最近は朝、肌寒い日が多くなり、
便座のスイッチをON
にした さくら でございます・・・
ちなみに冬時期、便座カバーをおろしておけば、
約2割の電力節約になるそうで。。。m((_ _))m
イメージ 1
 さて以前、我が家に到着した
KATO のクモハ12 052、
こちらと同様に
単行運転が中心のクモニ13がご到着♪
イメージ 2
 そんなクモニ13、クモハ12と同様に
昭和20年代に生まれた旧形国電。
首都圏各路線の新性能電車化が完了しても、
山手線や中央線、横浜線などの荷物電車として
国鉄末期の昭和50年代末まで
首都圏で活躍していたそうで。
イメージ 3
イメージ 7
 1両でも充分に存在感のあるクモニ13ですが、
聖地からは・・・

・都市近郊の電化区間で、小荷物輸送や新聞輸送で
 活躍したクモニ13。荷物電車のみならず牽引車や
 構内入換でも活躍した姿を的確に再現。
・クモニ13の中でも、DT12台車を装着した
 002~016のグループをプロトタイプに、
 品川電車区に所属した012を製品化。
 常磐無線アンテナ非設置。
・荷物電車ならではの奥まった荷物扉とともに、
 窓ガラス破損防止の保護棒が側面ガラス奥に見える
 姿をきっちりと再現。
・ヘッド/テールライト点灯、ヘッドライトは電球色仕様。
 消灯スイッチ付。前面の貫通扉脇につく手すりも
 取付済で再現。
・車番や窓下の「荷物」などの車体表記類は印刷済。
 3・4位側妻面の検査標記もきっちりと印刷済。
 パンタグラフはPS13(黒)を装着。
・17m国電ならではの小さな車体で、
 R150の小半径レイアウトでも走行が可能。
 卓上の小スペースで、トコトコと単行運転が楽しめます。
・連結器は、ボディーマウント式
 KATO伸縮密連カプラー旧国タイプを標準装備。
 実感的な連結面間とスムーズな走行を実現。
・単行運転時に前面を引き締める、
 ATS車上子の有・無を
再現した
 連結器胴受(各1)が付属。

こちらも、クモハ12同様、かなりの力作の様で。。。
イメージ 4
イメージ 5
 側面を見ると、いかにも私の役目は特殊用途ですよ!
とでも感じさせる特徴ある荷物扉、
車両に表現されたリベットとスポーク車輪。
イメージ 6
イメージ 8
イメージ 9
 ひとまず、単行運転や牽引車代用など、
様々な用途で用いることの出来る車両かと・・・
私め的にはスカ色のクモニ83とともに活躍した
スカ色のクモニ13もリリースしてほしいところですが、
我が家に到着したクモニ13、何をお供にすればよいのか、
ホント、悩むところでして。。。