イメージ 1
 
  恥ずかしげもなく黒塗りの報告書、
おまけに 後だしジャンケンは常套手段!
ウソツキ電気屋さんには閉口の さくら でございます・・・
ホント、温度計でもプレゼントしてあげたいと。。。m((_ _))m
 
イメージ 2

 新年1月を迎えるも仕事上の都合やらマイコプラズマ蔓延で
私め、悶々とした日々、幼稚園卒園に向けての寄稿文などと、
身動きもとれずにバイク選びも滞り。。。
 

 1月後半に入り、やっとしがらみから解放され、
とりあえず、選定していた都内のお店の1台、
未だ売れ残っているということで、
都内下見ツアーを考えていた時のこと、
試しに仕事明けでも、県内のお店を何件か
玉砕覚悟で探してみることに。
 
イメージ 3

 たまたま1件目のお店にて現行のシルバーウイングを発見!!
とりあえず色々と情報収集、ただ前日の仕事がたたり、睡魔が・・・
お店訪問は1件で諦め、翌日は都内のお店へ。
 
イメージ 4

 ちなみに都内のモデルは先代モデル、
市内で見つけたのは現行車ということで、
両車ともに距離は1万7千km、色はワインレッド、
塗装状態はいたって良好といった状況。
 
イメージ 5

 ただ、お値段面で見ると、
都内の先代モデルは30万円台前半、
こちらの交渉にて
「長期在庫車だから、値段下がらない~?」脅し ・・・
お言葉に対して、値段は一気に引き下げたものの、
今後の対応などに関しての反応がイマイチ、
整備費用に意外と金額を要し、総諸費用やら後付け部品等で
計算して見てみると40万円中盤に・・・
一方の市内で発見した現行車の方はお値段40万円台中盤、
総諸費用は50万円チョットの金額。
 

 ただ、現行車の方はサイドカウルに若干のキズがあり、
その辺が気になるところ。。。
 

 ここで私め、色々と考えた訳ですが、
先代モデル車の年式は2006年式、一方の現行車は2009年式、
ただ、2006年式の方は色々と整備費用で
金額が掛っているという点と販売店も都内、
故障時のアフターが気がかり・・・。
 

 都内の方は他のチェーン店でも対応可能とはいえども、
所詮は他店で購入したバイク、他のチェーン店で修理するのも
気が引ける感じでして。。。
 
イメージ 6

 そこで私め、2009年式を販売する市内のお店に
色々と電話交渉をしてみることに・・・
 
・ お値段はETC代も含めてキリの良い数字で!
・ サイドカウルはサービスで交換♪
 
という条件を試しに投げかけてみる。。。
 

 とりあえず、条件が難しすぎたのか
折り返しの℡が来たのは1時間半後・・・
なんとかこちらの条件が通ってしまうといった事態。。。(苦笑)
 

 てなわけで、新たな借金王の誕生とともに
我が家に今月20日過ぎにやってくるシルバーウイング GT、
これから人間の慣らし運転に時間を要しそうで。。。(苦笑)