続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

最近、疲れ気味。。。

2016年11月

 NOAH(ノア)の顧問役を務めていた 永源 遥氏・・・
昨日、急性心筋梗塞でお亡くなりになったようですが、
昭和のプロレスラーがまた1人減ってしまい、
非常に残念な さくら でございます・・・
ご冥福をお祈り申し上げます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて昨日は、1年ぶりに落合・・・
イメージ 2

ではなく、水道橋の聖地巡礼ということで、
イメージ 6

後楽園ホールまでプロレス観戦に。。。
イメージ 3


 今年は観に行きたい試合が、やたらと当直日に当たり今回をあわせて、
たった2回
しかプロレス観戦に行かれないという憂き目に・・・
また、アメリカ無期限遠征に出発する菊タロー選手&中身のヒト
東京での試合は今回が最後ということで、
コチラもしっかりと目に焼き付け。。。
イメージ 4


 今回も色々なレジェンドレスラーが参戦ということで、
しっかりと目に焼き付け・・・
また、私めが一度は見ておきたかったレスラー、
ディック東郷・・・
豪快なダイビング・セントーンの使い手ということで、
私めもこの目で一度は見ておきたいような。。。
イメージ 5


 これから無期限アメリカ遠征に出発する菊タロー選手が
1試合目から登場・・・
イメージ 7

 私めが暫しプロレスに興味がなくなり、
再び私めにプロレスへの興味を再点火させた人物、
また、第5試合では中身の方が6人タッグに登場、
しかし残念なことに両試合ともフォール負け、
壮行試合だったんですが。。。(悩)
イメージ 8


 今回もミス・マスカラス、ドリーファンクJr、チャボ・ゲレロ、
藤原 喜明、ザ・グレート・カブキ選手などといった
往年のレスラーがリング上で活躍しておりましたが、
ホント、私めが中学生のとき、
黙々とプロレスを見ていたことを思い出し。。。(懐)
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11

 今年は残念ながら後楽園ホールをもって、
私めの最終観戦となってしまいましたが
来年はどのくらい行かれますかねぇ~?
一昨年同様、5回くらいは観戦たいと。。。

 息子クンの友人クンが遊びに来て、
なぜか会話は給食の話、
友人クンが・・・

「今日のシャモ、美味しかったよねぇ~♪」

小学校の給食で軍鶏を出すのか!と・・・
イメージ 2
何気なく冷蔵庫の脇に貼ってある給食献立表見てみると、
頭のが抜けている
ことに気がついた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、銚子2000形のN化パーツを購入しに行った際、
ついでながら中古コーナをあてもなく徘徊・・・
たまたま私めの目線の高さにあったのが、
     急行形電車
ということで手にとって見ると、
KATOの165系。。。
イメージ 3
 我が家では急行形電車、ソコソコの車両数があるものの、
いま一つ存在感を誇示できす、
草葉の陰で大人しくしているような状態。(淋)
イメージ 4
 Mc車、M’車と同じ列に入っていたこともあり、
2両とも手に持ってみて見たところ、
我が家にある従前の165系153系とは
チョット様子が違い、
台車はピン留めではなくビス留め、
カプラーもカトーカプラー密連Bタイプを装備。
イメージ 5
 確か、このタイプは平成24年頃に発売され、
前照灯がLEDに変更されたモデルから
ビス留めに変更されたような。。。(悩) 

 ということで、我が家の標準化作業と言うことで、
クモハ165に既に装備されている増結用カプラー、
こちらをアーノルドカプラーから
KATOカプラー密連に変更、
先頭車運転台上部に信号炎管を取り付けて作業終了♪
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 ひとまず、4月に購入したJR東海仕様のクハ165
イメージ 9
編成を組ませようかと思いますが、
私め的にJR東海のオレンジ色のJRマークが欲しい
ところで。。。
イメージ 10

