続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

13年間、ヤフブロでやってきたことが何であるか、確かめに来ました・・・

2016年06月

 我が家の昭和60年式 スズキキャリィ、
ここに来て稼働率が上がったせいか、
走行距離もやっと47000kmを超えまして・・・
31年オチで年間平均走行距離1516km、
千里の道も一歩からか
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、先般到着したランクル79用鉄チンホイール、
とりあえず現在のところ、財政難という事もあり、
ゴムチューブとふんどし(フラップ)の手配、
タイヤの手配等が諸事情で滞っておりますが、
財政難のうちにタイヤだけは速やかに
選んでおきたい
と。。。

 せっかくランクル76に履かせるタイヤ、
せっかく細身のタイヤを履かせるのであれば、と、
ここ数日間、ネットやらタイヤメーカーの
カタログとにらめっこ、
なかなか気に入ったタイヤパターンのモノがなく、
予想通りに難儀を。。。(汗)
イメージ 2
 たまたまダンロップには気に入ったパターンが無く、
ブリジストンには目ぼしいタイヤは有りそうかな?
と思うも、
お値段が高いイメージばかりが先行してパス、
BFグッドリッジも以前に履いていたタイヤということで、
選択枝から外れ。。。(淋)

 ただ、ヨコハマ・タイヤのホームページやカタログの、
バイアスタイヤ等のページに色々と面白いパターンの
タイヤ群を発見!

 なかなか見た目の荒々しい
スノータイヤ
もイイ様な。。。
イメージ 3
イメージ 5
 通常よりも細いタイヤにて接地面の面圧を上げて
雪道ラリーと同様に雪に喰い込ませるため、
無理をしない雪道走行ではイイのかもしれませんが、
所詮、私めのお住まいの地域は千葉県・・・
めったに大雪も無いということで、
普段使いでスノータイヤというのも悩みどころですが、
お値段のほうは19500エン、
なかなか悩ましいパターンのタイヤで。。。(悩)
イメージ 4
 ただ同ページ内で、更に気になるタイヤを発見!!!
以前、昭和の杜で垂涎の眼差しで見ていた
ラグタイヤを。。。
イメージ 7
 ラグタイヤの方は18000エンということで、
私め的にはこちらのゲタ山タイヤも履かせたい!
如何せん、こちらも14PR・・・
おまけにて低中速仕様のタイヤということで、
色々と制限もありそうで。。。(悩)
イメージ 6
 とりあえず、ラグかスノーかと、
どちらのタイヤを選ぶにしても、
充分に楽しめそうですが
乗り心地の悪化は免れそうにも。。。(苦笑)

 ネットで見つけた画像ではありますが、
なかなか
     シュールな画像
だと思う さくら でございます・・・
ホント、細かいことは私め、言いませんが。。。(;゚ Д゚) …!?
イメージ 1


 さて、実家の倉庫にタイヤラック作製のために、
先日購入してきた単管パイプやらクランプなどの部品類・・・
そのまま単管パイプとは軽トラックから降ろさず、実家倉庫に預け・・・
翌日から雨に恵まれてしまい作業の方も行えず、
延期となっておりましたが昨日、作業を開始。。。
イメージ 2


 最初に長さ3.6mのパイプを4本に切断ということで、
我が家のサンダーにて、正確に計測し切断・・・
この後に他の単管パイプ2本を1.8mになるよう切断し、
脚の部分となる4本を確保する。
イメージ 3
イメージ 4


 ここで組み立てられる体制が整ったものの、
一つ問題があることが判明!
倉庫をキチンと片さないとタイヤラックの設置が
できないこと判明!Σ(゚Д゚ノ)ノェェ
そんなわけで、ミャ~ミャ~泣きながら倉庫を片すハメに。。。(嘆)
イメージ 5
イメージ 6

 
 お片づけに30分近く時間を要したものの、
一番のメインとなるラック設営作業・・・
私めの計画としては2段のタイヤラックということで、
組立て完了後のタイヤの置き位置について考えながら作業を。。。
イメージ 7
イメージ 8


 とりあえず、下段には4駆用のタイヤ類を置いて、
上の段には軽自動車のタイヤを置けば、
地震の揺れの際でもバランスは悪くないかと。


 奥行きは90cmながら、
正面横梁はそれぞれのタイヤの巾を考えて、
下段は両柱の外側にクランプを介して固定。 
イメージ 9


 上段の方は両柱の内側に固定し、
下段に比べて巾が若干狭く
軽自動車用のタイヤがはまる程度の巾でよろしいかと。。。
イメージ 10


 作業途中でパイプ端部にキャップを取付け、
タイヤを載せて終了ということで、
長年、タイヤが横積みにされ、
だらしない状況であったことを考えれば,
実家の倉庫もスッキリしたような。。。


