続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

13年間、ヤフブロでやってきたことが何であるか、確かめに来ました・・・

2011年03月

 平成23年度は呑み会が増えそうな予感?の
 さくら でございます・・・m((u u))m
色々とイライラが募ることが多そうでして。。。(苦笑)
 

 さて未だクルマの納車に関して、全くメドが立っていないという
素晴らしい状況でございますが、
あれだけの地震、計画停電など仕方ない面はございますが、
私めの短い首もかなり長くなっており。。。(苦笑)
 

 しかしながら、納車前に色々とやっておきたい事が、ということで、
納車前に買っておく事・・・
 
・ アルミホイールは必須!
・ マフラー交換も必須!!
 
ということで、色々と情報収集を。。。

 
 アルミはともかくとして、問題はマフラー、平成22年4月から
自動車等のマフラーに対する加速走行騒音性能規制
という馬鹿げた規制が施行され、
取付したかったマフラーも取り付けられないと言う状況に。。。(嘆)
 

 てなわけで、マフラーだけは今回、後回しにして
アルミホイール選びを・・・
とりあえず今回、選定したメーカーは
 
・ エンケイ
・ スピードライン
・ ボルクレーシング
・ OZ
 
 とりあえず、どのメーカーも既に車に履かせた事のある
メーカーですが、色々と私めの心の中で葛藤が・・・
ここ18年ほど、パジェロ、ランクルにはOZのホイール
履かせており、OZの系図を絶やしたくないのもホンネ。
 
イメージ 1

 色々とホームページ上でホイールを見てみると、
Kei ワークスで履かしているボルクのTE37
19インチになりますが、ホイールだけでもステキな金額、
手も足も出ない状況。(嘆)
 
イメージ 2

 スバル インプレッサで愛用したスピードライン
ピンと来るシナモノにであえず。(涙)
 
イメージ 3

 現在、三菱ミニキャブで履いているエンケイ
フィンタイプのものがメイン、
しかも純正がエンケイとあってパスすることに。
 
イメージ 4

 てなわけで、最後に残ったOZレーシング、
昔のOZクロノのような塗装ホイールで5本スポークはなく、
ランエボに履かせるとなるとフィンタイプの
ホイールがメインの様で。。。

 
 ひとまず、ホイールはOZに決定いたしましたが、
カラーがシルバーしか選べないのが残念な感じ・・・
個人的にはホワイトカラーに赤文字希望ですが
仕方ないですねぇ~。(涙)
 

 現在、ホイールの方は発注はしておりますが、
11年前のランクル購入前に色々と悩んだパーツ選びに比べると、
今回はどうも取り付けられそうな部品が少ないと言うのも
誠に淋しい感じがしておりまして。。。

 最近、心の安らぐ場所がないなぁと感じる さくら でございます。。。
 

 さて、今回は久々に誰にも邪魔される事もなく、
ユザワヤまで出陣~♪
今回も購入する目的のあるシナモノは特にございませんが、
ついついブラブラッと。
 

 とりあえず、前回は息子クンが一緒だった事もあり、
車にての参上となりましたが、
本日は燃料不足の折、一休車扱いになっていた
機動力抜群!の アドレスにてお店まで。。。

 
 途中、旧習志野電車区を横目に走っておりましたが、
ホント面白みに欠ける状況になってしまいましたねぇ~、
車庫内にいるのはE231系やら209系500番台ばかり・・・
数ヶ月前には変り種の京葉線用の201系が分割され留置されており、
同じく京葉線用の205系の
サハ205が2両ポツンと置いてあったんですが。。。
 

 そんな光景を後にお店に到着した訳ですが、
さっそく私め模型コーナーへ。

 
 ひとまず今回はあまり欲しいモノはなかったものの、
TOMIXのコンテナとカーコレシリーズに目が・・・
本来であれば鉄コレ用にGMの台車やらパンタグラフが欲しかったのですが、
財布を試しに覗いてみたところ、
見事な閑古鳥状態。。。il||li ○| ̄|_ il||li

 
 てなわけで、少数精鋭ではございませんが、
・ 3134 私有UM12A-5000形コンテナ ×2
・  カーコレ 基本セットF2 現代のコンパクトカー
といった具合で。。。