 何気に気になっていた
   南海トラフ大地震・・・
あくまで予言とはいえども、
備えあれな憂いなしということで、
   強震モニターと睨めっこ
していた さくら でございます・・・
今回、地震が無かったという事は
来年の5月4日ですかねぇ~???m((_ _?))m
イメージ 1
 さて、昨日は異例の11月に積雪予報?という事で、
当直勤務だった私めにしてみれば徒歩で行くか、
クルマで行くか悩みどころだった訳で・・・
結局、雪も降り始めという事もあり、
スノー対応のタイヤを履いている
Kei ワークスで出勤となりましたが、
イメージ 2
駐車場の余裕があればスノータイヤを履いた
ランクルで出勤したかったような。。。(淋)
イメージ 3
 そんな雪が積もるか、どうかということで、
一昨日には私めのご実家から急遽、
JUKEのスタッドレスタイヤ交換作業の依頼を。
イメージ 4
 ということで、我が家のハフリンガーを繰り出し、
JUKEのスタッドレスタイヤを積み込んで帰宅後、
今回、タイヤ交換を行うJUKEを
我が家に回送して作業開始!!
イメージ 5
 フロントは両輪とも持ち上げて
作業が行えるということで、
作業効率抜群・・・
あっという間に作業が終わる。。。
イメージ 6
 一方の後輪はセンターで持ち上げることが出来ず、
サイドシルにジャッキを当てて片輪ずつ・・・
イメージ 7
イメージ 8
 ここで満を持して登場したのは息子クン、
どうやら、クロスレンチを回す事が楽しいのか、
ナット外しを息子クンに任せ、
私めはエアー調整の準備を。。。
イメージ 9
 最後に各輪の空気圧を調節して作業終了・・・
昨日はまさか11月に予想外の積雪、
いつもは12月過ぎにノンビリ行う
スタッドレスタイヤ交換作業ですが、
今年は11月後半からタイヤ交換を
行うことになるとは思わなかったわけで。。。(苦笑)
イメージ 10

イメージ 1
 我が家で故障してしまったアイロン、
今更ながら フランス製
と気がついた
さくら でございます・・・
私め的にはこのメーカーのアイロン、
案外と使い易く後続のアイロンも
同じメーカーに。。。m((_ _))m
イメージ 2
 さて、今年は銚子電鉄のリリースが続きましたが、
先般の3000形N化に引き続き、
新たに部品も昨日購入したということで、
さっそく2000形も男前化作業を行うことに。
イメージ 3
 今回も使用する部品は前回と同様、

・ Nゲージ動力ユニット TM-06R
・ Nゲージ走行パーツ TT-04R
・ パンタグラフ PG16(0238)

といった具合。。。
イメージ 4
 今回はTc車から作業を開始♪
床下周りを取外してウェイトを積載後、
下回りの作業に・・・
イメージ 5
前回のようにGM製台車への交換は行わず、
純正品を使用することに。
イメージ 6
 実車、Tc2502の台車をネット上の
画像で見てみましたが、
台車形状は今回取り付けられているものとは違い、
実車の台車はとても貧相な感じのようで。。。

 とりあえず、車輪の金属化を行い、
カプラー取り付け作業・・・
エンドウナックルカプラー長を加工後、
イメージ 7
カプラーポケットにねじ込み、
中間寄りの台車にカプラーに取り付けて下回りの作業終了♪
イメージ 8
 続いてMc2002の作業ということで、
屋根上のパンタグラフの取り付けを行った後、
下回りの作業に。
イメージ 9
 動力ユニットに台車枠を接着、
床下機器の移植とスペーサー取り付け、
連結器の交換を行い作業終了!
イメージ 10
イメージ 11
 今年は銚子電鉄も2000形・3000形と
リリースされましたが、
現在の銚子電鉄の電車、目指すはフルコンプリート・・・
残すは2000形の2001編成も
グリーン車仕様でリリースされるのかな?と。。。
イメージ 12
 さて関東地方、今夜半から降雪予報ということで、
これより私め、実家のクルマのスタッドレス交換作業・・・
大地震のウワサもございますが、
速やかに作業を終わらせておきたいものでして。。。
イメージ 13