 そんなタイヤを完成したラックに並べておりましたが、
ラック設置前の片付け作業の際に、
なかなか面白いタイヤを見つけまして。。。
イメージ 11


~~~~~~~~~~~~ お詫び ~~~~~~~~~~~~~

 現在、所用などによりコメレスが滞っておりますが、
後日、お返事申し上げますのでご了承下さい。。。m((_ _))m
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ホント、ごく一部なんでしょうけど、
外車オーナーやら高級車の部類に属する日本車を
運転するドライバー、細かいことは言いませんが、
勘違いしている輩が多いような気がする
さくら でございます・・・
あまりにも頭にきてシメました。。。m((_ _#))m
イメージ 1
 さて先日の聖地巡礼ツアーにて
購入してきた車両ASSY、
既にクハ115とクハ103は
組立て済みとなりましたが、
今回はスユ15の組立てを行うことに。
イメージ 2
 そもそもスユ15、自由な百科事典では・・・

 最高運転速度110km/hに対応するスユ13形後継の
護送便専用郵便車で、事故で焼失し廃車となった
スユ43形の補充として、昭和48年に1両(2001)が
オユ12形に準じた車体で製造後、
車体構造を14系客車と同様に変更した
量産車(2002 - 2018)が
昭和53年から製造された。
昭和56年以降の新製車(2019 - 2039)は、
車体構造を50系客車と同仕様に変更している。
台車は全車がTR217を装着する。

だそうで。。。

 確かに購入してきたスユ15を見てみると、
台車は空気バネのTR217が用いられ、
車体の方は50系客車を基本とした車体構造のようで。
イメージ 3
イメージ 4
 ひとまず、車体と床下セットを組み合わせ後、
トイレの垂れ流し管をパチリ♪
この形状がなんともシュールですねぇ~♪
イメージ 5
イメージ 6
 またアーノルドカプラーが取り付けられたTR217、
我が家標準のKATOカプラー Nに換装のうえ、
車両のほうへ取り付けて組立作業終了。。。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
 郵便・荷物列車の一翼として編成に
組入れたいと思いますが、
実車の中には郵便輸送の廃止に伴い、
5~6年で廃車の憂き目にあった車両も・・・
我が家では末永く活躍させたいと。。。

 さて先日、我が家にランクル用ホイールがはるばる
        鹿児島県
からご到着。。。
イメージ 1
 現在、我が家のランクルには既に
4×4エンヂニアリング
      ブラッドレーV
を履かせておりますが、
たまには細身のタイヤ
履かせてみてもいいのかな?と思い。
イメージ 2
 また、後日に実家倉庫のタイヤ置き場の整理を考えており、
充分に今回のホイール置き場の確保も出来るということで、
今回の購入に相成った訳で。。。

 ちなみに79用のホイールでは76に履かせてみると、
タイヤが奥まるのは間違いなく、
極端に言えばWRCのスウェディッシュ・ラリー
(現ラリー・スウェーデン)の
ラリーカーのようで、
傍から見たら不恰好になるのは承知の通り、
イメージ 3
私め自身は鉄チンホイールを履かせることに興味津々で
やらずに後悔するのであれば、
やって後悔した方が。。。(苦笑)

 今回到着したのはランクル79ピックアップの
鉄チンホイール、
あくまでホイールのみということで、
チューブとふんどし(フラップ)がありませんが、
こちらは私めの知り合いのクルマ屋サンにて
それぞれご注文を後日にでも♪
イメージ 4
イメージ 5
 ちなみにランクル70シリーズの純正ホイールサイズ、
我が家の76のほうは
・16インチ
・7J
・オフセット0
一方の79のホイールは
・16インチ
・5.5J
・オフセット+20
ということで、ホイール巾を考えると、
ランクル79の方がいかに細身のタイヤを
履いているかが分かり。
イメージ 6
イメージ 7
 コレからのんびりとタイヤ選びに
入りたいと考えておりますが、
いかんせん7.50R16のタイヤ、
タイヤ選考には難儀しそうな予感ではありますが、
私め的には面白いタイヤをチョイスしてみたいもので。。。

 我が家の通勤号 スズキアドレス125・・・
最近、ご機嫌が悪くエンジンが掛かり辛いことが多々、
充電なども施しておりますが途中で
エンジンストップ
しないことを祈る さくら でございます・・・
ただ、購入後8年が経過し、バッテリー交換していないのも
原因だと思いますが。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、私めの実家に使用している精米機、
購入から25年以上が経ち、老朽化が深刻・・・
そんな精米機の方は
カンリウ工業㈱ SR410 一回通し型精米機
というシロモノ。
イメージ 2
イメージ 3


 何度か補修等を行い、ダマシダマシ使用していたものの、
メーカーも補修用部品が底を付いてしまったらしく、
今後の使用状況を考えれば新たな精米機に買い替えを考えた方が。。。
イメージ 4
イメージ 5


 先日、ジョイフル本田にて単管パイプを購入しに行った折に
イメージ 10

展示コーナーで展示される精米機を物色・・・
従前の精米機はホッパに米半俵(30kg)が入るタイプ、
ここ数年は玄米をホッパに入れる時に難儀しており、
