イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 さて先日、我が家に入線したマイクロエースのクハ111、
見た目、出来が云々と色々と賛否両論だったようですが、
我が家にはその他、グロベンのMM’ユニット × 2 計4両、
Tc111 × 3両のグロベン装着車両で計7両!!

 私になりにマイクロ111・113系で
気に掛かる点が一点・・・
グローブ式ベンチレーターの見た目がしょぼい(涙)
と言った不満があった訳で。。。

 せっかくであれば我が家に在庫としてある
KATOの新103系用のグローブ式ベンチレーターを
流用出来ればまったくをもって文句なし。

 ただ、そのまま装着してしまうと
台座部分となる出っ張りが無いために
浮かせて取付けてしまうと隙間ができ見た目がどうも。。。

 では、どうすれば解決できるのかということで、
色々とネット上を彷徨っていたところ、
とあるホームページが目に入る。

 「KH Train Factory」
というホームページですが、
鉄道模型に関して、研究や開発および
鉄道模型関連技術や模型関連情報、
および実物鉄道関連情報の紹介している(一部抜粋)そうで、
色々と役立つ情報が満載のよう・・・
今回、このホームページに乗っていた情報を元に
最適な方法を知ることに。。。

 マイクロ製やGM製の車両の屋根に
KATOのグロベンを取付けるに当たって
鉄製の平座金(平ワッシャー)を
台座として用いることによって
最適な取り付け状態になるようで、
この平座金をネット購入する事に。

 ホームページを参考に群馬県にある
「丸栄産業株式会社のオンラインショップ」
というネジ業者から購入。

サイズは内径2.3×外径4.6×厚さ0.5の
鉄製ISO小型の平座金

価格は20000個入りの小箱が2400円で
送料600円程度かかるとのことであったが、
さすがにこの数量を裁くには絶対、
一生に使い切ることは無かろうと言う事で、
ばら売りで500個を購入、値段は500円ほど。

 平座金に送料だ、手数料だと加算されると
値段は1300円ほどになってしまいますが、
足らなければまたばら売りで購入するも良いかと。

 とりあえず、グレードアップの最終兵器ということで、
後日、この平座金に塗装を施し、
マイクロの111・113系に取付け作業を
実施してみようか?と。

 どれほどの効果があるのかは
取り付けしてみてからのお楽しみという事で。。。