続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

 大自然破壊してソーラーパネル設置
火力発電のように二酸化炭素排出はなくても
森を切り開いてソーラーパネル設置では本末転倒
だと思う さくら でございます。。。m((_ _#))m
9
 さて、最近はあまり購入に関しては動きの無かった
    西 武 鉄 道
ですが、チョイと面白いモノがリリースされたということで、
物珍しさに購入してみることに♪
CIMG8802
CIMG8803
 わが家に到着したのは・・・
西武6000系
 (西武有楽町線開通40周年記念車両)
            10両編成セット
ということで、イエローの帯をボディーに巻いた6000系。
CIMG8804
CIMG8805
 メーカーからの説明では・・・
実車について
西武6000系は、西武池袋線と東京メトロ有楽町線との
相互直通運転に備えて、1992年に登場した車両です。
西武鉄道唯一のステンレス製車体を採用し、
初めての10両固定編成車両として登場しました。
CIMG8806
くの字に曲がった先頭形状に地下鉄対応の
非常用貫通路の設置など、
それまでの西武電車にはないスタイルが特徴です。
2014年からは走行機器の更新工事が行なわれ、
2019年までには全編成へ施されました。
2016年頃より屋根上に設置されたベンチレーターが
順次撤去されています。
CIMG8808
「西武有楽町線開通40周年記念車両」は、6000系6017編成に
開通当時西武有楽町線を走っていた
営団地下鉄有楽町線7000系を
イメージした
カラーをラッピングしています。
池袋線・狭山線・西武有楽町線・相互直通路線で運行中です。
CIMG8810
CIMG8809
商品の特徴
・西武6000系6017編成
 「西武有楽町線開通40周年記念車両」を製品化
CIMG8811
・6017号車に掲出されたヘッドマークを
 付属ステッカーに収録
・車両番号、新シンボルマーク(西武鉄道)は印刷済み
CIMG8813
CIMG8814
・ステッカー(新規製作)が付属し、
 種別行先表示、運行番号、
弱冷房車、優先席、
 女性専用車、車椅子・ ベビーカーマーク、
 記念ヘッドマークを収録
・列車無線アンテナ、ヒューズボックスはユーザー取付け
CIMG8815
CIMG8816
・避雷器は一体彫刻表現
・ヘッドライト(白色)、テールライト、
 前面種別行先表示・運行番号(白色)が点灯
・フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載
CIMG8817
CIMG8818
・車端部付きロングシートパーツを実装
CIMG8819
・特別外装パッケージを採用(ブック型車両ケース×2の構成)

と、かなりの力作のようで。。。

 実車は2022年に引退してしまいましたが、
見た目の雰囲気も黄帯を纏っていた
営団地下鉄時代の7000系を彷彿させる姿、
色々と懐かしさを感じますねぇ。。。

 今後、漢前化作業と称し、カプラー交換やら
無線アンテナ、ヒューズボックスの取付を
考えておりますが
早急に作業をしておきたいものと。
CIMG8812

 円高下の海外旅行・・・
日本から食材を持ち込んで現地で自炊する
といった方もいるようですが、
ココまでくると見栄をはって海外旅行
としか感じられない さくら でございます。。。m((_ _))m
66 (2)
 さて、今年はまだ1枚も購入していなかった
鉄道車両関連の銘板・・・
何回かはY!の付くナラズモノオークションにて
チャレンジしていたものの、
落札には至らずといった具合で。

 というわけで今年の第1弾として到着したのは
CIMG8781
CIMG8782
日本国有鉄道
      新津車両管理所
      昭和50年改造
の改造銘板といった具合。
CIMG8783
 そんな新津車両管理所とは・・・
現在の総合車両製作所新津事業所
ということで、
その前身は平成6年に操業を開始した
新津車両製作所。。。
CIMG8784
CIMG8785
 平成26年にはJR東日本新津車両製作所の事業を
総合車両製作所新津事業所へ継承という形で閉所、
新津車両製作所時代は、
首都圏の通勤用電車等を中心に車両を製造。
CIMG8786
CIMG8787
 また前身の新津車両管理所時代には
貨車や気動車、客車、機関車、
電車の修繕を実施していたようですが、
わが家に到着した改造銘板の方も
この頃に取付けられたモノかと。
CIMG8788
CIMG8789
 モノの方はサビが目立ちますが、
深刻なサビではなく、
今回は塗装はせずにこのままにしておく予定。
CIMG8790
 後日取付作業の方を行いたいと思いますが、
車両工場側の銘板取付け場所は目一杯
となっており、
一部、場所の移動を行ってから
今回の銘板を取付けていきたいと。(悩)

 ジングルベ~ル、ジングルベ~ル♪
小学生が時期外れの歌を唄ってるなぁ、と、
思っていると、
               鈴がなく~♪
さすがに鈴は鳴かない
と思う さくら でございます。。。m(_ _)m
A2729_Z1
 さて、ジワジワと増備を行っていた
KATO 113系1000番台 横須賀・総武快速線
の車両群。
CIMG8695
 私めのミスで1組のMM'ユニットが増備となったことで、
横須賀・総武快速線車両の編成を見直し、
組成の変更を実施!