今後はホッパ容量が10~15kgのタイプが
丁度良いのかと。。。
イメージ 6
イメージ 7


 農機具コーナーにて精米機を眺めていると、
数種類の精米機が並んでおり、玄米投入容量も10~20kg
更にステキなことにお値段の方が
4万円以上ときたもので。。。
イメージ 8


 仮に容量15kg、5万円程度の精米機を購入したにせよ、
精米所で玄米の精米を行うと30kgで大凡300円、
購入代金や電気代やらを含め、大雑把に見積もったとしても、
250回程度も使用すれば
元は取れるのではないかと安易に考えており。
イメージ 9


 現在の精米機の耐久性は分かりませんが、
仮に20年使用できたとして、
実家・我が家・弟宅・母方の妹宅2軒の
5つの家庭での米の年間消費量を考えれば、
充分に元が取れそうな気がしているのですが。。。

 さて、私めの実家に置かれている様々な車種のタイヤ、

・ ランクル70純正
・ Kei ワークス純正
・ スズキST41キャリィ純正
・ スズキ現行キャリィ純正
・ 日産JUKE純正
・ トヨタ・プリウス純正
・ 旧日産キューブ用スタッドレス
・ ミニキャブ用ホイールのみ

なんとも8セット分のホイールが実家の倉庫で
置き去りにされている始末。。。(嘆)
イメージ 1


 といったことで、そろそろ倉庫の方をキチントした形に
片付けておきたいと思う私め、
単管(鉄)パイプ等を用いて倉庫をスッキリさせておくことに♪


 職場にて事務仕事そっちのけでサイズ検討を・・・
8セット分を収容するということで、
高さ1.8m×横幅3.6m×奥行適宜
といった具合で作製予定。


 さっそく昨日の午後から軽トラックにて
印西市にあるジョイフル本田に出陣!!
イメージ 2


 建材コーナーには、様々なサイズの単管パイプや
付帯品が置かれており、目移りしてしまう。。。(嘆)
イメージ 3
イメージ 4

 結局、購入してきたモノは・・・

・単管パイプ3.6m×6
・単管パイプ4m×1
・直角クランプ×16
・固定ベース×4
・端末キャップ×20
 
といったものを約1万5千円弱でお買い上げ、
数年前であれば、もう少し安く上がったようですが。。。(嘆)
イメージ 5


 ひとまず、単管パイプ類をラッシングベルトで縛り上げ、
一旦、自宅の方に帰ってまいりましたが、
本日は買い物だけで疲れてしまった私め、
軽トラックは作業用工具を積んで実家に預け・・・
作業は明後日以降から本格化ということで、
天気が良ければ、の話ですが。。。(汗)

 前にも書いたことがあるのですが・・・
お仕事での営業中、電話にて丁寧語で話しているつもりが、
どうしてもオネェ言葉になっている さくら でございます・・・
私め的には丁寧語だと思っていたのですが。。。(-.-;)
イメージ 1


そろそろ収穫時期を迎えたということで、
昨日は雨の心配をしながら子供たちと収穫作業を行うことに。。。
イメージ 2


 今回、男爵だけでは足りなくなり、
ワセシロという種類にチャレンジした訳ですが、
とても早く成長する種類だったらしく、
男爵よりも先に成長しきってしまった様で。。。(汗)


 ひとまず、ワセシロから発掘作業を開始!
なかなか程よいサイズやら大きめのサイズのモノが出来ており、
私め的には、非常にご機嫌で収穫する♪
イメージ 3
イメージ 4


 しかしながら、よくよく掘り進めていくと、
穴が開いてしまったものが今回は非常に目立ち、
収穫量の内、全体の1割程度は廃棄となる。(涙)
イメージ 5


 また今回収穫したワセシロ、
私めも収穫してから気がついたのですが、
料理レパトリーが非常に少ない・・・

  ワセシロは水っぽくなりやすく、
味が足りない感じがするので、
蒸す、煮るといった調理方法には向かないかもしれません。
また、やや煮崩れしやすいので、
煮込み料理に使うときには、素揚げしてから使うか、
短時間で仕上げるなどの工夫が必要です。

といった料理に関する注意書きも。。。(嘆)  


 そもそもはポテトチップスに好適のジャガイモであり、
ハッシュポテトやベイクドポテト、素揚げなんかにはいいようで、
息子クンの大好きポテサラには・・・(滝汗)
イメージ 6


 一方、男爵の方はまだ収穫が早かった感じもいたしますが、
やっぱりサイズが若干・・・
ということで、葉の枯れた1列のみとして、
最後1列は後日に。。。


 しかしながら今回の発掘作業、
特に感じたのは昨年よりも害虫が増えた感じ・・・
ネキリムシという、野菜に大敵な害虫、
今回このムシによる被害が顕著だったような。。。
イメージ 7


 とにかく鳥の餌になるよう、
耕した畑の方に放り出してゆきますが、
そろそろ無農薬栽培に拘らず、
農薬の準備も考えた方がいいのかもしれませんね。
イメージ 8


 ひとまずワセシロ45kg、男爵は途中ながらも15kg、
ボチボチの収穫量ながら、
ワセシロに関しては料理法も限られそうということで、
近所周りに何と言って渡そうか、今から悩んでおりまして。。。(汗)

 さて、今年度から吹奏楽部に入った娘チャン・・・
元々、姉弟でピアノを習っており、
これ以上、楽器には興味に示さないかと思っていたところ、
今年3月の6年生卒業演奏会を聴いてからというもの、
吹奏楽熱が上がってしまった様で。。。
イメージ 1


 娘チャンが吹奏楽部に入りたい!といって、
私めたちが否定するのはナンセンス、