イメージ 1
 
 ちなみに我が家では今回のコンテナは初導入ということで、
さらに変化にとんだコンテナ群になりそうな予感・・・
イメージ 2
 
一方のカーコレ、マーチの消防車が入っているということで、
ついつい買ってしまいました、ハイ♪

イメージ 3
イメージ 4
 
 ひとまず、財布との兼ね合いもあり、大量購入とまでは行きませんでしたが、
たまには少数の買物で済ますというのも淋しいものですねぇ~、
次回はリベンジを果たそうと考える さくら でございました。。。(涙)

 人生真実一路には程遠い?
人生を送る さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さて、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震、
その後も東電による無計画停電やら
燃料不足、食糧不足など、色々ございましたが、
あの地震の後、我が家はどうなっていたかというと。。。
 

 一部は仕事の記事と重複するかと思いますが、
地震発生前、娘とリビングで横になりながら
テレビにて「101匹ワンちゃん 大行進♪」を視聴、
そんな傍らでは幼稚園から帰宅した息子クンがお着替えの真っ最中。
 

 そんな時にミシミシと自宅が揺れる始め、
様子を伺うも揺れが収まりそうにもなく、
更に揺れが強まりテレビがグラグラと
。。。
 

 とりあえず横になりながら私め、
女房サマにテレビを押さえるように
「テレビ、テレビ押さえろッ!!」と指示、
その間にも2階からは「ガッシャーン!」などという、
まことに残念な音が聞こえる。

 
 揺れが続く中、玄関を開けて外を見てみると、
多数の車両やバイクが止まっており、
一旦、リビングに戻った後、改めて外に出て
自宅から道路を挟んだ反対側の畑に建つ家を見ると
屋根瓦が一部崩れており、
自宅周囲を見回りながら車庫内の確認へ。。。
 
イメージ 1
イメージ 2

 棚自体を車庫本体に使用されるボルトなどに
タイラップで縛り付けていたことが幸いし棚は倒れておらず、
車庫内の様子はパっと見た目は異常はないものの、
ケミカル材などが棚から床面に落ちていた。

 
 自宅に戻り、再度リビングや台所を見てみると
食器類の被害はなかったものの、
リビングに置かれていたアップライト・ピアノは
揺れの影響で壁際から30cmほど前に移動
していた。
 

 この後、実家の様子を確認した後に職場に参集したため、
2階の書庫や模型部屋の様子は伺っておりませんでしたが、
翌々日に覗いてみると誠に残念な状況が・・・
屋根裏の道楽部屋から模型部品が3m下の書庫に落下
書庫内の本は崩れなかったものの、
単独で置かれていた本棚は10cmほどずれており、
また、床面には台車などが転がって散乱
。。。(涙)
 
イメージ 3
イメージ 4

 そして哀しい事に30数年前に製作された
KATO201系試作車用のASSY台車が一つ破損。(大泣)
 
イメージ 5

 
 とりあえず、台車などを拾い集めた後に
恐る恐る道楽部屋に上る階段を・・・ 
模型部屋のほうは車両が収納されたブックケースが
棚内で飛び出しズレただけで、
メチャメチャになるような被害はゼロ。
 
イメージ 6

 写真はブックケースがずれたモノとは違いますが、
道楽部屋でブックケースを棚に収めたときに
地震等でケースが飛び出さぬよう、
ストッパーを設けたことに一定の効果があった様で。 
 
イメージ 7

 
 この家に引越し3年目に突入した訳ですが、
まさかこんなに早くも地震に見舞われ、
地震対策が役立つとは私めも・・・
東北方面で被害に遭われた方々に比べれば
こちらの被害は最小限に留まりましたが、 
面倒と感じても事前に対策しておけば、
時には対策が功を奏すという事を思い知らされたような。。。

 冬でもないのに身と心と財布が
凍えそうな さくら でございます。。。m((_ _))m
 
 さて、平成22年中にはN化作業は出来ずで、
今年に入ってから施工することになった
トミーテック 身延線用62系アコモ改造車
本来であれば模型屋サンに出向いて
部品調達といきたいところですが、
道楽部屋の部品ケースを色々と漁っていた所、
色々とN化に流用できる部品がゴロゴロと。
 
