続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

 拾いモノではござますが・・・
まさに
       基地外独裁💩メガネ
のことを言っている
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
F-av7pXbUAAviNK
  さて、JR東日本 新津車両所車体更新銘板
CIMG8850
落札に引き続き、
CIMG8851
CIMG8852
日本国有鉄道 髙砂工場 昭和28年改造
の銘板が我が家に♪
CIMG8853
 コチラについても
Y!のつくナラズモノオークションから落札、
旧字体の髙砂工場の銘板自体、
CIMG8854
CIMG8861
消滅した工場
ということもあり、
落札の困難さを考えおりましたが、
GW真っ只中の入札終了だったことで
特にライバルが現れることなくあっさり終了♪
CIMG8855
CIMG8856
 髙砂工場自体は私めも存じていたものの、
改めて調べてみたところ・・・

高砂工場は高砂線高砂駅に接続しており、
高砂線を介して車両の入出場を行っていた。
CIMG8857
大阪鉄道管理局や天王寺鉄道管理局、
岡山鉄道管理局に所属する気動車や客車、
貨車の全般検査や要部検査などを担当した。
また、60系客車の鋼体化を含む車体の改造や修繕、
部品製作のほかに西日本地域一帯の
製材の主力工場でもあった。
CIMG8858
CIMG8859
昭和59年に主要業務を終了させ、
昭和60年に鷹取工場に移転する形で廃止された。
CIMG8860
といった歴史があるようで。。。

 今回と到着した銘板の方は昭和28年改造の銘板、
この頃、高砂工場では国鉄客車鋼体化の真っ只中なるも、
銘板には鋼体化改造の標記がないことから
貨車等の改造に伴う銘板だったですかねぇ~?
CIMG8862
 今後は新津車両所の銘板と共に
OSBボードの方に取付けていきたいと思いますが、
ソコソコ銘板の方も揃ってしまったということで、
銘板2枚分のスペースを確保しておきたいと。。。(悩)
CIMG8863

 いつものサウナでテレビに登場した
基地外増税💩メガネ・・・
人生の先輩となる御仁たちは、
「姿を見ていると殺意を抱くよな。」
「このバカ、世界のATM扱いだね。」
などと、
日本の首相がコチラでは半ばゴミ扱い
されていると感じた さくら でございます・・・
当然の結果だと思いますが。。。m((_ _))m
GKm-XHtagAA3t9m
 さて、わが家で使用していたソファー、
今から7年ほど前に義妹宅からわが家に搬送し、
使用して参りましたが、寄る年波には勝てず
4月に新たなソファーと入れ替え。(淋)
bbe689bb
 その際、背もたれが折り畳みになる部分があり、
天板部分がなかなかしっかりした造りということで、
ソファーを外に出した時点で天板部分を剥ぎ取り。
CIMG8766
 そんな剥ぎ取った天板部分を見てみると、
ボチボチの厚みがあり、
ある程度の耐荷重に対応できそうな予感、
ということで、
キャスターを取付けて台車にすることに決定!

 とりあえずの目標は
費用は最低限!
   廃材活用でお安く台車作り!
ということで。。。(汗;)

 そんな廃材の天板の裏に角材を使用して
キャスターを取付けていこうと思いますが、
ソファーに取付ける際に使用されていた余分な部分を
ノコギリにて切り落とす作業を実施。
CIMG8767
CIMG8768
 お次に角材を取付けていきますが、
この角材については2tエアジャッキを購入した際に
7cf1544a
ジャッキ搬送用に用いられていた枠組みをバラして使用。
CIMG8765
CIMG8769
CIMG8770
 枠組みをバラして天板の長さに合わせて切断、
CIMG8771
キャスター取付用に先に切断した各坐位の端材を使用して
ある程度のサイズのキャスターが取り付けできるよう、
並べて取付けていくことに。
CIMG8772
CIMG8773
 角材の取付については今回、
CIMG8775
釘は使用せずに接着剤のウルトラ多用途SUを用い、
角材にたっぷり塗布して天板の裏に取付けていく。
CIMG8776
CIMG8778
 ひとまず完全固着までに24時間程度、
しっかりと天板と角材を圧着させるために
ガソリンの入った携行缶を天板上に置いて
完全固着を目指すことに。
CIMG8780
 あとはキャスターを購入して
取付けていきたいと思いますが、
どの位のサイズのモノを使用しようか、
絶賛!お悩み中でして。。。(悩)

 東京新宿のタワマン女性刺殺事件・・・
当初は変態ストーカーによる殺人事件と思いきや、
全容が明らかになるにつれ、
                自  業  自  得
とも思われなくもない態度の女性だったと知り、
呆れかえっている さくら でございます。。。m((_ _))m
66-0
 さて、GW中のハナシとなりますが、
つい先日、日本国有鉄道 新津車両管理所
の改造銘板の方がOSBボードの方に
取り付けが終わったばかりですが、
舌の先が乾かぬうちに新たな銘板の方が。(汗;)
CIMG8835
 今回到着したのは
CIMG8840
CIMG8841
JR東日本 新津車両所
CIMG8843
ということで、
Y!のつくナラズモノオークション
GW真っ只中だったこともあり、
特にお値段が上昇することもなく終了♪
CIMG8844
 また銘板の新津車両所とは、
日本国有鉄道 新津車両管理所
から名称変更されたもの。
CIMG8849
 当時の歴史をフリー百科事典から見てみると、