よっぽど脱線した時は親が修正する必要があるかと思いますが、
本人のヤル気を尊重して色々と学ばせたいと。。。
イメージ 2


 結局、吹奏楽部に入部したものの、様々な楽器に吹いて触って、
バリトンサックス
イメージ 3

担当することに・・・
バリトンサックスと言われてもイマイチ、ピンとこない私め、
イメージ 5

自由な百科事典で調べてみると・・・

バリトン (bari(y)tone saxophone)
 調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より1オクターヴと長6度低く、
アルトよりも1オクターヴ低い。一般的にローAキーを備え、
記譜上のA、すなわち実音のド(C)の音を出すことができるが、
昔の個体にはこの機構がなかったり、
軽快な音色を出すためにこの機構を省略したりするものもある。
 アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に
折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。
 座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、
ベルの折り返し部分に一脚が組み込まれているものも存在する。
 吹奏楽ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部を担当するほか、
ビッグバンドにおいても低声部を担当する。
まれにトップアルトサックスとオクターブ違いの主旋律や
アドリブソロを吹くこともある。
 クラシカルサクソフォーンに於いては
アンサンブル楽器としての性格が強いが、
最近では栃尾克樹の様にバリトンをソロ楽器として
演奏するプレイヤーも出てきている。
 管楽器で一般に「バリトン」と呼ばれるバリトンホルンと区別するために
「バリサックス」(Bari Sax)と表現されることがある。
また、日本では「バリサク」という俗称で呼ばれることもある。

私めにはナニがなんだかサッパリ。。。il||li _| ̄|○ il||li


 とりあえず、部費の発生やら演奏会での手伝いなど、
様々なことが発生するのは仕方がないにせよ、
演奏に必要な「リード」という
音を振動させる木製の部分が消耗品ということで、
こちらでの購入を求められ。。。
イメージ 4


 なにやらこのリードという薄い板の部分、
いろいろと硬さというものがあるそうで、
番手が上がるほど硬いシロモノ、
初心者だと、2半や3といったレヴェルのモノが
よろしいそうで。。。


 しかしながら私めも驚いたのがこのリードのお値段、
リード1枚で、ほぼ私めの吸うタバコと同じ・・・
一応、密林ショッピングにて5枚入り3990エンというものを見つけ
購入いたしましたが、遠路はるばる滋賀県からご到着いたしまして。。。
イメージ 6
イメージ 7


 このリード、わざわざフランスで製造されたモノ、
日本製をはじめ、餃子の国製やキムチの国製で
溢れる我が家にしてみれば、ジレラやコンプレッサーのような
スパゲッティの国製もございますが、
お仏蘭西製は異端といった具合。。。
イメージ 8


 とりあえず、色々と出費が増えていく娘チャンの吹奏楽部、
この先、楽器を購入してくれと言われたら、
どうしようかと思う さくら でして。。。(悩)

 若つくりをしても年齢は隠せないと思う さくらでございます・・・
ちなみに私め、特に年齢は気にしておりませんが、
若いのか、歳を喰っているのか、
年齢不明で片付けられることが多く。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 1


 さて最近は色々と話題が多いせいもあり、
鉄道模型の話になかなか辿り着けませんが、
GW中に聖地巡礼にてASSYを購入、
先日はクハ115-177の組立作業を行いましたが、
今回はクハ103-281 山手線ATC準備車
組立作業を行うことに。
イメージ 2


 そもそも、103系の増備、
昨年12月に1000エンでサルベージしてきた
スカイブルーの103系4両で最後だと考えておりましたが、
聖地巡礼の際、とあることを思い出し。。。


 昔、何のために購入してきたかは忘れてしまいましたが、
新103系クハ103の床下セットと、
また、先般のJR東海仕様のクハ111の台車交換を行った際に
取外した台車があるの思い出し。。。
イメージ 3


 てなわけで、さっそく作業を行いたいと思いますが、
今回購入してきたクハ103の車体と、
我が家で在庫となっていたクハ103の床下セットと
クハ111から取外した台車を準備。
イメージ 4


 ちなみに床下セットに取り付けられているダミーカプラー、
後年、発売された配管付きのダミーカプラーに変更、
これで我が家のKATO製クハ103とは、ほぼ同一の形態に。
イメージ 5
イメージ 6

 従前の車両組立てと同様に、
車体に床下セットを取り付け、
台車を取り付けて完了!といった具合♪
イメージ 7
イメージ 8


 ひとまず完成したクハ103の肝心の転用先、
困ったことにちょうど良い配置先が見つからず、
暫くは保留車となりそうで。。。(嘆)

 そういえば、ようやく辞めましたネェ、
元東京都知事こと、舛添 要一クン・・・
こんなヤツはさて置き、
