イメージ 1

イメージ 2

 ここのところなんですかねぇ~、昨日はPCの不調で
色々と手段を尽くすも原因分からず、そろそろデスクトップの買い替えを
考えている さくら でございます。。。


 そもそも我が家のデスクトップPC、2001年に購入、
早6年が経過して7年目に突入!
おまけにその年月の間にHDDを2回交換という素晴らしい戦歴が・・・
ただ、買い換えるにしてもお金の捻出先が
見つからないのが辛いところでして。(涙)


 さて一昨日の勤務、夜中の12時までに救急出動も3件と言うことで、
うちの隊長が

1歳児の自爆テロで被弾!

という何ともご愁傷様といった救急事案もありましたが、
やりたかった事務処理もスムーズに片付き、私めはご機嫌。


 日付が変わってから悪夢の救急出動が・・・
件数的には3件だったものの、救急出動しても一筋縄で行かないものもあり、
帰署して仮眠しても3分もたずして救急出動と言った具合。


 認知症老人を持つ家族の

「邪魔者は追い出せ!」

と言った雰囲気の状況での救急活動はホント辛いもの・・・
本人への説得も時間が掛かる、家族は家族で親を追い出したい雰囲気が漂い、
何とも切ない気分になりますね。


 そんな切ない出動から帰署し、布団に入ったと思ったらすぐに救急要請、
近くにある卸売市場から・・・
人が後退中のフォークリフトにぶつかったと言う内容。


 現場到着してみると、本人はフォークリフト横で倒れて
元気に大騒ぎしており、足首をチョット触っただけでも「痛い!」と大騒ぎ。
ひとまず、足首を固定し、全身観察後に車内収容。


 病院収容後、レントゲン撮影しても骨折もみられず、
とんだいっぱい喰わせモノ患者だったようでして・・・
俗に言う当たり屋みたいな者でしょうか?
おまけに現場検証に来た刑事さんを
市場の関係者と勘違いするわで散々な出動だったような。。。


 さて私めここ最近、リンゴ酢とともにはまっている飲み物が・・・
写真お通り、サントリーから発売されていた「赤玉パンチ」なのですが、
コレも調べてみると色々と歴史があるものでして。。。


 そもそも赤玉パンチの原型、赤玉スイートワインがあるようですが、
明治30年代、スペインから輸入した葡萄酒を販売するも不評のために
日本人の味覚に合う葡萄酒をつくるために幾度となく甘味料の配合を重ねて、
「赤玉ポートワイン」が誕生!


 昭和52年に赤玉ポートワインをソーダで割った「赤玉パンチ」が発売され、
赤玉パンチは昭和60年代頃に製造中止に。。。


 赤玉シリーズも平成18年で誕生から100周年を迎えたことで、
サントリーでは大々的なキャンペーンを開催し、「赤玉パンチ Sparkling」などが
復刻生産され発売されたようですね。


 今回購入した赤玉パンチですが、ご近所のジェーソンにて99円で購入~♪
「赤玉&ピーチ果汁&オレンジ果汁」が入った製品のようですが、
他には「赤玉&パインナップル果汁」もあったようで、
こちらも呑んでみたいような気が・・・。


 そもそもビールが苦手な私め、リンゴのスパークリングワインや
ついつい甘系のお酒に手を出しがちなのですが、
今回もやっぱり甘いお酒を。。。


 アルコール度数も4%と言うことで、アルコール臭さもあまり感ぜず、
呑んでもほんのり顔が赤くなる程度で好印象でですねぇ~!


 ピーチ&オレンジ果汁が入っている様ですが、
フルーツのテイストよりもワインのテイストの方が強いような。。。


 結局180ccしか入っていないこともあり、
あっという間になくなってしまうのですが、
また買い溜めして置こうかと感じる今日この頃で。。。


PS:呑みながら書いているので文章構成が変です。m((_ _))m