープを内側から貼付することに。
イメージ 5
イメージ 6


 キハ48のトイレ窓に比べると、
窓サイズが小さく、効果のほどはイマイチな様な気もしますが、
元々、朱色の車体という事もあり、
窓が小さくとも、トイレ窓の白色化は目立つようで。。。
イメージ 7
イメージ 9


 ひとまず、動力ユニットと車体を分離し、
白色のテプラテープを内側から貼付する作業を繰り返して
作業の方は15分程度・・・
キハ40のトイレ窓白色化は無事に終了したわけで♪
イメージ 8


 動力を有しないトレーラーのキハ40も在籍している事もあり、
後日にでもトイレ窓の白色化を進めたいと思いますが、
今年はホイッスルカバーの取付けとトイレ窓の白色化しか
行っていない様な気がしないでもなく。。。(汗)
イメージ 10

 スズキ X BEE(クロスビー)を購入したご友人・・・
最近、軽自動車に白ナンバーを付けてているクルマが増えたせいか、
  スズキ ハスラー
に間違えられると嘆き話を聞き
大笑いさせて頂いた さくら でございます・・・
知らない人から見ればサイズは違えど、
同じクルマに見えるんでしょうねぇ、
私めもあえてハスラーと呼ばせて頂き。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて前回はキハ48 0番台のトイレ窓の
白色化を実施いたしましたが、
イメージ 2

今回は適当に引っ張り出してきた
キハ52とキハ58 九州カラーのトイレ窓白色化を。
イメージ 3


 今回は私めも仕事の研修があり2両しか作業を行いませんが、
慌てて作業を行うと必ず失敗するというジンクス、
同じ轍を踏まないためにも今回は2両で作業を終わらせたいと。


 おまけに今回の車両は素敵な事に
トイレ窓が大型・・・
作業がし辛い訳がないという素晴らしい状況を
醸し出しておりまして♪
イメージ 4


 キハ52とキハ58の異色のコラボですが、
九州カラーのキハ58から作業を開始!
イメージ 5


 とりあえず、車体と床下を分離してテプラの貼付作業、
座席部分も完全に外してしまうと面倒そうなので、
中途半端に取り外して山側・海側のトイレ窓に
白色のテプラテープを貼付していく。
イメージ 6
イメージ 7


 実際、トイレ窓も大きめという事で、
作業も速やかに終了・・・
続いてキハ52のトイレ窓に取り掛かる。。。


 撮影をし損ねてしまったのですが、
トイレ窓の脇にはライトユニットが車体内にセットされており、
取り外すと厄介なことになりそうなので、
そのままテプラテープの貼付作業を行う。
イメージ 8
イメージ 9


 とりあえず、テキトーに引っ張り出してきた車両の
トイレ窓白色化作業でしたが、トイレ窓が大きい方が
白色化の効果が覿面のような感じでして。。。

 牡丹峰楽団・・・
やたらとニュースなどで耳にいたしますが
私め的には焼き肉のタレしか
イメージできない さくら でございます・・・
やっぱり焼き肉のタレはモランボン。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、最近は電車を中心にトイレ窓の白色化作業を
進めて参りましたが、時には目先を変えて電車以外の車両
トイレ窓白色化作業を行ってみることに♪


 そんな今回、作業を行う車両の方は
KATO キハ48 0番台
といった車両・・・
そもそもキハ48 0番台とはキハ40系列の車両、
キハ40と同様に車端部片開き2扉配置の片運転台という事で、
便所の有無や耐寒仕様による番台区分があるそうで。
イメージ 2


 KATOからリリースされたのはキハ48 0番台という事で、
トイレが設置されており、昭和56年から翌年にかけて6両新製。
そんな6両が我が家に在籍しておりまして・・・(苦笑)
イメージ 3

一方、KATOからの発表では

・キハ40系は、ボディ・エンジンともに一新された新系列で、
国鉄、JR非電化区間を再現するのに欠く事のできない形式です。
小形レイアウトに最適な単行~2・3連の短編成から、
長編成、キハ20系・キハ58系との混結など、
多様な編成を楽しむことができます
・側面Hゴム部分をグレー、また列車無線アンテナを任意に
取り付けられるよう取り付け穴を貫通させ無い状態で設定
・新製当初より朱色で塗装されているキハ40系の「首都圏色」を的確に再現
・運転台前面、スノープロウ付スカート、屋根上水タンク、
床下機器などをリアルかつ的確に再現
・ヘッドライト/テールライト点灯装置を全車に標準装備
(キハ40は両側切り換え点灯)

