ホントこの時期は慌しいというか、忙しないというか、
4月が一番嫌いな さくら でございます・・・
とにかく地に足が付いていないような感じで。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて、先日の聖地巡礼で購入してきた
クモヤ90015
の車両パーツ群・・・
本日は時間も取れたということで、
車両を組み立ててしまうことに。。。
イメージ 2
 そもそも、このクモヤ90015、
急行「アルプス」用事業用車のセットに含まれている1両、
昭和50年にはクモヤ90803に低屋根改造されて、
車両の屋根形状も凸形に変化する前の原形のお姿。。。
イメージ 3
 聖地からの発表ですが、

・クモヤ90 0番台
霜取りパンタグラフが増設されたクモヤ90015を製品化。
そのほかに乗務員扉後ろに備えた
ウインドウ・シル/ヘッダーを再現。
・クモヤ90は両エンドとも新性能電車用の
密連カプラーを装備。

と、説明も控えめと来たもので。。。(淋)

 ただ、車両として組み上げる前に問題点がひとつ・・・
連結器が新性能電車用の密連カプラーが装備されており、
牽引車とはいえども、我が家の車両たちとの
連結が出来ないという、誠に素晴らしい結末。。。(汗)
イメージ 4
 ここで仕事の時以上に閃きが冴える私め(☆彡キラキラ!)
先頭車ではありえない電連が取り付けられている
総武緩行線101系の増結セットの中間に組み込まれる
先頭車のカプラーを
クモヤ90と交換してしまうことに♪
イメージ 5
 カプラーのほうは互いにトレードイン!
イメージ 6
クモヤ90の方は現実とは違う姿になってしまいましたが、
他の車両と連結できるという車両となり、
101系の方は連結器周りがスッキリしたという訳で。。。
イメージ 7
イメージ 8
 あとは車両の組み立て、ドライバーを使用する事もなく、
車体本体に床下セット、床下に台車を取り付けて、
車体本体側の作業は終了・・・
最後、屋根上にPS13パンタグラフを
両端の屋根上に取り付けて車両の完成と相成り♪
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
 我が家では珍しい部類になるダブルパンタのクモヤ90、
やっぱり連結相手は無難に165系辺りなんですかねぇ~?
イメージ 12