 KATO製の113系1500番台とマイクロ製の113系1000番台
組成していた11両編成も
今回のKATO製113系1000番台の増備で
8両がKATO製の1000番台が組込まれた編成になり、
これを機に一部の1000番台に取付けられていた
フック付きのKATOカプラーを
新タイプのフック無しKATOカプラーに変更することに。
CIMG8736
 ということで、下界にご招待した8両の113系
先般組立てたモハ113/112-1265のユニットについては
新タイプのカプラーが取付けられており対象外。
CIMG8687
 千葉寄りからTc+MM'+Tの4両と
東京寄りからT'cと特急形車両から改造されたTs
カプラー交換を開始!
CIMG8737
 千葉寄りの車両からカプラー交換を開始しますが、
Tc車MM'ユニットについてはフック無しカプラーに交換、
T車についてはフック付きカプラーの車両と併結するため、
東京寄りのカプラーはフック付きのカプラーのまま存置。
CIMG8738
CIMG8739
CIMG8740
 一方の東京寄りのT'c車についても
千葉寄りのカプラーを交換、
Ts車については東京寄りの交換のみで
従前のTs車と連結する側のカプラーはそのまま存置。
CIMG8741
CIMG8742
 BM式カプラーを取外して分解し、
一連の作業をまとめて行い、
それぞれの車両にカプラーを戻せば作業終了!
CIMG8743
CIMG8744
CIMG8746
 また新たな形となった横須賀・総武快速線仕様の113系
様々なASSYを用いての増備に新たな編成を組成、
当時、散々見飽きていたとはいえ、
今さらながら113系1000番台を懐かしむことになるとは。。。
CIMG8745

 円高と物価上昇が止まらない日本・・・
つくづく出費が増えた
と感じている さくら でございます。。。m((_ _))m
66 (1)
 さて、従前の車高の高いクルマのタイヤ交換だけではなく
CIMG8475
普通乗用車系のタイヤ交換を担当することになった我が家、
CIMG8285
ジャッキを車体下の奥までジャッキを送ることが出来ず、
交換する側のタイヤをスロープに載せてジャッキアップ、
手間の解消を兼ねて新たなジャッキを購入。
CIMG8287
 ということで、タイヤ交換での活躍を開始した
MASADA製の低床型エアージャッキ ASJ-20ML
CIMG8654
せっかくなので、わが家で20年以上使用してきた
ニッサルコ製のガレージジャッキと見比べてみることに。
CIMG8747
                    マサダ製作所      ニッサルコ
型式:          ASJ-20ML                SJ-30H
最大使用荷重: 2ton                               3ton
タイプ:    エアー、手動兼用        手動、ペダル兼用
CIMG8748
フレーム高サ: 120mm                         190mm
CIMG8752
最低位:              98mm                         126mm
最高位:            508mm                         606mm
CIMG8753
CIMG8754
最大揚程:         410mm                        480mm
CIMG8755
重量:                 59kg                             80kg
全幅:     380mm                   325mm
CIMG8749
全長:     965mm            1.310mm

といった具合。。。

 赤いジャッキが2台並ぶとなかなか壮観ではありますが、
マサダ製のジャッキの方が一回り小さいながら、
全幅は低床のマサダ製ジャッキの方が5㎝程幅が広く・・・
CIMG8752
また、ジャッキを牽き回す際に
マサダ製の方が
20kg程度軽いこともあり移動はラクそうな感じで。
CIMG8750
CIMG8757
 実際にジャッキ部分を上げてみると
一回り小さいマサダ製のジャッキの方が最高位、揚程量で
3tジャッキよりも100mm弱ほど低い形にはなりますが、
タイヤ交換の際は挙げても100mmも上げないことから
コチラに関しては全く問題なく。
CIMG8756
 使用してから23年が経過するニッサルコの3tジャッキ、
新しいモノと並べてしまうと草臥れ度合いは否めませんが
ジャッキ2台体制となったことで、
使い分けてジャッキを使用していきたいと。。。

 基地外独裁増税💩メガネ
       と
中華コオロギ嘘太郎、
ネット上、色々な場面で目にすることがございますが、
つくづくロクでもないヤカラ
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
e8ec33b5
 さて、ひょんなことから増備することになった
113系1000番台
MM'ユニット。
CIMG8646
 そもそもはモハ113-1265モハ112-1180の車体ASSYを
購入するも実車の製造年次で
ベンチレーター配置位置の違いに気がついた私め、
そのままユニットを組ませるわけにもいかず、
入手できたモハ113-1180の車体ASSYを用いて
MM'ユニットを組立てることに。
CIMG8644
 放置プレーとなってしまったモハ113-1265の車体ASSY,
CIMG8668
そのままにしておくのもしのびなく、
ポポンにてモハ112-1265の車体ASSYと
クハ111-1396の車体、床下ASSYをドサクサ紛れに購入、
足らない部品も聖地から取り寄せて今回、組立てることに。
CIMG8679
CIMG8680
 最初に袋から車体、床下等を取り出し、
CIMG8681
CIMG8682
前回組立てた際に購入した際、
保管していたパンタグラフを準備。
CIMG8683
 最初にMM'ユニットDT21を取付け、
CIMG8684
CIMG8685
モハ112
にパンタグラフを積載後に
CIMG8686
車体と床下セットを組合わせればMM'ユニットの完成、
今回はカプラーはそのまま、
冷房装置の交換も行わず素組み。
CIMG8687
 一方のクハ111についてはフック付きカプラーの車両と
混結するためカプラー交換を実施・・・
CIMG8688
車両前後のカプラーをフック付きカプラーの交換後、
CIMG8689
CIMG8690
床下にカプラーを戻して台車を取付ければ
車体との合体準備完了!
CIMG8691
CIMG8692
 車体と床下周りを合体後、コチラは冷房装置を交換、
ファン部分が角型のAU75BHに交換すれば
クハ111-1396が完成といった具合。
CIMG8693
CIMG8694
CIMG8696
 今回、完成させた車両についてはそれぞれの編成を組み
活躍させる予定ですが、編成組み替えに伴う
カプラー交換も行わなければならぬことも発覚しまして。(汗;)
CIMG8695

↑このページのトップヘ