続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

2016年05月

 私めの友人と久々に電話で談笑、
困ったことがあるそうで、
「参ったよぉ、4月から
       ホ モ 疑 惑
のある先輩と組むハメになっちゃって・・・」
バックを取られて襲われない事
を祈りたい
さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、昭和の杜 博物館で
流鉄2000系と散々スリスリしたあと、
流鉄クモハ2006の手前で展示されていた車両・・・
    銚子電鉄 デハ1001
が、早くも引退した銚子の地から松戸の地に。。。(驚!)
イメージ 2
 まだ、車両のお色直しやら周辺の整備など、
館長サン自らが陣頭指揮を執り、
行われておりましたが
2月末に引退して、
まさか昭和の杜で出会うことになろうとは。。。
イメージ 3
 晩年は営団地下鉄銀座線時代のカラー
塗り替えられており、
車体の草臥れ感は否めないものの、
しっかりこちらも存在感を示して線路の上に鎮座。

 前面の行き先表示器も引退時の
      「銚子↔外川」
が表示されている状態・・・
イメージ 4
 また連結器も特徴のあるトムリンソン式密着連結器と
銚子にて取り付けられた自連対応の中間連結器は
現役当時のまま、
写真などで気になっていた中間連結器を舐める様に
間近で見学することが出来た訳で♪
イメージ 5
 台車の方も富士急5700形の履いていたFS316、
床下の主要機器は撤去されていたものの、
銚子電鉄で活躍していた往年の姿は
窺い知る事が充分でき、
昭和の杜博物館に来た価値はあったような。
イメージ 6
 そして、車内の方は桃太郎電鉄で有名な
ハドソンとタイアップした時に設置されたと思われる
桃太郎電鉄のキャラクターが
あしらわれた座席などが見えており、
展示整備が完了したときの車内探訪が楽しみですねぇ♪
イメージ 7
 その他にも鉄道に関連したものが色々と設置されており、
私めのような鉄道好きから見たら垂涎の地・・・
イメージ 8
 鉄道車両に夢中となる道楽オヤジを尻目に
一方の息子クン、
気がついたら園内に設置されていた
遊具で遊んでいた訳で。。。(嘆)

 人の話を聞く姿勢は大事
だと思う さくら でございます・・・
ただ、難癖つけてウソをつく事はご法度
なんですが。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて本来であれば、聖地巡礼の話を考えていたのですが、
昨日7日の土曜日午後の話・・・
子供たちも午前中は習い事、
午後から娘チャンは吹奏楽部の練習。。。

イメージ 2
 息子クンは午後から予定なしということで、
私めと息子クンの2人で向かった先・・・
松戸市にある昭和の杜 私設博物館へ。。。
イメージ 3
 前回訪れたのは、いまから3年ほど前・・・
ちょうど流鉄のクモハ2006がこの地に
やって来たばかりで展示に際しての整備中だった訳で、
今回はそんな整備も既に終わっていることもあり、
入館料300円を払い、ゆっくりと見学することに♪
イメージ 9
 とりあえず、車両前方から記念撮影・・・
西武時代の色合いは違いや、
中間車に接合された制御車の前頭部ですが、
ステンレスの化粧版やら顔付きに
西武線で活躍していた101系を思い出しまして。。。(涙)
イメージ 4
イメージ 5
 また下回りには国鉄側に「ST式戸締め装置」を
無償提供と引き換えに
GETした
DT21とほぼ同じ住友製のFS342台車が・・・
ちなみに製造は昭和40年製ということで、
約50年前の台車の様で。。。
イメージ 6
イメージ 7
 一方の車内の方はひと昔前の
懐かしき西武の通勤電車の車内、
私めが子供の頃に乗った西武池袋線を思い出し・・・
イメージ 8
イメージ 13
また、車内銘板のほうは昭和41年製の
       所沢車両工場
文字が刻まれ、久々のこの文字を見たような。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
 車内の広告枠にはこの車輌が
この地にやってきたことが
写真で飾られておりましたが、
関東地方では数少ない
元西武701系、
末永くこの地で姿を見られることを祈り・・・
そんな流鉄のお隣には更なる驚きの車輌が飾られ。。。

 昨年はしっかりと春先に色とりどりの花を咲かせてくれた
チューリップ・・・
今年は事もあろうか、
チューリップの球根を植え忘れ
ていた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて4月23日に苗を畑に植えた鳴門金時、
その後の水遣りするも荒天やら悪条件が重なったのか
数本が脱落するも残りの苗はしっかりと畑に根付いた様で・・・(涙)
そして、5月初旬に入ったということもあり、
例の苗の販売状況を確認しに掛かり付けのホームセンターに出陣!!