 このタイヤを履いてから、
駐車場で声を掛けられる機会が増えた
ような気がする さくら でございます・・・
特にジムニー乗りの方が
このタイヤに関して気になる様で。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、我が家にやってきてから11年を超えた
スズキ Kei ワークス
ここ最近、チョット気になることがございまして。。。
イメージ 2
 よく屋外駐車のクルマに見られるレンズ類の曇り・・・
我が家の場合はたまたま車庫に入れてあるものの、
ヘッドライトまだまだ大丈夫、一方のテールライトの方が
曇りつつある様で。。。(嘆)
イメージ 3
イメージ 4
 ちなみに31年オチの我が家の古蒙、
キャリィの方は色落ちも見られたことから
テールレンズを数年前、新品に交換、
あと30年はOK・・・?
イメージ 5
 本来であれば、こういったレンズ類の曇り取りには
レンズクリーナーを用いて作業する方がベストなものの、
ネット上で話題に上がっていた
ピカールを用いて曇り取りを行ってみることに♪
イメージ 6
 作業の方は、ピカールとディスポグローブ、
私めが履き潰した靴下を1セットを用いて開始!
靴下にピカールをつけて、
右テールレンズをひたすら擦りまくる。
イメージ 7
イメージ 8
 途中、途中でレンズに付着した
ピカールを拭き取ってみて見ると、 
画像では上手く写っておりませんが、
確かにレンズの方はキレイになっているようで・・・(驚!)
イメージ 9
イメージ 10

とりあえず片側15分程度かけて黙々と擦りまくると、

新品とまでは行かないものの、

レンズの曇りはとりあえず除去完了といた具合。。。(嬉)
イメージ 11
イメージ 12
 とりあえず気分一新ということで、
また一つ気になる部分の解消が出来た訳ですが、
こういった細々としたリフレッシュ作業を行う度に
我が家のクルマ買い替え計画が
ジワジワと遠のいていく様な。。。(悩)

 赤い魔の水曜日・・・
東日本大震災などを的中させた予言者が
とある大地震について予見しているそうなのですが、
発生曜日は水曜日、
ただ、その水曜日赤く見えるということで、
祝日ではないかと・・・
そんな祝日水曜日、いつなのかと調べてみると、
11月23日勤労感謝の日、
この日は自宅で戦々恐々としている さくら でございます・・・
今のうちに食料・水を購入した方がいいのかと、
ただ、来年の5月4日も赤い魔の水曜日
なんですが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、車検に出ていた我が家のランクル70、
車検整備の方もあっさりと終わってしまい、
木曜日の夜、我が家にご帰還。。。
イメージ 2
 残念ながら金曜日は勤務、
土曜日は息子クンの合唱祭&
娘チャンのお泊り校外学習帰宅
といったことで、
用が済んだ夕方前からボチボチ作業を・・・
最初に行ったのはIPFのライトバーに取り付けられた
補助ライト類をバンパー上に戻す作業。
イメージ 3
イメージ 4
 ライトバーを固定する前にそれぞれの配線と取り付け、
本体と取り付けステーをボルト留めし、
ライトの点灯を確認してから作業終了。。。
イメージ 5
イメージ 6
 お次にタイヤ交換と相成りますが、
コチラに関しては本日の朝から・・・
今回は従前に履かせていた4×4エンヂニアリング
ホイールではなく、
ランクル79の鉄チンホイールに取り付けた
スノータイヤ
を取り付けてみることに♪
イメージ 7
イメージ 8
 ナットに関しては、
4×4エンヂニアリングに使用していた
ナットを流用ということで、取り付け作業開始!!