次の東京都知事候補には

マック赤坂氏

に立候補して頂きたい さくら でございます。。。m((_ _))m


 さて本日お天気も宜しく、午前中から我が家の食卓用回転イスの
フローリング保護フェルトの付替えを・・・
そもそもこの回転イス、
先日のエコウイルなどと同様に新築時に購入。。。


 その後、金属の回転部分の留めネジの緩みで
何度か補修を行っておりますが、
ここに来てフローリング保護フェルトが草臥れ気味となりまして。(涙)


 先般、娘チャンのベッドなどを購入しに訪れた某家具屋サン

娘チャンの暴挙と思えるマット選びのおかげで予想外の金額
になり、ただでさえガックリ来ているところに
クローゼット内に置くチェストまで欲しいと。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 完膚無きまで追い詰められる私め・・・

この日はあくまでベッドの下見ということで訪れたはずが、
ベッドとチェストを何故か購入するハメになるという

ダブルインパクト攻撃

を喰らい、更なるダメージを受けているところに
最後のトドメを・・・

「そういえば、食卓のイスのクッションも・・・」

と、言う更なる攻撃を受け、私めは完全にでくの坊状態。 


 というわけで、フローリング保護フェルトを購入してきた訳ですが、
お値段は464エン×4ということで、2000エン弱で収まり、
ホッと胸を撫で下ろす。。。


 さて本題のフローリング保護フェルトの取付け作業ですが、
イスの各脚に取り付けられているフローリング保護フェルトを
取外して、新しいモノを取付け。


 王冠丸刃が保護フェルトに取付けられており、
軽く木槌にて打ち込んで作業の方は完了・・・

一脚の回転イスに関してはネジ取付け部の補修を行いましたが、
イメージ 1


作業的には4脚16箇所の取替え作業、
ネジ部分の補修を併せて時間も1時間程度、
ひとまずリフレッシュが出来て良かったのかな?と。。。

 完全に四面楚歌になっちゃいましたねぇ、
某都知事の舛添 クン
この人、セコイというか、乞食ヤローというか、
漢には潔さも必要だと思う さくら でございます・・・
姑息な手段を使って自らの延命を図っているようですが、
時すでに遅し!ですよねぇ~!
これで都知事辞職ならともかく、
 都議会解散
だったら、クソヤローだと思います。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、修理のために自宅から旅立っていたホンダ製の
エコウィルのエンジン
が修理を終えて我が家にご帰宅。。。
イメージ 2


 ガスケットからのオイル漏れということでの修理でしたが、
しっかりと修理部分には液体ガスケットが塗布されたようで。
イメージ 3


 代替エンジンを取り出してから我が家のエンジンに取り替え作業、
今回は作業員サンが一人ということで、
ところどころ作業の補佐を行う。。。
イメージ 4


 エンジン取替え完了後、
各部の配線・配管の接続を行い、
作業のために抜かれていたエンジンオイルを注入・・・
エンジンオイルはホンダの
ULTRA CHP 
ガスエンジン発電ユニット専用エンジンオイル 10W-30
というもの。
イメージ 5
イメージ 6


 エンジンにオイル注入後にエンジン始動!
速やかにエンジンのほうは稼動し始め、
各部のチェックを行った後に
防音板を取り付け作業は完了!
イメージ 7


 ほぼ毎日稼動しているエンジンということで、
こういった不具合は必然的に発生することだとは思いますが、
作業員サンとのお話の中で、

「半永久的にこういったエンジンは
メンテナンスフリーだと思っている方もおられます。。。」 

という言葉に改めて驚き・・・(苦笑)
何はともあれ、この数日間、代替エンジンのおかげで本機故障中は
ホントに助かりまして。。。(感謝!)
イメージ 8

 私めとあまり縁のなかった
NHK大河ドラマ
試しに視てみた真田丸・・・
日曜夜8時にはテレビの前を陣取り、
放映待ちをしている さくら でございます。。。m(_ _)m
イメージ 1


 さて、私めが20歳前半に購入した
マキタのエアーコンプレッサー AC650
同タイプにAC660といったモノもあるようですが、
東日本と西日本の周波数の違いで割り振られているようで。
イメージ 2
イメージ 4


 ちなみにマキタという、日本のお馴染みのメーカーから
発売されているモノながら、
生まれは我が家のジレラランナーと同じ
MADE IN スパゲッティの国製
というシロモノ。。。
イメージ 3


 オイルレスの単気筒シリンダーにてエアーを充填し、
普段からタイヤのエアー調整を始め、
埃飛ばしやら水滴飛ばしなど、ありとあらゆるシーンで活躍、
色々と私めも長期に渡り重宝しておりまして♪
イメージ 6


 しかしながら先日、何気なしにエアーを充填して、
子供たちの自転車のタイヤにエアーを充填しようとすると、
娘チャンから何気無い一言・・・

娘:「パパァ、合わせ目の部分から泡が出てるよ!」
私め:「ん・・・?」

よくよく見ると、タンク合わせ目部分から、
微量ながらもエアー漏れの兆候が確認でき。。。(嘆)
イメージ 5
イメージ 7


 盛大なエアー漏れにはなっていないものの、
ジワリジワリとエアーが漏れ出している様子・・・
正直、ガスケット交換するには部品も確実に入手困難!
イメージ 8


