イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 ここ最近はなかなか模型と戯れる時間が取れないですねぇ~、
本日も色々と所用に終われ実家に行くも模型には触れずじまい・・・
果たしていつになったら模型と戯れられるのか、
何とも哀しい日々でして。。。


 さて私め、普段は洋楽系が多く、アルフィーは聴きますが
基本的に邦楽をあまり聴かない私め、
久々に邦楽と言うかとあるサウンドトラックを購入。。。


 モノは平沢 進 氏の「パプリカ オリジナルサウンドトラック」っちゅうもので、
本来であれば「白虎野」というアルバムが欲しかったものの、
手に入らずにこちらを購入した次第。


 ちなみに「パプリカ」とは、平成18年の日本のアニメーション映画で
監督は今 敏、原作は筒井康隆の同名SF小説だったそうで、
音楽で平沢 進 氏が担当。


 ちなみにさっきから出てくる「平沢 進」とは誰ぞや?ということで、
有名なところではプロレスラーの長州力の入場テーマ曲で「パワーホール」を作曲、
その際、本名ではなくペンネームとして「異母犯抄」と言う名を・・・。


 また、昭和61年に同じくプロレスラーのスーパーストロングマシーンが
率いるカルガリー・ハリケーンズのテーマ曲として「ハリケーンズ・バム」を
ペンネーム「福来良夫」として提供し、私めもプロレスファンで
曲は存じてはおりましたが、平沢 進作品と知ったのはここ数年の話で。。。


 そんな事を忘れかけ、久々の平沢作品と出会いは何の因果か
NHK「おかあさんといっしょ」の平成15年10月の歌として発表された
「地球ネコ」を3年ほど前に知った訳でして。。。


 なんともまぁ、幼児向けの番組に提供された曲なのに、
「ゆうぞうおにいさん」と「しょうこおねえさん」のこれまた見事な歌声!
曲調も小さい子供たちであろうが容赦しない平沢センセー・・・
幼児向けの曲とは裏腹な曲のような。。。(驚!)


 何とも幼児向けの曲であっても平沢イズムは生きていると言うか、
楽曲スタイルは貫かれているような雰囲気でありまして。。。


 なんとも、パブリカのCDを購入した話なんだか、
平沢 進 の話をしたかったんだか
訳の分からない話になってしまいましたね~(苦笑)
とりあえず結論はなかなか良いCDだったと言う事でして。。。(苦笑)