イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 さて、作業待ちだったというか、
ひと手間の簡単な作業になってしまいましたが、
今回は鉄コレ
西武鉄道 クモハ377+クハ1331
のベンチレーター交換作業を・・・
まぁ、ひと手間といっても
10両分だから作業的には。。。(笑)

 先日、カプラー交換と動力化が完了し、
色々な改造を施していく中で、
ベンチレーターの質感がどうも
プラスチック然としているような。

 まぁ、気になるといえば気になるし、
気にならないといえば気にならぬ場所への
作業になりますが、
やっぱり手をかけたくなるのがホンネ、
まぁ、屋根本体については
塗装してあるようなので今回は見送り。

 本来であれば、屋根上の避雷器の位置も
修正したいのですが、
その際はまた屋根の塗装が必要になりますので、
詳細な位置が分かってからやろうかと。。。

 さて今回、行った作業はベンチレーターの交換作業、
本来であればついでに床下機器の塗装も
併せて行いたかったのですが、
生憎、塗料切れということで、
顔なじみの模型屋さんに電話をするも留守・・・
そういえば、
今週は夫婦で トルコ旅行 に行く
と言っていた訳で。。。

 そんな訳で今回は床下機器の塗装を諦め、
さっそく作業ですが、
ベンチレーターをGM製のキット、
旧型国電用のベンチレーターを使用も考えましたが、
塗装の手間というか塗料が無いことを考え、
取付け脚が短いKATO 新103系の
ベンチレーターを使用。

 取付け脚の長い一般型103系のモノでも
使用可能かと思いますが、
近年発売された一般型103系も
新103系のベンチレーターが使用されており、
冷房化に際して取り外したベンチレーターが大量在庫。
在庫整理もかねて今回、流用することに。

 取付けに際し、取付け部分の穴を
φ2.0に広げる加工が必要となりますが、
クモハが6箇所で5両、計30箇所、
クハが7箇所で同じく5両の
計35箇所で合計65箇所の穴あけ作業。

 ベンチレーターの取り付け台座も残っているので
穴あけ作業完了後、
スムース インでKATO 新103系の
ベンチレーターを取り付けて作業完了・・・
見た目も良い感じになりましたね。

 ただ、ここで大きな落とし穴が・・・
2両だけガーランド式ベンチレーターを
取り付けようと考えていたのに
勢い余って全車にグローブ式ベンチレーターを
取り付けてしまった訳で・・・
う~ん、穴埋めの方が面倒になったような。。。(涙)

 まぁ、ミスはさて置き、
ベンチレーターの形も当時のものと比較してしまえば
当然、差異はあるかと思いますが、
オリジナルのベンチレーターを塗装、
若しくはGMの旧国用を塗装する事を考えれば
塗装済み、大量在庫品の活用が図れて
実に経済的かと。。。(笑)

 残るは床下機器、台車枠の塗装のみとなりましたが、
模型屋のおばちゃん、
早くトルコ旅行から帰ってきてくれないかな。。。