昭和48年9月 - 新津車両管理所に名称変更。
昭和60年3月 - 新津車両所に名称変更。
昭和62年4月1日 - 国鉄分割民営化、JR東日本が継承。
CIMG8845
昭和63年6月27日 - 当所で製造された
         107系が完成、記念式挙行。
平成2年12月 - JR東日本本社運輸車両部に
                       車両新造プロジェクトが発足。
CIMG8846
CIMG8847
といった具合だそうで。。。
CIMG8848
  ちなみに首都圏なんぞでも新津車両所
車体更新された車両はあるのかな?と、
調べて見ると、
地元を走る総武緩行線に該当車両が・・・
まだ103系が201系と共に総武緩行線を闊歩していた時代
新津車両所で車体更新を行われた車両が
習志野電車区に何両かいたようで。。。

 そんな新津で行われた車体更新作業、
車体端部にRがあるとの特徴ということで、
私めの記憶を思い起こせば
該当車両の車体下端部に特長があった事を覚えており。

 そんな数少なかったと思われる
新津車両所での車体更新の銘板、
また新津車両管理所の下にでも
今回の銘板を飾りたいと思い。。。
CIMG8850

 ニセ"覆面パト"で衝突事故・・・
    つくづくアホ
だと思う さくら でございます・・・
緊走やって何が楽しいんですかねぇ、
仕事でやっている側にしてみれば
あれほど危険を感じることはない
のですが。。。m((_ _))m
67
 さて、3月中旬前に発注した
MASADA 低床型
   エアージャッキ(2ton)ASJ-20ML
CIMG8758
低床型の強みを生かして
私めの実家の日産FUGAやらJUKE
タイヤ交換の際に大活躍といった具合。
CIMG8747
 ただ、ニッサルコ製の3tジャッキとは違い、
受け皿部分のゴムパッドを購入しておらず、
ジャッキアップポイントに受け皿を当てる際に
キズが付くのではないかと気が引けている具合。(汗;)
CIMG8759
 そんな悩みを解消するためにMASADAから発売されている
純正ゴムパッドの付いた受け皿を購入し、
更なる使い勝手をアップさせておきたいと♪

 ということで、わが家に到着したのは
マサダ 純正ゴムパット付きジャッキ用受け皿 ASJ-1
といったモノ。
CIMG8760
CIMG8761
 メーカーからの説明では・・・

純正の受け皿を本製品と差し替えるだけでOK。
硬質なゴムを採用していますので、
耐久性と安全性抜群です!

・メーカー:MASADA(マサダ製作所)
【サイズ】
受けゴム直径 :100mm
受け皿厚み :15mm
穴径 :30mm
全高 :45mm
CIMG8762
【適合機種】
SJ-15H-3・SJ-20S-3・SJ-20L-2・SJ-20L-2・SJ-20LL-2
・SJ-30LL・SJ-30H・ASJ-20ML・ASJ-30ML・ASJ-30M

といった具合。

 さっそく純正の受け皿から
ゴムパッドの付いた受け皿に交換、
純正品ということで見た目も宜しゅう感じで。
CIMG8764
 というわけで、ゴムパッドの受け皿を装着した
MASADAの低床型エアージャッキ、
今後は更なる活躍の場面が増えそうな感じで。。。
CIMG8763

 支持率上昇・・・
いまの日本では考えられないこと
だと思う さくら でございます。。。m((_ _))m
66 (3)
 さて、何とか落札して我が家に到着した
日本国有鉄道 新津車両管理所
の改造銘板。
CIMG8832
 しか~しながら、
国鉄・JR系の銘板は目一杯、
しばし、銘板を取付けたOSBボードの前で
取付方法を難儀する。。。(悩)
CIMG8833
 取り付けるとなると、長野工場の銘板が取付けられた
列を詰めて行くしか方法がなく、
長野工場を皮切りに上方に詰めていくことに。
CIMG8834
 長野工場を上方にズラしてその下の
後藤工場を取外して新津車両管理を取付けたあと、
CIMG8835
下方から名古屋工場、浜松工場を移動。
あとは鷹取工場から皮切りに後藤工場、
松任工場やら幡生工場などを取付けて取付作業の方は完了!
CIMG8836
  本来であればこれにて
銘板の取付の終了と行きたいところですが、
前々から気になっていたメーカーズプレートの
位置修正も行っておくことに。

  日本車輌の銘板を掲げた列・・・
大正9年製の銘板が大きいせいか、
CIMG8837
ほかの銘板の取付がうまくいっておらず、
様々な思考錯誤を経て何とかもう1枚の銘板を
ねじ込んでおくことに。。。

 とりあえず今回は空いたスペースに
              日立製作所
の銘板を取付けて、銘板詰め込み作業の方は終了。
CIMG8839
 日立製作所の銘板を取外した分の銘板を
ズラして車輌製造関連の銘板位置修正は
終わりましたが、
今回の修正作業でまた一枚分、
取り付ける場所が増えたとか増えないとかで。。。(汗;)
CIMG8838

↑このページのトップヘ