 私めも内心、時期的にはまだ販売されていないでしょう♪
ということで、性能維持のため安易にジレラ ランナーで・・・
心地よい風とともに現地に到着、
店舗前の植物販売コーナーをうろつくまでもなく、
コーナーの一角には私めの安易な行動を打ちのめすかの如く、
安納イモの苗、こともあろうか発売中。。。il||li ○| ̄|_ il||li
イメージ 2
イメージ 3


 結局、苗を収納することも出来ず、
ハンドルにぶら下げて自宅に帰還!
さっそく安納イモの苗を畑に植えることに・・・
幸いなことに夕方から雨予報、
こういった苗の水遣りを省くにはちょうど良いかと。


 苗を植える場所を整えたあと、
鳴門金時の苗を植えたときと同様、
50cmの間隔で苗を畑に植えて行きましたが、
都合25本入りと謳われながらも26本の苗が。
イメージ 4
イメージ 5


 ひとまず植えておきたかった苗の方も無事に植え終えて、
暫くは水遣り作業に追われることになりますが、
何とか安納イモも無事に成長して欲しいものですよねぇ。
イメージ 6


 こちらも収穫は10月頃になろうかと思われますが、
前回車庫脇に植えたキュウリやトマト、なすといい、
すべてが豊作になって欲しいと。。。

 アメリカでは大統領選びだかをやっているようですが、
どうもこの方↓だけは
イメージ 1

暴言の嵐で嫌悪感を抱いている さくら でございます。。。m((_ _#))m


 さて昨日は3連休の最終日・・・
3日は女房サマと子供たちを実家へ、
4日は私めがお仕事、
5日は女房サマと子供たちを迎えに
ということで、あまり連休らしい連休といった気分を
全く味わえぬままに。。。(嘆)


 そんな中、昨日は当直明けで現地に向かう訳ですが、
出発前に高速の渋滞情報を見ると、
普段使用する東京外環にしても、
首都高速にしても全く渋滞しておらず。。。
イメージ 3

 いつもならば、渋滞を避け下道で都心を抜けておりましたが、
せっかくなので初めてランクル70にて
首都高速を走行してみることに♪
イメージ 2


 そんな首都高速もいたって順調、
一般道もこれまた順調という事で、
渋滞もせずに時間より早く目的地に到着できることも
コレは神の思し召し
ということで、ここまで着たら避けられぬ
聖地巡礼を敢行する事に。。。(汗)
イメージ 4


 そんな聖地は駐車場にたくさんのクルマ・・・(滝汗)
とりあえずクルマを停めて、色々と店内物色を。。。
イメージ 5


 特に目ぼしいものがある訳でもないはずですが、
神のお導きの元、カゴには色々と商品が入ってゆき・・・
ひとまず、買いたいモノをカゴに入れて、清算していると、
お隣では寝台車両に取り付ける室内灯のことでお値段計算、
8千ナンボなどといわれておりましたが、
私め的には何でご自分でやらんの?と感じで。。。


 ひとまず今回購入してきた車両群、
訳の分からぬものが大多数を占めておりますが、
私めの都合で次回に。。。(汗)
イメージ 6

 

 今年も色々と異常気象が起こるんですかねぇ?
スッキリとしない天気やら雨天やらが続くと
腰の具合がイマイチの さくら でございます・・・
ホント、更なる痛み止めやらの
薬漬けの日々で。。。m(_ _)m
イメージ 1
 さて2年前の聖地巡礼で購入しておきながらも、
いつか日の目を・・・と思いながらも、
そのまま放置されていた車両、
チビ電 ホビーセンターカトー東京店 
            新装開店記念号
2年前の2月にホビセンカトーの東京店の
新装オープンを記念して
東京店と大阪店にて
発売されたシロモノ・・・。
イメージ 2
イメージ 3
 白いボディーにそれぞれの色合い、
KATOのマークもそれぞれの車両で違うという拘り様、
オリジナルの架空の車両とはいえども、好感は持てまして♪
イメージ 4
イメージ 5
 当時の聖地からの発表では・・・

・2両編成のコンパクトで廉価なセット内容。
・新装開店を記念して、オリジナル塗装です。
・パッケージは従来と同じ
 ポケットラインシリーズ用の紙箱入。
・定評あるKATOの小形動力ユニットを装着。
 安定した走行が楽しめます。(フライホイールは付きません)

ということで。。。
イメージ 6
 当時、3000エンチョットで
購入してきた覚えがございますが、
車両の方はドローバーで結ばれており、
ヤル気になれば、動力車の単行運転も可能といった状態。
イメージ 7
 また屋根上も、我が家では装着率の少ない
シングルアームパンタグラフ
が載せられているといった状況、
色々と開店記念を意識したのか、
なかなかの出来具合の様で。。。
イメージ 8
イメージ 9
 聖地巡礼の際に購入してきた開店記念のチビ電
我が家のレイアウトで走るのはいつのことやら。。。(汗)

イメージ 1

 どうも私めのシーズンが終わった
ような気がする さくら でございます・・・
これからは私めの大嫌いな
       毛   虫
のシーズンが到来するかと思うと。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  
イメージ 2


 さて我が家にて上野口で活躍していた
211系3000番台
のグリーン車組み込み編成をこさえておりましたが、
増結分となる基本セットが我が家にご到着・・・。
イメージ 3


