イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 昨日の救急出動は疲れたと言うか、毎度の睡眠不足に残業で帰宅し、
午前中から昼過ぎまで夢の中へ直行。。。


 金曜日は午前中から救急車であちらこちらと走り回っていたのですが、
市外に患者さんを搬送した途上、大きな見通しの悪い十字路を赤信号で
進行しようとした際に、こちらも信号で一旦停止し、
音声合成での注意喚起とモーターサイレンを吹鳴し、恐る恐る十字路内へ。


 左側から来る車両は停止、右側から来た若いお姉ちゃんの運転するプジョー、
強引に救急車の前を通過しようと・・・ただ、助手席に乗っていた女性が
運転手の腕を叩いて止めさせようとしている姿を確認、
慌ててブレーキを掛けて止まっていましたが、
こちらの存在を確認していた上に強引に突っ込んでこようとは。。。


 我々も緊急車両とはいえ、進路を譲っていただく身、
こういう事はしたくありませんが、あまりにも腹立たしく、睨みを利かせて通過。

神よ、私の行為をお許しください。。。



 さて、悪夢の金曜日とばかりに我々も酔っ払いを警戒していたのですが、
夜中、珍しくも急性アルコール中毒での要請は無し。
平穏無事に終わるとは甘かった・・・
朝になってから「30代男性、酒を呑み過ぎ、吐き続けていて歩けない」
という何とも帰り間際に不愉快な救急要請。


 行って見ると患者は吐き続けているものの、自力歩行は可能、
ついでに奥さんに買い物用のビニール袋を用意してもらい、
ミサイル発射の迎撃態勢は完了!!


 歩いて救急車まで乗車し病院に搬送しましたが、
こんな患者では病院も正直困るんじゃないですかねぇ~、
その前に、呑み過ぎないことが大事なのですが。。。(情)


 さて軽い睡眠後、爽やかで暑苦しい天候の中、
久々に家族連れで家電量販店に所用があり、いざ出陣!!
その後、ホームセンターにオムツを購入しに出かけたのですが、
個人的に必要なものを少々、購入。


 今回の購入品はタミヤカラーのTS-29、セミグロスブラック 半つや消しと
KYKの「鮮烈 ガソリン用 水抜き剤」3本をお買い上げ。


 タミヤカラーの方は460円、水抜き剤の方は1本100円と、
懐はあまり痛まずに済んだ訳で・・・(苦笑)


 タミヤカラーの方はGMスプレー のブラックの代用として
お試しで床下廻りの塗装に使用してみようかと考えておりますが、
半つや消しという状態がどのくらいの見栄えになるか
個人的に楽しみなものですが、ひとまず、床下廻りを
塗装する車両の選考でもしないと。。。


 さて、一方の水抜き剤ですが昨今、色々な用途で新たなる使用目的といいますか、
私も散々、愛車の燃料タンクにつぎ込んでいたものが
こんな事に使用できるの?と言う事で、驚いたのが塗装の剥離。。。


 内容物のIPAこと、イソプロピレンアルコールとは
プロピレンを硫酸に吸収させイソプロピル硫酸としたのち、
加水分解して製するアルコールだそうで、私にはいささか。。。


 ただ、実際に模型の塗装剥離を行なっているホームページやブログを見ていると、
IPAはシンナーよりも刺激が少なく、一度使用したものは、
新品のときよりもさらに落ちがよくなるということですので、
捨てずに再利用するなどと言った記載がありましたが不思議な感じですね。


 色々と私も毒性等が気になり、色々と調べてみたのですが、
危険、有害性の要約ということで、

分類の名称:引火性液体、急性毒性物質

有害性:高濃度の蒸気を吸入すると急性中毒を起こすことがあり、
    眼、鼻、のどへの接触で刺激性がある。

環境影響:生分解性されやすい。生態毒性は強くはない。

危険性 :引火性の強い液体 (引火点 11.7℃)

ヒトへの健康影響:眼、鼻、のどに弱い刺激作用がみられ、
   急性中毒では急激な血圧低下、吐き気、嘔吐、嗜眠、頭痛、麻酔作用が見られる。
   
   IPAは消化器や肺から容易に吸収される。
   吸収されたIPAは一部そのまま呼気、尿に排出されるほか、
   80~90%は肝臓のアルコール脱水素酵素によりアセトンになる。
   アセトンは一部そのまま排泄され、大部分は酢酸をへて二酸化炭素になる。

   IPAを誤って飲んだ6人の例では、IPAとアセトンの半減期は
   それぞれ2.9~16.2時間と7.6~26.2時間であった。

色々と便利に見えてもやっぱり毒性は弱いと言えども一応はある様で。。。


 ひとまず換気の良いところで作業をすれば問題はなさそうですが、
あまり部屋で作業するのは芳しくないようですね。。。
ただIPAの剥離効果がどれほどか試したいんですけどねぇ~。