イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 なんともまぁ~、非常にショッキングな出来事が
今の新居に移ってから発覚!

 アパート時代、新居に移ってから車庫が出来るまでの間、
軽く水洗い、コーティーング剤を軽くかけておしまい!
といった状況だったため、
車庫完成の暁にまともに洗車を行い
タイヤワックスをかけていた時のこと。。。

 おもむろにタイヤワックスをかけていると、
タイヤのサイドウォールからトレッド面の境界面から
タイヤパターンの一列目あたりまで
見事なひび割れが。。。il||li ○| ̄|_ il||li

 まぁ、4年半も紫外線を浴び続け、
昨年から私めも2輪車通勤になったことから
Kei ワークスの活動時間が激少し、
アパートの駐車場で昼寝していることが多かったような。

 そんな事実が発覚し、4輪全てをワックスをかけながら
タイヤをくまなく見てみるとクラックの度合いは
深刻ではないとは言えども、
全てのタイヤの全周にわたりクラックが入っている状態。

 軽トラであれば過積載により
バーストやパンクのリスクは大いにあるも、
これがあまりスピードを出す機会がないことを考えれば、
しばらくは様子を見るで終わらすのですが、
女房サマの実家に行ったり、
子供たちを乗せる機会の多い車となれば
多少、タイヤの溝があろうとも
交換しておいたほうが無難なのかと。

 一般道であればともかく、
高速道路上なんぞでバーストされた日にゃ、
ホントしゃれにならないですからねぇ~。

        安全は金で買う?

といった状況なのかもしれませんが、
後で後悔するなら先手を打ったほうが良いと考える私め、
早速、タイヤ購入の手段を講ずることに。

 タイヤ購入に関しては私めの剣道の仲間の父上サマが
営業しているお店を利用しておりますが、
やはり地元のお店&仲間のトコのお店ということで、
色々と融通が。。。

 そんなわけで、純正サイズの165/60 15から
走りの安定感を求め175/60 15サイズの
タイヤをチョイスしてみることに。

 タイヤ屋さんで色々伺ってみると、
このタイヤサイズって若干特殊、
ここ数年前まではあまり流通しないサイズ、
最近になり、このサイズのタイヤを履く車が
発売されたとかでサイズ選択肢に増えたそうな。

 ではメーカーやら種類は何にするかということで、
特にスポーツ走行をする訳でもなく、
家族を乗せて走る期会などを考えれば
エコタイヤで充分なのかな?と。

 そんな訳で今回選んだのは

ヨコハマタイヤ DNA ECOS

なる一品。

 先日のゴト車のタイヤ交換の際には
ステキな商用車タイヤっちゅうことで、
色々と驚かせていただきましたが、
まさかその私めがヨコハマタイヤを
選ぶことになるとは・・・(苦笑)

 さて、ホームページで製品紹介を見ると・・・

「合体ゴム」の採用が、スタンダードタイヤの
さらなる進化を実現した。
タイヤ寿命を犠牲にすることなく、
ウェットグリップ性能と優れた省燃費性能を獲得した
「DNA ECOS」。
経済性だけではものたりないドライバーのために。

だそうで。。。

 とりあえずお値段のほうも4人の福沢諭吉と
野口英世2人で済むと言う事で、
おまけして頂いたお礼に手伝いをしながら
作業をしておりましたが、
実際に交換して走ってみると・・・
正直、静かになったんだか転がり抵抗が
少なくなったんだか???

 ひとまずタイヤのひび割れの心配も
解消されたということで、
暫くタイヤの慣らし運転に励もうかと。。。(喜)