イメージ 1
 てなわけで新年第2弾、模型お戯れという事で、
模型初めから既に1ヶ月以上が経ってしまいましたが、
62系 アコモ改造車のN化作業を
粛々と執り行なう事に。。。
 
 とりあえず、
台車はGM製のDT13×2とTR48×1、
パンタグラフは同じくGM製のPS13パンタグラフ、
トミーテックからリリースされているN化パーツ
 
イメージ 3
 てなわけで、さっそく作業開始いたしますが、
この62系アコモ改造車、人様のブログを
拝見させていただいて見ると、
イメージ 2
 クハ66の先頭寄りの屋根と車体の継ぎ目部分、
若干の隙間があると言う事で、
修正されている姿を拝見いたしますが、
大整形手術になりかねないと言う事で、早々にパス
N化を目的とした車両下回りと
パンタグラフの小改造を施す事に。。。
 
 今回の改造に関して、動力車以外の車両の台車は
全てGM製の台車化、
パンタグラフは同じくGM製の
PS13に換装といった具合。
 
イメージ 4 
 さて、さっそく作業ということで、
最初はパンタグラフの交換・・・
ものの15秒で完了
イメージ 5
 お次に下回りの交換とウエイト搭載、
2両のうち1両のモハ62を動力化ということで、
作業自体は今までの作業と同様。
イメージ 6
 とりあえず作業の方は
20分程度で完了いたしましたが、
ひとまずヒマが出来たら身延線の車両たちを
並べてみたいですねぇ~、
新旧の車両たちが集まると、なかなかイイ感じなるかと。
イメージ 7
イメージ 8
 なんとも、
あっけなく終わってしまった2回目の模型作業ですが、
今年は模型道の精進、色々と忙しい中、
コンスタントに進むかどうか。。。(嘆)

 震災被害が少なかったとはいえ、
どうも生活リズムが乱れ気味の さくら でございます。。。m(u_u)m
 

 さて、3月11日の大地震のあった日、
朝から人間ドックを受けるも、午前9時半前には終了。
 

レストランにて病院提供の食事をとり、
本日のメインイベントである次期愛車のご契約を。。。
 

 てなわけで人間ドックで呑まされたバリウムと下剤の攻撃
恐れながら三菱自動車に到着~♪
 
イメージ 1

 この日、午後2時過ぎに行くと言ってあったものの、
11時過ぎには到着、私の担当サンも予告指令無しの登場に驚く!
 

 てなわけでさっそく、契約と相成るわけですが、
実は車の発注自体は2月下旬に・・・
どうやら受注生産ということで、
3月に入ってからの発注だと5月納車、
2月であれば4月中頃という訳。。。
 
イメージ 4

 ただ私めの祖母がお日柄を気にするということで、
発注は先にお願いし、契約については3月11日
ということに。

 
 ちなみにこの三菱のディーラー、
実家のミニキャブを購入したお店と言う事で、
イメージ 2
 
少なからず縁はあったんですが、まさか、
パジェロ以来10年ぶりに
愛車で三菱車に乗ることになるとは。。。
 
イメージ 3

 テーブルにつき、粛々と進められるランエボXの契約、
必要書類に記載と押印、3~40分ほどで全て終了♪
 

 その後、色々と談笑した後に帰宅、例の東日本大震災が発生、
影響で納車予定も未定で延びてしまいましたが、
状況が状況だけに仕方がないにせよ、
震災から今日まで、あっという間に時が過ぎたような。
 

 計画停電やら食料の買いだめする人々の姿が見受けられ、
いまだ、平静を取り戻せていない感がございますが、
一日も早く平穏な日々を過ごしたいものでして。。。

 東北 関東大震災の影響で
納車のメドがたたず残念な さくら でござます。。。m((_ _))m
 

 さて、大震災のあった3月11日の話、
この日は朝から私め、昨年に引き続き人間ドックを・・・
車や電車のように主要部品の解体はないものの、
ある意味、身体の全般検査
ということで、
気合を入れて午前6時半過ぎに病院に向けて出陣~♪
 

 ただ病院に向う道中、色々と不安などが頭の中をよぎる・・・
 
・ 体重は10kg以上減量したのであまりお咎めなし?
・ 昨年見つかってしまった胆石。。。
・ 昨年は残念だった肝臓値は好転しているのか?
 