 ひとまずは暫しこのままといった状況になろうかと思いますが、
出来れば私め、そろそろ下のタイプのような
エアーコンプレッサーが欲しいような。。。(汗)
イメージ 9

 転職できるなら転職してみたい さくら でございます・・・
ただ今年度は仕方ないにせよ、来年度・・・
年齢条件でパスできないと思われ。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さて先般、我が家の
スズキ アドレス V125G
のベルト交換とウェイトローラーの交換を
行いましたが、ベルトの方もそろそろ馴染んできたご様子、
停車からの出だしも若干ながらではありますが、
変化が感じられるように思われ。。。(悩)
イメージ 2


 またここ最近になり、部品交換せねばならぬ場所が1ヵ所判明、
ハンドルグリップが割れてしまいまして・・・il||li ○| ̄|_ il||li
元々、左側のグリップは強風で倒れた際に破損気味でしたが、
だましだまし使用できるレベル、
一方のアクセル側となる右側グリップは最近になってグリップ端部の
割れが顕著となり、そろそろ交換しておいたほうが
よろしい様で。。。
イメージ 3
イメージ 4


 ということで、私め掛かり付けの密林販売より
イメージ 5

・Daytona グリップ PRO-GRIP ブラック/ブル- 貫通 
・Daytona ヘビーウェイトバーエンド ハイディッシュ/ブルー

をご注文、すぐさま到着。。。
イメージ 6


 さっそく作業に入りますが、ハサミにて両グリップを切断後、
ハンドルバーに残る接着剤・・・
とりあえずシリコンオフにて除去。。。
イメージ 7
イメージ 8


 綺麗になったハンドルバー、
私めのやり方は邪道なのかもしれませんが、
グリップが入り辛いという事で、
シリコンスプレーにてハンドルバーに軽く塗布、
ウルトラSUを更にハンドルバーに塗布した上、
グリップを圧入といった具合。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11


 このままバーエンドの作業も行おうかと思いましたが、
ハンドルの接着剤も乾いていないということで、
本日はこのままお開き・・・
おまけに羽田まで往復した疲れが出てき始め。。。(汗)
イメージ 12


 後日、バーエンドの作業でも行おうかと思いますが、
色々と作業の方が面倒なようで、私めのやる気と相談したいと。。。(汗)

※恐れ入りますが、頂いたコメントへのレス、
諸事情により後日とさせて頂きます。。。m((_ _))m

 見てるだけで人を不愉快にさせるコノ人、
ニュースで姿が写るだけで不愉快・・・
イメージ 1

またコノ人も別にいまさら、復帰しなくてもいいの
イメージ 2

と感じている さくら でございます。。。(-.-)y-~~~


 さて、本日は早朝4時過ぎに目を覚ますことが出来たので、
5時前から早朝1人ツーリングに出陣!
ということで、ジレラ ランナー
朝っぱらから暖機しておりましたが、
例のビニールチューブの偉大さを改めて感じまして。。。m((_ _))m
イメージ 3


 県道から国道298号線→国道357号線に入り、
荒川を越えた先から左折し、東京ゲートブリッジを目指す・・・
早朝とはいいながらも大型トラックなど、
案外とクルマの台数も多く。。。


 東京ゲートブリッジを超えて海底トンネルに入るわけですが、
途中、路面には漏水している箇所もあり、
恐らく場所からして、海水なんでしょうねぇ~、
とりあえず、避けながら走行する。
イメージ 4


 今回の目的地、
城南島海浜公園
に到着~!
私め的には下のような光景を期待し。。。
イメージ 5


 駐車場内にオートバイ用の無料駐車スペースが
しっかりと確保されているということで・・・
しかしながら、時間はまだ5時40分過ぎ、
駐車場入口自体が閉鎖されているといった事態!
あきらめて、つばさ公園に向かう。。。il||li ○| ̄|_ il||li。
イメージ 6


 こちらも羽田空港対岸のつばさ公園
イメージ 13

飛行機が形どられたガードレールが設置されていたり、
イメージ 7

対岸の羽田空港にはソコソコの数の飛行機が駐機中・・・
イメージ 8

午前6時前から羽田に着陸しようとするANA機を見学する。
イメージ 9
イメージ 10

 一息ついてから自宅に向け出発・・・
道中、東京ゲートブリッジを撮影して7時過ぎには帰宅、
イメージ 11

何気なく車体を確認してみると・・・
さすが2サイクルのスクーター、エンジンの振動が大きいのか、
泥除けカバーのネジが緩んでおり。。。il||li _| ̄|○ il||li 
イメージ 12

 着々と計画を練り進めている さくら でございます・・・
とにかくやれるだけの事は自分で
やっておきたいと考えておりますが、
それよりも何よりも、肝心のクルマがないと、
話にならないのですが。。。m((_ _;))m
イメージ 1
 さて、マイクロエースから発売された
車両単価が異様に高い
西武 E31型 晩年・
   床下ダークグレー 2両セット
遠い昔に販売されたような錯覚に陥っておりますが、
昨年の11月ごろの発売だったようで。。。(汗)
イメージ 2
 そんな2両のE31、そろそろ連結器も
我が家の標準仕様に変更しておかねばならぬお年頃、
ただ、事前準備は何も出来ておらず、
