学校で裁縫の授業を受けた娘チャンから・・・

「パパって裁縫でどんな縫い方ができる?」

と聞かれたので、

   「仮縫い」

と自信を持って答えた さくら でございます。。。m((_ _))m
イメージ 1


 さて、本日は早朝から
利根川歴史探訪ツアー
に朝5時前からジレラランナーにて出発♪
イメージ 2


 県道から国道464号線スーパー一般道を通り、
田園地帯やらJR成田線小林駅前を通り、
裏道を抜けて利根川沿いへ・・・
今回の目的地は
   木下河岸跡
を目指して!


 そんな木下河岸跡とは・・・

 江戸時代から明治時代にかけて木下河岸は、
利根川水運の要衝の地として栄えた。
安政五年、赤松宗旦は、「利根川図志」のなかで
「木下といえば江戸にも隠なく・・・古この地僅に十軒ばかりなりしが、
寛文のころ此処に旅客の行舟を設けたるに因りて、甚だ繁栄の地と為れり。
そは鹿島香取息栖の三社に詣し、及び銚子浦に遊覧する人多かればなり」
と述べられているも、
この河岸は、明治34年1901に木下駅の開業に加え、
大正始めの利根川堤防の改修工事により、
河岸の家並みの多くが移転を余儀なくされ、次第に衰退していった。
今では、その河岸の痕跡すら見ることが出来ない。

といったところだそうで。。。(淋)


 そんな目的地を目指して出発して10分、
オイル補充を知らせるためのランプが点灯する。。。il||li ○| ̄|_ il||li


 ひとまず、今回の距離を考えても、
即オイル切れになることはないということで、
そのままツーリングを続行、
JR成田線 小林駅前を通過し、
更に田園地帯を通過。
イメージ 3
イメージ 4


 利根川の堤防沿いを走る国道356号線に出るも、
無数のパトカーの存在に気がつき途中で私めもスローダウン。
目的の木下河岸跡に到着・・・
イメージ 5
イメージ 6

バイクを止めて堤防上の遊歩道を散策、
イメージ 7
イメージ 8

堤防上の遊歩道を進むも警官が。。。

「今し方、この先の堤防下で
       死体が発見されまして・・・」

ということで、先の堤防下では現場検証をしている無数の警察官、
私めの高揚していた気分も一気に低下し、
速攻で引き揚げたのは言うこともなく。。。(涙)