イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 さて、やっと紹介できる運びになったというか、
今まで色々な作業やら私めの所用のために
紹介の時期を逸してしまったというか、
新年になってお買い上げになっておりました
マイクロ 西武701系 の6両セットと4両セット。

 前回の黄色い車体の701系ではなく、
昭和51年改造車まで従来のままで登場した赤電仕様、
ただ、旧塗装のまま冷房改造された車両も
客室扉は同時にステンレス製のものに交換され、
外見が変化したバージョンが模型化。

 そもそも701系は旧型車との併結の絡みもあり、
601系と共通の自動空気ブレーキを採用、
のちの冷房化改造が実施された際に併せて
HSC電磁直通ブレーキ化工事がなされ、
運転取り扱いの101系との共通化が図られる
発電ブレーキの付加は実施されず、
何とも不運な形式のような。。。

 また抑速制動回路を持たない関係で
抑速制動付きの車両とは混結はできず、
後年、101系から抑速ブレーキ機能を
カットした車両と編成を組成。

 さて、とりあえず今回到着した車両は
前回の701系とは違い、
車体こそは同一なるも塗装は赤電。

 今後、トミーテックから発売される予定らしき
西武451系あたりと編成でも組ませようかと企むも、
冷房化後は他系列の旧型車とは
編成を組めなくなってしまったという事実を知り、
急遽、4両セットを購入して10両編成とした次第。

 とにかくケースを開けて一言・・・
インサート用紙の701系、どう見ても非冷房、
客室扉も塗装されたドアのようでして、
まぁ、細かいことは目をつぶる事にしまして、
さっそく車両の方を。。。

 先頭車の具合もステンレス表現も良く、
何とも懐かしいというか、なかなかの好感触ですね。

 さて、ご存知の通り701系は6両化の際に
601系の中間車を組み込んでおりますが、
見た目は同一のように見えるも
客窓の配置が若干異なりますね。

 今回はカプラー供給の関係上、
カプラー交換は後日行いますが、
せっかく赤電仕様の登場であれば
非冷房の方がよかッたなぁ~と。

 それだけでもかなり編成の自由度は
増したはずなのですが・・・
ただ希少車というか、
老舗メーカー等で製造販売がないことを考慮すれば、
マイクロエースに心より感謝しなければ
いけないのかもしれませんねぇ。。。