などといった他愛もない事を・・・
そんな中、病院に7時半前に不安のなか、ご到着。。。

 
とりあえず、受付階に行って見ると
ポールポジションの如く1番手をゲット!!!
早すぎて、誰も来ていなかった様で。(苦笑)

 
 本来であればi Podでも聞いて
時間を過ごそうとしていたにもかかわらず、
自宅に置いてきてしまうと言う大失態、

てなわけで、新聞やら週刊誌を読んで時間をつぶす。。。il||li ○| ̄|_ il||li
 

 開始時間となり、順調に検査は進み、
昨年、残念な発見となってしまった腹部エコー検査・・・
私め、ベッドに横たわりながらモニターを凝視、
 
私:「あの~、昨年の検査で胆石が
  見つかって経過観察なんですけど~。。。」
検:「あぁ、そうなんですか。」
 
という女性検査技師、そっけない返事。。。

 
イメージ 2
 
 そんななか私めも、そっけなく返事されてしまった事に憤りを感じ、
 
私:「胆石の方、順調に育ってますかぁ~?」
 
と言ったら、吹き出しそうになりながら検査技師
 
「小さいのが幾つかあるみたいですねぇ~」と、
 
愛想よく答えるようになる。。。(爆)

 
しかしながら、モニターに映し出される不気味な影
検査技師の指示でベッド上にて仰臥位から四つん這いになり、
また仰臥位になる1回転を実施。
 

 もしかしたら石なのか?ということで、1回転したものの、
動く気配もなく、こんな宣告を受ける・・・
 
検:「どうやら、胆のうポリープみたいですね♪」
私:「・・・」
 
イメージ 1
 
一気に検査室の空気がどんよりしたものに変わる。。。(嘆)
 

 その後も検査は順調に進んで、恐怖のバリウム検査
昨年同様、下剤入り発泡剤を呑まされ、酸っぱいバリウムを口にし、
「ゲップしないでくださいねぇ~」と、
イメージ 3
 
昨年同様に言われ、検査台上で悶絶しておりましたが、
イメージ 4
 
8時チョット前に開始された人間ドックも
9時半前に終了するといった状況。

 
 その後、病院のレストランで提供される食事を口にし、
その足で車の契約に向かった訳ですが、
契約の話はまた後日と言う事で。。。m((_ _))m

 今回の震災で被害に遭われました方々への
お見舞いを申し上げるとともに
亡くなった方々へご冥福をお祈りいたします。
 

 さて、東北方面でも燃料不足の話は連日、
ニュースで取り上げられておりますが、
関東でもガソリン等の不足は深刻みたいですね。
 

 とりあえず、震災当日と震災翌日の勤務は
いつもとおり、バイクで通勤しておりましたが、
ガソリン残量はこの時点でかなり厳しい状況
 

 しかしながら、15日の勤務の翌日には
幼稚園の卒園式でのご挨拶が待っており、
急いで自宅に戻らねばならぬ状況。

 
 是が非でもバイク通勤は避けられず、
残量ゼロに近い状況で何とか自宅に帰還、
片道燃料で飛び立ったゼロ戦の如く、
ヒヤヒヤ、ドキドキ状態だったわけで。。。(苦笑)
 
イメージ 1

 その後には何とか燃料補給はできたものの、
いつ給油できるか分からない不安定供給の状況では
安心して通勤もままならないということで、
燃料節約をかねて18日の当直には自転車で職場に向かう事に。

 
 しかしながら私め、普段使用するシティーサイクルは
現在、同僚に貸し出し中ということで、
超久々にこの自転車に望みを託す事に・・・
 
丸石 MTB エンペラー MB701
 
イメージ 2
イメージ 3
 
私めが中学校2年生の時に購入したマウンテンバイク
23年オチの猛者ということで、
3年ほど前にタイヤ交換、ブレーキラインの交換後、
ほとんど使用されることもなく実家車庫内から
自宅の車庫に場所を移し、放置プレー状態だったもの。。。

