年末に近づき、色々と予定外の行事が入り、
身体がお疲れ気味のさくら でございます。。。m((_ _))m


 さて本来であれば、メーカー、問屋で現在品切れ、
来年の1月中旬届くといわれたはずの、
IPF製のLED作業灯が昨日、実家にご到着♪

イメージ 1
イメージ 2


 モノは・・・

642WL-1 600シリーズ 2インチ ワーキングランプ(12v)
明るさ(ルーメン):2,200lm
明るさ(カンデラ):1,600cd
色温度:6000K 消費電力:23w 重量:890g

といったモノで。。。

イメージ 3


 ひとまず、軽トラックにLED作業灯を2器、
取り付けるとは言えども、消費電力も少なく、
我が家の旧い軽トラックには宜しいかと・・・。

イメージ 4


 そんなワーキングランプ、ライト部分とは別に
取っ手が設けられており、上下の角度調整が可能、
また、ドライビングランプ程の明るさはございませんが、
従前の小糸製HID代用作業灯に比べれば、
程よい明るさを祈りたいもので。。。(苦笑)

イメージ 5


 ひとまず、元々取り付けていたHIDライトの配線撤去と
新たな配線引き直し作業が待っておりますが、
速やかにHID配線の撤去、並びに新規配線の引き直し。

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8


 ライト取っ手部分の向き変えと、鴨居部分へのライト設置、
ライトまで引く事となる配線のコルゲートチューブによる被覆で終了。

イメージ 9
イメージ 13

イメージ 10


 お次にスイッチ部分までの配線の被覆、
並びにHID配線の撤去と、新配線の引き回し並びにBTへの配線等を
おこない既に2時間経過。。。

イメージ 11


 それにしても、ランクルに取り付けるドライビングランプの配線は
しっかりとカバーされているのに作業灯の方は配線剝き出し・・・
なんか、意味あるんですかねぇ~?(悩)

イメージ 12
イメージ 14


 ひとまず、全ての配線がつながり、緊張の
スイッチON!
とにかく明るい!!
従前のHID作業灯並みの明るさ・・・
若干、明るさを落としたつもりでしたが、
充分過ぎる光量だったようで。。。Σ(゚Д゚ノ)ノオイオイ!

イメージ 15


 最後にスイッチの設置ということで、一服しながら悩んでおりましたが、
配線を這わせてダッシュボード下にスイッチをもって行くよりも、
シフトレバーのあるセンター部分にスイッチを持っていた方が
作業も効率的に・・・
ということで、以前に購入していたホールソーを用いて
孔あけ作業を。。。

イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18


 さっそくホールソーにて、孔あけ作業と、
最後に余分な配線の短縮化と正規の位置にスイッチを設置して
作業終了しましたが、そのままお次はランクルの作業を。。。(汗)

イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21