だそうで。。。


 そんなキハ48のトイレ窓、大きめのトイレ窓が設置されており、
イメージ 4

ひとまず、車体と床下周りを分離させて、
大きめにカットしたテプラテープの貼付作業を。
イメージ 5
イメージ 6


 この車両も113・115系と違い、
トイレ窓の上には側面行先表示幕が無く、
テプラテープの貼付がラクでイイですねぇ~♪


 しかも、トイレ窓が大きい事もあり、
小さいタイプのトイレ窓に比べると、
白色化は効果的・・・
イメージ 7
イメージ 8

元々スリガラスのようにはなっているものの、
白色化させた方が見た目も宜しいようで。。。
 
イメージ 9


 車両の方も6両という事で、
すぐに作業が終了してしまいましたが、
今後もトイレ窓の白色化は
マメに勧めていきたいと考えておりまして。
イメージ 10

 娘チャンの同級生が、
転んで腕の骨を折ってしまったそうで・・・
一方の私め・・・
仕事で年中、
ココロ折れっぱなし さくら でございます。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、トイレ窓の白色化を進めていく中、
道楽部屋にて作業を行う車両の洗い出しを
行っている最中ですが、
色々と車両を探し出していると、
てっきり作業を行っていたと思い込んでいた車両が
とんでもない姿で顔を出すことがあり。。。(滝汗)

 そんな車両探しの中で
発掘されてしまった車両の方は・・・
KATO製165系ムーンライト新標準色
ということで、元々我が家に在籍する
の3編成に加え、
新標準色の車両を10年以上前に
オークションで入手したような。。。 
イメージ 2
イメージ 3
 おまけにカプラーの方はKATO カプラーN
取り付けられており、
我が家の入線時点から現在まで不遇な扱いを
受けていたようで・・・
といったわけで、カプラー交換等の男前化を
進めたいと思いますが、
KATO カプラー 密連を準備して男前化作業を。
イメージ 4
イメージ 5
 クハ165・クモハ165共にカプラーの密連化は
遅滞なく速やかに作業終了・・・
イメージ 6
一方のモハ164の動力台車を見てみると・・・(汗)
イメージ 7
 色々と修羅場を潜り抜けてきたようで、
車輪の踏面に関しては誠に残念な状態・・・il||li _| ̄|○ il||li
てなわけで、我が家の手持ち品の車輪に交換して
車輪のリフレッシュも行ってしまう事に。
イメージ 8
 ひとまず動力台車を外してバラし、
車輪を取り外して第一段階終了!
ギヤ部分のほこりを除去し、
KATO のユニクリーンオイルを塗布。
イメージ 9
イメージ 10
 従前の台車にはゴムのすべり止めが
取付けられておりませんでしたが、
今回は車輪交換を機にすべり止めゴムの装着された
車輪を使用、
最後にカプラー交換を行って
作業終了といった具合。
イメージ 11
イメージ 12
 なんとかリフレッシュ作業の方は完了しましたが、
毎回ケースの方は確認していただけに、
中身がそのまま放置プレーだったことは私めも
不徳を致す限りだったわけで。。。(情)
イメージ 13

 この時期になると私めを憂鬱にさせるもの・・

   静 電 気

最近、金属モノに触る時は金属製の鍵で放電してから
触るようにしている さくら でございます・・・
正直、坊主頭の私め、
静電気でが逆立つことはございませんが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて今回は、前回の113系に引き続き、
KATO 211系2000・3000番台
をターゲットにトイレ窓の白色化作業を・・・
イメージ 3
車種の方は2000番台4両・3000番台が4両、
計8両に対してトイレ窓白色化作業を実施。。。
イメージ 2
 作業自体は前回の113系と同様に
車体と床下を分離して白色テープを
イメージ 4
内側から貼付するといった具合。
イメージ 5
イメージ 6
 何となくクハ211のトイレ窓を見ていると、
ステンレスボディーにトイレ窓が透明というのも
いま一つさえない感が滲み出ているようで。。。(淋) 

 ということで、3000番台から車体と床下を分離して
作業を進めていきますが、
白色のテプラテープを貼付する際、
側面行き先表示幕の下にトイレ窓のある
クハ111に比べ
211系は
トイレ窓のみという事もあり、
貼付作業も速やに完了し好印象♪
イメージ 7
 3000番台に組込まれるサロ210に関しては
山側・海側の2か所にトイレが設置されており、
内側から左右にテプラテープを貼付、
グリーン車マーク脇のトイレ窓が白くなると、
また違った印象のような。
イメージ 8
イメージ 10
 3000番台の作業も速やかに終わり、
残すは2000番台の先頭車4両・・・
こちも車体と床下を分離して作業を進めますが、
3000番台の先頭車同様に
貼付作業は速やかに完了する。
イメージ 11
 目立たぬ小窓ながら白色化すると何気に目立つトイレ窓・・・
今後もトイレ窓の白色化作業の方は
進めていきたいと思いますが、
211系の方も作業が終了してしまい、
暫くは113系や115系が作業の中心になりそうな予感。。。
イメージ 9

