イメージ 1
 昔、自転車に取り付けていたを、
私めたちは
「ワイヤーベル」
呼んでおりましたが、
正式名を「北川 スポークベル」という名前だったことを
改めて知った さくら でございます。。。m((_ _))m

 さて、先般購入してきたまま、パーツを購入し忘れ、
男前化作業が出来ずにそのままになっていた車両、
鉄コレ JR205系600番代宇都宮線(Y12編成)4両セット
の男前化作業、パーツも揃ったということで、
さっそく作業を執り行うことに。。。
イメージ 2
イメージ 3
 今回は5月に発売が予定されている
207系900番台の予行練習も兼ねており、
作業前の準備として、
GM製DT50の付随台車化ということで、
踏面ブレーキ一式をニッパーとデザインナイフ等で除去、
DT50からTR235モドキに変身させると同時に、
台車カプラーをKATOカプラー 密連に変更する。
イメージ 4
イメージ 5
 とりあえず、動力車とするのはKATOの205系に習い、
モハ204を動力車に・・・
動力ユニットに床下機器並びに台車枠を取り付け、
カプラーの連結間隔の調節を図った上、
車体に組み込んで終了!
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
 一方のモハ205に関しては屋根上のパンタグラフの交換、
GM製のDT50を取り付け、ウェイトの方は、
先般作成した板オモリを車体シャシー上に
東武7300系の時と同様にセットし固定。
イメージ 9
イメージ 10
 最後にクハ205・4のセッティングですが、
あくまで単独運用ということで、先頭車は増結仕様にはせず、
先頭部分の連結器周りはそのまま・・・
屋根上の防護無線、信号炎管は附属品ではなく、
ストックのKATO製を取り付け、
イメージ 11
イメージ 12
ウェイトを搭載し、台車を取り付けて作業完了!
イメージ 13
 部品取付けやら、板オモリを活用したウェイトの搭載と、
今後発売される207系900番台の格安男前化の
予行練習には今回の作業、充分役立ったような。。。
イメージ 14