イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 なんとも台風襲来の日の勤務、救急出動は嵐の連続、
一方の牛歩台風というか、実にのんびりだった台風、
私めの住む方は夜中に雨が強かったものの、実害はなし・・・
ただ、雨が酷かった真夜中の時間帯、救急出動出っ放しだった訳で。。。(涙)


 朝の大交代直後から大学病院まで搬送希望、その搬送理由は・・・

検査日だから○×○大付属病院に行って欲しい(-_-#)

何とも朝一番から高速使ってタクシー業務のような。。。


 そんな昨日は救急出動は11件でしたが、誠に嘆かわしい事に
救急車の適正利用外の要請ばかり、19時過ぎから翌3時前まで

6件連続救急出動の嵐

おまけに遠い病院ばかりで

救急車の燃料が・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

何ともヒヤヒヤモノだった訳で。。。


 搬送した遠方の当番病院まで行った折に
自力で車にて当番病院に行ったものの、
診察時間まで時間が掛かるからという理由で救急要請やら
台風が一番接近していた時間帯にこんな救急要請が・・・

「○×○大付属病院掛かかりつけ、2歳の×性、
腹部を痛がって機嫌が悪い、病院には連絡済み」

 ここまではよくある話なんぞ大雨の中、現場に到着、
子供は母親に抱かれてご機嫌~♪
救急車に向かう途中で父親、我々の怒りを買うような発言を・・・

「後で車で迎えに行くからヨッ!」

という発言を聞き、ズブ濡れ救急隊3名は瞬時に
「だったら自分らで行けよっ!(怒)」
と顔には出さず、心で思っていた訳で。。。


 特に緊急を要するといった具合でもなく、
深夜の時間帯であれば高速も空いており、下手すると救急車で行くよりも
自力で行った方が病院に早く着けるような気がするんですけどねぇ。


 それにしても1日に2回も同じ大学病院に
参上するとは思いませんでしたが、
私めの友人が言っていた言葉を思い出した訳で

「ホント救急隊って患者扱うよりも、ストレスとの戦いだねぇ~♪」

う~ん、確かに当たっている様な。。。


 さてさて、かな~り前回のEF210同様に我が家に到着後、

放置プレー状態

になっていたEF65 レインボー仕様、
こちらもやっとやる気になったと言うか、寝不足のまま作業を行うことに。


 ただ、今回のEF65 レインボー仕様、
EF210のような面倒な作業というものはなく、
前面に手すりを取り付け、屋根上に信号炎管と防護無線を
取り付けるだけという簡単な作業のみ。


 あえて交換するならば避雷器を交換して冷房装置未搭載といった仕様も
簡単に出来ますが、今回は見送る事に。


 まず最初に前面部の手すりを取り付けることにいたしますが、
作業的には今まで通りの簡単作業、
4箇所、5分ほどで作業が完了!!


 お次に防護無線と信号炎管取り付け作業ですが、
こちらも特に難儀する事もなく、5分ほどで終了。。。


 やっぱり作業工程が少ないと非常に楽でいいですねぇ~、
ナンバー取付けやら手すり取り付け、屋根上部品取り付けと、 
いずれかの作業が1つないだけでも気が楽なものでして。(苦笑)


 正直言って、実感的にはEF210の様なインレタ式のナンバー転写も
ありなのかもしれませんが、鉄道模型を始めたばかりの方だと
難しいような気がしますね、
万人に受け入れられるためには簡単な方法なんぞも必要かと。。。


 さて、最後にレインボー牽引機とTOMIXのED75 レインボーを交えて
並べてみましたが、形式は違えども同じようなカラーリングの機関車が
4両並ぶとなかなか壮観ですねぇ~。


 ひとまず本日はこれにて終了いたしましたが、
この調子でどんどんと機関車の部品取り付け作業のほう、
勧めていかないとなぁ。。。(嘆)