イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 ここ最近、救急出動が多いですねぇ~、
仏様に会う回数も多く、トホホな感じで。。。


 だけど、うちらが担当している管轄、生活支援を受けている方が多く、
しかも救急要請するヤツに限って酔っ払いが多いときたもので
こんな酔っ払いのために税金を払って無駄な生活支援していると思うと腹立ちますね・・・。
いったい、市は何を考えてるんでしょうか?
まぁ、愚痴なんですが。。。


 さて、今日は過労気味ながらも娘を連れていつもの模型屋さんへ、いざ出陣!
特に買う物等は無かったのだが、マイクロから発売される
西武10000系と秩父3000系の予約を。。。


 色々と世間話とともに車両の物色をしていると
先日購入したオハ47とキロ28が残っているということで早速購入。


 ついでにワム380000とワキ10000×2を購入し、
さらに物色を続けると、まさか、まさかの車両が・・・。


 この辺では店頭から消えて久しいKATO新103系ウグイスの
モハ103M車が1両・・・迷いなく購入。


 今回、購入したワキ10000とワム380000はある車両を製作しようかと。。。
事業用車で昭和51年にワム80000から改造されて
狩勝実験線で使用されていた走行特性試験車「ヤ82」でもと。


 実車は「ワム8」のボディーを青15号に塗り替え、
2軸車だった床下周りをTR216に履き替えたボギー車ですが、
改造に当たってはTR216に似たTR211で代用。


 ただ、ボギー車化するために今回購入したワキ10000ではなく、
我が家で改造されボロボロ状態のスニ40の床下周りを流用して作成しようかと。。。
まぁ、予定はまったく未定なんですけどね。(笑)


 ちなみに我が家のスニ40、ワキ10000を強引に改造して
スニ40にしてあるので今回の改造で使用すればスニ40は
我が家で残り1両の希少車に、今回入線したワキ10000は久々の再登場になります。

 
 今回、再購入したオハ47とキロ28の説明は前回と同様なので省きますが、
今回入線した車両の中で新103系ウグイスのモハ103Mと言いますと。。。
ただ単に動力ユニットが欲しかった訳で・・・。


 動力台車を外して見てみるとどうやら旧タイプの様ですね、
まぁ、万が一壊れたとしても、我が家のASSY部品で修復可能なので
問題はない?と思いますが・・・。


 とりあえず動力ユニットが半ば目的だったのですが、
だからと言ってモハ103のボディーは無駄にはしませんよ~!


 まぁ、それはまたの機会にお話しますので・・・。