 元々、標準ボディに用いられていた
ホイールということもあり、
ワイドボディーの我が家のランクルに取り付けてみると、
車幅よりもタイヤが引っ込むのは至極、当然の事。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
 今回車検に履いていた純正タイヤと
今回のピックアップ用の
タイヤサイズの違いを見ると、
タイヤの直径も違う様で。。。
イメージ 15
 また、正面から見たときのタイヤの細さと
斜め前方向から見たタイヤの引っ込み具合、
このアンバランスさに萌え萌えな訳でして。。。(照!)
イメージ 12
イメージ 13
 ちなみにタイヤ交換後の走行音・・・
昔ながらのマッドテレーンタイヤのような音が響き、
いかにもトラック然とした走行音となりまして。。。(苦笑)
イメージ 14


 ひとまず、車検完了後の復元作業は無事に終了した訳ですが
今回はまた違った形の姿・・・
暫くはその姿でいってみようかと。。。

 女房サマの買物に付き合わされたホームセンターにて、
つい、作業用の安全靴を購入してしまった
万年金欠病の さくら でございます・・・
つい、出来心で。。。。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、ランクル70の初回車検、
車検も2日間で完了するということで、
クルマが車検出向中に
次に履かせる予定のタイヤの準備をしておくことに♪
イメージ 2
 タイヤの方はヨコハマタイヤの
 スノータイヤ Y-731
ランクル70には過剰スペックとなる
14PRのタイヤ。。。(汗)
イメージ 3
 とにかくこのスノータイヤ、
MTタイヤがベースということで、
トレッド配置やパターンを若干複雑化しただけ・・・
積雪路面での性能に関して
せん断力がスタッドレスタイヤよりも良好なるも、
氷上性能に関しては通常タイヤと同じゴム質のために、
かなり劣る様で。。。(淋)
イメージ 4
 ひとまず空気圧のチェックということで、
我が家で20年以上活躍する満身創痍の
マキタ コンプレッサー
と、
エアーチャックガン
を準備♪
イメージ 5
イメージ 6
 とにかく鉄チンホイール+チューブタイヤが
原因なのか、とにかく重量が・・・
腰をかがめてヘッピリ腰状態でタイヤの移動を行う。。。

 空気圧の方はパジェロ時代と
同様に全て2.8kgf/cm2で統一、
乗り心地は放棄、
どちらかといえばあまり気にしていない
燃費対策といったことでもなく。。。(悩)
イメージ 7
 簡単整備でしたが、一応は準備が整ったスノータイヤ、
どういった雰囲気になるか、非常に楽しみでして。。。

 昨日のテレビ番組でイギリスNo.1超能力者が
日本の未来を予知した時に言い残した
  「YATIT」
という言葉・・
どうも気になって眠れない さくら でございます。。。m((_ _?))m
イメージ 1


 さて昨日、お話したジーメンスの電車の
奥に展示されていた1台の自動車、
見かけは華奢な雰囲気漂う自動車ですが、
アメリカ製のT型フォードと呼ばれる歴史的な1台の自動車。
イメージ 2


 そもそもT型フォード、名前は聞くものの、
実態はイマイチ分かっていない私め、色々と調べてみると、
今から108年前の1908年に発売され、
1927年まで基本的なモデルチェンジのないまま、
1500万以上が生産されたオクルマ。
イメージ 3


 世界的フリー百科事典を読んでみると、(一部抜粋)

完成度の高い自動車であり、
更にベルトコンベアによる流れ作業方式をはじめ、
近代化されたマス・プロダクション手法を生産の全面に
適用して製造された史上最初の自動車という点でも重要であり、
20世紀前半の社会に多大な足跡を残した存在である。

という、卓越した存在だったらしく。。。(驚!)
イメージ 4


 また、ギヤー操作は遊星歯車式の前進2段・後進1段変速機、
今でいう半オートマティック式ということで、
操作がごく簡単、初めて自動車を運転する人々にも扱いやすく、
T型フォードが普及する要因だった様で。
イメージ 5
イメージ 6


 また、右奥にはT型フォードのエンジンも展示されており、
水冷直列4気筒3ベアリング式、サイドバルブエンジンの
排気量は2895.5ccという何か中途半端な感じもしますが、
エンジン出力も20HP、最大トルクも11.3kg-m程度と
控えめながら、燃費は10~12km程度、
排気量3000cc近いエンジンで上記燃費、
我が家のKei ワークスと燃費が
変わらないというのがなんとも。。。(嘆)
イメージ 7