 
 てなわけで、各所点検するも
タイヤの空気圧調整程度で済み、めでたく現役復帰♪
自家用車では履いた事のないミシュランタイヤを履いて、
道路を駆け出したわけで。

イメージ 4
 
 久々のMTB、独特の轟音をたてながら疾走、
いま流行のサスペンションやらディスクブレーキではない
一昔前のクタビレ気味なMTBではございますが、
太いタイヤのおかげで乗心地はひとまず良好♪
 

 しかしながら、泥除け等は一切なく、
雨の日の運行停止は避けられませんが、
ここにきてMTB、まさか活躍するとは・・・
モノを大事にしておくのことも大切なのかもしれませんねぇ~、
暫く、MTB通勤になろうかと思いますが。。。

 この車を選んだからなのか不良中年
と言われてしまった さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さてさて、悩みに悩んだクルマ選び・・・
クルマ選びといえども、選択枝はインプランエボ。。。
 

 周りからは今更、何を血迷ったんだ?
家族で出かけるファミリーカーじゃないぞ!
などという称賛の声が聞かれますが、
どちらを選んだとしても、
我が家の財政面で、こういったお得な面も・・・
 
・ ランクルに比べ自動車税が安くなる
・ 任意保険も安くなる♪
・ 燃費面でも大人しく走ればだぶん、良くなるような。。。
 
しかしながら一方で、今までランクルでは
気にしていなかった荷物の積める量が限られる様な。。。
 

 とりあえず、ディーラーでの値引きやらはソコソコの提示、
2度目のインプになるか、ランエボⅢに乗れなかった過去を
今になってランエボXで叶えるか?という状況

 
 一応、クルマ選びも私め一人で選ぶのはマズイか?と感じた私め、
どちらを選ぶかは女房サマの意見も取り入れて進ぜよう、ということで、
インプとランエボのカタログを再度見せたところ・・・
「インプレッサは見た目が早そうだからダメ!」
というわけの分からんご意見を頂きまして。。。

 
 てなわけで、ランクルの次に乗る車は
三菱 ランサーエボリューションX
にあっさり決定?した訳・・・
どちらにせよ元気イイ、クルマなんですけどねぇ~(爆)
 
イメージ 1

 ではボディーカラーは何がいい?ということになるも、
私め的にはクルマのイメージカラーである
レッドがいいなぁ~♪と思うも、
女房サマからまたもや、こんなありがたいご意見が・・・
 
「坊主頭にサングラス、おまけに赤いクルマでしょ?
ただでさえ人相悪いのに・・・」
 
私めも反論できず。。。(涙)
 
イメージ 2
イメージ 3

 
 まぁ、仕事場では白い車に乗っておりますが、
よくよく考えれば職場でも赤い車を散々、見ているせいか、
自家用車まで赤い車じゃなくていいのか、と自分に言い聞かせ・・・
青ではどうもインプレッサシルバーもパールホワイトもイマイチ
てなわけで、無難にファントムブラックにいたしましたが、
我が家のKei ワークスも黒と言う事で、
夏は蒸し風呂になるのは覚悟ですねぇ。
 
イメージ 4

 今後、契約に話は移って行く訳ですが、
10数年ぶりに乗るセダンのMT車
あとは私めの運転技術が問題になるかと思いますが。。。

 今後の金策に悩みっぱなしの さくら でございます。。。m((_ _))m
 

 さて、お次の車で悩みっぱなしの私め、
しかし、問題となるのはランクルの処遇、
正直なところ、1ナンバーにしてでも手元に残しておきたいのは
ヤマヤマではございますが、そういった訳に行かないのが現実。
 
イメージ 1
イメージ 2

 てなわけで先日、家族総出でランクルで行く
「成田ゆめ牧場」へのお出かけも終わり、
泣く泣く部品取り外し作業を。。。

 
イメージ 3
 
 取付けられた部品を取り外していると、
マフラーやらヒッチメンバー、フロントのガードやらスポットランプ、
前後のスタビライザーなど、色々と自分なりに試行錯誤しながら
特段丁寧に取り付け作業をしておりましたが、
10年半の色々な思い出が甦ってくるものですねぇ~。(涙)
 
