続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

2015年03月

 ご飯茶碗に米粒を残してゴチソウサマ、
という方がいらっしゃいますが、
私め的には、どうも許せない さくら でございます・・・
やっぱり米、一粒一粒、ハ十八の手間掛けて出来たものだけに
キレイに食べてほしいものと。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて本日は、軽トラック、スズキ キャリィにて印西市の
ジョイフルホンダ
に出陣!!
 
イメージ 2

 ただ、店舗に着くまでに、成田スカイアクセスの線路脇に出来た新道、
既存の道とは違い、ハイスピード一般道が・・・
私めもつい、そちらのハイスピード一般道を利用してしまうのですが、
我が家のスズキ キャリィ、まもなく生誕30年、
排気量も550ccの30馬力、
農業仕様のハイギヤードということで、
平均速度も60~65km/h程度、
おかげで右側車線からビュンビュン、追い越されていく始末。。。(苦笑)

 
 そんなジョイフルホンダに到着してから、必要なモノを購入し、
肥料売り場にLet's Go~!!
ついつい、種イモコーナーに目が行ってしまい、
男爵1kgをカートに入れてしまう。。。(汗)
 
イメージ 3

 男爵はさて置き、せっかくココまで来たのだから、
掛かり付けのホームセンターで最近、何故か売っていない
牛さんがお尻から出して、我々に授けてくれた宝モノ、
醗酵牛糞堆肥40ℓ

を1袋、購入~♪
 
イメージ 4
イメージ 5

 値段も515円ということで、2~3袋購入しても良かったかな~、
と思うも、あまり購入しすぎても、雑草タチの栄養になりそうなので、
牛糞1袋でちょうど良いのかと。。。
 
イメージ 6
イメージ 7

 
 それにしても、この醗酵牛糞、
ビニール袋に鼻を近づけても、イヤなニオイもなく、
開封した瞬間にステキなニオイが漂うのでしょうけど、
今年はこれに醗酵鶏フンなどを加えて、
色々と肥料面で新しい試みをして見たいと。。。

 最近、天候不順のおかげで
ジャガイモの作付けが出来ず、
悶々としている さくら でございます。。。m(_ _)m
 
 さて、今から約12年前に撮影した私めの元愛車・・・
私めも、チョット気になっていたのですが
不思議な写真が一枚。。。
 
 まだ結婚する前の話、実家にて洗車した
ダイハツ ミラ アバンツァード
を夕方に撮影したもの。
イメージ 1
 時期的には12月間際の11月後半、
カメラはデジカメのサイバーショットP-5、
辺りも暗くなり始めており、フラッシュを使用。
  
 写真はほぼ、続けて撮影したものですが、
最後に撮影した一枚の写真には丸い玉のようなもの・・・
虫が写り込んだにしては、形は丸すぎ、
連写までとは行かないまでも、
その後にもスグに撮影しており、
短時間でレンズにゴミが入るとも考え辛く、
この後、撮影した写真にはこういった丸い形のものは
写っておらず。。。
 
 イメージ 2
 ただ、画像は縮小、補正されてしまったため、
妙に丸いタマのようなものが強調されてしまいましたが、
元画像を見る限り、ぼんやりと写っているような雰囲気で。
 
イメージ 3
 まさかのまさかでオーヴではないと思っているのですが、
私めの友人曰く・・・
「さくらチャン、さすがだね、
   しっかりとオーヴが写ってるじゃん♪
    やっぱり呼び寄せるんだねぇ~、類友??(爆)」

といった、ふざけた一言を。。。

 しかしながら、何気なく撮影したスナップ写真に時折、
写り込んでいたり、子供たちと花火をする姿を撮影すると、
同じく丸いタマが無数に・・・
そろそろ私め、お払いを考えた方がいいのかと。。。(嘆)

 昨日はコテンパンにやられ、
青息吐息状態 さくら でございます。。。m((_ _;))m
 

 さて、鉄コレ第20弾のN化作業を挟んでの
カプラー交換作業になってしまいましたが、
数日も開ければ、接着剤の方も完全固着するだろうということで、
接着したカプラーポケットを触るも、イイ感じのようで♪
 