 日本にも関東大震災復興期に800台ほどが輸入され、
円太郎バスなどとして活躍したようですが、
本国では4輪駆動キット、SOHC、DOHCの交換用ヘッドなどが
アフターパーツとして販売されていたことを考えると、
このT型フォード、クルマの改造を楽しむ人などには
充分に楽しめたのではないかと。。。
イメージ 8

 早々に車検準備だけはしていたランクル70が、
本日から車検のため、やっと工場に入場・・・
今回が初回車検となりますが、
車検整備費用が幾らの金額になるのか、
興味津々の さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて先日、息子クンと行った
   千葉県立現代産業科学館、
特別展 「出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~」
以外にも2階の展示場には
    ジーメンスの電車
という車両が展示されており。。。
イメージ 2
 そもそもは1897年に行われたドイツの
ベルリン博覧会において、
世界で最初の電車を
走行させる実験で使用された車両のレプリカ、
この産業科学館の車両はドイツ博物館の協力を得て、
ミュンヘンに現存する実物を元に製作されたそうで。
イメージ 3
 この車両を製作したのは
ヴェルナー・フォン・ジーメンス
というお方・・・
イメージ 5
有名なドレミファインバーターを造った会社の創業者♪
イメージ 4
 この車両、博覧会においてこの電気機関車で
6人乗りの客車3両を牽引して走行したそうですが、
490mmのレール巾の上を蒸気機関で発電機を駆動し、
モーターに電力を供給して走らせるという、
私め的には電気式のディーゼル機関車を
思い浮かべたのですが、
一応、レールの中央部にレールが敷かれており、
こちらのレールも電気が流れていたようですが、
一体なんだったのか?と。。。(悩)
イメージ 6
イメージ 7
 それにしても、主電動機も2.2kwと
馬3頭分弱と、今では考えられぬほど低出力のモーター、
これで乗客1両6人、3両で18人を
乗せた客車をよく牽引できたものだと。
イメージ 8
 この時代にはこういったものが
賞賛に値する画期的な発明品だったと思われますが、
いまの時代に新たな画期的発明品を発表するとなれば、
どういったモノが画期的な発明品になるのかな?と。。。

 今週は色々と予定が入っており、体力疲労を避ける為にも
今から栄養を付けておきたい さくら でございます・・・
第一希望はウナギの蒲焼ですが。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて昨日は私め、仕事明けで
浦安にある夢と魔法の国まで・・・
女房サマと子供たち、弟家族、私めの母上サマが
先に現地に行っており、あとから私めが合流するといった予定。
イメージ 2


 仕事も順調に定時に上がり・・・
すぐさま帰宅して入浴、9時半前には自宅を出て
バス・電車を乗り継いで10時には舞浜駅に。。。
イメージ 3


 ただ、11月13日は茨城県民の日、翌14日は埼玉県民の日
ということで、TDLの混雑予想は14日ではなく13日、
現地に到着してみると、ゲート前は人混みはなく、
ガラガラということで、拍子抜けする・・・
イメージ 4

とういうことで、入場規制もなく1年半ぶりのTDL
インパーク成功するも、
パーク内は予想通りの大混雑!
人混みを潜り抜け、我が一家との合流を果たす。。。ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪
イメージ 5
イメージ 6