 話しは古くなりますが、羽生善治 棋聖が
   永世七冠
を史上初めて達成したニュースを見て
思い出したことがひとつ・・
昔、職場で羽生 善治氏の話になり、
途中から話題に入ってきた年配の大先輩、

「ハブよりもマングースの方が強い!」

謎の言葉に残念に思った さくら でございます・・・
人の話をしっかり聞かないと間違いの元だと。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さてかなり前、185系に実施したトイレ窓白色化作業、
私め個人には大好評;ということで、
本日は113系スカ色を中心にに作業を・・・
ということで、作業を行うのはトイレ窓の付いた 
クハ111とサロ110が今回のメイン、
今回はクハ111が7両、サロ110が4両といった具合。
イメージ 2


 今回も白色テプラテープの余りを使用して
トイレ窓の白色化を実施していきますが、
イメージ 5

作業前にテープカットの効率化を図るため、
ステッカー用のカッティングマットをエタノールで清掃の上、
イメージ 3
イメージ 4

テープをマットに貼り付けてしまう事に。
イメージ 6


ひとまず最初はクハ111から・・・
車体と床下を分離して、
裏側から細かく切断したテプラテープを
トイレ窓の部分に内側から貼付すれば作業は終了♪
イメージ 7


 ひとまず施工してみると、スカ色よりも
湘南色の方が以前も行っておりますが、
イメージ 11

トイレ窓の白色化が効果的のような雰囲気、
スカ色と比べるとメリハリがつく様な感じで。。。
イメージ 8


 サロ110の方は海側・山側双方にトイレ窓があるということで、
クハ同様に車体を分離して裏側から地道に左右2か所、
テプラテープを貼付していく。
イメージ 9
イメージ 10


 作業的にはノンビリダラダラと30分程度の作業、
覗かれ放題状態だった小さいトイレ窓も
白色のテプラテープの貼付で程度でも
充分に効果が得られるとつくづく。。。

 冬季中は運休気味のアドレスV125・・
そろそろタイヤ交換やってもいいかな?と思いつつも、
   寒さで未だ実践に至らぬ
さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、病院受診を終えて帰宅後、
色々とネット上で鉄道車両を見ていると、
房総などで走っていた183系にも
AW-2ホイッスルカバーが取り付けられていたことを知り、
イメージ 2
我が家にて保有する3本の183系0・1000番台に
パーツを取付けることに♪

 道楽部屋にて該当する183系を引っ張り出し、
イメージ 3
ブックケースを開けてみると、
なぜか避雷器等のパーツ類が
取り付けられていないことが判明!!(汗)
イメージ 4
 ということで、AW-2ホイッスルカバーを
取り付ける前に、
男前化作業も同時進行で
行おうかと思いましたが、
避雷器と防護無線のみという事で、
先に取り付けてしまうことに。
イメージ 5
イメージ 6
 作業は簡単ながら、手を抜いての作業は
失敗を引き起こすという事で、避雷器取付けに関しては
しっかりパンタグラフを外してからモノを取付け、
あっさりと作業終了する。
イメージ 7
イメージ 8
 続いて先頭車に取り付けるAW-2ホイッスルカバー、
車体と床下周りを分離して作業を・・・
イメージ 9
この方が一体で表現されている突起部分を削る際、
ある程度、力を入れて平滑化する事ができ、
確実に作業できる方法を。。。
イメージ 10
 作業工程はいつもながらの作業ですが、
ホイッスルカバー取付けついでに
分離した車体の窓ガラスを外し、
トイレ窓部分に白いシールを貼付し、
トイレが覗き見出来ぬように♪
イメージ 11
 しっかりとトイレ窓部分は白っぽくなったものの、
トイレ窓の表現にしては
控えめなような感じがしないでもなく。。。(嘆)
イメージ 12
 ひとまず完了した183系の男前化作業と
ホイッスルカバー取付け作業・・・
イメージ 14
これでカバーの方も在庫が切れたという事で、
作業の方は終了ですが、
気が向いたらホイッスルカバー追加を
購入しようか悩みどころでして。。。(苦笑)
イメージ 13

↑このページのトップヘ