モノは試しの当たって砕けろ状態。。。
イメージ 3
 本来であれば、
KATO EH200ナックルカプラー
が推奨されているようですが、
とりあえず今回は実験を兼ねて
パーツボックスに入っていたナックルカプラーを
使用するという暴挙に。。。(汗)
イメージ 4
 とりあえず、カプラーの柄が長いようですが、
そんなことはお構いなく、
またスカートのカプラー取り付け部分には
邪魔となる部分の切除作業も行わなければいけませんが、
今回は試し作業ということで、切除作業もパス。。。(苦笑)
イメージ 5
 一応はナックルカプラーも部分切除を行い、
実際に取り付けてみましたが、
カプラーの高さ的に
ナックル部分がご丁寧にも
   お辞儀している状態
。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 6
 E31にKATO のナックルカプラーが
取付けできることは分かりましたが、
本来推奨されているEH200のナックルカプラーの
速購入とカプラーのお辞儀状況を改善させるべく、
小径のプラワッシャーでも購入してみようか、
暫く悩みのタネになりそうで。。。(嘆)

 さて、昨日のエコウィルのエンジン交換作業、
何気なく作業の方を拝見させて頂いた訳ですが、
オイル漏れを起こしたエンジンを取り外して、
代替エンジンを取り付け、従前のエンジンは
修理のために我が家から一時的に旅立って。。。(^O^)/~~ see you !
イメージ 1


 そんな作業光景を見ながら、
何気なく我が家の外壁に目をやると・・・
ん?何か外壁が変???
イメージ 2


 何気なく目をやった配管裏の外壁の塗装面、
ぬわんと、
塗装面の割れと割れた塗装面のめくれが・・・
ホント、私め的には
驚き!桃の木!!アントニオ猪木!!!
 
イメージ 3


 冗談はさて置き、
外壁の一部分の4箇所ほど、
塗装面が割れてめくれている状態、
そして、ブロック分けされている下段面の部分にも
塗装の浮きと割れが認められ。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 4
イメージ 5


 ここで慌てふためいても仕方ないということで、
我が家を立てた時、へーベルハウスの塗装に関しては
30年塗り替え不要というのがウリ!
ということで、我が家が出来てから6年半・・・
30年にはまだまだ程遠く。。。
イメージ 6


 女房サマにへーベルハウスの連絡先を準備してもらいつつ、
エコウィルの作業終了後にハウスメーカーに連絡、
家の方位と詳しい場所を伝え、
私めの仕事などの都合もあり、後日6月13日に
業者サンが我が家に。。。
イメージ 7


 簡単な補修で完了するのか、
どういった修理になるのかは、まだまだ未定ですが、
エコウルやら自宅の修理費など、
私めもそろそろ真剣に修繕費として
お金を貯めなければいけないのかと、悩んでおりまして。。。(嘆)
イメージ 8

 さて本日午前中は、ガスケットからのオイル漏れが発覚した
ガス発電・給湯暖房システム エコウィル
のオイル漏れ修理に伴う代替エンジンの交換作業のために、
業者サンが我が家に訪れ。。。
イメージ 1
イメージ 4


 そんなエコウィル、元々は
発電ユニット貯湯ユニットからなり、
発電ユニットのガス燃料エンジンはホンダ製、
貯湯ユニットと標準リモコンセットはノーリツ製といった具合。


 このエコウィルのエンジン、
ホンダ製 単気筒OHV4サイクル163ccと、
我が家のスズキ アドレスの排気量以上ジレラ・ランナー未満、
排気量は163ccと記載されているものの、
出力に関しては・・・?


 そんなエコウィルのエンジンの交換作業ですが、
外板、配管やら土台からの切り離し作業・・・
たまたま作業中、今年入社した若手社員もおり、
ネジがなかなか外れず難儀しているご様子、
結局、私めが外し方のコツをレクチャーのうえ、
実際にネジを取り外してみせる。。。
イメージ 2


 ひとまず、これから修理に行くエンジンを外した後に
代替品のエンジンを土台にセットし、
配管補機類を接続して、
エンジンの試運転を行って作業終了、
それにしても、色々と吸音のために、
大小さまざまなスポンジが組み込まれており、
エンジン始動時の静かさの訳を納得する。
イメージ 3


 そんな作業、横で拝見しながら感じたこと・・・
普段は箱の中に篭っているせいか、
あまりサイズの方は気にしておりませんでしたが、
エンジン単体で見させて頂くと、
大きいかと思いきや、案外とコジンマリとしていますねぇ。。。
イメージ 5


 恐らく、エンジン上部にエアークリーナーなどの補機部品が
取り付けられているからだと思いますが、
エンジン単体になってしまうと。。。


 今回の修理に関して、液体ガスケットを用いて修理を行うとの事、
液体ガスケット流布後、エンジンを組立て、
1日置いておきたいとの事で、また数日後に戻ってくるようですが、
個人的にはエコウィル、今回の修理はともかくとして、
停電時にも使えるシステムであれば、
もっと素晴らしいのにな、と、思う今日この頃でして。。。
イメージ 6

 「チャンスは素早く掴まないと・・・チャンスは2度と無いよ!」

という、亡き恩師の言葉を思い出す さくら でございます・・・
そんな私め、チャンスを逃しっ放しなんですが。。。(-.-;)
イメージ 1