 その後は・・・パレードを観賞後、
イメージ 7
イメージ 8

まもなく運行停止をとなってしまう
スタージェットから皮切りに、
イメージ 9

・スタージェット
・ビーバーブラザーズのカヌー探険
~~~昼 食~~~
・ビックサンダー・マウンテン
・スプラッシュ・マウンテン
・カントリーベア・シアター
・スペース・マウンテン×3
・スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
イメージ 10

といった具合に色々とアトラクションに
乗車することが出来まして。。。
イメージ 11


 また子供たち、甥っ子たちは更に幾つかのアトラクションに・・・
また、パーク内などを歩きながら、いたるところで
隠れミッキーを発見する。。。
イメージ 12


 閉園時間まで充分に堪能し、
色々と満足の行く一日ではございましたが、
一日パーク内を歩き廻ったおかげで、
本日は足腰などが筋肉痛になっておりまして。。。(汗)
イメージ 13

 本日は私め、仕事明けで夢の国に出陣!
女房サマと子供たち・弟家族・私めの母上は
先に夢の国に赴いているということで、
後追いで現地に・・・
噂では入場制限が掛かるのではないかという話、
現地に行って入れなかったら 
ただ、ただ、笑うしかない さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さて、某Yのつくネットショッピングにてお買い物、
モノは・・・
デイトナ エアーバルブジョイントホース
イメージ 2

どうも我が家の2輪車3兄弟のフロントタイヤに
エア充填する際に注入がし辛く。。。(淋)
イメージ 3


 3台の2輪車、ゴムバルブ式で強引に充填させようと思えば
エア注入は可能ですが、強引に外側に傾けるということもあり、
バルブ本体に負荷が掛かっているのは事実、
ということで、購入に相成なり。
イメージ 4


 ゴムチューブ両端に注入側と接合側部分は金属式、
バルブキャップを外したところに
ジョイントホースを接合させ、注入させると言った具合。
イメージ 5
イメージ 6


 ジョイントホースは約20cm、
ジョイント部分は米式に対応ということで、
今まで作業し辛かったエア充填もラクになるかと♪
イメージ 7
イメージ 8


 試しに我が家で不遇な存在、
ホンダシャリィ
にジョイントホースを取り付けてみましたが、
接合も簡単という事で、
これであれば、空気圧調整も難なく行えそうな予感。
イメージ 9


 先般、空気圧調整を行ってしまったということで、
エアージョイントの活躍の場は、まだ先になりそうですが、
懸案事項だった2輪車の空気圧調整もこれでマメに行えるかと。。。

 ホント、想定外な人が大統領になってしまいましたねぇ、
暴言多発で間違っても破滅の道
を歩まないことを祈りたい さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、実家の倉庫に作成したタイヤラック、
設置を前に倉庫を色々と片していた訳ですが、
倉庫の隅から鉄チンホイールが1本。
 
イメージ 2
イメージ 3

                                      

 バイアスタイヤを履いたグレーの鉄チンホイール、
ホイールのほうは6穴、4駆などでメジャーな、
PCDも139.7、わが実家にあった
ダットサントラック521か621
のモノで恐らく間違いはない様で。。。
イメージ 4
イメージ 5


 タイヤサイズも6.50-14 8PRといった具合、
メーカーはトーヨータイヤ製のチューブレスタイプ、
タイヤパターンも久々に見るような紋様・・・
残念ながら、エアー注入口のムシが欠落しており、
エアーも抜けてしまっている状態。
イメージ 6
イメージ 7


 ここで仕事では働かぬ知恵が働く私め、
ひとまず自宅に持ち帰って、キレイにしてみることに♪
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10


 グレーの鉄チンホイールの塗装はところどころ、
サビや細かくヒビ割れているものの、
全体的には良好?のような・・・
タイヤの方も埃などを洗い落としたら色々と文字が見え、
とにかく旧いタイヤであることは間違いなく。。。
イメージ 11


 洗う直前にムシを入れて、タイヤを膨らませる儀式・・・
