当時のダンロップの広告、
自動車・自転車・自動自転車・馬車・人力車用と、
様々な種類をラインナップ
していたようですが、
なかなか不気味な広告だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
 
イメージ 1

 さて、沖縄旅行である意味、私めが一番楽しみにしていたこと・・・
旧い車とスリスリ~♪
というのも今回の旅行の目的でもありまして。。。(苦笑)
 
 
イメージ 2

 そんななか、沖縄で目立っていたのは、旧くもないですが、
日産クルーのタクシー
トヨタのコンフォートより若干少なめかなぁ?といった様子。
千葉の方ではあまり見かけぬタクシー仕様のクルーということで、
一人感動していたわけで。。。(苦笑)
 
イメージ 3
イメージ 4

 一方、バス・トラックに関しては、
ほとんどが3桁ナンバーをつけた個体が多く、
一部、新車で導入された車両もあるようですが、
排ガス規制でこちらに流れてきたのかしら?と、
思うものが多々、目に付き。 
 
イメージ 7

 画像は借りモノになりますが、
日野製のトラックでスーパードルフィン、
いすゞ製が通称810辺りから
ふそう製がスーパーグレート、
日産UD製が初期型のビックサム
が活躍しているといった感じ。
 
イメージ 8
イメージ 9

 私めの期待していた3~4世代前のトラックは、
石灰石採掘場前ですれ違った日野ZMの1台くらい・・・
やはり、排ガス規制で規制区域で走れなくなった車両たちが
大挙、沖縄にやってきてしまったんでしょうかネェ。。。(淋)
 

 片やバスの方も殆どが3桁ナンバー・・・
昔ながらのブレーキ・ウインカーレンズを
装着したものも見受けられましたが、
那覇周辺を走っていたバスもいすゞキュービックタイプのバスや、
西工製ボディーを装架したバス、日野ブルーリボンなどのバスが目立ち、
私め的に旧さを感じたのが三菱ふそう製のエアロクイーンくらいで、
このほか、キムチの国のヒュンダイ製バスがチラホラと。
 
イメージ 5
イメージ 6

 沖縄らしい旧い車とはスリスリできないのかと、
諦めかけていた旅行4日目の話、
ちょいと裏通りを歩いていると、駐車場に違和感・・・ 
近づいてみると、派手にカラーリングされた
三菱 ミニカ 360ccを発見♪
 
イメージ 10
イメージ 11
 
 最後の最後で沖縄らしい左ハンドルの三菱ミニカ スーパーデラックス
派手な塗装は纏っているとは言えども、
充分に昔の沖縄を走っていたの生き証人としての価値は充分かと。。。
 
イメージ 12
イメージ 13

 今回の旅行で旧き佳き時代の車両たちとの出会いは、
ホント限られたものとなってしまいましたが、
唯一、面白いトラックだなぁ、と感じたのは、
道端に止ったUSA製のボンネットトラックレッカーくらいしか、
目に付くものがなく。。。(淋)
 
イメージ 14