 とりあえず、グリーン車組み込み側の10両編成、
元々5両編成2本に2両のグリーン車ということで、
動力車の配置も模型のスーパーレールカーゴ並み。。。
イメージ 11

 今回の211系は基本側の動力車が上野方から
2両目に組み込まれているということで、
増結編成を組み込んで15両にするのであれば、
増結側の編成にも動力車を組み込み、
増結側も2両目を動力車にしておきたいところ。
イメージ 4


 最悪、増結セットを購入して
新たに動力ユニットの組み込みも考えておりましたが、
運良く211系3000番台の基本セットを購入する事が出来まして。
イメージ 9


 ところで到着した211系3000番台、
中古という割には車両状態も上々、
車輪の方も目立った走行歴は無さそう・・・
従前の車両群は確認しておりませんでしたが、
一応ステッカー類はしっかりと
湘南新宿ラインのものも収録されており、可能な限り使用したいと。
イメージ 5
イメージ 6


 最後にクモハ211のパンタグラフについて、
オリジナルのひし形パンタのままにしようか、
シングルアーム式のパンタグラフに交換しようかを
悩んでおりましたが、
増結側がひし形パンタ、基本側がシングルアームパンタ装着の
過渡期の写真もなく、結局パンタグラフの交換を。。。(涙)
イメージ 7
イメージ 8


 これで東海道本線側と上野口側の2本の211系の編成が
完成いたしましたが、あとは残る113系の編成が完成すれば私め、
大満足なんですが。。。
イメージ 10

 に苦しむ私めのご友人・・・

「病院でパンツ下ろすの恥ずかしくてさぁ~
スマホで痔を痔撮りしていったけど、結局脱がされた。。。」(涙) 

私めなら病院で看護師サンの前にて
悦んでパンツを下ろす
であろう さくら でございます・・・
ただ時折、男性の看護師サンもいらっしゃいますが。。。m((_ _;))m
イメージ 1


 さて、我が家で冷房化を待つ数々の車両たち・・・
しかしながら、あることが理由で冷房化が
保留されている車両も多数あり。。。


 冷房化保留の理由・・・
ただ単にAU75冷房装置脇に取り付ける
塗装済みのランボードが無い
といった理由・・・
中にはエバーグリーンにてランボードを自作
する方もいらっしゃるようですが、
私めは極力、手抜きできるのであれば手抜きが出来る方向で。。。(滝汗)
イメージ 2


 ということで、自宅で保管していたGMの
No.95-3 103系用改造パーツセット
3箱を引っ張り出し、ランボード12両分を確保することに♪
イメージ 3


 あくまで目的はAU75用のランボード、
103系一般形・1000番台、105系、
伊豆箱根3000系の前面やAU75G等は今回必要なく、
とにかくランボードを!!
イメージ 4
イメージ 5


 とりあえず切り分けるだけ切り分け、
後日、ランボードの切取り部分整形後に
塗装を行いたいと思いますが、
これで冷房化できる車両は12両分。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


 アレよコレよと冷房化する車両を選んでいくうちに
肝心な冷房化すべき車両を忘れそうな予感、
ひとまず、冷房化する12両の車両選定にでも入ろうかと悩み。。。(苦笑)

 サツマイモの苗を植え終えたものの、
早くも収穫時の分配を強要されている さくら でございます・・・
人の苦労を知ってか知らずか、
秋には小さいイモばかりを配ってやろうかと。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて我が家には珍しく、
TOMIX製の113系がご入線・・・
車両の方は
モハ113・112 2000番台の湘南色。
イメージ 2


 ある意味、当時のTOMIXの車両の特徴なのか、
プラ車輪を履いた年代の車両、
車輪の踏面部分も走行したような後もなく、
ほぼ未使用の車両だった様で。。。
イメージ 3
イメージ 4


 KATOの113系2000番台の車両とは違い、
冷房装置脇のランボードも201系と同様の
大型ランボードが表現されており、
KATOの車両と比較しても目立つ部分かと・・・
また冷房装置も取外し可能ということで、
アフター品の冷房装置を取り付けてもイイような雰囲気で♪
イメージ 5


 ひとまず編成に組み込む前の我が家の標準化作業ということで、
プラ車輪の金属化・・・
とりあえず、こちらは我が家で余剰となった台車TR50から取り外した
KATOの黒染め車輪を使用する予定でしたが、
どうやら短軸車輪ということで、取り付けたところ残念な結果、
結局、あり合せの金属車輪を用いることに。。。(涙)
イメージ 6
イメージ 7


 平行してカプラー交換ということで、我が家では多用されている
KATO カプラー 密連
を使用・・・
この際、ジャンパー線も片側は切除ということで。。。
イメージ 8


 あとMM’ユニットがもう1組、入手できれば、
東海道本線の11両編成が完成となりますが、
東京方のデカ目の先頭車を筆頭に
様々なメーカーのゴッタ煮編成が完成しそうで。。。
イメージ 9
イメージ 10

↑このページのトップヘ