一応はタイヤもふくらんだものの、
残念ながらバルブ根元やらタイヤとホイール部分から
ジワリジワリとエアーが漏れるスローパンクチャー状態、
シューシューと音が。。。(涙)
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14


 ひとまず40年以上前のタイヤ・ホイールですが、
このあと、タイヤワックスを塗布して実家の倉庫に逆戻り、
一応は鉄チンの塗装部分も
塗り直してあげたい衝動にかられておりまして。。。(苦笑)

 仕事中、ゴト車の中での話・・・
大根の煮物が食べたくなった私め、
「大根買わないとなぁ~」
と、ボソッと独り言・・・
たまたま運転席の先輩に独り言が聞こえ、
「え?なに、さくらサン!
     iPhone買うの?」
相変わらず滑舌が悪く残念
に思うさくら でございます。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 1
 さて、5日土曜日に銚子電鉄デキ3形電気機関車
イメージ 2
感動の対面後、興奮冷めやらぬまま館内に・・・
今回は特別展と言うことで、
『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』
をテーマの元、色々と展示されておりまして。。。
イメージ 3
 館内に入ると目に飛び込んできたのが、
主電動機と車輪の数々・・・
主電動機は103系等に使用されていた
MT55のカットモデル
イメージ 4
車輪は一般車輪、新幹線用車輪、防音車輪
が展示されており。。。
イメージ 5
 受付を済ますと右側には人車軌道で
使用されていた車体が飾られており、
私めの実家前を通る県道でも大正時代まで
人車軌道が走っていたそうで。
イメージ 6
 一方、展示コーナーには色々と
貴重なものが飾られており、
東武鉄道8000系クハ8101の
車内板とナニワ工機の銘板、
イメージ 7
何故か走行実績のないキハ40に掲げられている
木原線のサヨナラヘッドマーク、
イメージ 8
北総開発鉄道のレール締結記念で使用された
金メッキのスパナ
など、
イメージ 9
色々と飾られており。。。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
 まだまだ展示されていたものはありますが、
イメージ 13
イメージ 14
細かく説明していたら年内一杯掛かりそうということで、
イメージ 15
他の内容は割愛させて頂きますが、
今回、鉄道に洗脳させるべく連れて行った息子クン、
鉄道に対し、深い造詣を得られたのか?と、
問いただすも・・・











    落雷実験が一番の感動
だった様で。。。Σ(゚Д゚ノ)ノオイオイ!
イメージ 16

 酔ってご帰宅された私めのご学友、
電気も点けずにトイレで用を足し・・・
残念ながら便座カバーが降りており、
トイレ内を残念な状況にした話を聞き、
       腹が捩れそう
になった
さくら でございます。。。ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪
イメージ 1
 さて本日は、息子クンを連れて午前中から
    千葉県立現代産業科学館
まで
特別展『出発進行~もっと・ずっと・ちばの鉄道~』
見学しに出陣・・・
一方の女房サマと娘チャンは今回の趣旨を話すと、
間髪入れずに遠慮され。。。il||li _| ̄|○ il||li
イメージ 2
 ひとまず、午前9時開館ということで、
自宅を8時半に出発・・・
渋滞らしい渋滞もなく15分で到着してしまう。。。(汗)

 今回の大きな目的は銚子から市川の地にやってきた
   銚子電鉄デキ3形電気機関車
日本の狭軌では全長4.5mの
一番小さな機関車ということで、
この機関車に会うことが一番の目的♪
イメージ 3
 そんなデキ3形、中庭に展示されており、
興味にそそられてデキ3形に向けてまっしぐら!
息子クンを置いてけぼりにしそうになる。。。(汗)
イメージ 4
イメージ 6
イメージ 7
 しっかり砂利の敷かれたレールの上に鎮座する
デキ3形電気機関車、
しかしながら、肝心のデキ3形・・・
     様子が変?

 本来は黒色塗装の車体が何故か白灰色???
製造元のドイツのアルゲマイネ社「AEG」
標記はあるものの、
CDKやらデキ3の文字は一切なく???
イメージ 5
イメージ 8
