イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14

 さて、鉄コレ第4弾が発売され、
色々と興味ある車両が入っているようですが、
単品買いで興味ない車両を購入しても
意味がないという事で、
あえて今回は「漢(おとこ)の箱買い」はせず、
オークションで
個人的に欲しかった
西武鉄道を入札し、運良く幾つかを落札。。。


 恥ずかしながら、
この車両について詳細は存じておりません、
という事で、
ネット・本等を駆使して
情報収集してみると、
国鉄から西武鉄道へクモハ11 400番台が譲渡され、
昭和34年にモハ371として再デビューするものの、
内装等は国鉄時代のままで
室内は白ペンキで上塗りされていたそうで。。。


 その中でもモハ373はガラベンが
2列で設置されており、

詳細が分かれば再現してみるのも良いかもしれませんね。

 さて、我が家に到着した車両という事で、
Mc + Tc × 5セットの10両。


 私の嫌いな2トーンの塗装表現も綺麗に施され、
なかなか好感がもてます(笑)


 KATO信者の私がいうのもなんですが、
Mc、Tcともに床下表現も
なかなかいいですね、
Mc車にはレッドアロー5000系や701系にも

取り付けられていたしっかりとAK-3が・・・
まぁ、旧い車両だから当然ですよね(笑)

 屋根上を見るとパンタグラフは
ダミーのPS13が取り付けられており、

こちらは要交換ですね、
とりあえず、ダミーパンタを取り外してみると、

KATO・TOMIX・GMに対応した穴が開いており、
私も、どのメーカーを使おうか現在思案中です。

 まさか、大量在庫しているKATOのPS16を
使う訳にいかないしなぁ・・・(苦笑)
だけど、出来れば避雷器も交換したいですよねぇ。。。

 次いで床下を裏から見てみるとさすがトミーテック!
両端部分はTOMIXのTNカプラー対応という事で
切り欠きが設けてありますね。
TNカプラーを2個取り付けてしまえば
車体よりもカプラー代のほうが高い
というなんだか複雑な気分で・・・(苦笑)


 台車の方はこちらもしっかりと表現はされていますが、
車輪はプラ車輪・・・

プラ車輪と言っても、
昔のTOMIXのような車軸は金属ではなく、

車軸を含めて全てがプラスチック製。

 こちらも当然のことながら車輪は要交換となりますが、
台車枠をそのまま生かすか、
台車そのものを交換するか悩むところですよねぇ。


 車輪のみの交換であれば、
ストックしているTOMIXのプラ車輪・・・

しかもスポーク表現されているものを
交換すれば良いかと考えておりますが、

台車そのものを交換するのであれば、
元々がピン式なのでGM、KATOの

ピン式であれば交換可能。

 いずれ、どちらにしても大量ストックしている
KATOのTR11でも試しに履かせてみようかと
考えておりますが、

よくよく考えればカプラー、パンタグラフ、台車を
交換してしまえば
付属部品の方が車体本体よりも
高くなるのは間違いないですねぇ~(笑)


 我が家に入線したトミーテックの
西武モハ371とクハ1331、

今後、どのような形で改造するか楽しみ・・・
あとはやる気か。。。(苦笑)

~~~~~~~~~ お 詫 び ~~~~~~~~~~

  カメラ(ウデ?)の不具合により、
数枚のピンボケ写真がございますが、


 皆様の想像力で画像補正の方、
宜しくお願いいたします。m((_ _))m


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~