イメージ 1

 とりあえず、デッキと動力ユニット接合の前に
車体側の簡単な加工を・・・
ライト上に設置されていた中途半端なアンテナ、
こちらを近似のKATOのATCアンテナに交換。
 
イメージ 2
イメージ 3

 φ0.7mmのドリルにて軽く孔を掘り、
アンテナを接着して作業完了♪
中途半端に太いサイズのアンテナよりも、
こちらの方がよさげな感じですねぇ~。
 
イメージ 4

 
 ひとまず車体の方の加工は終了ということで、
パンタグラフを載せて、車体との合体待ちに。。。
 
イメージ 5

 
 お次にエンドーナックル短と、KATOカプラーの取付けられた
両端デッキを動力ユニット接合部に戻した後、
レールに乗せてKATOの客車と連結、高さ的に問題はない感じ。
 
イメージ 6
イメージ 7

 てなわけで、車体を動力ユニットに被せ、
懸案のマイクロ 秩鉄デキ200のカプラー交換が完了!
最後に改めて、KATOのスハフ12と連結し、記念撮影♪
 
イメージ 8

 
 今回は新しい接着剤を用いての作業でしたが、
ウルトラ多用途SU クリアー ソフトという割には
しっかりと固着しており、後部補機にしても、
ヲキ・ヲキフの20連で牽引しても問題はなさそう・・・
従前に改造した秩鉄の機関車3両も、
状況によっては今回の方法で、改めて作業するのもアリなのかと。。。
 
イメージ 9

 改めて後日にでも、牽引テストを試みたいと思いますが、
今回改造した箇所が剥がれ落ちないことを祈るばかりでして。。。(苦笑)

 幼少時代の私め、リヤウインドウに取付けられた
   リヤワイパー
に強い憧れを抱いていた さくら でございます・・・
マークⅡ ワゴンの2連ワイパーに憧れ。。。m((_ _;))m
 
イメージ 1

 さて、トミーテックから発売された
鉄道コレクション 第20弾
N化作業も大詰めを迎えて最後の2両。。。
 

 モノは可部線仕様のクモハ123-3と、
阪和線羽衣支線用のクモハ123-5、
関西の車両群、我が家ではあまり馴染みの薄い車両、
といった感がございますが、
少数ながら新快速色の153系や117系など、
ボチボチ、我が家にも在籍しているといった状況♪
 
イメージ 2

 そんなクモハ123、現在は使用線区も姿も変わってしまいましたが、
ともに当時の旅客化時の冷房化改造により、
201系タイプの大型ランボードと、AU75が搭載されており、
可部線仕様の車両は両端2か所に片開扉、側面窓は上部3分の1が
手前に開く大形窓を設置し、パンタグラフは第2パンタを撤去。
 
イメージ 3

 一方の阪和線羽衣支線用車両は2段式側窓に
デビュー当時から前面貫通扉が新たに設けられ、
客用扉も元の荷物用扉の位置を踏襲。
可部線の車両とは逆に第1パンタグラフが撤去された状態。
 
 

 各々特色ある車両ですが、今回もN化は標準的な内容、
KATOの一般型103系用のDT33にGMのPS16、
N化キットの車輪とウェイト、KATOのスカートを使用といった具合。
 
イメージ 4
イメージ 5

 
 改造作業は順調に進むも、今回はどうしても足りない部品が・・・
今まではKATOのクモニ143用のスカートを使用しておりましたが、
在庫も尽いてしまい、クハ185のスカートを台車に取り付けまして、
とりあえず、遠方から見ていれば、あまり気にならぬ部分かと。。。
 
イメージ 6
イメージ 7

 最後に信号炎管、防護無線を取付けて、
鉄コレ第20弾のN化作業は完了♪
 
イメージ 8
 
 今回も、台車の履き替えや別車両の部品を用いて、
N化して参りましたが、購入した10両のうち、
動力化した車両が1両もないというのがなんとも。。。(汗) 

↑このページのトップヘ