イメージ 9
 説明看板に色々と記載されており・・・
そんなデキ3形、大正11年生まれの94歳!
当初は山口県の炭坑で働き、
昭和6年になって銚子電鉄に入線。
イメージ 10
 昭和59年に現役を退き、
法定検査期限で本線は走行できないものの、
仲ノ町車庫で動態保存されているそうで。。。
イメージ 11
イメージ 12
 本来であれば、銚子の地でデキ3形電気機関車に
逢うべきなのかもしれませんが、
こんな身近な場所まで機関車の方から
市川の地にやってきてくれるとは。。。

 郵便局のATM・・・
大きなところだと複数台並んでおりますが、
街の中にある小さな郵便局だと設置台数は1台、
せめて2台くらいにして欲しい さくら でございます・・・
高齢男性、紙幣を入れるところに
小銭を入れてしまい、
ATMを使用不能にしやがりまして。。。m((_ _#))m
イメージ 1
 さて、超~久々に鉄道の話題のような気もいたしますが、
我が家に先般の銚子3000形と同様に
3度目の新車となる
銚子電鉄2000形電車
が我が家にご到着♪
イメージ 2
イメージ 3
 到着した車両は2002編成ということで、
銚子電鉄の旧標準色を纏っており、
デビュー当時はアイボリー一色の上に
イオン銚子ショッピングセンターの
ラッピング広告といった具合だったそうですが、
ラッピングを剥がされてからは赤帯を巻き活躍、
平成26年に脱線事故後、翌27年の営業復帰から
現在のカラーリングになったそうで。。。
イメージ 4
 そんな2000形、こちらも3000形と同じく
元々は京王電車として活躍していた車両、
1度目のデビューは京王本線にて2010系として、
グリーン車と呼ばれ活躍・・・
イメージ 5
昭和59年から昭和60年にかけて、
一部車両が伊予鉄道に売却され、
四国の地で2度目のデビュー、かの地で活躍した後に
イメージ 6
今度は再び関東に戻り銚子で
3度目のデビューという数奇な運命を。。。
イメージ 9
 京王本線時代の線路幅は1372mmの馬車軌間、
一方、伊予鉄に転籍する際、狭軌の1067mmということで、
Tc車は台車形状が実車と異なりますが、
Mc車は京王 井の頭線で活躍していた
初代1000系の台車を流用された、
姿が再現されており。
イメージ 7
イメージ 8
 車両の雰囲気やカラーリングも上々ということで、
早々にもN化を進めて行きたいと思いますが、
最近は子供たちへの出費がかさみ、
暫くはそのままになりそうな予感。。。((悩))

イメージ 1

 我が家の車庫で大量保管される
    石灰の乾燥剤
土壌の中和剤に用いる為ですが、
これを見た私めの友人・・・

   「ミイラでも作るの??」
イメージ 2
あまりに短絡的な考えに
残念に思う
さくら でございます。。。m((_ _))m

 さて、ランクル70も車検の時期を
迎えてしまったということで、
私めも色々と車検の準備を行うことに・・・
このままの姿でも車検はOKの様な
気がしないでもないのですが、
色々とクレームをつける検査官が屯する習○野車検場、
知り合いのクルマ屋サンに苦労を
かけるわけにもイカンという訳で、
少々の作業を行うことに。。。
イメージ 3
 とりあえず、既に準備してあった純正タイヤ、
現在取り付けてあるタイヤもハミ出しもなさげで、
大丈夫なような気もいたしますが、
ランクル100に乗っていた時、
車外ホイールを履かせた同様な状況で検査官に、
はじかれた苦い思い出があり、
ひとまず、純正に戻しておくことに。
イメージ 4
 大型ジャッキで作業することもあり、
前後各々を持ち上げて作業を行い、
40分程度で作業終了・・・
同時にタイヤのエアー調整も行う。
イメージ 5
イメージ 6
 最後にバンパー上に取り付けられた補助灯の数々、
イメージ 7
全て同時点灯しなければOKだとか、
余分な付属品が付いてはいけないなどという
イチャモンをつける習志×車検場の検査官、
人づてにグツグツ言われるのも
腹立たしいということもあり
ステーごと取外すことに。
イメージ 8
 IPFのステーに取り付けてあることもあり、
ステーの取り外しと配線処理を行い
作業自体もすぐに完了・・・
あとは日程を決めて車検に出すだけですが、
諸費用などこれからの
支払いを考えると・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
イメージ 9

↑このページのトップヘ