 さて、先般の法事にて訪れた父上サマのご実家・・・
今回は仏様が関西の方へ遷仏されるということで、
私め的には参加しておきたかったこともあり、
都内某所に訪れておりましたが、
チョイト面白いものを見つけまして。。。


 法事が終わり、近くのファミレスに場所を・・・
すると、駐車場から異様なオーラを放つ1台、
よくよく見てみると、5代目スカイラインのC210型の後姿、
多少はお草臥れ気味とは言えども、充分に存在感は誇示しているようで♪ 
イメージ 2


 通称ジャパンといわれたこのスカイライン、
グレードはGT-EX?
排気量は2000ccのようですが、
全体的にヤツレまでは行かないものの、
クルマ全体から草臥れ度は伝わって。。。(苦笑)
イメージ 3


 一瞬私めも、ホイールも錆び気味、
もしやの放置車両かしら?と思いつつも、
ココはファミレスの駐車場、放置車両とは考えにくく、 
しっかりとした実働車なんでしょうねぇ~?
イメージ 4


 一方フロントに回って、お顔の拝見・・・
しかしながら、フロント部も何気にお疲れ気味と見えて
フロントバンパーもなんとなく歪みがあるような気がしないでもなく。。。 


 あまり長時間、車の周りでウロチョロしていても
完全な不審者扱いになってしまいそうということで、
早々に退散いたしましたが、
昔はたくさん街中を走っていた5代目スカイライン、
いまでは滅多に見れぬ珍車になってしまった様で。。。(淋)
イメージ 5

 雨の日の習い事、夕方ということもあり息子クンのお迎え・・・
すると、息子クンの同級生の女の子が私めの傘を見て一言、

「息子クンのパパ、なんで傘の持つところに輪ゴムを付けてるのぉ?」

という、子供の観察力に感心しながら、

「ん?輪ゴム?あぁ、コレ、おじさんの髪の毛を縛るために付けてんの。」

私めの髪型はスキンヘッド、
子供にウソをついてしまった さくら でございます。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さて、我が家のジレラ ランナー180SP、
イメージ 2

早朝ツーリングには最適な季節となりましたが、
如何せんジレラ ランナーには
       チャンバー
が取り付けられておりまして。。。
イメージ 3


 朝から景気よく暖機運転を行うにも、
パン、パン、パンッ!
盛大な排気音を奏でるおかげで、
十分な暖機運転も出来ず、エンジンスタートと共に
家を出てノンビリ走りながら暖機する始末・・・
しかしながら、朝からの暖機運転では騒音にもなりかねず、
音が気になるお年頃♪
といった具合で。。。(汗)
イメージ 4


 ただ、しっかりと暖機運転を行ってから
ツーリングに行きたい私め、
何かしらの方策はあるのではないかと、
仕事そっちのけで悩んでいたところ、ある名案が閃き♪(キラキラ!☆彡)


 チャンバーが騒音源とすれば、
チャンバー後位のサイレンサーから排気口までの距離が短く、
排気口出口から配管を伸ばしてみれば
少しは音の減少が期待できるのではないかと。。。


 ということで、ジレラの排気口出口は外径25mm、
さっそくホームセンターで内径25mmの
ビニールチューブを2m購入、
お値段も600エン弱。
イメージ 5
イメージ 6


 さっそく帰宅後に、排気口出口にビニールチューブを
取り付けてエンジンON!
案の定、排気音の方は見事に軽減いたしまして♪(涙)
イメージ 7


 ひとまずコレで朝から豪快な排気音も気にせずに
エンジンの暖気ができますが、
まさかとは思いましたが、排気口出口を延ばしてやるだけで
ココまで音が静かになるとは私めも正直、驚いておりまして。。。
イメージ 8

 試験で出題される化学式を一生懸命覚える女房サマ、
隣でR2-D2だのC3POだのと、
ちょっかいを出している さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて聖地巡礼で購入するも、未だバラバラの車両群、
鉄道の話もかなり久々の感もございますが、とりあえず、第一弾として、
115系クハ115-177
を組み立てることに。。。
イメージ 2


 そもそもクハ115-177、
115系800番台基本セットに組み込まれていた
偶数向きの制御車。
イメージ 3


 さっそく作業の方ですが、
組立てに用いるはクハ115の車体と、
113系と115系非冷房車の共通の床下ということで、
クハ111-12の床下セットとクハ111のTR62台車。
イメージ 4


 組立て自体は床下セットを車体側に組み込んで、
スナップ式の台車を取り付けて完了。。。
イメージ 5
イメージ 6


 我が家の113系非冷房車のクハ111と同様に
ジャンパ栓受け用に運転席側のステップ下には
取り付け穴が用意されており、
とりあえず、 115系300番台入線時に取り付けを行った
ジャンパ栓受け等が余剰パーツとして保管しており、
この部品を活用、取り付けを実施する。
イメージ 7
イメージ 8


 車両自体はデカ目、非冷房の旧いスタイルながら、
存在感は充分に感じられる車両・・・
しかしながら私め、この車両の一番気になる部分は
トイレ直下に取り付けられる垂れ流し管。。。
イメージ 9


 なんともシュールな格好をしておりますが、
出来れば先端にゴムのヒラヒラを再現できれば
私め的に大満足なんですが。。。(苦笑)
イメージ 10

↑このページのトップヘ