イメージ 4
イメージ 5
 

 
 ランクルから取り外す部品と言う事で、 
 
・ 小糸製 HIDスポットランプ
・ ヤンキーホーン
・ ナンバーステー
・ エアホーン用コルゲートチューブ
・ OZクロノアルミホイール
・ クラクション 
 
といった具合。。。

 
 モノによって、HIDスポットランプあたりは
軽トラックに流用しようかと考えておりますが、
さすがにヤンキーホーンも軽トラックに!とも考えましたが、
コンプレッサーを助手席に置く訳にも行かず断念。

 
 あれやこれやと、一通りの部品の取り外し作業も終わり、
翌日、アルミホイールを外し、ランクルに乗っていた証として
アルミのOZクロノは自宅に保管
しておこうかと。。。
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 そんな本日の午前中、ランクル買い取り店に向けて
ドナドナ回送した訳ですが、寂しいもんですね。。。
 

 26歳で乗り始め、10年半も付き合っていたランドクルーザー
一抹の寂しさを感じますね、次のオーナーに大事に扱って頂ければと。

 
イメージ 8
 
 ホントありがとう、ランドクルーザー、
さようなら、ランドクルーザー、
この車に乗れたことを誇りに思い。。。(涙)

 目玉焼きにはソース!
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m 
 
 ここ最近、まだ決まらぬも新車購入に伴い、
売却予定となった我が家のランドクルーザー、
ここ数日、部品外しの作業を行っておりますが、
昨夜も雨の中、車庫の中でフロント周りを重点的に作業。
 
 千葉は夕方からか、雨模様となったようで、
車庫の屋根を叩きつける雨音、
時間も22時前からの作業開始ということで、
寂しさを紛らわすためにⅰPodでアニソンを聞きながら、
ところどころに鼻唄を交えて黙々?と作業♪
イメージ 1
 作業も終盤戦を迎え、
メガネレンチを取りに工具BOXまで・・・
丁度、ランクルとKei ワークスの間を通り、
工具を手に取って戻ろうと振り返った時のこと、
写真のシャッターの開き具合は違いますが、
赤丸をつけた付近にしっかりと人の姿を確認、
バスの運転手をしている弟が帰ってきたんだ、と思いながらも
作業でニッパーも必要だなと感じ再度、
工具ボックスに身体を向け。。。
イメージ 2
 ニッパーを手に取って再び振り返ってみると、
人の姿は既になく・・・
姿を確認して
5~6秒の話、  
私めも、Kei ワークスの陰に隠れているのかな?と、
工具を手に持ち、Kei ワークスの後ろを
確認するも誰もおらず。。。(涙)
 
 弟であれば、間違いなく私めに声をかけるのに、
と思いながら、
私め、どうも気になるということで、
車庫の両サイド、家の後ろを確認するも誰も居ない・・・
ためしに弟宅の駐車場を覗くもプリウスはとまっておらず、

弟はまだ帰宅していないという事が分かり。。。(嘆)
 
 その時、メガネをずらして額に掛けていたため、
詳細に顔までは確認してませんでしたが、

間違いなく立っていたのは男性だった・・・
また見ちゃった♪と思いながらも、
作業を中途半端で終わらせる訳にも行かず、

ⅰPodの音量を上げて作業しておりましたが、
ホント、
雨の夜のお姿拝見は嫌なもんですねぇ~、
夜の作業はやらないほうがいいのかと、つくづく。
 
 ちなみに作業終了し、風呂に浸かった後、
パソコンに向っていたのですが、
2台並んでいるパソコンのうち、
VISTAのパソコンを使用していた時の事、 
突然、スタンバイ状態だったXPのデスクトップ
の電源が入り・・・
とてつもない恐怖を感じた私め、
速やかに布団に入ったのは言うまでもなく。。。(泣)


 それにしてもあの男性って、
       誰だったんですかねぇ~??

↑このページのトップヘ